腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

妊娠中の腰の痛みや腰痛を緩和するには?骨盤ベルトを使用すると良い!

   

大須賀式矯正 産後用骨盤ベルト 産後ダイエット 骨盤ベルト 痩せやすい体へ フリーサイズ

腰痛の痛みに悩んでいる人は、骨盤ベルトを使用してみると良いでしょう。

腰痛コルセットに比べると、骨盤を矯正するという意味では少し劣ってしまいます。

しかし、骨盤の痛みを緩和するという意味ではかなり役に立ってきます。

妊娠中等でも十分役に立つ器具になってくるので、今回は骨盤ベルトについて詳しく紹介して行きたいと思います。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

骨盤ベルトとは?

骨盤ベルトで期待出来る効果

妊娠中や腰痛に悩まされている人は、一度は耳にした事がある骨盤ベルト。

骨盤ベルトでは、様々な効果を実感する事が出来ます。

その中の一つとして挙げられるのは、骨盤を矯正出来るという事です。

ズボンが落ちないようにするベルトとは違って、どちらかというとチャンピオンベルト等を想像すると良いでしょう。

少し大きいベルトを腰に巻く事によって、悪くなった姿勢を矯正する事が出来ます。

コルセットと違う点は、金属製の板や固い板が入っていない事が挙げられます。

そのため、着用方法によって腰を痛める事が無いというのが特徴として挙げられます。

妊娠している時は、体に負担がかかり安くなってきますし、特に腰に負担がかかりやすくなってしまいます。

腰に負担がかかると腰痛の原因にもなってしまうので、注意しなければなりません。

そこで、役に立ってくるのが骨盤ベルトという訳です。

骨盤ベルトで矯正出来る?

骨盤ベルトをする事によって、悪くなった姿勢を改善する事が出来ますが、中にはその効果に疑問を持っている人がいます。

私も、着用する前まではそう感じていました。

というのも、コルセットとは違って姿勢を良くするという物でもありませんし、ただ巻くだけで腰痛が改善出来るとなると、流石に疑ってしまいました。

当時は、私も腰痛に悩まされていたので、どうやって改善するかというと、整体等に言って改善しようとしていました。

しかし、そこで紹介されたのが骨盤ベルトでした。

整体師が言っていたのは、骨盤ベルトを着用しただけでは矯正する事が出来ないと言っていました。

正しい姿勢に戻した後に、骨盤ベルトをする事によって、その姿勢を体身につける事が重要だとの事だったので、整体と併用して骨盤ベルトを着用していたのです。

確かに、整体後気が抜けてしまったらどうしても、腰に負担をかけるような姿勢になっていたので、大変でした。

しかし、骨盤ベルトをしてからはというと、姿勢が悪くなる事も無く、良い姿勢をキープする事が出来るのでかなり助かりました。

歪んだ骨盤を矯正するなら骨盤ベルト

姿勢が悪い人なら、骨盤が歪んでいるという事がわかると思います。

そうなった時に、どうやって矯正するのかという事は、人によって変わってきますが、やはり骨盤ベルトをして矯正すると良いでしょう。

矯正するというよりも、正しい姿勢をキープするというのが正しい表現になります。

前述したように、骨盤ベルトでは骨盤を矯正するというよりも、姿勢をキープするという器具になってくるので、骨盤ベルトだけでは効果を実感出来ません。

しかし、整体等と併用して使用する事によって、歪んだ骨盤を正しい骨盤にする事が出来ます。

私も、腰が痛い時に骨盤ベルトを使用していましたが、思った以上に効果を実感出来ませんでした。

整体師に相談したところ、矯正する物ではなくサポートするだけの物だと言われたので納得しました。

また、姿勢の状況によって変わってくるというのが骨盤ベルトの特徴でもあります。

極端に悪い姿勢ですと、骨盤ベルトをしていても意味がなくなってしまうので、注意した方が良いでしょう。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

妊娠中は骨盤ベルトが適切?

妊娠中は骨盤が歪みやすい?

妊娠をしている人は、腰の痛みを感じる人がいますが、腰に負担がかかるので当たり前と言えます。

子供の体重にもよりますが、お腹の方に重さがいってしまうので、前傾姿勢になってしまいます。

姿勢を正そうと思っても、腰に負担をかけてしまう事になるので、よく注意する事が重要になってきます。

しかし、そこで骨盤ベルトがあるとかなり負担が少なくなってきます。

腰に負担がかかっているなら、早急にその負担を少なくした方が良いですから、骨盤ベルトをする事は必須になってきます。

骨盤ベルトで痛みを緩和出来る!

骨盤ベルトでは、骨盤を矯正するというよりは、痛みを緩和するためにあります。

妊娠時の腰の痛みを解決する方法は、非常に多く存在しますが、最も低コストで行う事が出来る方法は、骨盤ベルトを使用する事です。

妊娠している時は、ただでさえ腰に負担をかかっており、それ以外にもかなり負担がかかっているので、せめて腰の痛みだけは改善しておきたい物です。

そこで、骨盤ベルトがあるだけでもだいぶ変わってくるという訳です。

整体やマッサージ等で緩和する方法もありますが、一時的に痛みを緩和するだけで時間が経つと痛みを感じやすくなってしまいます。

しかし、骨盤ベルトであれば、毎日の生活の中で着用すれば、痛みを緩和出来ます。

そして、骨盤を矯正するような治療と併用して行って行く事によって、姿勢を矯正する事が出来るので、非常におすすめです。

臨月に近づくにつれて骨盤ベルトは必須!

妊娠している時は、時期によって骨盤ベルトを使用するか否かを決めると良いでしょう。

理想は、妊娠した時から付ける事ですが、初期の段階で骨盤ベルトをしていると、お腹を締め付けすぎて、流産につながってしまう可能性があります。

しかし、お腹が大きくなっていくにつれて、腰にかかる負担は大きくなってしまいます。

そのため、臨月に近づいていけばいく程腰に負担がかかりやすくなるというわけです。

いち早く痛みを緩和したいと思っている人は、7~8ヶ月前後で骨盤ベルトを着用すると良いでしょう。

腰に負担がかかれば、出産後腰痛に悩まされるということもあるので、注意しなければなりません。

それを防ぐためにも、骨盤ベルトをする事は必須になってきます。

腰痛を緩和してくれる骨盤ベルト

腰痛に悩まされているなら骨盤ベルト!

腰痛に悩まされている人がいれば、骨盤ベルトを着用してみると良いでしょう。

腰痛コルセット等に比べると、骨盤を矯正する事が出来ませんが、それなりに骨盤を矯正出来るのでおすすめです。

また、何よりも痛みを緩和する事が出来るという面からすると、骨盤ベルトは非常に便利になります。

姿勢を正しくしたいと思っている人にとって、非常におすすめなので、使用してみると良いでしょう。

効果は人によって変わってくる?

骨盤ベルトの効果は、人によって変わってきます。

どの治療もそうですが、締め具合や姿勢の状態によって感じ方が変わってきます。

そのため、巻いたからといって確実に効果が期待出来るという訳ではないので要注意です。

しかし、サポートという面で使用するなら、かなりおすすめです。

本治療等は、整体に任せて家で行う治療の一環として骨盤ベルトを使用してみると良いでしょう。

とは言え、普段の生活から付ける事が出来る器具なので、毎日使用するが理想です。

まとめ

このように、骨盤ベルトは腰の痛みを緩和するには非常に重要な役割を持っていることが分かりました。

妊娠中の人は腰に負担がかかりやすいという事もあって、着用は必須になってきます。

しかし、着用したからといってすぐに効果が期待出来るという訳ではないので要注意です。

とは言え、痛みを改善するにはかなり役に立つので使用してみると良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 産前産後の骨盤ベルト