腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスを劣化させない干し方は?気をつけたい4つのポイント

   

マットレスの湿気をとばして、カビや嫌な臭いなどを防ぐためには、定期的に干すことが大切です。

干してしっかり乾燥させておけば、さまざまなデメリットを防ぐことができます。

ただし、干すときの方法には注意してください。

間違った干し方では、マットレスを劣化させる可能性があります。

では、マットレスに負担をかけない干し方のポイントについて、詳しく説明していきましょう。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

日光に当ててもよいことを確認する

マットレスを干して乾燥させるとき、無駄なダメージを与えないようにするためには、何よりも先に、まず説明書を確認することをおすすめします。

なぜなら、マットレスの中には、天日干しすることで寿命を縮めてしまうものがあるからです。

マットレスに蓄積された湿気をとばすなら、日光に当てることは、とても効果の高い方法であり、決して間違いではありません。

むしろ積極的に行うべき対策なので、天日干しができるものは、きちんと定期的に干して乾燥させるべきです。

しかし、「すべてのマットレスが日光に耐えられるわけではない」という注意点も、頭に入れておくようにしましょう。

ウレタンを使った高反発マットレスなどは、日光に当てれば当てるほど劣化していきます。

そのため、マットレスを長持ちさせるために干したつもりでも、実際には劣化を早める結果になってしまうのです。

この失敗を防ぐためには、自分の使っているマットレスを日光に当てても問題がないか、よく確かめてから行動するようにしてください。

「マットレスを干す=天日干し」という考えにとらわれず、それぞれの商品に合った方法で手入れをすることが大切です。

陰干し

自分の使っているマットレスが日光NGなものだった場合、「じゃあこれは乾燥させることができないのか」とがっかりしてしまうこともありますが、諦める必要はありません。

たとえ天日干しができなかったとしても、乾燥のための手段はもうひとつあるのです。

それが、日陰を利用する陰干しになります。

風通しのよい日陰にマットレスを置く方法でも、十分に湿気をとばすことができます。

日陰で干すとなれば、「こんな場所で本当に乾くだろうか」と不安になってしまうこともありますが、空気の流れがある場所なら、まったく問題はありません。

確かに、日陰は日陰でも、ぴっちりと密閉された湿度の高い部屋の中では、いくら長く置いていても、マットレスの湿気をとばすことは難しくなります。

しかし、風通しがよく、常に空気に晒されている状態であれば、乾かすことは可能です。

日光を当てることができないマットレスを使っているなら、ぜひ陰干しを試してみてください。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

長く干しすぎない

日光で劣化を早めてしまうものは陰干しにすべきですが、そうでない場合は、しっかり天日干しを行うべきです。

太陽が高く昇る午前10時~午後3時あたりを狙って干せば、マットレスが乾燥し、湿気によるデメリットを防ぐことができます。

ただし、あまり長く直射日光を当てすぎるのはよくありません。

強い日射しが降り注ぐ場所に長時間放置した場合、生地を傷めてしまう可能性があるのです。

これは、マットレスだけでなく、布団を干すときにも共通する注意点になります。

日光は、湿気をとばすためには積極的に利用すべきものですが、やりすぎてはいけないのです。

マットレスを乾燥させるには、干す時間が長いほど効果が高くなりそうなイメージもありますが、劣化を遅らせたいなら、適度な時間にしておきましょう。

片面30分~1時間くらいにとどめておけば、失敗することはありません。

夏は午前中に

直射日光に当てすぎることによるダメージを回避するなら、夏の天日干しに注意してください。

夏はどうしても日射しが強くなるため、あまりにも日が高くなっているときは、干しすぎになる可能性があります。

特に、昼過ぎからは陽射しが強まることが多いので、なるべく午前中に済ませておくようにしましょう。

午後に干す場合でも、長くなりすぎないように、時間には十分気をつけてください。

夕方の天日干しはNG

マットレスを干しすぎたときのデメリットは、日光によるダメージだけでなく、湿気の増加もあります。

取り込みをすっかり忘れてしまい、外に出しっぱなしにしていると、乾燥させるどころか、逆に湿らせることになってしまうのです。

注意したいのは、夕方以降も延々と干しておくことです。

時間が遅くなるほど外の湿度は上がっていくので、マットレスを放置していると、どんどん湿気を吸収してしまいます。

特に、夏のジメジメした時期に取り込みを忘れた場合は、じっとりと湿ってしまい、干す前よりも悪くなっていたりします。

したがって、マットレスを天日干しにするときは、きちんと時間を見ておくようにしましょう。

乾燥した日中に干しておくのであれば、湿気を増やしてしまう心配はありません。

強く叩かない

マットレスを干すときに劣化を早めてしまう原因は、日光や湿気といった外の環境によるものだけではありません。

バシバシと強く叩く行為も、マットレスにダメージを与えることになってしまうのです。

マットレスや布団を干すとき、布団叩きを使って叩くというのは、特に珍しい光景ではないため、「何が問題なのかわからない」と考える人もいますが、やりすぎはよくありません。

ホコリを軽くはらう程度なら確かに問題はありませんが、大きな音が出るほど強く叩いていると、マットレスを傷めることになってしまうのです。

干すときには、つい叩きたくなってしまうことも多いですが、マットレスを長持ちさせるためには、あまり乱暴に扱わないでください。

普通に干して乾燥させておけば、マットレスの劣化を早めるようなことはありません。

天候を考える

マットレスを干すときに劣化させないようにするためには、天気についてもよく考えておくべきです。

干したことで湿気をため込んだりすると、マットレスがずっとジメジメした状態になり、カビが発生したり、嫌な臭いがしてくることがあります。

せっかく干すのであれば、なるべく湿気の少ない日を選ぶようにしましょう。

そのためには、天日干しをする前の日の天気にも注目してください。

当日に晴れているだけでは、完全に湿気を防ぐことはできません。

前日に雨が降っていた場合、そのときの湿気がまだ多く残っているため、一見すると乾燥に最適な天気のようでも、湿らせてしまう可能性が高いのです。

単純に「雨か晴れか」というだけでなく、前日の天候も含めて考え、干すタイミングを見極めてください。

風が強い日もよくない

前日も当日も雨が降っておらず、空気が乾燥していたとしても、あまり風が強い日は、マットレスを干すべきではありません。

そんな日にマットレスを干していると、汚れがひどくなってしまうからです。

風が強いということは、砂やホコリなどが普段よりも多く舞い上がる状態になります。

マットレスをそんな中に放置していたのでは、湿気をとばすことはできても、汚れを防ぐことはできません。

そして、汚れたまま使い続けていると、マットレスの劣化も早まり、長持ちさせることが難しくなってくるのです。

少しくらいの風なら構いませんが、強風が吹き荒れているようなときは、外に出さないようにしましょう。

まとめ

マットレスを定期的に干して、きちんと湿気をとばすことは、劣化を防ぐためには大切なことです。

ただし、方法が間違っていた場合は、逆に劣化を早めてしまうので、ここで紹介したポイントはしっかり押さえておいてください。

日光に弱いものを天日干しにしたり、長く干しすぎたりしなければ、マットレスを劣化させずに乾かすことができます。

毎日快適に眠るためにも、マットレスのダメージが少なくない干し方をしていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団