腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

寝具が原因で腰痛になる?快適な朝を迎えるための敷き布団の選び方

   

腰痛にお悩みの方の中には、姿勢の悪さが原因で腰痛になるとお考えの方がいます。

しかし、腰痛は複数の原因によって引き起こされることがあるため、姿勢を正しく保つようにしていても腰痛が気になる場合にはほかに原因があるのかもしれません。

朝起きると酷く腰が痛い場合には、寝具が腰に悪影響を与えている可能性があります。

ここでは、快適な朝を迎えるための敷き布団の選び方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

寝ている時に腰痛が生じる様々な原因

寝ている時は長時間同じ姿勢でいる

起きている時に姿勢が悪い場合には、意識的に姿勢を正すことができます。

しかし、寝ている時はどんなに姿勢が悪かったとしても意識的に身体を動かすことができないので、長時間同じ姿勢でいることになります。

腰に負担がかかる姿勢で長時間寝ていると朝起きた時に腰に違和感を覚えることがあり、それが長期間繰り返されることで腰痛の原因となってしまうのです。

寝ている時は腰に負担がかかっていても気づかない

起きている時は腰に痛みが生じてくると腰に負担がかからないように体勢を調節したり、身体を動かしたりするなどして血行を促し痛みに対して対策をとることができますが、寝ている時は腰に負担がかかっていても気づくことができません。

腰に負担を与える姿勢でそのまま朝まで過ごすことになるので腰痛の原因となります。

敷き布団が身体に合っていない

寝ている時は背面の部分に身体の重さの負担がかかりますが、中でも腰には最も大きな負担がかかっています。

敷き布団は寝ている時の身体を支える大切な役割を持っていますが、身体に合っていないものを使っていると身体を支えきれず体圧が腰にかかってしまい腰痛の原因になってしまうのです。

敷き布団が腰痛の原因だと気づかずに長期間使用を続けていると、腰痛が酷くなってしまうことがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰痛の原因になってしまう寝具の特徴

消耗しやすく体が沈みこんでしまう敷き布団

長時間重たい身体を支えている敷き布団は、使用を続けていると支える働きが弱くなり、腰を支えている部分を中心に身体が布団に沈み込んでしまうようになります。

すると、寝ている間に不自然な姿勢を取り続けることになるため、腰に大きな負担がかかり腰痛の原因となります。

ふわふわと柔らか過ぎる敷き布団

ふわふわした柔らかい敷き布団は、横になると心地良く感じることがありますが、柔らか過ぎて身体を下から支える働きがほとんどないため、身体の背面にかかる体圧を分散させることができません。

すると、最も体圧がかかる腰の部分に大きな負担がかかり腰痛の原因となります。

身体をしっかり支えるが硬過ぎる敷き布団

寝る時は下から身体をしっかりと支えてくれる敷き布団を選ぶことが大切ですが、硬過ぎる敷き布団の場合、支える力が強くても硬過ぎて寝返りを打ちにくいので寝ている間の姿勢を心地良い状態に保てずに腰に負担がかかりやすくなります。

身体が沈み込む低反発の敷き布団

低反発の敷き布団は身体を受け止めて優しく支えてくれる働きを持っていますが、身体が沈みこんでしまった後はそのまま同じ姿勢で長時間寝ることになるので腰に負担がかかります。

また、身体が沈み込んだ状態では寝返りが打ちにくく血行が悪くなるので腰痛の原因となってしまうのです。

腰痛が気になる時の敷き布団の選び方

体圧を分散する働きを持つものを選ぶ

腰痛が気になる時は、寝ている時に腰に負担を与えないことが大切です。

そのためには、体圧を分散する働きを持つ敷き布団を選ぶと良いでしょう。

敷き布団メーカーによって体圧を分散する構造に違いがありますが、代表的なのが無数の点で支える構造です。

仰向けに寝ている時の体圧を分散させる働きを持つだけではなく、寝返り打った後に横向けに寝ている時も身体に負担がかからない姿勢を保つことができます。

十分に厚みがあるものを選ぶ

厚みのない敷き布団は下から支える働きが弱く身体が沈み込みやすいです。

体圧を分散させる働きも弱いので長時間寝ているとどうしても腰に負担がかかってしまいます。

敷き布団を買う時には十分に厚みがあり、床に直接敷いて使用しても安定的に寝ることができるものを選ぶと良いでしょう。

吸汗性や通気性が高く寝心地が良いものを選ぶ

寝ている時は汗をかきやすいので、通気性が悪いものを使用していると寝苦しさを感じることがあります。

特に夏は1年のうち最も汗をかきやすい季節なので、吸汗性が高いものを選ぶことが大切です。

寝苦しく汗をかいた状態になると、無意識に掛け布団をとってそのまま寝てしまうことがあるので、身体が冷えて血行が悪くなることで腰に悪影響を与えることがあります。

吸汗性や通気性が高い寝心地が良い敷き布団は快適に寝ることができるので、朝まで一定の体温を保ち血行の妨げにならずに済みます。

耐久性があり消耗しにくいものを選ぶ

寝ている間に長時間身体を支える役割を持つ敷き布団は、毎日使うものだからこそ耐久性があるものを選ぶことが大切です。

消耗しやすく、すぐにへたりが生じるものは、たとえ価格が安かったとしても頻繁に買い替える必要が出てきてしまうためかえって費用がかかることになります。

耐久性がある敷き布団なら、一定の期間安定的に身体を支える働きを期待することができます。

おすすめの敷き布団・雲のやすらぎプレミアムの魅力

体圧を分散させる構造の製法で作られている

雲のやすらぎプレミアムは体圧を点で支える凹凸アルファマットが高い反発スプリングマットを挟む構造となっている新クロスクラウド製法で作られているので、寝ている間にS字のカーブを描く自然な背骨の状態を保つことができます。

自然な姿勢を保てることで腰への負担を軽減する対策がとれます。

また、寝返りを打った後に横になった状態でも身体に負担がかからないところも魅力です。

17cmの十分な厚さで安定的に身体を支える

雲のやすらぎプレミアムは17cmの十分な厚さがあるので、理想的な姿勢を保ちながら快適に寝ることができます。

厚みがあることで寝返りが打ちやすく高反発スプリングマットが寝返りを打つ時などの身体の動きに対応して、下から支える働きが高いので寝ている時に理想的な姿勢を保ちやすいのです。

通気性の良さを追求した構造で快適

雲のやすらぎプレミアムは、身体を支えるアルファマットの部分が凹凸加工されていることで通気性が良く空気が流れやすい構造となっています。

寝ている時は汗をかきやすいですが、独自の構造によってムレにくく快適に睡眠をとることができます。

また、保温性が高いので夏と冬どちらの季節でも心地良い状態で寝ることができるのでおすすめです。

へたりにくく安定的に使える

身体を支える働きが高い敷き布団でも、すぐにへたりが生じるものは腰に負担を与えやすいので安定的に使用することができません。

その点、雲のやすらぎプレミアムは、独自に開発された高反発ウレタンフォームを使用しているのでへたりにくく、安定的な寝心地をキープできるので快適な睡眠をとることができます。

まとめ

身体に合っていない敷き布団を長く使っていると腰に大きな負担を与えてしまいます。

腰痛が気になる場合には、活動している時の姿勢だけに気を配るのではなく、寝ている時の姿勢にも注意することが大切です。

身体を支える働きが高く快適な睡眠がとれる敷き布団があれば、腰への負担を軽減しながら十分に身体を休ませることができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団