腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスの腰痛対策でよくある失敗とは?4つの注意点まとめ

   

マットレスは、腰痛対策には欠かせないポイントのひとつです。

ただし、マットレスによる腰痛対策では、よくある失敗に注意しなければなりません。

マットレスは、どんなものでも対策ができるわけではなく、使い方によっては、痛みを悪化させてしまうこともあるのです。

そこで、4つの失敗例を挙げて、それぞれの注意点について説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

柔らかすぎる商品を選んでしまう

マットレスによる腰痛対策では、「腰に負担をかけない」という点を重視することが大切です。

腰への負担が少なければ、腰痛になることも、悪化することもありません。

ただし、そのためのマットレスを選ぶときは、柔らかさに注意してください。

腰に負担がかからないことを優先した場合、「柔らかいものは体に優しい」という考え方から、かなり柔らかめのマットレスを選んでしまうことがありますが、それは間違いです。

柔らかすぎるマットレスは、逆に負担を大きくしてしまいます。

これは、柔らかいマットレスが、必要以上に体を沈めてしまうことが原因です。

柔らかいマットレスは、体が沈むことでフワフワした寝心地になり、包み込まれるような気持ちよさを感じることができます。

しかし、あまり沈みすぎると、体が不自然に曲がった状態になるため、背骨の正常な角度が保てなくなってしまうのです。

S字のカーブを描くような湾曲した状態が本来の自然な角度ですが、これが崩れた場合は、体全体のバランスに影響を与えてしまうため、腰にも大きな負担がかかります。

したがって、腰痛対策のためには、柔らかいマットレスは向いていないのです。

低反発にも要注意

寝心地をよくするためのマットレスには、低反発素材を使用した商品があります。

低反発のマットレスは、圧力を跳ね返す力が弱く、へこんだ状態から元に戻るスピードも、かなりゆっくりです。

そのため、常に体をマットレスに沈めた状態となり、柔らかいマットレスと同じように、寝心地がよくなります。

しかし、体が沈んだまま長く固定されるようでは、腰の負担を減らすことにはなりません。

不自然な姿勢のまま長時間過ごすことで、さらに痛みが悪化することもあるのです。

したがって、腰の負担を減らす目的があるなら、低反発素材には十分注意してください。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

硬すぎる商品を選んでしまう

マットレスで腰痛対策をするなら、柔らかすぎる商品を使うのは禁物です。

しかし、この注意点を踏まえて選んだとしても、やはり失敗してしまうことがあります。

それは、硬すぎるマットレスを選んだ場合です。

確かに、腰痛対策のためのマットレスなら、柔らかすぎるものは避けて、ある程度の硬さがある商品を選ぶべきですが、硬ければ何でもよいわけではありません。

「硬い方が腰によい」という極端な考え方で、むやみに一番硬い商品を選んだりすると、腰を痛めてしまいます。

なぜなら、硬すぎるマットレスは、少しも体が沈まないことで、腰が反ったような状態になるからです。

ほとんど沈まないマットレスだと、体との間にどうしても隙間ができてしまいます。

つまり、マットレスに寝ているにも関わらず、その支えがない状態になってしまうのです。

そうなると、やはり背骨の自然な角度は維持できません。

腰への負担を減らすには硬さも必要ですが、マットレスはあくまでも寝具です。

少しは沈むくらいの余裕があり、楽な姿勢で睡眠がとれるものを選びましょう。

反発力は適度に

マットレスに硬さを求める場合、素材は高反発がおすすめです。

高反発素材は復元力が高く、へこんでもすぐに元の形に戻ります。

そのため、体を預けたときの跳ね返りが強く、低反発のように、沈みすぎて腰を痛める心配はありません。

ただし、柔らかすぎるものや硬すぎるものが不適切なように、反発力も、度が過ぎると逆効果になります。

反発力が強すぎた場合、体が浮き上がって安定しなくなるため、体への負担が大きくなるのです。

腰痛のためのマットレス選びでは、自分に合った硬さや反発力を見極めることが必要になります。

そのためには、自分の体格もしっかり考慮しておきましょう。

強い反発力による悪影響は、小柄で体重が軽い人ほど注意しなければなりません。

逆に、大柄で重い人の場合は、普通よりもかなり高い反発力が必要になります。

ただ硬さや反発力を優先するのではなく、「自分に合っているか」という点にも注目し、相性のよい商品を見つけてください。

他の寝具を重ねる

マットレスを使う際、厚さが足りなかった場合は、他のマットレスや敷き布団などと組み合わせる方法があります。

ただし、腰痛の対策をするなら、重ねる順番に気をつけましょう。

特に、腰への負担が少ない高反発マットレスを使う場合は、間違った順番にしていると、しっかり効果を得ることができなくなります。

というのも、マットレスの優れた効果を得るためには、直接寝ることが大切だからです。

そのため、腰痛対策でマットレスを使うなら、他の寝具を重ねず、一番上に敷いておかなければなりません。

もし布団などを重ねた場合は、それが効果を妨げることになってしまいます。

すると、体を押し返す力も半減するため、せっかくの高反発素材が無駄になってしまうのです。

また、順番についてよく知らない場合は、「効果のないマットレスを選んでしまった」という勘違いをすることもあります。

こうした失敗は、寝具を組み合わせるときによく起こるので、間違えないようにしましょう。

シーツは必須

マットレスに直接寝ることは、その効果をしっかり引き出すための重要なポイントです。

しかし、このポイントについては、「マットレスをむき出しのまま使う」といった勘違いしていることも多いので、注意が必要になります。

いくら直接といっても、シーツまで省いてしまったのでは、汗などの汚れを防ぐことができません。

人間が寝ているときは、汗をたくさんかくものなので、むき出しで使っていると湿気が蓄積され、臭いも出やすくなります。

そんな状態では、せっかくの腰痛対策も継続できなくなってしまうので、汚れを防ぐためのシーツやベッドパットなどは、必ず使うようにしましょう。

敷きっぱなしで使う

マットレスは、大きくて動かしづらいことも多いので、一度敷いたらそのままになってしまうことがあります。

しかし、効果的な腰痛対策をするためには、そうした使い方は避けましょう。

なぜなら、同じ部分にばかり体重をかけていると、へたるのが早くなってしまうからです。

圧力の集中は、マットレスが劣化する大きな原因になります。

そして、へこんでしまったマットレスでは、姿勢の維持も難しくなるため、腰に負担をかけることになってしまうのです。

こうした失敗を防ぐには、マットレスの向きをときどき変えて、圧力を分散させてください。

体重がかかる場所を散らせば、へたりにくくすることができます。

上下と裏表を入れ替える

マットレスの向きを変えるなら、上下と裏表を順番に入れ替えて、ローテーションさせるのがおすすめです。

上下と両面を均等に使うようにすれば、劣化を遅らせることができるため、姿勢の維持もしやすくなります。

また、向きのローテーションは、湿気をとばす効果もあるので、カビやダニなどの対策としても有効です。

なるべく長持ちさせて、腰の負担を常に減らすようにしましょう。

まとめ

マットレスは、腰痛対策のための重要な商品ですが、選び方や使い方を間違えてしまうと、逆に腰を痛めることになります。

腰の負担を減らすには、適切な商品を正しく使うことが大切なのです。

そのためには、ここで紹介した失敗と注意点を、ぜひ参考にしてみてください。

マットレスの効果をしっかり引き出すことができれば、腰の負担が軽減できます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団