腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

リクライニングチェア Kroneは腰痛でも利用しやすい椅子?

   

腰痛になってしまった方は、腰にかかる負担を軽減して、安静にする事が重要になります。

なぜなら、腰に負担をかけるような毎日を送っていたら、腰痛が悪化するからです。

そこで、腰痛に悩んでいる方におすすめしたいのが『リクライニングチェア Krone』です。

この椅子は、腰にかかる負担を軽減できるように作られているので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

リクライニングチェア Kroneの魅力

本製品は、腰痛の方でも利用しやすいポイントが4つあって、それが、リクライニング機能・ポケットコイルシート・肘掛け付き・クッション付きです。

そこで、腰痛でも利用しやすい椅子を探している方のために、この4つのポイントについて紹介するので、見ていきましょう。

リクライニング機能

腰痛になっている方は、背もたれを備えている椅子を利用して、腰にかかる負担を軽減する事が重要です。

しかし、背もたれの角度が自分の身体に合っていなければ、腰にかかる負担が増えてしまうので、注意しなければいけません。

所が、本製品は『リクライニング機能』を備える事によって、自分の身体に合う角度まで背もたれを調整できるようになっているのです。

さらに背もたれの上部も角度調整できるようになっているので、楽な姿勢でテレビや雑誌を見る事もできます。

ポケットコイルシート

椅子を座る際に、お尻が座面に沈み込み過ぎたら、お尻や腰に体圧が集中しやすいので、腰痛が悪化してしまいます。

所が、本製品の座面には『ポケットコイル』が搭載されているので、体圧を分散しやすくなっています。

なぜなら、ポケットコイルは、コイル(スプリング)が1本ずつ独立している事から、お尻や腰を面ではなく点で支えられるからです。

そのため、お尻が沈み込みやすい椅子を利用していて、腰が痛く感じやすい方には、本製品はおすすめです。

肘掛け付き

本製品は『肘掛け』を備えているので、椅子から立ち上がる際には、肘掛けに手を置いて、腕力で立ち上がる事が可能です。

もしも肘掛けを備えていない椅子を利用していたら、椅子から立ち上がる際には、腕力を使えないので、腰に力を入れてしまう場合があるのです。

そのような椅子を利用してたら、腰痛が悪化しやすいので、注意しなければいけません。

そのため、腰痛に悩んでいる方は、肘掛けを備えている本製品を利用してみる価値があります。

クッション付き

腰痛になってしまう原因はいくつかありますが、そのうちの一つとして『姿勢』が挙げられます。

実は、崩れた姿勢になっていたら、腰に大きな負担をかけるので『S字カーブ』をキープする事が重要です。

このS字カーブとは、真横から背筋を見たら、S字のような形状になっている姿勢を指します。

そのため、腰はお腹のほうへ曲がっているのですが、フラットな背もたれの座椅子では、S字カーブをキープしづらいです。

所が、本製品にはクッションが付いてくるので、本製品の背もたれと腰の間にクッションを挟んでおけば、S字カーブをキープしやすくなります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

S字カーブをキープ

本製品の座椅子とクッションを併用すれば、S字カーブをキープできますが、S字カーブには、どのようなメリットがあるのか分からない方は多いでしょう。

そこで、S字カーブのメリットを紹介するので、それが分かれば本製品を利用する重要性も理解できるはずです。

腰にかかる負担を軽減

S字カーブをキープしていれば、腰が湾曲しているので、バネの役割を果たしてくれます。

そのため、硬い路面を歩いている際に、足を地面へ着地した時の衝撃があっても、腰が衝撃を緩和してくれるのです。

もしもS字カーブをキープできなくて、腰がバネの役割を果たせなかったら、その衝撃が腰に加わりやすくなってしまうので、注意しなければいけません。

そのため、腰痛に悩んでいる方が、S字カーブをキープする事は重要です。

正しい姿勢をキープ

S字カーブの姿勢が少しでも崩れたら『猫背』または『反り腰』になってしまいます。

実際に猫背は、背中が後方に曲がっている姿勢で、反り腰は腰の角度が付き過ぎている姿勢になります。

もしも猫背になってしまえば、椅子の背もたれに寄りかかったら、お尻が前のほうへズレやすくなって、腰にかかる負担が大きくなってしまうのです。

そして反り腰は、角度が付き過ぎている事から、腰にかかる負担が大きくなっているので、S字カーブをキープして、猫背や反り腰などの対策を講じたほうが良いです。

注意すべきポイント

本製品は腰痛でも利用しやすい椅子になっていますが、いくつか注意すべきポイントもあります。

そこで、本製品を利用してから後悔する事がないように、どのような所を注意したほうが良いのか確認してみて下さい。

肘を支えづらい椅子

本製品の肘掛けは横幅が狭くなっているので、肘を乗せようとしたら、不安定な状態になってしまいます。

もしも本製品の肘掛けに肘を乗せていて、肘掛けから肘がズレて落ちてしまえば、腰に大きな衝撃を加えてしまいます。

腰痛でない方であれば、それほどの痛みはありませんが、腰痛の方は強い痛みを感じる場合があるので、注意しなければいけません。

そのため、腰痛に悩んでいる方は、本製品の肘掛けは立ち上がる際だけ利用したほうが良いです。

お尻のズレ

本製品はリクライニング機能が搭載されているので、背もたれを倒して、楽な姿勢で座る事はできます。

ただし背もたれを倒し過ぎたら、猫背になっていなくても、お尻が前のほうへズレやすくなってしまうので、注意しなければいけません。

実際にお尻が前のほうへズレたら、腰にかかる負担が大きくなってしまうのは、座面に接しているお尻の部分が少なくなってしまうからです。

そのような事になれば、上半身の体重はお尻ではなく、腰に加わりやすくなってしまいます。

そのため、リクライニング機能を活用する際には、お尻の位置に注意して下さい。

製品情報の詳細

本製品は魅力的なポイントもあれば、注意すべきポイントもあったので、この椅子を購入するべきか悩んでしまったかもしれません。

そこで製品情報も詳しく紹介するので、この椅子を購入するべきか、参考にしてみて下さい。

デザイン性

本製品の肘掛けと脚はブラウンカラーで繋がっていて、洋室だけではなく、和室にも合いやすいデザインになっています。

さらに背もたれと座面は、2種類のカラーバリエーションが用意されていて『ブラウン』や『グレー』などがあります。

ブラウンは暗いトーンになっていますが、味わいのあるデザインになっているので、ご高齢の方におすすめの商品です。

さらにグレーは明るいカラーになっているので、シックな部屋に合いやすくなっているので、落ち着いたデザインが好きな方におすすめのカラーです。

高額な椅子

本製品は、腰痛でも利用しやすい椅子になっている事から、ある程度までコストをかけた商品になっています。

そのため、楽天市場では送料無料ですが、税込価格24,990円になっているのです(2018年3月22日時点)。

実は日本で販売されている椅子の中には、5,000円前後で販売されている商品もあるのです。

そのため、本製品はコストパフォーマンスが優れていないように感じてしまうかもしれませんが、腰にかかる負担を軽減できているので、腰痛の方は検討してみる価値はあります。

まとめ

本製品はリクライニング機能を備えているので、楽な姿勢で座りたくなりますが、お尻の位置に注意しなければ、腰痛が悪化してしまいます。

そのため、背もたれを倒す時間を短くして、正しい姿勢をキープしやすいようにして、利用したほうが良いです。

さらにポケットコイルを備えている商品は柔らかくなってしまうケースが多いので、硬めの座椅子を探している方は注意して下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子