腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

厚みがないのは何が良い?薄いマットレスのメリットとは

   

タンスのゲン 低反発マットレス シングル 4cm 除臭加工 13810001 01

マットレスを買おうとすると、大体の場合で厚みのあるマットレスを勧められるものです。

話を聞いてみるとなるほど確かに、厚みがないとマットレスに身体をしっかりと鎮めることもできませんし、厚みのあるものの方が良く思えます。

しかし、薄いマットレスにだってメリットはあるはずです。

そこでここでは、薄いマットレスのメリットについてみていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

薄いマットレスはお手入れが簡単

薄いマットレスのメリットとしてまず挙げられるのは、お手入れが簡単だという事です。

薄いマットレスは、厚みのあるマットレスと比べると、はるかにお手入れが簡単になります。

その薄さを活かして、洗うことが出来るものもありますし、さらに、洗う事までは出来なくとも、折り曲げることが出来るので、外にお布団のように干すことが出来たりします。

そうすれば当然ダニも殺していけますし、湿度も抜いていけるでしょう。

さらに、外に干すことによって気になる臭いも飛ばしていけるようになります。

それらはどれも、厚みのあるマットレスでは難しいことになるでしょう。

厚みのあるマットレスの場合は、せいぜい立てかけておくという位のケアしかできません。

でも、たてかけておくという位のケアでは、ダニはそこまで殺すこともできませんし、湿度もそこまで抜くことは出来ません。

ましてや立てかけるのは室内になるでしょうから、臭いなんて全然軽減されないでしょう。

それでは意味がありません。

なので厚みのあるマットレスは、お手入れがなかなかうまく出来ないのです。

でも、薄いマットレスは、そんなお手入れもすごく簡単にできます。

だから、常に良い状態をキープ出来るでしょう。

長持ちするということでもある

そうしてお手入れが簡単で、常に良い状態をキープすることが出来るということは、それだけ長持ちするということでもあります。

マットレスは、厚みのあるものでも、あまり厚みがないものでも、それなりの値段してしまうという事は間違いありません。

それなりの値段してしまうものになるわけなのですから、当然少しでも長持ちしてくれた方が助かるでしょう。

そういうことがあるので、より長持ちする薄いマットレスの、長持ちするというメリットは、すごく魅力的なメリットだと言ってよいでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

持ち運びも簡単に出来る

薄いマットレスのメリットとして、持ち運びが簡単にできるという点も挙げられます。

厚みのあるマットレスは、厚みがある分だけ重たいと言えます。

それだけ重たいマットレスを移動させるとなると、やはりそれなりに力をこめないとならなくなります。

力をこめて移動させることが出来れば良い方です。

ものによっては、一人ではそれを移動させるのが困難だというものもあるでしょう。

そういうマットレスを使用していたら、模様替えも出来ません。

でも薄いマットレスであれば、問題なく模様替えもしていけるはずです。

模様替えはしたくなるもの

厚みのあるマットレスを使用していても、薄いマットレスを使用していても、いずれにしても模様替えはしたくなるものではないでしょうか?

ずっと同じ配置で生活していたら飽きてしまうものですし、模様替えをしたくなるのは当然のことだと言えるでしょう。

しかし、厚みのあるマットレスを使用している場合は、それが重たすぎてベッドの位置を変えることが出来なくなることがあります。

ベッドの位置を変えることが出来ないとなると、模様替えをしてもあまり部屋の雰囲気は変わらないことが多いです。

すごく広い部屋であれば話は別ですが、一般的なサイズの部屋の場合は、ベッドのようなすごく存在感のあるものを移動させていかないと、あまり雰囲気は変わりません。

なので、模様替えをするのであればベッドの位置も変えたいものなのです。

しかし、マットレスに厚みがあり重たいとそれもすることが出来ない。

それは厚みのあるマットレスのデメリットであり、薄いマットレスのメリットであると言えるでしょう。

湿度がこもりづらいものが多い

薄いマットレスは、比較的に通気性が良いものが多いと言えるでしょう。

厚みのあるマットレスでも、通気性が良いものはたくさんありますが、そもそも厚みがある分だけ、湿度が抜けていけなくなることも多いです。

マットレスにおいては、通気性と言うのはすごく大切になります。

通気性が悪いとそのせいでマットレスはへたりやすくなります。

湿度がたまると、凹んだままマットレスが戻ってきづらくなるのです。

そうして凹んだままマットレスが戻ってこなくなるということはつまり、そのマットレスがダメになってしまうということになります。

身体がしずみすぎたり、あるいは寝返りが出来なくなったりして、その上で寝ていても痛みを感じることが増えていくはずです。

その上で寝ていて痛みを感じることが増えていけば、それはマットレスとしてはやはり失格です。

だから、湿度が溜まりやすくへたりやすいマットレスは避けるべきなのです。

薄いマットレスであれば、自然とそれも避けることが出来るでしょう。

それでいて湿度も抜きやすい

そうしてそもそも湿度が溜まりづらいのに、先述のようにお手入れが簡単にできて湿度が抜けやすいのですから、鬼に金棒だと言えます。

湿度が溜まっていくとマットレスがへたりやすくなるだけではなく、時にはマットレスにカビが生えたりもします。

カビが生えてしまうというのは、やはりすごく気持ち悪いでしょう。

間違いなくその上で寝たいとは思わなくなるはずです。

なので、マットレスにはやはり通気性の良さは必要なのです。

別の使い方も出来るというのもメリット

厚みのあるマットレスは、別の使い方も出来るでしょう。

たとえば、厚みのあるマットレスの上に薄いマットレスを重ねるなんていう使い方も出来ますし、布団の上に薄いマットレスを重ねて寝たり、あるいはその逆で、薄いマットレスの上に布団を重ねて寝るというのもアリでしょう。

なんなら薄いマットレスは、ヨガマットのようにして使用するのもアリだと言えます。

いずれにしても、そんな風に色々な使い方が出来るのが、薄いマットレスなのです。

たいして厚みのあるマットレスは、まず間違いなくベッドの上におくという使い方しか出来ないでしょう。

もちろんマットレスにおいて一番大切なのは、そうしてベッドの上に置いて使用する機能になるでしょう。

だからそれが出来ればマットレスとしての役割は果たせていると言えます。

しかし、それだけではなく色々な使い方が出来れば、よりそのマットレスを長く使えるようになるはずです。

だめになったら用途を変えれば良い

最初は普通にマットレスとして使用していてダメになったら、布団の下に敷いて布団に厚みを持たせてあげるようにして使用して、それすらも効果が無くなってきたら今度はヨガマットとして使用したりと、その時の状態に合わせてどんどん用途を変えていけば、半永久的に使用することが出来ると言えます。

それはまさに薄いマットレスだけの特権でしょう。

少しでもコスパよく使いたい方には、薄いマットレスはすごくおすすめできます。

まとめ

薄いマットレスには、このようなメリットがあります。

もしこれらの薄いマットレスのメリットに惹かれたら、厚みのあるマットレスだけではなく、一度薄いマットレスも探してみることをおすすめします。

そうして探してみると、意外とグッとくるようなマットレスに出会えることもあります。

盲目的に厚みのマットレスだけ見るのは勿体ないですよ。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団