腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

座椅子を買うならこんなもの!座椅子の選び方のポイントは知ってる?

   

サンワダイレクト ふあふあフロアチェア 低反発ウレタン&マイクロファイバー生地で最高のすわり心地 42段階調整 ブラウン 100-SNC041BR

座椅子は、最近にわかに注目を集めているアイテムです。

椅子ほどに圧迫感がありませんし、リラックスして過ごすことが出来るアイテムになりますから、注目を集めているのも納得です。

しかし、いざ座椅子を買おうと思っても、どんな座椅子を買うのが正解かわからないということは多いです。

そこでここでは、座椅子の選び方のポイントについて見ていきます。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

気持ち高さのある座椅子を選ぶ

座椅子にも、実はいろいろなものがあります。

それは、何をもって座椅子と呼ぶのかというのを考えるのが難しくなるくらいにはいろいろなものがあるのです。

そんないろいろなものがある座椅子ですから、座面がある程度高いものもあれば、ほぼほぼ座布団と変わらないくらいの座面の座椅子もあります。

もしこれから座椅子を買うのであれば、ある程度座面が高い座椅子がおすすめになります。

座面が高い分座ったり立ったりしやすい

座面が気持ち高い座椅子に座っていると、座ったり立ったりしやすくなるというメリットがあります。

座ったり立ったりしやすくなるということは、座椅子においてはすごく大切なことです。

座椅子に座る際には、やはり膝や腰にすごく負担がかかります。

座る位置がかなり低くなりますから。

そしてそんな座る動きは、何度も繰り返すにことになります。

ずっと座椅子に座っているということはそうそうありません。

ちょっと立ち上がって何かをとりに行ったり、あるいはトイレに行ったりはするものです。

そうして頻繁に立ち上がるということは、その分だけ負担がかかるということになります。

だから、座る際立つ際の負担はすこしでも減らしてあげるべきなのです。

そしてそれができるのが、気持ち座面が高い椅子になるのです。

ちょっとの差でも長く使えば大きな差に

確かに座椅子の座面の差なんて、そこまで大きいものではありません。

すごく座面が高いようであれば、それはもはや座椅子を呼べるのかは怪しくなってきます。

座椅子と呼べる範疇の中では、やはり座面の差はそこまで高いわけではないのです。

でも、その中でも少しでも座面の高いものを選ぶべきです。

長くその座椅子を使っていれば、1回1回の腰やひざにかかる負担はそれほど大きくなくても、次第に積み重なってきて大きな負担になってしまうことがあります。

逆に言えば座面が高いものを選んで少しでもダメージを減らしていけば、長い目で見ればそれはかなり腰やひざへの負担が少ないということになるのです。

だから、そういうものを選ぶのがおすすめです。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

座面が固いものを選ぶのが正解

座椅子を選ぶ際には、座面が固いものを選ぶのがおすすめです。

勿論座面がやわらかいものにはそれの良さもあります。

しかし、基本的には座面が固めである方がメリットは大きいです。

立ち上がる際の力を逃がさない

たとえば座面が固ければ、そこに込めた力が逃げてしまうということがなくなります。

立ち上がる際、当然座椅子の座面にも負荷をかけて、その反発で立ち上がることになります。

勿論それだけで立ち上がるわけではないですが、立ち上がる際にはそうやって立ち上がることが多いのです。

でも、もし座椅子の座面がやわらかければ、力を込めてもそれがそのまま吸収されてしまうことになります。

そんな風にして力が吸収されてしまうと、当然立ち上がる際には別のところに力をこめないとならなくなります。

そうして腰やひざにかかる負担が増えていってしまうのです。

そうならないためには、座面が固い座椅子を使用するべきになります。

座っている際の負担も小さくなる

座椅子に座るというのは、人間の体の構造から考えると、決してそこまで身体に良いことではありません。

だから、長時間座っていると腰が痛くなってしまうことがあります。

しかし、座面が固ければ、その分多少腰にかかる負担を減らしていくことができることがあるのです。

座面が固いと、腰の位置が高いままになります。

そうなれば、腰で体重の負荷が止まらず、それよりも下の方にもたくさん流れていくようになるのです。

そうして少しでも座椅子を身体に良くしていくためにも、ある程度座面が固いものを選ぶのがおすすめになります。

もっとも座面が固すぎて座っていてお尻が痛くなってしまうのは論外ですが。

あまり高くないものを選ぶのが吉

座椅子は、あまり高くないものを選ぶのが吉です。

座椅子にも、すごく高級なものから、10000円以下で買えるようなものまで様々なものがあります。

そんな中から座椅子を選んでいく際には、あまり値段が高くないものを選んでいくのがおすすめなのです。

もちろん値段が高い座椅子は、その分だけ効果的な機能がついていたりすることはあります。

しかしそれでもあまり高くないものがおすすめなのです。

それがなぜだかわかりますでしょうか?

へたっても買い替えやすいから

それは、あまり高くないものであればへたっても買い替えやすいからです。

座椅子というのは、たとえばマットレスなどとは違い、体重がかかる箇所が集中しやすいです。

マットレスの場合も比較的に腰に集中しますが、腰の場合はある程度マットレスに触れている範囲も広いので、そこまでマットレスにかかる負荷は大きいわけではありません。

しかし、座椅子の場合は別です。

座椅子の場合は、お尻というすごく狭い範囲に体重ががっつりかかってきてしまいます。

だから、座椅子の座面はへたりやすいのです。

それは、ある程度たかい座椅子であっても安い座椅子であっても同じです。

そういうことがあるので、あまり高いものを買うのはおすすめできないのです。

へたってしまったら高くても意味がない

もし座面がへたってしまっていたら、ますますお尻のあたりにかかる体重の負荷は大きくなりますし、せっかく高いものを買った意味がなくなってしまいます。

高いものは、あまり腰やお尻に負担がかからないようにしっかりと設計されているものですから、へたってしまいバランスが崩れてしまっていたらダメなのです。

しかし、へたってしまうということはなかなか避けられません。

高いものを頻繁に買いかえることが出来るのであればそれでも問題ないですが、なかなかこのご時世そんな方もいないものです。

だから、あまり高いものは買わない方がよいです。

あまり重さがないものということも大切

座椅子を買う際には、座椅子自体の重さがあまりないということも大切になります。

座椅子のメリットは、楽に座りながら、自分座る位置をコロコロと変えることが出来ることになります。

でも、座椅子の中にはそれ自体がそれなりに重たいものも少なくはありません。

そんな重たい座椅子を使用していたら、その座椅子を移動させようとしても簡単には移動させることが出来なくなります。

一生懸命動かそうとしないと移動させることはできません。

そうならないようにするためには、あまり重さがないものを使用することが大切になるのです。

あまり重さがない座椅子であれば、軽く位置を変えることが出来るので、どこでも好きな場所でリラックスしながら過ごすことが出来るようになります。

まとめ

座椅子を選ぶ際には、ある程度座面の高さがあって、そして座面がある程度固いものを選んでいってください。

この二つは外せない条件になります。

そしてその上でさらに、あまり重たくなくて、あまりお値段がしないものを選んでいけば完璧です。

是非こういう選び方をして、失敗しない座椅子選びをしていってください。

そして、後悔しない買い物をしていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 座椅子