腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスの湿気を防ごう!対策のための4つのポイント

   

マットレスを使う際は、湿気の対策をしっかり行うことが大切です。

湿気がたまると、カビやダニなどが発生しやすくなります。

そうすると、マットレスは大きなダメージを受けてしまい、劣化が早くなるのです。

これを防ぐには、定期的に湿気を逃がす必要があります。

そこで、効果的な対策をするための4つのポイントを紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

床に直置きはやめよう

マットレスは、ベッドに敷いたり、敷き布団と組み合わせたり、人によって使い方はさまざまです。

しかし、その中には、湿気対策のためには避けた方がよい方法もあります。

それが、フローリングの床や畳に、マットレスを直に敷くことです。

厚いマットレスの場合、他の寝具と重ねて使うと、どうしても高くなりすぎてしまいます。

そんなときは単体で敷くことになりますが、場所がフローリングの床や畳だと、湿気がたまりやすくなってしまうのです。

これは、床に敷くことで、空気の通り道を塞いでしまうことが原因です。

空気の流れがない状態では、湿気を逃がすことができないため、どんどん蓄積されていきます。

その結果、カビやダニが繁殖しやすい状態になってしまうのです。

カビやダニは、マットレスの劣化だけでなく、寝ている人の体にも、アレルギーなどの症状を引き起こすことがあります。

そのため、マットレスだけを床に敷くのはやめましょう。

すのこを使おう

床の直置きがよくないとはいえ、誰もがベッドを使っているわけではありません。

ベッドがない場合は、どうしても床に敷くことになるので、湿気がたまらないような工夫をする必要があります。

その際は、すのこの上にマットレスを乗せるのが、おすすめの方法です。

すのこに乗せて使えば、マットレスは床からは離れた状態になり、風通しもよくなります。

空気の通り道がしっかり確保されているなら、湿気を逃がすことができるので、中にたまる心配もありません。

床に敷く場合は、ぜひ利用してみてください。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

干して使おう

マットレスの湿気を防ぐには、定期的に干すことが大切です。

敷きっぱなしにしていたのでは、床はもちろん、ベッドであっても、次第に湿気が蓄積されてしまうでしょう。

しかし、干すことによって、こもりがちな湿気をとばすことができます。

月に1回程度は干すようにすると、湿気によるカビやダニを防ぐことができるでしょう。

ただし、干すときに注意しておきたいのは、日光に当てないことです。

干すときは、なるべく日に当てた方が効果的なように思えますが、マットレスの場合、直射日光によって劣化が早まる可能性があります。

カビやダニで劣化するのを防ぐつもりが、別のダメージを与えることになるわけです。

これを避けるには、日当たりのよい場所ではなく、日陰で風通しのよい場所を選ぶ必要があります。

そうした場所であれば、マットレスにダメージを与えず、しっかり湿気をとばすことができるのです。

すのこを使っている場合は、その場で立てかけるだけでも、かなり効果があります。

少し浮かせてみる

マットレスは、基本的に大きいものです。

そのため、干すといっても、布団のように簡単にはいかず、かなり大変な作業になる場合も多いです。

特に、大きいサイズや極厚のマットレスなどは、移動が困難になります。

あまり重いものだと、立てかけることすら難しい場合もあるでしょう。

そこでおすすめなのが、マットレスを少しだけ浮かせる方法です。

タオルケットなどの大きめの布を丸めて、マットレスの下に入れてください。

すると、マットレスがその場で浮き上がることになるので、空気の通り道を確保することができます。

つまり、すのこを使ったときと同じような状態になるわけです。

わざわざ移動させなくても、こうして隙間をつくっておけば、湿気を効果的に逃がすことができるでしょう。

風通しをよくしよう

マットレスの湿気を防ぐためには、室内の風通しをよくしておく必要があります。

たとえ通気性のよいマットレスでも、すのこの上に敷いていても、部屋自体がジメジメしていたのでは、よい対策にはなりません。

そのため、ときどき窓を開けて空気を入れ替え、部屋の湿気もとばすようにしてください。

特に、マットレスがある寝室は、こまめに換気することが大切です。

また、部屋の風通しをよくしておくと、マットレスを干す際にも役立ちます。

先述したように、マットレスを干すには、日光に当てるのではなく、風通しのよい場所での陰干しが適しています。

つまり、部屋の風通しをよくしておけば、マットレスを大きく移動させなくても、その場で立てかけて干すことができるのです。

タオルケットなどで浮かせる方法で干すときも、部屋の風通しがよい状態なら、より効果が高くなります。

扇風機を活用しよう

風通しをよくして湿気をとばすなら、扇風機を使う方法もおすすめです。

例えば、マットレスとベッドフレームの間は、空気の流れがないため、どうしても湿気がこもってしまいます。

そんなときは、いらない本やタオルなどで隙間をつくり、そこに扇風機で風を送ってみましょう。

すると、空気がほどよく循環するので、こもった湿気を取り除くことができます。

このように、空気の流れがない場所には、扇風機で強制的に流れをつくってやると、効果的な対策をすることができるのです。

空気が流れない場所というのは、蓄積された湿気によって、カビやダニが繁殖しやすくなってしまいます。

それを防ぐためにも、扇風機をうまく使って、空気を循環させるようにしましょう。

マットレスをローテーションさせよう

マットレスの湿気は、同じ場所に蓄積されることで、劣化を早める原因になってしまいます。

これを防ぐには、マットレスの向きをときどき変えて、ローテーションさせるとよいでしょう。

180℃回転させて上下を逆にしたり、ひっくり返したりして裏表を入れ替えることによって、湿気をうまく分散させるのです。

湿気がたまる場所を固定しなければ、カビの発生を防ぐことができます。

また、ダニのエサとなるフケや垢なども、一定の場所に蓄積される心配がないため、繁殖を抑えることができるのです。

3ヶ月に1回程度を目安にして、180℃回転、裏返し、再度180℃回転の順でローテーションさせていきましょう。

長持ちさせる効果あり

マットレスのローテーションは、湿気を防ぐだけでなく、劣化を遅らせる効果も期待できます。

これは、ローテーションによって、体重による圧力を分散させることができるからです。

ずっと同じ敷き方で使っていると、同じ部分に何度も寝ることになるため、どうしても圧力が偏ってしまいます。

圧力が集中している部分は、すぐへたってしまい、体圧分散効果や反発力が低下してしまうでしょう。

しかし、ローテーションして圧力がかかる場所を変えてやれば、そうした偏りがなくなるため、劣化を防ぐことができるのです。

また、湿気も適度に散らすことができるので、劣化する要素はさらに少なくなります。

湿気対策をしつつ、長く使うことも重視するなら、ぜひローテーションを試してみてください。

まとめ

湿気の対策をすることは、マットレスを使うなら、無視できない重要なポイントになります。

しっかり対策をしておけば、マットレスの劣化を防ぎ、いつもベストな状態で使うことができるのです。

また、湿気を取り除くことは、寝心地の改善にもつながります。

湿気がたまらない工夫をすることで、蒸し暑い夏でも、快適な睡眠ができるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団