腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

入浴剤選びの参考に!一回分の入浴剤の相場はどのくらい?

      2017/09/08

高陽社 薬用入浴剤 パインハイセンス 小袋 50g×21袋

入浴剤は、基本的には毎日使用した方が効果が高いと言われます。

でも、そんな毎日使用するべき入浴剤ですが、やはり毎日使用しているとその分だけコストもかかることになります。

では、実際のところ一回一回の入浴剤にかかるコストは、平均するとどれくらいなのでしょうか?

相場を知らないと損をすることもあるでしょう。

そこで以下ではそれを見ていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

入浴剤の相場はだいたい1回30円から50円

まず結論見ていくと、入浴剤の相場は、だいたい1回30円から50円くらいだと言えるでしょう。

なので入浴剤として平均的な価格と言えるのは、10回分で500円くらいのものになるでしょう。

それ以上高いものは、入浴剤としては高い部類だと言えるので、仕様の際には良く考えて使用していかないとなりません。

一ヶ月分だと1500円くらいが相場

10回分で500円位と言うことは、毎日使用しても毎月1500円程度しかかからないということになります。

だいたいそのくらいが相場になります。

1500円くらいであれば、毎月かかるコストが増えたとしてもなんとかやっていけると言う方も多いのではないでしょうか?

もちろん1500円だって厳しいところはあるかもしれませんが、1500円くらいであれば他のところで節約すれば十分賄えるはずです。

だから、だいたいの人が、相場くらいの入浴剤であれば十分使用していけるはずです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

100円を超えたら高額と考えて良い

ドラッグストアで売っているものは、だいたいが1回分30円から50円くらいで購入できるものになるでしょう。

でも中には、1回1回の分量がバラで売られていて、その1回1回のものの金額が150円くらいするというものもあります。

相場の3倍になりますから、それはかなり高額と言えるでしょう。

だいたい1回1回の金額が100円を超えてきたら、かなり高額と考えて良いです。

もちろんそれは、1回1回の分量で売っているから高くなるということもあります。

1回1回の分量で売ると、その分パッケージ代金などもかかりますから、金額が高くなるのも仕方ないのです。

なのでそういうものでも、たくさん入っているものを買えば、1回1回の金額は100円程度に抑える事も出来るようにはなるでしょう。

でもそれでもすごく高いですし、よく考えないとなりません。

金額が小さいから安く見えがちなので注意

1回分150円と言われても、あまり入浴剤を普段使わない人であれば、それは安く見えてしまうでしょう。

150円と言うのは、たとえばスーパーなどで他の物を見比べてもけっして高すぎる金額ではありません。

お菓子などでは400円位するものもありますし、野菜だって、一つで198円くらいするものもあります。

なので、150円と言う金額は安く見えがちなのです。

しかし、入浴剤の相場から考えるとかなり高いことは間違いないので、よく考えて使用しないとならないでしょう。

もちろん1回1回の入浴剤の金額に150円くらい出せるというのであれば、たとえ相場から高くても問題はないでしょうが、先ずは相場位のものからはじめてみて、効能を体で比べてみて考えるというのも一つの手段です。

その方が値段の差の価値があるのかどうか冷静に判断できて、効果も感じやすくなるでしょうから、基本的にはそうするのがおすすめです。

中には1回分で500円以上するものもある

デッドシー・バスソルト バラエティ10個セット 【DEAD SEA AROMA BATH SALT】死海の塩+精油+ハーブ/入浴剤(入浴用化粧品)

入浴剤にも、色々な物があります。

ドラッグストアで売っているようなものであれば、高くても1回150円くらいだと言えるでしょう。

しかし上には上がいるものです。

入浴剤の中には、1回分で500円以上するものもあります。

なんなら1回1000円くらいするものもあるのです。

1回1000円もされたら、温泉地に済んで毎回日帰り風呂に行った方が安くなることもあるかもしれません。

なので、実際にはそれを毎日のように使用しているという方はいないでしょう。

特別な日のご褒美くらいには使用しているかもしれませんが、毎日という方はあまりいないはずです。

でも、そういう物があるということは知っておいて損はないでしょう。

バスソルト系に多い

そしてそういう高いものは、どんな入浴剤に多いのかということも知っておいた方が良いのではないでしょうか?

そういう物は、バスソルト系の入浴剤に多いです。

バスソルト系の入浴剤には、使われている塩がやたらと希少なものであることがあります。

そうしてやたらと希少な塩を使おうとしたら、当然それに伴ってコストもかかっていくことになります。

だから、バスソルト系の入浴剤には驚くような値段のものも少なくないのです。

バスソルト系の入浴剤を買う時には、必ずしっかりと値段を見た方が良いでしょう。

そうでないと、何処かのセレブのようなコストをお風呂にかけてしまうことになります。

高い分効果には定評があるものも多い

ただ、そこまで高いとたしかに、無駄に高いということはありません。

高いだけのことはあって、それだけ高い発汗効果があったり、肌をすべすべにする効果があったりするものも多いです。

もちろんそうした声も、高いものをつかっているからそうに違いないと勝手に脳内で良い方に解釈しただけの結果である可能性も否定はできません。

しかし、そういう声が多いのは事実なのです。

なので、たとえうっかり買ってしまったとしても、まるまるお金を損するということはないでしょう。

セレブ的なコストをかけてしまってはいるものの、その分の効果は期待できるでしょう。

海外製品は基本相場を超える

入浴剤の相場内に収まるような入浴剤は、だいたい日本の製品と言う特徴があります。

入浴剤が流行しているのは、何も日本だけの話ではありません。

寧ろ海外の方が入浴剤は流行しているかもしれないと言えるくらいです。

先述のすごく高い入浴剤などは、海外セレブが使用しているということから日本に入ってきたという位です。

だから、当然海外製品もたくさんあるのが入浴剤になります。

でも、そうした海外製品は、だいたい相場よりも高いのです。

日本の製品はすごく安いのですが、海外の製品は高いことも多い。

それを覚えておけば、相場以上の入浴剤を買わずにいられるのではないでしょうか?

ドラッグストアにも海外製品はたくさんある

そんな海外製品の入浴剤なんて、身近なところでは買えないのではないかと思っている方もたくさんいるでしょう。

しかし、実はそんなことは全くありません。

海外製品の入浴剤も、ドラッグストアなどで普通に売っています。

もちろん日本の代理店が噛んでいたりするので、しっかり日本向けのパッケージにされていたりするので、一見わかりづらいかもしれませんが、雰囲気が違うのですぐに分かるでしょう。

うっかり高いものを買わない為にも、そうしたパッケージの雰囲気の違いにもしっかり目を向けておくと良いでしょう。

最近ではコンビニなどでも普通に売られていたりするので、コンビニで入浴剤を買う時にも、同じように注意をして買うことをおすすめします。

もちろん値段をきちんと見れば良い話ではありますが。

まとめ

【大容量】 バブ  6つの香りお楽しみBOX うるおいプラス 48錠 炭酸 入浴剤

入浴剤の相場は、だいたい1回分で30円から50円くらいになります。

なので、相場内に抑えたいと思ったらそれくらいの入浴剤をさがしていくと良いでしょう。

もちろんこれ以下の入浴剤も探せばたくさんあるので、もっと安く済ませることだってできます。

どんなものを買うにしても、相場をしっかりと意識し、損をしないような買い物をしていって下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤