腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

入浴剤にはどんなメリットがある?効果と使い方について

   

入浴剤お徳用100袋Aセット

普段の入浴をよりよいものにしたいとき、入浴剤を使うのは、多くの人が考える方法でしょう。

しかし、いざ購入しようと思っても、入浴剤にはいろいろな種類がありますし、初めての人は戸惑ってしまうものです。

また、漠然とよい効果があることは想像できても、「詳しくは知らない」という場合も多いです。

そこで、入浴剤を使うメリットと、そのための正しい使い方について説明しましょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

入浴剤の効果

入浴剤は、主に6種類に分けられ、効果はそれぞれ異なります。

どれもよい効果をもっていますが、選ぶときは、どんな目的で使うのか考え、自分に合っていることを意識するとよいでしょう。

炭酸ガス系

血行促進の効果がある入浴剤です。

炭酸ナトリウムなどの成分が血管を拡げてくれるので、血行がよくなり、通常の入浴よりもしっかり温まることができます。

そのため、冷え性に悩んでいる人におすすめです。

これは、炭酸ガスを発生させるため、お湯に入れると泡が出ます。

無機塩素系

保温効果のある入浴剤です。

硫酸ナトリウムなどの成分が皮膚のタンパク質と結合し、温かさが逃げないように膜をつくってくれます。

これは、よく温泉の元などに使われてており、炭酸ガス系と同じく、温まりたい人には最適です。

また、お湯を柔らかくする効果もあります。

酸素系

洗浄効果の高い入浴剤です。

タンパク質を分解する酵素が含まれており、毛穴に溜まった汚れを分解することで、よりきれいに洗うことができます。

これにより、ニキビなどを防ぐことができるので、美しい肌の維持には、とても役立ちます。

洗浄効果が高い割に、皮膚へのダメージがないことも、嬉しいポイントです。

薬用植物系

リラクゼーション効果のある入浴剤です。

これは、生薬を使った入浴剤なので、独特の香りが、気分のリフレッシュやリラックスに効果を発揮します。

どんな生薬を使うかで効果も違ってくるので、バリエーションの多い入浴剤です。

このような薬湯は、昔から健康のために使われてきたもので、長い歴史をもっています。

清涼系

ひんやりとした清涼効果のある入浴剤です。

これには、ハッカやペパーミントが使われており、入浴のあとに涼しさを感じることができます。

そのため、夏の入浴では特におすすめです。

清涼系は、見た目にも涼しくなるよう、青い色のものが多いです。

スキンケア系

保湿効果の高い入浴剤です。

これを入れて入浴すると、保湿成分が肌に浸透していくので、潤いをもたせることができます。

そのため、肌が敏感な人が使う場合や、冬場の乾燥する時期の入浴では最適です。

これを使えば、お湯から上がったあとも、しっとりとした肌を維持することができます。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

入浴剤のよくない使い方

上記のような入浴剤の効果は、適切な使い方をしないと弱まってしまいます。

そのため、普段の入浴では意識しないような行為でも、入浴剤を使ったときは注意が必要なのです。

では、入浴剤の使用時に避けるべき行為とは、どのようなものがあるのでしょうか。

入浴後に洗い流す

石鹸などをつけたら洗い流すのが普通なので、一見すると問題はないように思えますが、これは避けるべきことです。

なぜなら、肌についた入浴剤をすべて落としてしまっては、効果がなくなるからです。

お風呂から上がる前は、つい丁寧に洗い流したくなりますが、実は、よい成分を取り除くことになってしまうのです。

したがって、なるべく洗わずに、入浴剤を残したままであがることが大切です。

湯船から出てそのままあがるか、もしくはシャワーをさっと浴びるくらいならば、大幅に効果が弱まることはないでしょう。

ただし、入浴剤が合わなくて痒くなることもまれにあるので、その場合は、念入りに洗い落とす必要があります。

長湯をする

お風呂には、つい長く浸かりたくなる心地よさがあります。

特に、入浴剤を使った場合は、いつもより長湯したくなってしまいますが、効果を考えれば、あまり長く浸かるのは禁物です。

ここで問題になるのは、長湯によって、肌がふやけてしまうことです。

あまりふやけてしまうと、肌から保湿因子が流れ出てしまうので、入浴後の乾燥がひどくなる恐れがあるのです。

そうなれば、スキンケア系の入浴剤は効果がなくなってしまいますし、他の入浴剤でよい効果を得ても、その度に乾燥がひどくなるのでは、美容のためにもよくありません。

湯に浸かる時間が40分を越えると乾燥しやすくなるので、十分に注意しましょう。

入浴剤の正しい使い方

入浴剤には、その効果を上げる、正しい使い方があります。

避けるべき点に注意しつつ、その正しい方法で入浴すれば、入浴剤のもつ効果を余さず引き出すことができるでしょう。

お湯はぬるめにする

「お風呂は熱めが好き」という人も多いですが、入浴剤を使う場合は、ぬるめにした方が効果が高くなります。

これは、熱すぎるお湯だと、入浴剤の成分を壊すことになるためです。

そのため、37~40℃を目安とし、それ以上の熱いお風呂は避けるべきです。

冬場は熱いお湯で温まりたくなりますが、そこは、保温効果のある無機塩素系の入浴剤で補いましょう。

また、人の体は、熱すぎるよりも、ぬるい方がリラックスできます。

ストレスを解消するためにも、入浴剤を使うときは、温度に気をつけましょう。

しっかり溶かす

これは、炭酸ガス系の入浴剤に多いのですが、錠剤を湯で溶かしてから使うタイプのものは、きちんと溶けきってから入るのがコツです。

その方が濃度が高くなるので、入浴剤の効果を最大限に得ることができます。

そのため、錠剤のものは、入浴するときに入れるのではなく、早めに入れて先に溶かしておくのが、適切な使い方となります。

そうすれば、入浴剤がたっぷり溶けた、より濃厚なお湯に浸かることができるでしょう。

また、お湯に溶けた入浴剤の効果は約2時間なので、その間に入るようにすれば、効果がより高まります。

入浴以外の使い方

入浴剤は、使いきれずに残ってしまうこともありますが、その場合は、入浴以外のことにも利用できます。

使い道が限定されているイメージのある入浴剤ですが、意外に便利な活用法があるので、すぐ捨てたりせず、使えるところがないか考えてみましょう。

芳香剤代わりに使う

入浴剤は香りがよいので、トイレや下駄箱、クローゼットなどに置いておけば、芳香剤の代わりとして機能してくれます。

部屋の芳香剤などは、においが強く感じるものも多いですが、入浴剤なら、そこまで強力なにおいにはならず、使いやすいのがメリットです。

また、掃除機のゴミが溜まる部分に入れておくと、においを軽減する効果が期待できます。

普通に室内に置いても、部屋が心地よい香りに包まれるので、ぜひおすすめの活用法です。

加湿器として使う

ビンなどにお湯を入れ、そこに入浴剤を加えて部屋に置けば、小さな加湿器として活躍してくれます。

これは、加湿だけでなく、入浴剤の香りを楽しむこともできる、一石二鳥の方法です。

この方法であれば、自分に合わなかった入浴剤でも、お湯に浸からずに肌の乾燥対策ができます。

ただ、お湯が冷たくなると効果も弱まり、すぐ使えなくなってしまうのが難点です。

それでも、ちょっとした保湿には十分ですし、そのまま捨てるくらいなら、よい香りを楽しむ意味でも使った方が得でしょう。

また、加湿器のように電気代がかからないのもメリットと言えます。

まとめ

入浴剤は、それぞれに魅力的な効果があるので、自分に合ったものを使えば、より満足度の高い入浴ができます。

また、保湿やリラックスなど、健康によい効果を得ることができれば、入浴だけでなく、生活全体にもよい影響を与えてくれるでしょう。

そのためには、入浴剤の効果をしっかり引き出してくれる、正しい使い方が大切です。

適切な方法を忘れず、入浴を楽しみながら、日々の生活を充実させていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤