腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

メンタル対策!心を落ち着かせたいときの入浴剤の選び方

      2017/09/08

日本の名湯ギフト NMG-50F 30g 50包入り (入浴剤)

入浴剤を使う時には様々な目的があると思います。

たとえば肉体的な疲労から解放されるときにも使いたいでしょうし、あるいは肌を整える為に使いたいと考える人もいるでしょう。

そしてそれらと同じように、心を落ち着かせたいときにも入浴剤を使う人もいるはずです。

そこでここではそんな、心を落ち着かせたいときの入浴剤の選び方について紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

クラリセージの香りの入浴剤を選ぶ

心を落ち着かせるために入浴剤を使いたいのであれば、おすすめなのは、クラリセージの香りがする入浴剤になります。

クラリセージというのは、セージと言うハーブの1種になります。

セージというのは、なんとなく料理などで使用したことがあるという方も多いのではないでしょうか?

そんなセージの香りをもうちょっとフローラルにしたようなのが、クラリセージになります。

心の鎮静時によく使われる

ノルコーポレーション 入浴剤 シャリテローズ バスペタル 60g ロマンスローズ OB-DRP-1-2

クラリセージは、よく心を落ち着かせるためのアロマテラピーなどで使われるものです。

それだけ心の鎮静作用があるということです。

だから当然それを入浴剤の香りとして選ぶことでも心を落ち着かせることが出来るようになるのです。

クラリセージには高いリラックス効果だけでなく、気分をアゲてくれる効果もあるので、落ち込み気味でかつ心が落ち着かないという方にはすごくぴったりです。

香りの効果は思ったよりも大きい

たかが香りではないかと思う方もいるかもしれません。

入浴剤の香りをクラリセージにしたくらいで何が変わるのかと思ってしまう気持ちはわかります。

でも、香りの効果と言うのは実に絶大です。

香りが変わるだけで、人の心持は大きくかわるものなのです。

たとえば、映画館などでは今4Dと言うのが流行っています。

シーンに合わせて香りを出したり風をふかしたりするというものですが、それが香りがいかに大切かを証明していると言えるでしょう。

香りをシーンに合わせるとことで一気に臨場感がでるからそれがもちいられているのです。

それだけ香りというのは人にとって大切なものなのです。

だから、もし心を落ち着かせたいと思ったら、クラリセージの香りの入浴剤をさがしてみてください。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

ラベンダーの香りも同じく効果的

クナイプ バスソルト ラベンダーの香り 850g

ただ、クラリセージの香りの入浴剤は、そうそう簡単にみつけることが出来ないと言えるでしょう。

そこまでメジャーな物ではないですから、それを作ったとしてもあまり売れるかどうかはわかりません。

ということは当然、いくら効果があるとは言ってもそれを作る業者は少なくなるでしょう。

どうせ作るならば売れないと意味がありません。

そういうことがあるのでよりメジャーなものの中にも選択肢を持っておくと良いでしょう。

メジャーな香りの中で心を落ち着かせる効果が高いのはやはりラベンダーでしょう。

ラベンダーの香りは、たとえばエステなどでも良く用いられている通りに、心を鎮静する香りとしては定番だといえます。

そしてラベンダー自体もメジャーです。

だから、ラベンダーの香りの入浴剤はすごくたくさん出ているはずです。

もしクラリセージに出会えない時には、ラベンダーの入浴剤を選んでいくと良いでしょう。

ストレス解消にも効果的

ラベンダーは、心を落ち着かせてくれるだけではなく、ストレスの解消にも効果的だと言われています。

心を落ち着かせたいというその理由にはいろいろな物があるでしょう。

なにか不安に感じることが原因で心が落ち着かないということもあるでしょうし、そうではなく、ストレスがたまりにたまってずっとイライラしているから心が落ち着かないということもあるでしょう。

もし後者のようなかたちで心が落ち着かなくなっているのであれば、やはりストレスを解消するということもすごく大切になります。

だから、ラベンダーのようにストレス解消効果があるというのはすごく心強いのです。

ピンク色の入浴剤を選ぶのも正解

クナイプ バスソルト サクラの香り 850g

心を落ち着かせる入浴剤を選ぶ際には、香りだけではなく色も重要になります。

心を落ち着かせるための色として定番と言えるのは緑や青です。

なのでもちろん、緑や青の色の入浴剤を選ぶのも間違いではないと言えるでしょう。

しかし、緑や青の入浴剤だけではなく、こうした色の入浴剤もおすすめというのがもう一つあります。

それが、ピンクです。

ピンクは幸せを感じさせる色

青や緑ならなんとなく心が落ち着きそうな気がするのはわかりますが、ピンクにそういうイメージが無いという方も多いでしょう。

しかしピンクと言う色は、意外と人に幸せ感を感じさせる色なのです。

柔らかい色味ですし、それも分からない話ではありません。

そうしてピンクと言う色味から幸せ感を感じていったら、それにともなって心も落ち着いていくはずです。

心が落ち着かないのは、幸せ感を感じていないからでもあるはずです。

たとえば心が落ち着かない時には、焦りや怒りを感じているはずです。

焦りや怒りを感じている時に幸せな気持ちを抱いている人はまずいないでしょう。

でもそれは逆に言えば、焦りや怒りを感じている時にも、上から幸せ感を与えていけば、それによって心が落ち着いていくということになります。

だから、ピンクの色の入浴剤を選ぶことはおすすめなのです。

柔らかめのピンクが正解

ただピンクの色の入浴剤を選ぶ時には、一つ注意点もあります。

それが、あまり濃いめの色のピンクの入浴剤は選ばないようにするということです。

ピンクの色が濃いと、赤に近い色になってしまいます。

赤という色は、攻撃な感性を刺激する色です。

やる気が出たりするというメリットはあるのですが、より心が落ち着かなくなる可能性は高いです。

だから、心を落ち着かせたいのであればやわらかめのピンクの色の入浴剤を選ぶのが正解なのです。

量的にたくさん入っている入浴剤

心を落ち着かせるための入浴剤において大切なことはもう一つあります。

それが、たくさん量が入っているということです。

なぜたくさん量が入っていることが求められるかわかりますでしょうか?

それは別段難しいことではありません。

何も、入浴剤の濃さを濃くするというわけではなく、濃さは同じで、量だけたくさん入れるようにする為なのです。

つまり、お湯をたくさん入れても入浴剤の濃さが損なわれないようにするために、量がたくさん入っているべきなのです。

浮力により心が落ち着いていく

お湯をたくさん入れるのは、浮力によってリラックス感を促し、心を落ち着かせていく為です。

でもそうしてお湯をたくさん入れているのに、一般的なお湯の量の時と同じような入浴剤しか入れていないと、入浴剤は薄くなってしまうでしょう。

となると効果も心配になります。

だから、お湯が増えた分たくさん入れることが出来るものを選ぶべきなのです。

お湯が増えた分たくさん入れることが出来るものを選ぶためには、小分けにされていない入浴剤を選ぶ必要があります。

つまり量がたくさん入っているというのは、ボックス型の容器にスプーンがついているような入浴剤のことになるのです。

そういう物を選んで、お湯の量にしっかり対応していってください。

まとめ

心を落ち着かせたい時には、これらのことを参考に入浴剤を選んでいくと良いでしょう。

一説によると、心の病にかかる人はここ数年で群と増えているようです。

と言うことはつまり、それだけ日々の心のケアは大切になるということになります。

だから是非入浴剤も駆使しつつ、しっかりと日々メンタルもケアしていってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤