腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスはサイズ別によってメリットやデメリットがある?

   

タンスのゲン ポケットコイルマットレス 極厚18cm シングル 高密度 コイル数465個 圧縮梱包 ホワイト AM 000055 00

マットレスには様々なサイズがあって、シングル・セミダブル・ダブル・クイーン・キングなどがあります。

しかし、多くの方は、クイーンやキングほどのサイズがなくても、マットレスの広さに満足できる場合が多いです。

そのため、問題になるのがシングル・セミダブル・ダブルの中からマットレスを選ぶには、どのサイズが良いかという点です。

そこで、この3種類のメリットやデメリットを紹介するので、どのサイズを選べば良いのか悩んでいる方は、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

シングルサイズのメリットやデメリット

シングルサイズは、数多くあるサイズの中では、最も小さなサイズになります。

そのような事もあって、シングルサイズはメリットが多いのですが、利用する際にはデメリットもあるので詳しく紹介しましょう。

低価格なマットレス

マットレスの中で、最もコンパクトなサイズになっているので、それだけ利用している素材が少なくなっています。

そのため、コストがあまりかけられていないので、最も値段が安くなっています。

実際に日本で販売されているシングルサイズのマットレスの中には、5,000円以下で販売されている商品もあるのです。

ただしシングルサイズのマットレスでも、コストをかけられた商品の場合では、10,000円を超える商品もあります。

そのため、商品によっては、セミダブルサイズよりも値段が高くなっている場合もあるので、注意して下さい。

コンパクトなサイズ

シングルサイズのマットレスは、幅が80~85cmになっている物が多いので、狭い部屋でも設置しやすくなっています(メーカーによって寸法に違いがあるので注意)。

さらにサイズがコンパクトになっている事から、マットレスが軽量タイプになっているのも、シングルサイズの大きなメリットです。

なぜならマットレスは湿気が溜まりやすい寝具なので、定期的にマットレスを立てかけて、湿気対策を講じる事が重要だからです。

そのため、シングルサイズのマットレスのように、軽量タイプになっていれば、簡単に立てかける事ができます。

そのため、湿気対策を講じやすいマットレスを探している方は、シングルサイズのマットレスがおすすめです。

利用できるのは独り

シングルサイズのマットレスは、独りで利用する場合には、湿気対策を講じやすいので便利な商品になります。

所が、恋人もしくは夫婦で共有しようとしたら、サイズが小さすぎるので注意しなければいけません。

日本のロックバンド『シャ乱Q』は、恋人同士でシングルベットを共有する歌を発表した事がありましたが、実際に二人で利用するのは難しいのが現状です。

そのため、シングルサイズのマットレスは、独りで利用する物と思ったほうが良いです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

セミダブルサイズのメリットやデメリット

シングルサイズは独りで利用する物ですが、セミダブルサイズは、それよりも大きめのサイズになっています。

しかし、このサイズは微妙な大きさになっているので、購入するのに戸惑ってしまう方がいるでしょう。

そこで、セミダブルサイズのメリットやデメリットも紹介するので、確認してみて下さい。

使用感と価格のバランス

シングルサイズの場合はサイズが小さくなっているので、少し窮屈に感じてしまう事があります。

しかし低価格なマットレスになっているので、使用感より値段を重視している方に合うマットレスになっています。

それに引き換え、ダブルサイズのマットレスは値段が高くなっていますが、マットレスのサイズが広めになっているので、値段よりも使用感を重視している方に合うマットレスです。

そしてセミダブルサイズのマットレスは、シングルサイズより広めで、ダブルサイズより狭いマットレスになっています。

さらに価格のほうも、シングルサイズより高くて、ダブルサイズより安くなっています。

そのため、セミダブルサイズは、価格と使用感のバランスが最もよくとれているタイプです。

1.5人分のマットレス

シングルサイズは二人で利用するには狭すぎますが、ダブルサイズは独りで利用するには広すぎます。

そのため、恋人がいない方や結婚していない方は、シングルサイズを購入したくなるかもしれません。

しかしシングルサイズのマットレスを購入してから、恋人ができた場合や結婚する可能性は十分にあり得ます。

そのため、将来の事を考えてマットレスを購入する場合には、二人でも何とか利用できるセミダブルサイズを購入したほうが良いです。

ダブルサイズのメリットやデメリット

ダブルサイズはセミダブルより広めになっている事から、使用感は優れています。

しかし、ダブルサイズの種類によっては、寝心地が悪くなってしまう場合もあるので、注意しなければいけません。

そこでダブルサイズのメリットやデメリットを紹介するので、二人で共有できるマットレスを探している方は参考にしてみて下さい。

二人で共有可能

セミダブルサイズでも、二人で共有する事は可能ですが、少し窮屈に感じてしまうのが現状です。

そのため、すでに恋人または配偶者がいる場合には、最初からダブルサイズを購入する事をおすすめします。

実際にダブルサイズであれば、二人で共有しても、あまり窮屈に感じません。

ただし寝相の悪い方や、体格の大きい方が利用する際には、ダブルサイズで満足できるのか、慎重に検討したほうが良いです。

寝心地が左右されやすいタイプ

ダブルサイズは二人で共有できますが、寝心地の悪い商品を選んでしまえば、眠りの浅い方は睡眠不足に陥りやすいのです。

これはどういう事かと言えば、スプリングを採用しているマットレスの中には、寝返りを打ったら音が出てしまうケースがあるのです。

そのため、眠りの深い方は音が出ても気にならないのですが、眠りの浅い方が音を聞いたら起きてしまう可能性があります。

そのため、一緒にダブルサイズのマットレスを利用している方が寝返りを打つたびに、音が気になってしまう場合もあるので注意して下さい。

サイズ別のおすすめのマットレス

マットレスをサイズ別に紹介してきましたが、日本には数多くの商品が販売されています。

そのため、どのマットレスを選んだら良いのか悩んでしまいがちです。

そこで、シングル・セミダブル・ダブルの3種類の中から、おすすめのマットレスを1種類ずつ紹介していくので、参考にしてみて下さい。

腰かため 3つ折り バランスマットレス

アキレス(Achilles) マットレス バランス 腰かため 厚み5cm 3つ折 抗菌 防臭 付き シングル ブラック AK-1(BK)

マットレスを利用する際に、腰だけが痛く感じてしまう事があります。

このようなケースが起きてしまうのは、腰は重くなっている部分なので、腰だけがマットレスに沈み込んでいく事が大きく関係しているのです。

所がシングルサイズの『腰かため 3つ折り バランスマットレス』は腰の所だけが硬めになっているマットレスなので、腰の沈み込みを抑えてくれるのです。

さらに頭や足を支えている部分は、それほど硬くなっていないので、寝心地の良いマットレスになっています。

三つ折り ポケットコイルマットレス

【平日限定SALE】 一人暮らしに最適ビックスリー 3つ折りマットレス ポケットコイルマットレス マット スタンダード シングル/W= 97cm

スプリングを採用しているマットレスは、大きく分けて、ボンネルコイルとポケットコイルがあります。

ボンネルコイルは体圧分散しづらくなっていますが、通気性が優れているタイプです。

それに引き換え、ポケットコイルは通気性が優れていませんが、体圧分散が優れているタイプになるのです。

そして、セミダブルサイズの『三つ折り ポケットコイルマットレス』は、ポケットコイルを採用しているので、体圧を分散しやすくなっています。

そのため、寝返りを打ちやすくなっているので、身体にかかる負担を軽減できます。

ポケットコイルマットレス ダブル

ポケットコイルマットレス ダブル 高密度 コイル数682個 通気性 体圧分散 圧縮梱包

ポケットコイルタイプは寝心地の優れたマットレスですが、コイル(スプリング)の線径によって、寝心地が大きく変わってしまうので注意しなければいけません。

そこで、ダブルサイズの『ポケットコイルマットレス ダブル』は、2種類の線径が用意されていて、1.9と2.05mmがあります。

さらにコイルの配列も『平行配列』と『交互配列』を用意しているので、あなたの好みに合うマットレスを見つけられる可能性が高いです。

実際に線径が太いほうが、マットレスが硬く感じるので、2種類の線径を用意する事によって、マットレスの柔らかさを選ぶ事が可能です。

さらに平行配列はコイルを使用している量が少ないので、マットレスが柔らかくなっています。

それに引き換え、交互配列はコイルを使用している量が多い事から、マットレスが硬めになっている上に、マットレスが揺れづらくなっています。

そのため、スプリングの音が気になってしまう方は、交互配列のほうを選んだほうが良いです。

まとめ

マットレスはサイズ別によって、メリットやデメリットがあるので、それを把握した上で購入する事が重要になります。

実際に独りで利用する際にはシングルサイズを選んで、二人で共有する場合にはダブルサイズがおすすめです。

そしてセミダブルサイズは、独りで利用する場合には余裕があって、二人でも共有する事は可能です。

そのため、サイズを選ぶ場合には、部屋の広さや利用する人数を考えた上で購入すれば、失敗する可能性は低くなります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団