腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

低反発体位変換クッションは腰痛でも利用しやすい形状?

   

アイ・ソネックス 床ずれ防止用具・体位変換器 ナーセントパットA L50

腰痛になったら、硬い所に座るだけでも、腰が痛く感じてしまいます。

そのため、腰痛の方たちの多くは、クッションを利用しようと思うでしょう。

ところが、腰痛には様々な症状があるので、フラットタイプのクッションでは、底つき感が出てしまう事があるので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『低反発体位変換クッション』です。

このクッションは、直角三角形になっている上に、素材にもこだわりを持って作られている事から、様々な腰痛に対応する事ができるので詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

低反発体位変換クッションの特徴

本製品は、特殊な形状や素材になっている事から、腰にかかる負担を軽減できるように作られています。

さらに、清潔な状態で利用しやすくなっているので、多くの方たちが満足できるクッションになっているので、どのような特徴があるのか紹介するので見ていきましょう。

直角三角形タイプ

腰痛の症状によりますが、背中付近にある腰が痛く感じる場合には、仰向けで寝てしまうと腰が痛く感じてしまいます。

そのため、横向きで寝る事が重要ですが、その場合に後方へ倒れてしまえば、腰に激痛が走ってしまう可能性があるので注意しなければいけません。

ところが、本製品は『直角三角形』の形状になっている事から、なだらかな面に背中を支えるようにして利用する事ができます。

そのため、本製品を利用すれば、横向きで寝ても、後方へ倒れる事がありません(クッションがズレたら倒れるので注意)。

低反発ウレタンスポンジ

本製品は横向きで利用するだけではなく、仰向けの状態でも利用する事が可能です。

なぜなら、本製品は『低反発ウレタンスポンジ』を採用しているので、柔らかいクッションになっているからです。

そのため、仰向けの状態で、本製品の上に背中や腰を乗せても、それほど底つき感を抱きません。

ただし、仰向けの状態で利用するためには、本製品は1個では支える事ができないので、2個まで購入する必要があるので注意して下さい。

ウレタンチップスポンジ

低反発タイプのクッションは、柔らかい使用感になっているのは魅力的なポイントですが、体重が重くなっている方は体が沈み込み過ぎてしまいます。

もしも、体がクッションに沈み込み過ぎてしまえば、重くなっている腰に体圧が集中しやすくなるので気を付けなければいけません。

ところが、本製品は低反発ウレタンスポンジを採用しているだけではなく『ウレタンチップスポンジ』も採用しているのです。

このウレタンスポンジチップを採用している事によって、底つき感を緩和する事ができます。

そのため、体重が重くなっていて、底つき感が出やすい方には、本製品はおすすめです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛の方が注意すべきポイント

本製品は、腰痛の方でも利用しやすくなっていますが、残念ながら注意すべきポイントもあります。

このポイントを把握しておかなければ、腰痛が悪化する事もあるので詳しく紹介しましょう。

眠る姿勢

本製品は直角三角形タイプになっているので、横向きで寝やすくなっていますが、同じ姿勢で眠り続ける事はあまりおすすめできません。

なぜなら、同じ姿勢で眠り続けてしまえば、姿勢が崩れてしまうからです。

もしも姿勢が崩れてしまえば、腰に負担をかけてしまう事もあるので注意しなければいけません。

そのため、腰痛の症状が重い時は仕方ないのですが、症状が軽くなってきたら仰向けになって、適度に寝返りを打つようにして下さい。

筋力をキープ

眠る時に本製品を利用していれば、腰にかかる負担を軽減できますが、昼間の時間帯は適度に運動する事も重要です。

実際に、腰痛になってしまったら、多くの方たちが安静にしようとします。

その考えは間違っていませんが、いつまでも運動していなかったら、筋力が低下してしまうのです。

腰付近の筋肉は腰を支える働きがあるので、筋力が低下したら腰痛が悪化する可能性が高くなります。

そのため、腰痛の症状が軽くなってきたら、ウォーキングまたは水中ウォーキングなどを行なって、筋力をキープするようにして下さい。

製品情報の内容

本製品の特徴や注意点を紹介していたので、次に製品情報についても紹介するので、このクッションを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

水洗い可能なカバー

湿度が高くなる梅雨の時期や、暑くなる夏場の季節にクッションを利用していたら、クッションの中には湿気がたまりやすくなってしまいます。

もしも、クッションに湿気がたまってしまえば、ダニが繁殖しやすくなるので注意しなければいけません。

実際に『ツメダニ』という種類が繁殖していけば、肌を刺してくる事があるのです。

ところが、本製品のカバーは洗濯する事が可能なので、ある程度までダニを洗い流す事ができます。

そのため、本製品はダニ対策を講じる事もできます。

カラーバリエーション

腰痛の方でもクッションを購入する際には『デザイン』にこだわりたいでしょう。

本製品は、そのような方でも満足できるように、3種類もの『カラーバリエーション』を用意しています。

その3種類とは、ベージュ・ブルー・ディープブルー(紺色)などです。

ただし、ベージュはアイボリーに近いカラーをしているので、カラー名で判断して購入したら後悔する可能性が高いので注意して下さい。

そしてブルーは、水色に近いカラーをしているので、濃い青色が好きな方も注意したほうが良いです。

ディーブブルーは少し紫よりの紺色になっています。

コストパフォーマンス

本製品は、腰痛の方でも利用しやすく作られているので、ある程度までコストをかけた製品になっています。

しかし、それほど高額なクッションという訳ではなくて、楽天市場では送料別で税込価格4,090円で購入する事ができます(2018年5月28日時点)。

さらに『3点セット』も販売されていて、送料別ですが税込価格11,000円で購入できるのです。

実際に3個も購入したら、上半身だけではなく下半身も支える事ができるので、安定した状態で眠る事が可能です。

本製品のレビュー

本製品は腰にかかる負担を軽減できても、利用者たちの中には満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいます。

そこで本製品を購入してから後悔する事がないように、本製品のレビューを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

寝たきりになっている方に、本製品をプレゼントしてみたら、床ズレの対策を講じる事ができて満足しているケースがありました。

この床ズレとは、寝返りを打たなくて、同じ体の部分が下のほうになって、体を痛めてしまう症状です。

そのため、寝返りを打つ事が困難な場合には、本製品を利用してみる価値があります。

ただし、本製品を利用しても、床ズレを確実に防げる訳ではないので注意する必要があります。

さらに本製品は、腰を乗せる事ができるサイズになっていて、満足している方もいました。

否定的なレビュー

本製品の使用感に満足できていた方がいましたが、少し長さが足りなくて、不満を抱いているケースがありました。

実際に本製品のサイズは、幅58×奥行30×厚さ16cmになっています。

そのため、安定した状態で利用したい場合には、最低でも2個まで購入したほうが良いです。

ただし、本製品のサイズが大き過ぎて、寝返りを打つ事が難しくて、不満を抱いている方もいました。

そのため、寝返りを打ちたい方は、本製品を購入するべきか、慎重に検討したほうが良いです。

まとめ

本製品は、直角三角形をしているので、背中を支える事ができるので、横向きの状態でも安定した状態で眠る事ができます。

さらに低反発素材を採用している事から、体にあまり刺激を与えないクッションなので、腰痛の方でも利用しやすくなっているのです。

ただし、サイズが大きく感じてしまう方もいれば、小さく感じてしまう方もいたので、まずは本製品のサイズを把握してから購入したほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション