腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスのクリーニングで気をつけることは?4つの注意点

   

マットレスの汚れがひどく、自分で落とすことが難しいようなときは、クリーニング業者を頼るのがおすすめです。

プロに任せておけば、自分では難しい部分も、きれいに洗ってくれます。

また、汚れだけでなく、カビやダニまで処理してくれるので、とても便利です。

ただし、クリーニングには注意点もあるので、利用するならしっかりチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

すべてのマットレスを洗えるわけではない

マットレスのクリーニングはとても便利ですが、依頼することを検討しているなら、そのマットレスが本当にクリーニングできるかどうか、まず確認してみてください。

というのも、マットレスのタイプによっては、クリーニングできないことがあるからです。

ここで問題になるのは、クリーニングの方法です。

マットレスのクリーニングでは、約100度にもなる高温のスチームを使用することになります。

その方法により、繊維の奥にしがみついているダニも、確実に除去することができるのです。

奥の方のダニは、掃除機で吸ったくらいでは取れないことが多いので、これはとても魅力的なポイントになります。

ところが、高反発のウレタンマットレスは、そのスチームに耐えることができないため、クリーニングを引き受けてもらえません。

また、低反発のウレタンマットレスやラテックスマットレスは、水を使った洗浄で劣化してしまうので、クリーニング業者であっても対応できないのです。

このように、多くのマットレスの中には、クリーニングに向いていないものもあるので、しっかり確認するようにしましょう。

スプリングマットレスなら大丈夫

マットレスのクリーニングを依頼するとき、ほとんどの会社で問題なく洗ってもらえるのは、中にスプリングが入ったタイプの商品になります。

そうしたスプリングマットレスであれば、高音のスチームや水で劣化する心配はないのです。

したがって、家にあるマットレスにスプリングが内蔵されているなら、安心して依頼することができます。

ただし、使っているマットレスが高反発ウレタンだったとしても、その業者の方法によっては、クリーニングできる場合があります。

高反発ウレタンマットレスでネックになるのは、高温スチームによる洗浄がNGということです。

そのため、高温スチームを使用しない洗い方ができる業者であれば、普通に引き受けてもらえるのです。

とはいえ、そうした業者はあまり多くないので、確実にクリーニングできるとは限りません。

それでも、見つけられる可能性はあるので、最初から諦めるのではなく、まずは探してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

凹みは直せない

マットレスのクリーニングでできることは、基本的に洗浄だけです。

高音のスチームを使い、マットレスの奥にたまった汚れまで取り除き、強力なバキュームで吸い取ります。

その他にも、防ダニ加工や防カビ加工、染み抜きなどを行ってくれます。

ただし、その中に凹みの修復は入っていないので、依頼するときは注意してください。

マットレスは、長く使っていればどうしてもへたってくるものですが、クリーニングに出したからといって、その問題を解決することはできません。

この点を勘違いしていると、依頼したときにがっかりしてしまうことがあるので、しっかり頭に入れておいてください。

マットレスのクリーニングは、あくまでも清潔を保つためのものなので、それを忘れないようにしましょう。

凹みは買い替えのサイン

長く使っているマットレスの凹みが気になるようなら、クリーニングではなく、買い替えをおすすめします。

マットレスに限ったことではありませんが、どんなに大切にしていても、いつかは使えなくなるときが来るものです。

こまめに手入れをしていた場合でも、劣化は少しずつ進んでいるので、5~10年くらいすると、大抵のマットレスはへたってきます。

そうなったときは、マットレスの寿命と考え、新しいものを購入してください。

凹みがひどいものを無理に使っていると、腰を痛めてしまうことがあるので、「もったいない」などと思わず、思い切って買い替えましょう。

汚れがひどいものは費用が高くなる

マットレスのクリーニングを頼むと、プロの技術により、びっくりするほどきれいに仕上げてくれますが、お金がかかってしまうのは、少し気になるポイントです。

シングルサイズでも1万円以上することがあるので、安くできるものなら、できるだけ安くしたいものです。

そんなときは、マットレスの汚れ具合をチェックしてみてください。

落とさなければならない汚れが多いきは、それだけ費用が高くなってしまいます。

普通なら基本料金だけで済むはずが、汚れがひどかったために追加料金をとられてしまうというケースは、珍しいものではないのです。

そのため、なるべく費用を抑えたいのであれば、日頃からこまめに手入れをして、汚れを少なくしておくことをおすすめします。

普通に洗うだけできれいになるマットレスなら、追加料金をとられるようなことはありません。

しっかり干す

マットレスをできるだけ清潔にしておくためには、定期的に干すことが大切です。

敷きっぱなしにしていると、どうしても湿気が蓄積されてしまいます。

すると、湿気を好むカビやダニが、どんどん繁殖してしまうのです。

そんなマットレスをクリーニングに出したのでは、費用を抑えることはできません。

清潔に保つためには、マットレスを干して乾燥させ、カビやダニが住みにくい環境をつくるようにしましょう。

ただし、干すときは日光に注意してください。

マットレスの中には、日光で劣化が早まる素材を使っているものもあるので、安易に天日干しにするのはよくありません。

天日干しにするなら、説明書をよく見て、日光に晒しても問題ないことを確認してからにしましょう。

もし日光がNGだったときは、風通しのよい場所で陰干しにするのがベストです。

部屋の湿度にも注意

マットレスをいくら干しても、それを置いている部屋がジメジメしていたのでは、湿気を軽減することはできません。

ダニやカビの発生を確実に防ぐのであれば、部屋の換気をこまめに行い、できるだけ湿度を下げておくようにしましょう。

そうしておけば、マットレスを清潔に保つことができ、クリーニングの費用を抑えることにつながります。

業者によって方法が異なる

マットレスのクリーニング方法は、ひとつではありません。

一般的なものは高音スチームになりますが、それ以外にも、イオンで臭いを抑えたり、植物性の洗剤を使ったりと、いろいろな方法があるのです。

そして、どの方法でクリーニングを行うかは、業者によって違いがあります。

したがって、クリーニングを依頼するときは、どんな方法で洗ってくれるのか、よく確かめておくようにしましょう。

先述したように、クリーニングの方法によっては、高反発ウレタンマットレスを洗ってもらえることがあります。

また、肌が敏感な人は、有害な化学物質などを制限している業者を探すべきです。

せっかくクリーニングを頼むのであれば、その方法をしっかり確認して、最もメリットの大きい業者を選択してください。

まとめ

マットレスのクリーニングは、清潔を維持し、マットレスを長く使うためには、とても重要なことです。

しかし、よく知らないまま利用した場合は、思わぬデメリットに戸惑ってしまうこともあるので、ここで紹介した注意点は、しっかり押さえておくようにしましょう。

注意点を把握していれば、クリーニングをうまく利用して、マットレスを長持ちさせることができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団