腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスを快適に使うためには何が必要?おすすめアイテム5選

   

蝶プラ工業 すのこベッド エアースリープ ブラウン

マットレスは、できるだけ気持ちよく、快適に使いたいものです。

寝るときに不快感があったり、何かストレスにつながる要素があったりすると、眠りを妨げられることになります。

そうなれば、熟睡することができません。

睡眠不足による体調不良などを防ぐためには、便利なアイテムを使い、快適さを高める工夫をしてみましょう。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ベッドパッド

ベッドパッドは、シーツの下に敷いて使うアイテムであり、手軽に快適さアップができます。

これは、厚みをプラスすることができるためです。

シーツの下に挟んでおくと、マットレスがさらに厚くなります。

そうすると、クッション性が高くなり、寝心地を改善することができるのです。

フィット感を高める

クッション性が低すぎると、体が沈まないために、フィット感が弱くなります。

体とマットレスの間に隙間が多くなってしまい、リラックスして眠ることができません。

これは、自分に合わない硬さの製品を使ったときも、よく起こるトラブルです。

硬すぎるものにはクッション性などないため、板の上に寝転がっているような状態になり、体にかかる負担も大きくなります。

そうなると、腰を痛めてしまうこともあるのです。

ベッドパッドで厚みを増しておけば、そうしたデメリットは防ぐことができます。

スプリングの感触を軽減

内部にスプリングが入ったマットレスの中には、背中に硬い感触が伝わってしまう製品もあります。

常にゴツゴツした違和感があると、ぐっすり眠れなくなってしまいます。

スプリングの硬さを和らげるためには。

ベッドパッドを重ねて使うようにしましょう。

ベッドパッドは厚みのあるアイテムなので、スプリングの感触をしっかりとガードしてくれます。

柔らかすぎるのもよくない

ベッドパッドは便利なアイテムですが、使い方を間違えると失敗してしまいます。

厚みを加えてクッション性を高める方法は、硬いマットレスだけに有効なものです。

もとから柔らかい製品にクッション性を加えると、柔らかくなりすぎてしまいます。

柔らかすぎるものを使うと、適度に沈んでフィットするのではなく、埋もれるような状態になってしまいます。

そうなれば、うまく身動きがとれないため、寝返りの回数が減っていきます。

これは、体を痛める原因のひとつです。

同じ姿勢で長く寝ていると、体に大きな負担をかけてしまいます。

また、沈みすぎて体が曲がってしまうのもよくありません。

おかしな具合に曲がったまま一晩過ごしたりすると、腰痛になる可能性が高くなるのです。

そうした失敗を防ぐためにも、組み合わせるマットレスがどんなタイプの製品か、必ず確認しておいてください。

汗を防いで湿気を軽減

ベッドパッドは、クッション性の強化だけでなく、汚れを防ぐためにも役立つアイテムです。

上に重ねて使えば、マットレスまで汚れが届かなくなり、常に清潔な状態で使うことができます。

特に、寝汗をガードできることは重要なポイントです。

寝汗が多量に染みこむようだと、湿度が上がってジメジメしてきます。

睡眠中の汗は、コップ1杯くらいの量がたっぷり出ることもあるので、軽く考えてはいけません。

あまり湿度が上がると、気持ちよく眠れなくなってしまいます。

少しでも湿気の蓄積が抑えられるように、便利なアイテムは積極的に使っていきましょう。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

敷きパッド

敷きパッドは、ベッドパッドと混同されることもありますが、実際には別のアイテムです。

ベッドパッドはシーツの下にセットしますが、敷きパッドの場合は、シーツの上が正しい位置になります。

一番上になることで、寝汗などの汚れをしっかりと受け止めてくれるのです。

温度調節で快適に

敷きパッドには、ベッドパッドのような厚みがないため、クッション性を強化する効果は期待できません。

その代わりに備わっているのが、温度を調節する機能です。

敷きパッドは、ひんやりする素材や、温かさを感じられる素材を使っているため、快適な温度にしたいときは、とても役立ちます。

温度が低すぎたり高すぎたりすると、よく眠れないことが多いものです。

特に、夏や冬のように、温度が極端になる季節は要注意です。

そんなときは、敷きパッドをうまく使っていきましょう。

肌触りの気持ちよさ

敷きパッドは、一番上に敷いて使うアイテムなので、肌に当たったときの感触についても、よく考えられています。

肌に触れたときに不快感があると、睡眠の妨げになることが多いため、肌触りのよい製品が多くなっているのです。

気持ちのよい肌触りがあれば、リラックスしてぐっすり眠れるようになります。

その点を重視するなら、敷きパッドをしっかりチェックしておきましょう。

すぐ洗濯できる

肌に直接触れるものは、放っておくと汚れがどんどん蓄積してしまいます。

そんなことになれば、とても快適に眠ることはできません。

常に清潔な状態で使うためには、こまめな洗濯をすることが大切です。

敷きパッドは、その点も考慮して設計されています。

四隅のゴムをマットレスに引っかけるだけで固定できるため、簡単に取り外せるようになっているのです。

それなら、準備に手間取ったりせず、すぐに洗濯を始めることができます。

シーツだと、四隅を折り畳んでマットレスの下に入れることになるため、若干面倒に感じてしまうものです。

敷きパッドならスムーズに外すことができるので、しっかり洗いながら使うようにしましょう。

すのこ

すのこは、マットレスを床に敷くときに活躍するアイテムです。

ただ敷いてしまうと、床と裏面が密着することになるため、どうしても通気性が悪くなります。

そうなると、湿気の蓄積がひどくなり、快適な眠りを妨害するようになるのです。

湿度の上がる梅雨などは、ジメジメしすぎてカビが生えることもあるので、なんとか対策をしなければいけません。

そんなときは、すのこの上にマットレスを敷いてみてください。

すのこを挟む敷き方なら、床と密着することはなくなります。

また、すのこの隙間が空気の通り道になるため、裏面の湿気を逃がすこともできるのです。

除湿シート

除湿シートは、マットレスの下に挟んでおくと、湿気を吸収してくれます。

これは、冬の結露対策として効果的なアイテムです。

冬にマットレスを床で使う場合、温かいマットレスとの温度差で、水滴がつくことがあります。

これも、湿気を上昇させる原因のひとつです。

快適に眠るためには、除湿シートで余計な水分を吸い取るようにしてください。

不快な湿気を軽減して、気持ちよく眠れるようにしましょう。

扇風機

扇風機が必要になるのは、裏面の湿気をとばすときです。

マットレスの裏は常に隠れているため、敷きっぱなしにしていると、湿気が多量にこもることになります。

それを防ぐためには、マットレスの片側に箱や雑誌などを挟み、持ち上げる対策がおすすめです。

裏を露出させて、こもった湿気を逃がすようにしましょう。

しかし、ただ持ち上げるだけでは、少し効果が弱いこともあります。

そこで活躍するのが、扇風機です。

裏の隙間に扇風機で風を当てておくと、湿気が逃げやすくなり、効果的に湿度を下げることができます。

扇風機の風は自分で浴びたくなるものですが、快適な睡眠のためには、こうした使い方もぜひ試してみてください。

まとめ

マットレスは、適当に使っているだけだと、あまり気持ちよく眠れないことがあります。

厚さが足りないものにそのまま寝ていたり、湿気がたまっていたりすると、快適な眠りを邪魔されてしまうのです。

それを防ぐためには、ここで紹介したアイテムをうまく使っていきましょう。

マイナスになる要素を排除して、快適な環境を整えれば、ぐっすり熟睡することができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団