腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

子供の腰痛対策には『椅子 学習チェア ダイニング』がおすすめ!

   

ISSEIKI 学習チェア ダイニング 子供 椅子 キッズ イス チェア 木製 アルダー 無垢 (ツートーン) FIORE DESK CHAIR (NA/MBR/WH)

最近は、大人だけではなく子供も腰痛に悩むケースが増えています。

このような話を聞いたら「最近の若い者は」と思いたくなる親御さんは多いかもしれません。

しかし、子供が腰痛になる原因はいくつもあるので、早めに腰痛対策を講じる事が重要です。

そこで、おすすめしたいのが『椅子 学習チェア ダイニング』です。

本製品は、子供の腰痛対策を講じやすくなっているので、その魅力や、子供が腰痛になる原因などを紹介するので参考にしてみて下さい。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

椅子 学習チェア ダイニングの魅力

本製品が、子供の腰痛対策を講じやすくなっているのは、3つのポイントがあって、それが高さ調整・肘掛付き・アルダー無垢材です。

この3つのポイントを理解できれば、本製品が子供の腰痛対策を講じられる理由が理解できると思うので、詳しく紹介しましょう。

高さ調整

本製品は、床から座面までの高さを5段階(52cm・49cm・46cm・43cm・40cm)に調整できて、床から足置きまでの高さを4段階(20cm・17cm・14cm・11cm)に調整できます。

なぜ、このように高さを調整できるのかと言えば、本製品のボディには多くの穴が開けられていて、その穴を利用して座面や足置きの高さを変える事ができるからです。

実際に、子供の成長は早いので、椅子のサイズが体に合わなくなったら、腰に負担をかけてしまう事があります。

そのような事を考えたら、高さ調整できるのは、本製品の大きな魅力です。

肘掛付き

椅子を選ぶ際には『肘掛け』が付けられている製品を購入する事が重要になります。

なぜなら、椅子から立ち上がろうとしたら、腰に大きな負担をかけてしまうからです。

腰痛になっていない子供の場合であれば、椅子から立ち上がろうとしても、腰はあまり痛く感じません。

しかし、腰痛になってしまえば、椅子から立ち上がるだけでも腰が痛く感じやすいです。

それに引き換え、肘掛け付きの椅子であれば、肘掛けに手を置いて立ち上がろうとしたら、腰にかかる負担を軽減できます。

アルダー無垢材

腰痛の子供が椅子に座っている時には、できるだけ姿勢を安定させて、腰に衝撃を加えない事が大切です。

しかし、背面の肌触りが悪かったら、落ち着いて座る事ができません。

そのような事になったら、腰を動かしてしまって、腰痛に悩んでいる子供は腰に激痛が生じてしまう事があります。

所が、本製品は椅子の背面に『アルダー無垢材』を採用していて、肌触りがよくなっているのです。

そのため、本製品であれば安定した姿勢で座り続ける事も可能です(個人差があるので注意)。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

製品情報の内容

本製品が、子供の腰痛対策を講じられる理由が分かってもらえた所で、次に製品情報の内容も紹介するので、この椅子を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

カラーバリエーション

腰痛でも利用しやすい椅子でも、多くの子供はデザインの良い椅子でなければ利用したくないものです。

本製品は、そのような子供の好みにも応えられる製品で、5種類ものカラーバリエーションを用意しています。

その5種類とは、ナチュラル・ミディアムブラウン・ツートーン・ホワイト・ブラックなどです。

座面の所だけはホワイトになっていますが、その他の部分は鮮やかなカラーになっているのです。

さらにツートーンは、ナチュラルとブラウンの2種類が配色されているので、オシャレなデザインになっています。

コストパフォーマンス

本製品は豊富なカラーバリエーションを用意している上に、高さ調整もできる事から、コストをかけた製品になっています。

そのため、高額な椅子になっていて、楽天市場では送料無料ですが税込価格17,800円もするのです(2018年10月27日時点)。

実は、日本国内で販売されている椅子の中には、10,000円以下で販売されている製品はいくつもあります。

それを考えたら、値段が安くなっている椅子を探している場合には、本製品を購入するべきか慎重に検討したほうが良いです。

子供が腰痛になる原因

本製品は値段が安い椅子ではないので、子供に椅子を購入してあげるべきか悩んでしまった方は多いかもしれません。

しかし、現代の子供は腰痛になりやすい条件がそろっているので、早めに腰痛対策を講じたほうが良いのです。

そこで、なぜ現代の子供は腰痛になりやすいのか、詳しく紹介しましょう。

教材の重さ

日本の教育現場は、政府の方針に大きく影響を受けてしまう現場なので、詰め込み教育から『ゆとり教育』になった時に、教科書の内容も少ないものでした。

しかし、子供の成績が落ちてきた事から、ゆとり教育から、再び詰め込み教育に方針を転換させられたのです。

その際に、教科書の内容も大幅に増えた上に、カラーページも増えて、ランドセルに入れる教材の重量が重くなったのです。

そのため、現代の子供は腰痛になりやすくなったので、親御さんは注意して子供の健康を管理する必要があります。

スポーツ

日本の学校は、以前から部活動が活発に行われていましたが、重いランドセルを背負った上に、スポーツをする事によって、腰痛になる条件がそろっています。

ランドセルを背負う事によって、腰に負担をかけている状態で、部活動で腰を強打するような事があれば、腰痛になる可能性は極めて高くなってしまいます。

文化系の部活動であれば問題はないかもしれませんが、小学校では体を動かす部活動が多いので、注意する必要があるのです。

猫背の影響

昔と現代の大きな違いは、教材の量だけではなく『スマホ』も挙げられます。

実は、スマホを見ようとしたら、少し前かがみになってしまうので、猫背になりやすくなってしまうのです。

実際に、猫背になってしまえば、椅子の背もたれに寄りかかろうとしたら、お尻が前のほうへズレやすくなってしまうのです。

そのような状態で座り続けていたら、上半身の体重の負担がお尻から腰に集中しやすくなるので、早めに腰痛対策を講じる事をおすすめします。

利用者たちの口コミ

本製品の魅力や、子供が腰痛になる原因を理解できても、この椅子を購入するべきか決断できない方もいるでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品を購入してみたら、重量が軽くなっていたので、満足している方がいました。

実際に、本製品の重量はわずか6kgしかないので、腰痛になっている子供でも利用しやすくなっています。

ただし、個人差があるので、腰痛になっている子供が本製品をズラそうとした時に、腰が痛くなる場合には親御さんが手伝ったほうが良いです。

さらに、本製品はスッキリとしたデザインになっている所を気に入っているケースもありました。

悪い口コミ

本製品は、本体部分の穴を利用して高さを調整できますが、その穴が少し汚い作りになっていて、不満を抱いている方がいました。

そのため、穴の部分にまで気になってしまう方は、注意したほうが良いです。

さらに、本製品を注文してみたら、足置きの部分にひび割れが起きているケースもあって、落胆している方までいました。

そのため、本製品が自宅に届いた時に、ひび割れが起きていないか確認してみて下さい。

もしも利用する前に、ひび割れがある場合には、メーカーに電話をして、新品に替える事ができるのか確認したほうが良いです。

まとめ

子供が腰痛に悩む事に、眉をひそめる親御さんは多いかもしれません。

実際に、昔は少年・少女時代に腰痛になるクラスメートは少なかったので、最近の子供が腰痛に悩んでいる事について理解できないかもしれません。

しかし、現代は子供でも腰痛になりやすい環境になっているので、早めのうちに腰痛対策を講じられる椅子を購入してあげる事は重要です。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子