腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスを乗せる「すのこベッド」の選び方は?6つのポイント

   

すのこベッドは、マットレスの通気性を高めるための便利なアイテムです。

マットレスをすのこベッドの上に敷くと、下の隙間が多くなります。

すると、空気がよく流れるようになり、湿気の蓄積を軽減できるのです。

ただし、すのこベッドを使うなら、選び方に注意してください。

適当に選んでいると、使いにくい製品を買ってしまうことがあります。

では、選び方のポイントについて、詳しく説明していきましょう。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

種類の違い

すのこベッドは、大きく分けて2つの種類に分けることができます。

それが、据え置きタイプと折り畳みタイプです。

その2種類の違いを把握して、自分に合った方を選ぶようにしましょう。

収納するなら折り畳み

折り畳みタイプのすのこベッドは、コンパクトな形態に変えることができるため、移動が容易になります。

そのため、片づけることが多い場合は、ぴったりなタイプです。

通常のベッドは折り畳んだりできないので、日中もそのまま置いておくことになります。

しかし、部屋の掃除をしたいときなどは、大きなベッドがあると邪魔になってしまうものです。

そんなときは、簡単に動かせる折り畳みタイプを使ってみましょう。

使わないときは畳んでどけておき、寝るときだけ出す使い方なら、掃除などを妨げることはなくなります。

どれくらい折れるか

折り畳みタイプは、2つ折りや3つ折り、4つ折りなど、さらに種類が分かれているものです。

手軽に扱えることを重視するなら2つ折りでも十分ですが、4つ折りになると、使い方の幅が広がります。

4つ折りの製品は、Mの形に折ることで、干すためのアイテムとして利用できるのです。

マットレスを快適に使うなら、湿気の対策は重要なポイントのひとつなので、干すための機能があると助かります。

どのように使うかよく考えて、メリットの大きいタイプを選びましょう。

安定感なら据え置き

据え置きタイプの製品は、基本的に通常のベッドと同じ形をしています。

床板がすのこになっていること以外は、あまり大きな違いはありません。

そのため、折り畳みタイプよりもがっしりしており、安定性が高くなっています。

簡単に動かせない点には注意すべきですが、それよりも安定感を重視するなら、据え置きを選んでおきましょう。

脚の有無もチェック

据え置きのすのこベッドは、脚があるタイプとないタイプに分けることができます。

自分に合うものを購入するなら、その点もよく見ておきましょう。

脚がないタイプは、ベッドというよりマットに近い形になるため、「すのこマット」と呼ばれることがあります。

マットレスを床で使うときは、このタイプがおすすめです。

脚があるタイプの方は、マット型と違って高さがあるため、寝起きしやすいことがメリットになります。

低い位置から立ち上がる動作は、腰に負担をかけることも多いため、腰痛もちの人には向いていません。

脚があるタイプなら、腰にダメージを与えることなく、すんなり起きることができるのです。

また、下の空間を収納スペースとして使える点にも注目です。

引き出しがついた製品もあるので、なるべく使いやすいものを選んでおきましょう。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

素材

すのこベッド選びでは、素材も重要なポイントになります。

素材によって特徴が異なるので、相性がよさそうなものを探してみてください。

杉は建材などにもよく使われている素材であり、高い断熱性と耐久性を備えています。

冬の暖かさや頑丈さを重視するなら、しっかりチェックしておきましょう。

また、湿気にも強いので、湿気対策の効果を高めたいときにもおすすめです。

桐は、断熱性や耐久性に加えて、軽さもメリットになっています。

軽い素材でできたベッドを選んでおくと、動かすときの労力を軽減することができるのです。

少しでも扱いやすいものが欲しいなら、桐の製品から選んでみてください。

ひのき

ひのきの大きな特徴は、よい香りがすることです。

使っていると、その香りをたっぷり感じることができるため、心地よく眠ることができます。

ぐっすり眠ることを重視するなら、こうしたリラックス効果の高いものを選んでおきましょう。

サイズ

すのこベッドは、シングルやダブル、セミダブルなど、サイズの種類もいろいろあります。

小さすぎると快適に眠ることができないので、よく見て選ぶようにしましょう。

特に、体の大きい人は注意が必要です。

普通にシングルを選ぶと失敗することがあるので、自分の体格をよく考えて、セミダブルも選択肢に入れておいてください。

マットレスとのバランス

すのこベッドのサイズは、自分の体格だけでなく、マットレスに合っていることも外せないポイントになります。

ベッドが自分の体に合っていても、そこに敷くマットレスが合っていなければ、うまく使うことができません。

マットレスとのバランスを考慮して、ちょうどよいサイズを選びましょう。

部屋のスペースを圧迫しないか

体格やマットレスとの相性がぴったりでも、部屋の大きさと合っていない場合は、別のデメリットが出てきます。

大きすぎるサイズだと、スペースを圧迫してしまい、部屋全体が狭苦しい印象になることもあるのです。

他の家具のサイズや数などもよく考えて、スマートに設置できるものを選ぶようにしましょう。

板の枚数

すのこベッドは、それぞれ板の枚数が異なるものです。

しっかり体を支えてくれるベッドが欲しいなら、なるべく枚数の多いものを探してください。

通気性に注目するなら少ない方がよさそうに思えますが、少なすぎる場合は、失敗することがあります。

すのこベッドは、基本的にどれも通気性がよいので、板の枚数よりも、頑丈さの方を優先すべきです。

あまりスカスカなものは避けて、がっしりしたものを選択しましょう。

デザイン

ベッドには、部屋のインテリアとしての役割もあります。

それは、すのこベッドであっても同じことです。

部屋の雰囲気などを考慮して、違和感のないデザインを選ぶようにしましょう。

すのこベッドというと、なんとなくシンプルなデザインをイメージすることも多いですが、実際にはいろいろな種類があるものです。

おしゃれなベッドやユニークなベッドを見つけて、楽しく使っていきましょう。

値段

すのこベッドの中には、少し高いタイプもあります。

予算が少ないと、そうした製品の購入は厳しくなることもあるので、選ぶときは注意が必要です。

できるだけ安いものが欲しいときは、杉の製品を探してみましょう。

杉は安価なので、他の素材を使ったものより、安く手に入れることができます。

シンプルなものを

据え置きのすのこベッドには、かなり凝ったつくりの製品もあります。

そのようなものは、やはり値段が高くなってしまうものです。

安く済ませるなら、材質やデザインに凝ったものではなく、なるべくシンプルなものを選んでください。

それなら、予算に余裕がないときでも購入しやすくなります。

原産地の違い

海外産の製品は、国内のものより安く購入できます。

国内産は品質のよいものが多いため、それだけ値段も高くなっているのです。

とはいえ、海外産だから悪いというわけではなく、いろいろと優れた製品はあるものです。

品質重視だと国内産にばかり目が行くことも多いですが、特別なこだわりがないのであれば、海外産の製品もチェックしてみてください。

まとめ

マットレスと組み合わせるすのこベッドを選ぶなら、ここで紹介したポイントをしっかり確認することが大切です。

すのこベッドは基本的に便利な製品ですが、素材やサイズなどが合っていない場合は、デメリットの方が気になってしまうこともあります。

重要なポイントを細かくチェックしていけば、そうした失敗を防ぎ、自分に合った製品を購入することができるのです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団