腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスのへこみで腰痛に?その理由や対策法を紹介!

   

【直送】宮付床板頑丈すのこベッド(ボンネルコイルマットレス付・ダブル) Bダークブラウン

仕事や家事の疲れを取ろうと思って、マットレスで横になって寝ようとしたら、腰が痛く感じてしまう事はないでしょうか?

実はマットレスが、へこんでしまえば腰に大きな負担をかけてしまうので、腰痛になりやすいので注意しなければいけません。

そこで、マットレスのへこみによって、腰に負担をかけてしまう理由や対策法を紹介するので、マットレスによって腰痛対策をしたい方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

体圧を分散できないマットレスに注意

マットレスを利用していたら、腰を支えている部分がへこんでしまう事があります。

このような場合には体圧を分散しやすいマットレスを利用する事が重要です。

そこでマットレスがへこんでしまった場合に腰痛になってしまう理由や、反発力やコイルなどを利用しているマットレスを紹介するので、確認してみて下さい。

腰に体圧が集中

私たち人間の体は、胴体の部分が太くなっていて、腕や足よりも重めになっているので、腰がマットレスに沈みこいやすくなっています。

そのため、体圧を分散しやすいマットレスを利用しなければ、腰が沈み込んでいくので、腰に体圧が集中してしまうのです。

そのような事になれば腰が痛く感じてしまうので、腰痛になりやすいので注意しなければいけません。

さらに腰が痛く感じてしまえば、睡眠の質が低下してしまうので、睡眠不足に陥りやすくなってしまいます。

睡眠不足になったら、身体に疲労が溜まってしまうので、腰痛になる可能性は、さらに高くなってしまうのです。

反発力によるマットレス

数多くあるマットレスには『反発力』によって、身体を支えようとする商品があります。

この反発力によって、身体を支えようとするマットレスには『高反発マットレス』と『低反発マットレス』があるのです。

高反発マットレスは反発力が高くなっているので、腰があまり沈み込まなくなりますが、へこんでいる部分の腰がマットレスから浮いてしまうケースがあります。

腰が浮いてしまえば、腰が緊張状態に陥ってしまうので疲労物質が溜まってしまうので注意しなければいけません。

そして低反発マットレスは腰が沈み込みやすくなりますが、腰が浮きづらくなります。

そのため、反発力によるマットレスは一長一短あるので、体重が重い方は高反発マットレスを選んで、体重が軽い方は低反発マットレスを選んだほうが良いです。

コイルによるマットレス

マットレスの中には、コイルを採用しているマットレスが2種類あって、その種類とは『ボンネルコイルマットレス』と『ポケットコイルマットレス』です。

ポケットコイルマットレスはコイルが連結されているので、身体を面で支えてくれるのです。

そのため硬く感じてしまうマットレスですが、しっかりと身体を支えてくれます。

それに引き換え、ポケットコイルマットレスは、コイルが1本ずつ独立しているので、身体を点で支えてくれます。

そのためマットレスが柔らかく感じますが、体圧を分散しやすくなっているので、腰痛の方でも利用しやすいです。

そのため、コイルを採用しているマットレスを利用したい場合で、硬めのマットレスを利用したい方はボンネルコイルマットレスを選んで、柔らかめのマットレスを利用したい方はポケットコイルマットレスを選んだほうが良いです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

マットレスが劣化

反発力やコイルなどを採用しているマットレスの中には、腰が沈み込みづらくなっている物が多いので、腰痛対策を講じる事ができます。

しかし始めの頃は、腰が沈み込みづらくなっていたマットレスでも、利用していくうちに腰で沈み込んでいくケースがあるので、その理由や対策などを紹介します。

マットレスのへたり

腰が沈み込みづらくなっているマットレスでも、利用していくうちに腰が沈み込んでいくようになるのは、マットレスがへたっていくからです。

特に、重めになっている腰を支えている部分は、へたりやすいので注意しなければいけません。

もしもマットレスの利用を始めた頃は、腰が痛く感じなかったのに、少しずつ腰が痛く感じるようになった場合には、マットレスがへたっていないか確認してみて下さい。

実際に腰痛になる原因は、いくつかあるので、マットレスに原因がない場合もあるので気を付けて下さい。

ローテーション

マットレスがへたってしまった場合には、マットレスを早めに買い換えなくては腰痛になってしまうので注意しなくてはいけません。

しかしマットレスを買い換えようとしたら、今まで利用していたマットレスを捨てなくてはいけないので、手間暇をかけてしまいます。

さらに新しいマットレスを購入するために、お金をかけてしまうので良い事はありません。

そのため、マットレスを長い間に渡って利用したい場合には、定期的にマットレスの向きを逆に変えるのです。

そうすれば、腰を支えている部分を変える事ができるので、マットレスがへたりづらくなります。

へこみに関係がなくて腰痛になるケース

マットレスがへこんでいる訳ではなく、へたっている訳でもないのに、腰痛になりやすいマットレスもあります。

それはボリュームの足りないマットレスです。

そこで、ボリュームの足りないマットレスを利用したら腰痛になりやすい理由や対策を紹介するので、確認してみて下さい。

ボリュームの足りないマットレス

ボリュームの足りないマットレスを利用したら、腰が少し沈み込むだけで、何か硬いものと当たっているように感じてしまう事があります。

このような現象を「底つき感がある」という言葉で表している方が多くいて、腰痛になりやすいので注意しなければいけません。

そのため、ボリュームの足りないマットレスを利用する事によって、腰痛になってしまう方は、最低でもマットレスの厚みが8cm以上になっている商品を利用したほうが良いです。

2つのマットレスを併用

ボリュームのあるマットレスを利用したら、底つき感がないので、腰痛の方でも利用しやすくなります。

しかしボリュームのあるマットレスは、重量が重くなっている商品が多いので、持ち運ぼうとしたら腰に大きな負担をかけてしまいます。

そのような場合には、家族の方にマットレスを持ち運んでもらったほうが良いです。

もしも独り暮らしの場合には、他のマットレスと併用できる商品を利用する方法がおすすめです。

マットレスを併用すれば、ボリュームをアップできる上に、マットレスの重さを2つに分ける事ができるので、持ち運びしやすくなります。

おすすめのマットレス

マットレスで腰痛対策を講じるためのポイントを紹介してきましたが、マットレスは様々な商品が販売されているので、どの商品を購入したら良いのか悩んでしまいがちです。

そこで、おすすめのマットレスを2つまで紹介するので参考にしてみて下さい。

低反発マットレス 8cm シングル

ottostyle.jp 低反発マットレス 8cm シングル (高密度ウレタンフォーム使用) ブラウン 【1枚仕立て】【体圧分散】【快適睡眠】【滑り止め】

体重が軽い方や柔らかいマットレスが好きな方におすすめしたいのが『低反発マットレス 8cm シングル』になります。

このマットレスは、反発力が低くなっているので、柔らかく感じられる上に、ある程度まで腰が沈み込んでいきます。

そのため、体重が軽い方であれば、適度に腰が沈み込んでいくので、腰にかかる負担を軽減できるのです。

さらに本製品は、他の敷き布団やマットレスと併用する事ができるので、マットレスのボリュームをアップできます。

そして本製品の重量は、約6.2kgしかないので、腰にあまり負担をかけないで、持ち運ぶ事もできます。

ボンネルコイル マットレス 3つ折り

タンスのゲン 三つ折り ボンネルコイルマットレス セミダブル 圧縮梱包 05190002 02

体重が重い方や、硬めのマットレスが好きな方におすすめなのが『ボンネルコイル マットレス 3つ折り』です。

このマットレスはボンネルコイルを採用している事によって、体重が重くても、しっかりと支えてくれるので腰が沈み込みづらくなっているのです。

さらにボンネルコイルを採用しているので、硬めのマットレスが好きな方であれば、本製品であれば利用しやすくなっています。

そして本製品は厚みが17cmもあるので、底つき感があまりないのです。

マットレスの重量が、約18kgもありますが、3つに折りたためるタイプなので、あまり腰に負担をかけないように持ち運ぶ事ができます。

ただし中腰の姿勢でマットレスを持ち上げようとしたら、腰に負担をかけるので気を付けて下さい。

まとめ

マットレスがへこんでしまえば、腰に負担をかけてしまうので、腰痛になりやすくなります。

そのため、あなたの身体に合ったマットレスを選ぶ事が重要です。

ただし腰痛になってしまう原因はマットレスだけではなく、内臓の病気や崩れた姿勢なども関係しているので注意しなければいけません。

そのため、まずは腰痛になっている原因がマットレスにあるのか確認してから、マットレスを買い換えたほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団