腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発もっちり円座クッションで腰痛対策!その魅力は形状?

   

ニーズ 低反発もっちり円座クッション ベージュ

腰痛の方は、腰に少しでも負担をかけたら痛く感じてしまいます。

そのため、椅子や床に座る際には底つき感を緩和する必要があるので、クッションを利用する事が重要です。

クッションには高反発タイプと低反発タイプがありますが、低反発タイプのほうが柔らかくなっているので、座り心地がよくなっています。

そして『低反発もっちり円座クッション』は、クッションが柔らかくなっているだけではなく、腰痛の方でも利用しやすい形状になっているのです。

そのため、腰痛に悩んでいる方には興味深い製品だと思うので、本製品の魅力に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

低反発もっちり円座クッションの魅力

ニーズ 低反発もっちり円座クッション ベージュ

本製品は、腰痛の方にとって魅力的なポイントが3つあって、それが円座タイプ・低反発クッション・ボリュームです。

この3つのポイントがあるお陰で、本製品は様々な腰痛の症状でも利用しやすくなっているので、その理由について詳しく紹介しましょう。

円座タイプ

本製品は『円座タイプ』になっているので、円形状になっていて、中央は空洞になっているのです。

そのため、尾てい骨にヒビが入っている方の場合は、本製品の空洞になっている所に尾てい骨が重なるように座れば、あまり痛く感じないで済みます。

そのため、底つき感を緩和しようと考えてクッションを利用しても、尾てい骨が痛く感じる場合には、本製品を利用してみる価値があります。

ただし、本製品のサイズは、幅38.0×奥行38.0cmになっているので、あなたの椅子に合うサイズなのか確認してから、検討したほうが良いです。

低反発クッション

円座クッションになっていても、腰痛には様々な症状があるので、底つき感を緩和できなかったら、腰が痛く感じてしまいます。

それでは、本製品はどうなのかと言えば『低反発クッション』になっているので、底つき感を緩和できます。

さらに反発力が低くなっている事から、お尻を優しくホールドしてくれるので、姿勢をキープしやすくなっているのです。

実際に姿勢が崩れている状態で座っていたら、腰に負担をかけてしまいます。

そのため、姿勢が崩れやすい方は、本製品はおすすめのクッションです。

ボリューム

本製品は低反発クッションになっているだけではなく『ボリューム』もあって、クッションの厚みが約10cmもあるのです。

実際に低反発クッションは、柔らかくなっているのは大きな魅力ですが、お尻がある程度まで沈み込んでしまいます。

そのため、ボリュームがなければ、低反発クッションは底つき感があるので注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、他の低反発クッションを利用していて底つき感が出ていた場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛の方が抑えるべきポイント

本製品は、腰痛の方でも利用しやすいクッションになっていますが、いくつか抑えておかなければいけないポイントもあります。

そのポイントを把握しておかなければ、腰痛が悪化してしまうので詳しく説明します。

適度に休憩

腰痛になる前は、座る際に腰が痛く感じなくても、腰痛になってからは座るだけでも腰が痛く感じてしまいます。

多くの方たちは「腰痛だから仕方がない」と思ってしまうかもしれません。

ところが、低い位置に座ろうとしたり、低い位置から立ち上がろうとしたら腰に大きな負担をかけてしまうのです。

さらに立っている時は、上半身の体重の負担は両足で分散されていますが、座っている時は上半身の体重の負担が腰に集中しやすくなっているのです。

そのため、本製品が利用しやすいクッションでも、1~2時間に1回は立ち上がって休憩を取るようにして下さい。

腰痛の原因を把握

腰痛になってしまった方は、腰が痛く感じるのでクッションを利用してみようと考えてしまうかもしれません。

ところが、腰痛の症状によっては、クッションでは対応できないケースもあるので注意する必要があります。

特に『内臓の病気』はクッションを利用しても、腰痛が悪化する可能性が高いので気を付けて下さい。

なぜ、内臓の病気で腰痛になってしまうのかと言えば、内臓が肥大化する事によって、腰が圧迫されてしまうからです。

そのため、腰痛になる原因が分からない場合には、まずは病院で診察してもらって、内臓の原因を把握したほうが良いです。

製品情報の詳細

本製品は腰痛でも利用しやすくなっているだけではなく、その他にも魅力的なポイントがいくつもあります。

そこで、このクッションの製品情報も紹介するので、どのような魅力があるのか見ていきましょう。

デザイン性

本製品はツートンカラーになっていて、表側が2種類のカラーが用意されていて、裏側がブラウンカラーになっています。

そして、表側のカラーバリエーションは『ピンク』と『ベージュ』があります。

ただし、ベージュはイエローよりのカラーになっているので、ベージュだと思って購入したら後悔する可能性があるので、注意しなければいけません。

そのような注意点はありますが、ドーナツのようなデザインになっているので、可愛らしいクッションを探している方にも本製品はおすすめです。

湿気対策

クッションを利用していたら、体温によって湿気がたまっていく事があります。

本製品はコンパクトなサイズになっている事から、簡単に陰干しをする事が可能です。

ただし、本製品はカバーを外す事ができないので、湿気対策を講じる事が難しいという問題点があります。

そのため、湿気がたまらないうちに、定期的に陰干しをしてダニが繁殖しないように気を付けて下さい。

リーズナブルな価格

本製品は腰痛でも利用しやすくなっている上に、可愛らしいデザインになっている事から、多くの方たちは「高額なクッションではないのか」と思ってしまったかもしれません。

ところが、本製品はリーズナブルな価格になっていて、楽天市場は送料無料で税込価格1,240円で購入する事ができるのです(2018年6月3日時点)。

実は、日本で販売されているクッションの中には、10,000円を超えてしまう高額な製品もあります。

それを考えたら、本製品は購入しやすいほうなので、コストパフォーマンスが優れているクッションです。

利用者たちの満足度

本製品は可愛らしいデザインになっているので、本当に腰痛でも利用しやすくなっているのか心配になってしまった方はいるかもしれません。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、ある程度の厚みと反発力があって、へたりづらくなっている所を気に入っている方がいました。

実際にクッションがへたってしまえば、お尻が沈み込みすぎて、腰に負担をかけてしまいます。

そのような事を考えたら、へたりづらくなっているのは本製品の大きな魅力です。

さらに、本製品は商品名の通りで、もっちりとしている感じがする方もいました。

そのため、硬すぎるクッションが苦手な方は、本製品を利用してみる価値があります。

否定的な口コミ

本製品を利用してみたら、イメージしたよりもクッションが硬く感じてしまうケースがありました。

そのため、低反発クッションでも、全ての方が柔らかく感じる訳ではないので注意する必要があります。

さらに本製品を利用しようとしたら、クッションが臭くて不満を抱いているかたもいました。

そのため、匂いに敏感な方は本製品を購入するべきか、慎重に検討したほうが良いです。

そして、クッションが窮屈(きゅうくつ)に感じてしまう方もいたので、クッションを購入する前にサイズをしっかりと把握したほうが良いです。

まとめ

本製品は低反発クッションなので、柔らかく感じやすいので、あまり腰に負担をかけません。

さらに、本製品は厚みが10cmもあるので、体重が重くなっている方が利用しても、底つき感があまり出ません。

そのため、今まで低反発クッションが体に合わない方でも、本製品であれば利用しやすい可能性は高いです。

ただし本製品を利用しても、腰痛が悪化した場合には、早めに病院で診察をしてもらって、どのような対策を講じたら良いのかアドバイスをしてもらったほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション