腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

大きくてもおしゃれに見せられる?ダブルサイズのマットレスをおしゃれに見せるコツ

   

【秋の新生活応援SALE♪2,000円OFF】【ワンランク上のマットレス】【コイル数1800個】【ボックストップ】ポケットコイルマットレス D ダブルサイズ ダブル/ナノテックグレード

ダブルサイズのマットレスは、横幅が140センチというサイズ感になるので、間違いなく大きいといえます。

そうして大きいサイズのマットレスになると、野暮ったさが出てくるので、おしゃれにまとめるのは難しくなります。

でも、ダブルサイズのマットレスで寝ていても、できればそれをおしゃれにまとめたいという方は多いでしょう。

そこでここでは、そのコツについてみていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

寝具全体の色味を全て同じにする

ダブルサイズのマットレスは、それなりのサイズ感がある、大きなアイテムになります。

そしてそれは、何もマットレスだけに言えることではありません。

マットレスだけではなく、そのマットレスと合わせて使用する寝具全てが、大きなサイズ感になると言えるのです。

たとえば掛け布団もそれなりのサイズ感になりますし、毛布もそれなりのサイズ感になります。

そして、そんな風にサイズ感が大きければ大きいほど、それの存在感も大きくなるといえます。

だからつまり、それらの寝具全体の雰囲気がちぐはぐだと、それぞれ存在感があるのに雰囲気があっていないということになり、すごくまとまりがなく見えてしまうのです。

そうしてまとまりがなく見えてしまえば、おしゃれに見えなくなるのも当然です。

だからそうならないように、全体の雰囲気を統一していくことがおすすめです。

では、どうすれば全体の雰囲気を統一することができるでしょうか?

それは、色味を統一することにより叶います。

色の持つ効果はすごく大きいです。

たとえ素材感があっていなかったりしても、色が同じなのであれば、すごくまとまりが出て見えるのです。

だから、ダブルサイズのマットレスを中心に、寝具の色味は統一するのがおすすめです。

できれば白以外でまとめるとおしゃれに

寝具イコール白というイメージがある方も多いでしょう。

だから、マットレスのカバーはもちろんのこと、布団のカバーなども無意識のうちに白を選んでしまうという方もたくさんいるはずです。

でも白では、やはり定番のイメージがあるので、そこまでお洒落な雰囲気にはなりづらいです。

もちろんまとまりがある分だけおしゃれに見えるということはありますが、白以外の色でまとめていけば、そのまとまりの良さに加えてさらに色の持つ印象をプラスできて、よりおしゃれに見えるようになるのです。

茶色やカーキがおすすめ

でも、白以外の色でまとめるといっても、どんな色でまとめていったらいいかわからないという方もいるでしょう。

たしかに、白以外でまとめようとすると、どんな色でまとめたら良いのか迷うものです。

そこでおすすめのカラーも紹介しておきます。

白以外でまとめる際におすすめなのは、カーキと茶色です。

カーキは、その色自体におしゃれな雰囲気があるので、それでまとめていくだけでおしゃれに見えます。

茶色は、選択肢も多くてまとめやすいですし、どんなテイストのインテリアとも相性が良いので、バランスが良い色味だといえます。

迷ったらこの二つから選んでいけば良いでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

枕をたくさん並べる

ダブルサイズのマットレスをおしゃれに見せるためのコツとして、枕をたくさん並べるという方法もあげられます。

枕をたくさん並べるというのはたとえば、海外のベッドをイメージするとわかるのではないでしょうか?

海外のベッドでは、枕を何層かにわけて、すごくたくさん並べています。

そうしてたくさんの枕を並べることで、頭の方にすごくインパクトがでてきます。

そんな強いインパクトは、ダブルサイズのマットレスの強いインパクトをうまく中和してくれます。

なので、バランス良く見えるようになると言えるのです。

だから、枕をたくさん並べるのはおすすめです。

海外ではだいたい4層から5層くらいになっていることが多いですが、だいたい3層くらいで並べていけば、良い雰囲気になるはずです。

やや狭くなるので注意

見た目的には、そうして枕をたくさん並べていけば、おしゃれに見えるようになります。

ただ、そうして枕をたくさん並べていったら、その分だけやや狭くなるので、そこに関しては注意が必要だと言えます。

ダブルサイズのマットレスは、だいたい縦のサイズ感としては、200センチ前後になります。

そこに3層くらいの枕を並べていったら、実質180センチとかくらいになることがあります。

女性であれば大体の方が問題ないでしょうが、男性の場合にはそのくらいのサイズ感では小さく感じることもあるでしょう。

だから、そういうサイズ感の問題に関しては注意が必要だと言えます。

背の高いベッドを使用する

ダブルサイズのマットレスをおしゃれに見せるためには、背の高いベッドを使用するというのも一つのポイントになります。

ダブルサイズのマットレスは存在感のあるマットレスになります。

だからそれをあまり足元の方においていると、どうしても違和感を感じてしまうのです。

そうして違和感を感じてしまうと、やはりダブルサイズのマットレスはおしゃれには見えなくなります。

だから違和感を感じさせないためにも、そもそもそれなりの存在感のある、比較的に背の高いベッドフレームを使用することがおすすめです。

背が高ければ下のスペースもうまく使える

ベッドの背が高ければ、そのベッドの下のスペースを収納に活用したり、うまく使えるようになります。

ベッドの背が低いと、なかなかそれもできません。

だから、別途で棚を置いたりしないとならないでしょう。

ダブルサイズのマットレスだけでもそれなりに部屋は圧迫されるのに、棚で部屋が圧迫されていたら、すごく狭く感じるようになるでしょう。

そうなったら、あまり気持ち良く眠れなくなりますから、下のスペースを活用できるというのは、大きなメリットだと言えます。

頭部分だけ壁にあたるように配置する

ダブルサイズのマットレスをおしゃれに見せるためには、それをどこに配置するかというのも重要です。

何も考えないで配置したら、左右のどちらかと頭が壁にあたるように壁の角に配置することが多くなるでしょう。

でもそれは、バランスがあまり良くないですし、壁に触れている部分が多くて通気性も悪くなるので、あまりおすすめできる配置ではありません。

そうではなく、マットレスの頭の方だけ壁にあたるようにして配置していくのがおすすめです。

そうすると、適度に存在感をアピールできて、雰囲気がよくなります。

無理に存在感を消そうとすると違和感に

ダブルサイズのマットレスくらいの存在感のあるアイテムは、無理に存在感を消そうとしていくと、逆に違和感を感じるようになります。

結果、おしゃれに見えなくなってしまうのです。

だから、あえて存在感をすこし感じるようにする方が良いと言えます。

しっかりとまとまりがあれば存在感が出ても変には見えませんし、むしろおしゃれに見えるようになると言えます。

だから是非、壁に頭だけがあたるように、つまりマットレスが部屋の角にこないように工夫して配置してみてください。

配置というのはすごく重要で、ただそれに工夫するだけでおしゃれに見えたりすることもありますから。

まとめ

ダブルサイズのマットレスをおしゃれに見せるためのコツについては、以上のとおりになります。

存在感の大きいアイテムですから、それでダサく見えたら部屋全体がダサく見えてしまいます。

それはやはり避けたいという方が多いでしょう。

だからそうならないように、是非これらのことを参考にしてみてください。

そして、少しでも部屋をおしゃれな雰囲気にしていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団