腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

入浴する事によって本当に体はキレイになるのか?体を清潔にするのにおすすめの入浴剤とは?

   

みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~(お徳用パック)

日本人は世界的に見てもきれい好きでよく知られている国民です。

さて、毎日入浴するわけですが、この時に本当に体はキレイになっているのでしょうか?

これは素朴な疑問です。

欧米ではすでに誰かが入浴した浴槽に入浴するのはタブーだという考え方もあります。

さらに、入浴剤よって体の清潔感を維持することは実際的なのでしょうか?

キレイにする入浴剤のようなものは存在するのでしょか?

検証してみましょう!

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

入浴することは本当に身体をキレイするのか?

欧米の人たちからすると日本の家での入浴という習慣には大きな驚きがあるようです。

そして、特に驚きなのが一度誰かが入浴した浴槽にもう一度入るという習慣です。

果たして衛生上問題はないのか?

と疑問も持たれるようです。

確かに、この習慣は清潔なのかどうか潔癖症の方からしても嫌だと言われる方もおられるのではないでしょうか?

では、実際のところどうなのでしょうか?

ここで、調べておきたいのが浴槽にはどれほどの微生物がいるのか?

入浴前にも浴槽の中には微生物はいます。

言い換えるのなら、微生物のいない世界はなく、微生物と共存しているのが私たち人間です。

その数ですが、入浴前は約1mlあたり約40もの細菌があると言われています。

そして、入浴後にはどのようになるのでしょうか?

その数は膨れ上がって100以上まで増えます。

もし同じ浴槽に何人もが入浴するのなら、当然その数は倍増します。

5人入浴したとするのなら、微生物数は入浴後2000以上もの細菌で増え広がります。

このように、浴槽の中の微生物が増える事を考えるのなら、衛生上理想的な環境であるとは言えないのかもしれません。

しかし、ここで考慮しておきたい点があります。

細菌がすべて悪いわけではないということです。

もちろん、微生物一つ一つの人体への影響についてこと細かく完ぺきにすべてを把握できるわけではありませんが、人間と共存している微生物も存在しています。

抗菌のし過ぎが今の日本人の抵抗力の低下に繋がっているという点をお聞きしたことがおありだと思います。

微生物を全否定することは現実的ではありませんし、この点で神経質になる必要はありません。

重要なのは、一度使用された浴槽内の水はその日限りの使用する事に越したことはないという点です。

そして、入浴することのメリットも知っておく必要もあります。

それは?

入浴によって体が清潔な理由

入浴することによって毛穴が広がる効果があります。

これによって毛穴の奥まで汚れが落ちることを考えると確かに、身体をキレイにするうえで重要な要素であるといえます。

夏の暑い時期は汗を大量にかきますから、汗によって身体に溜まった汚れを毛穴の奥からしっかりと取っておきたいものです。

そして、これは重要な点ですが、入浴によってリラックス効果が得られるという点です。

確かに、ガス代や水道代などを考えるともったいないという方もおられるかもしれませんが、精神をキレイにしておくことも重要な要素です。

精神のバランスがそのまま身体への影響へとつながることを考えると、見逃せない要素です。

入浴によってその日一日の疲れをリセットしておきましょう!

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

おすすめの体を清潔にできる入浴方法

ここで、おすすめできるのが、どのような入浴方法が効果的に身体をキレイにするのかといった点です。

幾つかのポイントはありますが、ここでお伝えする点はあくまでも身体をキレイにすることを重点的にお伝えすることをご了承ください。

では、ここで身体を上手にキレイにするための方法を幾つかご紹介します。

1.入浴の状態を適度な温度(浴槽のお湯)で保っておくここで、おすすめできるのが40度ぐらいのお湯で、できればこの温度よりも低い温度でのお湯が理想的です。

2.髪の毛を洗ってから身体を洗うようにするここで、先に身体を洗ってしまうと、シャンプーなりいろいろなものが体全体に付着した状態になるので、まずは髪の毛を洗います。

3.つまり、上から下の順番で身体を洗う髪の毛を最初に洗うための理由から分かるように、すべてをキレイに洗い流すために上から下に身体をキレイにする順序で洗います。

4.高温のシャワーで洗い流さないようにするこれは高温で洗うことによって生じる乾燥肌を避けるためのアドバイスです。

5.ゴシゴシと削るように身体を洗わない人間は自ら清潔に保つ能力があります。

そこで、ゴシゴシと洗ってしまうのなら角質をボロボロにしてしまい、逆効果です。

肌に優しいタオルや手で洗い流すことをおすすめします。

暑い季節に清潔にしておくことが大切な理由とは?

暑い季節にはシャワーだけで大丈夫と思いがちです。

特に猛暑日がこれだけ続くとお風呂にわざわざ入浴することは考えられないことかもしれません。

もちろん、入浴中に熱中症にならないようにケアしておくことは大切なことです。

しかし、暑い時期に体を清潔にしておかなければ汗からくる皮膚の炎症や不快感が残ったままになります。

定期的に体を清潔にするには、汗をかいたその時々にシャワーを浴びることは大切な要素です。

これによってイライラをある程度解消する効果もあります。

さらに、おすすめなのが夜に入浴することによってその日の疲れと汚れを落としちゃうという方法です。

そして、別の理由が体の臭い対策です。

身体キレイの為の正しい入浴方法は体臭をも防ぐ

上記でご説明した正しい清潔方法は体臭対策にもつながります。

シャワーだけで済ませるとどうしても毛穴に老廃物が溜まりがちで、それが原因で体臭につながるケースが多いものです。

入浴することによって毛穴まで洗い流すことができますし、角質の汚れも取りやすくなります。

また、おすすめしたいのが頭皮をしっかりとマッサージしながら洗髪することです。

頭皮は皮脂が増えがちで、今の流行の髪型はどうしても髪のボリュームを生かしたスタイルが多いので、どうしても髪が不潔になりがちです。

スポーツ刈りなら問題はないのですが、そのような髪型の方はあまり多くありません。

だからこそ、しっかりと洗って清潔を保っておくことで体臭対策ができます。

身体を清潔にするおすすめの入浴剤ってあるの?

では、これだけ身体をキレイにすることの重要性が分かったゆえに清潔にしておきたいですが、身体キレイを促進してくれるような入浴剤は存在するのでしょうか?

入浴剤は実際のところ、いろいろな成分が含まれているので効果は逆なのでは?

と思いがちですが、身体を清潔にしてくれる入浴剤もあります。

では、身体を清潔にしてくれる入浴剤選びのポイントは何でしょうか?

身体をキレイにすることに特化した入浴剤にはポイントがある

まず、知っておかなければいけないのがどのような肌コンディションが清潔にするのが難しいのか?

といった点です。

それは、第一に挙げられる点として乾燥肌です。

肌に潤いがないとどうしても肌キレイであるとはいえません。

そこで、保湿成分のある入浴剤はおすすめできるポイントです。

そして、もう自然由来の成分を中心とした入浴剤です。

これは極力、石油由の成分を避けるための提案です。

肌に残ってしまうとデリケートな肌には良くないので、この要素も重要な点です。

みんなの肌潤風呂

みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~(お徳用パック)

先ほど説明させていただいた条件になう入浴剤は幾つかありますが、今回おすすめしたいのがこちらのみんなの肌潤風呂です。

入っている成分は肌に優しいものばかりで、アトピーの方にもおすすめできるような入浴剤です。

主要な目的が肌を清潔にして潤いを保たせるというものです。

この目的を実現させるべく含まれている成分として、天然温泉(明礬温泉)の湯の花、炭酸ガス、ビート由来の砂糖成分などがあります。

まとめ

身体をキレイにすることは、外面の健康だけでなく内面の健康のためにも重要な要素です。

今の日本は外仕事をする人がどんどんと減っていっている傾向にあります。

それゆえに自分の体はキレイであると自覚しがちですが、しっかりと入浴して洗わないのなら結果、清潔であるとはいえません。

シャワー習慣が一般化する現代において入浴することの重要性を改めて知ることができました。

おすすめの入浴剤を上手に活用して常時キレイにして健康を保っていきましょう!


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤