腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

快適に眠りたいならダブルのマットレスを使ったほうがいい理由って?

   

(DORIS) ベッド ダブル フレームのみ 【ゼスト ウォルナット】 ロースタイル フロアベッド 組み立て式 すのこ仕様 ヘッドボードレス (KIC)

大きめのマットレスを使ったほうが絶対に得。

購入する時には広いマットレスを購入してみてください。

シングルサイズのものよりもダブルサイズのマットレスには大きなメリットがあります。

実際に使ってみなければわかりません。

眠りという人間にとって重要な時間をさらに充実させましょう。

そのためにもダブルサイズのマットレスの魅力をここで理解してください。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

マットレスはシングルだけじゃない

いつもお世話になっているマットレス。

1日の3分の1を過ごしているのはマットレスの上です。

人間の体は眠らなければ生きていけません。

その時間は大体6時間~8時間が標準。

できるだけ快適に眠りたいところですが、その時に大切に乗ってくるのはマットレス。

どんなものだって同じというと思っては快適な眠り心地を実現できません。

マットレスと一口に言っても、ピンからキリまであるし、大きさによっても全く違います。

マットレスはついついシングルのものをイメージしてしまいがちですが、ダブルのマットレスを使う方法もあります。

ダブルのマットレスなら大きなメリットを享受できます。

そのメリットについてよく知ることは快適な眠りについての第一歩です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

寝心地も快適

ダブルのマットレスのいいところは寝心地が快適なところ。

マットレスが大きくなったくらいで快適に眠れるのかと疑問に思う方もいるでしょう。

逆に、狭いスペースで眠ろうとしてみてください。

間違いなく窮屈になり、体おなか体が傷んできます。

眠るためにはある程度広いスペースを確保しなければ体が痛くていられません。

マットレスも同様で、広ければ快適に眠れます。

部屋のスペースに余裕があるのなら間違いなく、ダブルのマットレスがおすすめです。

寝返りを打ちやすいメリット

眠るときには寝返りを打ちますよね。

その寝返りだってある程度の広さがなければできません。

人間にとって寝返りの重要性はとても大きいです。

寝返りをしなければ気持ちが悪くなってきます。

血行が悪くなってしまうからです。

無意識で寝返りを打っているのは無駄ではありません。

血行をよくするために、体を回転させているということ。

そのためには広いスペースが必要。

快適な寝返りを打つためにも、広めのマットレスを購入してください。

ダブルのマットレスなら、快適に寝返りを打つことができます。

折りたたみができる

ダブルのマットレスは当然のごとく大きいです。

普段からベッドを使っている人は問題がありません。

ただ置いておけばいいだけですから。

マットレスをいちいち強いて布団代わりに使う方法もあります。

この方法でも別に問題はありませんが、問題になるのはその大きさです。

ダブルのマットレスですから、少し大きくなってしまいます。

部屋のスペースをとります。

そのため購入する際には、折りたたみのできるマットレスを購入すると便利です。

これなら便利に収納できます。

ベッド以外でマットレスを使う方は収納方法まで考えておいてください。

最近は高反発

最近のマットレスの流行は高反発。

少し硬めのマットレスが人気というわけです。

これはシングルでもダブルでも変わりはありません。

高反発のマットレスがどうしておすすめかというと、体に負担がかかりにくいからです。

硬いマットレスで体に負担がかかってしまうと思いがち。

でも実際にはその逆で体に負担がかかりにくいのは高反発のほうです。

やわらかいマットレスが好まれるのはアメリカ人やヨーロッパ人です。

彼らは体が大きく、表面積が大きいです。

マットレスの中に埋もれにくい体なのです。

圧力は小さくてやわらかいマットレスのほうがいいのです。

日本には体が小さくて、アメリカ人ヨーロッパ人のようなやわらかいマットレスを使ってしまったら、体がマットレスに沈んでしまいます。

その結果、寝返りを打ちにくくなり、体重のかかりやすい腰だけが痛くなってしまうなど、さまざまな不具合が出てきています。

高反発マットレスならこんなことはありません。

日本人の体型に合っているのは高反発。

ダブルのマットレスだといっても、高反発マットレスを選んだ方が体にはいいでしょう。

家族で使える

ダブルのマットレスなら家族で使えます。

夫婦で眠ることもできるし、広いので子供も一緒に眠れる、一家だんらんの象徴にできます。

家族みんなで眠れば、ぬくもりも伝わってきて安心感も抜群。

だけど小さいマットレスでは実現できません。

そこで大きなマットレスダブルのマットレスは眠る時の家族団らんにも最適というわけです。

一人ものでもOK

家族がいなくても独身でも恋人がいなくてもダブルのマットレスはおすすめできます。

というのもシングルのマットレスよりも広いからです。

広々と眠ることができます。

寝返りを自由に打つことができるし、安心感を持って眠ることができます。

シングルサイズのマットレスでは無意識的にそれほど動いてはいけないというストレスがかかります。

1人ものだからダブルのマットレスを使ってはいけない決まりはありません。

ホテルでも、1人で泊まるのにダブルの部屋を取ったって、怒られることはありません。

快適に眠りたいなら、このような工夫だってしなければいけないのです。

ベッドマットレスじゃなくても

マットレスというとベッドマットレスを思い浮かべる方もいます。

床にマットレスを置いて眠る方法もあります。

ベッドで眠りたくない人もいます。

寝返りを打った拍子に床に落下してしまうこともあります。

日本ではもともとベッドで眠る文化ではありません。

床で眠ってきた民族なので、床に眠りたいという気持ちは否定できません。

だからといって床に寝ると、体が痛くなったり、不快感を覚えてしまったりすることも。

そんな時にはマットレスを使ってください。

ベッドがなくても使ったってOKです。

体から汗が出てくるので、床が湿ってしまいます。

朝起きたらマットレスをたたんで、押し入れに入れたり立てかけておいたりするとOK。

こんな感じの使い方だって全く構わないのです。

ぜいたくな気分を味わえる

マットレスっていうとシングルのものばかり思い浮かべてしまいがち。

そのマットレスでもぜいたくを味わってみてください。

ダブルのマットレスなら、快適に眠ることができます。

ぜいたくな気分を味わってください。

かかるお金なんてそれほど変わりはありません。

シングルの2倍の値段もしません。

眠る時のぜいたくさは、絶対に味わったほうがいいです。

シングルだったら2万円。

ダブルのマットレスだったら3~4万円くらいするかもしれませんが、その1万円~2万円くらいの差が大きな差になって積み重なります。

後になって後悔しても、快適さを無駄にした損害は帰ってくることはありません。

たった1万円2万円の差で、多くのものを失ってしまうのです。

マットレスの購入の際には機能やデザインだけでなく、大きめなものを購入する選択肢は頭の中に入れておきましょう。

眠るときにマットレスの広さくらいのぜいたくをしてもバチはあたりません。

シングル用のマットレスに少しくらいの出費をかけて大きめのマットレスにすれば、大きな快適を得ることができるでしょう。

まとめ

意外と考えてこなかったマットレス。

ダブルのマットレスがあることを考えておきましょう。

カップルの人でも家族がいる人でも独身の人でも、大きなサイズのマットレスを使ったほうが絶対に快適。

一生の3分の1を過ごすマットレスの上ですから、少しでも広いほうがいいのは間違いありません。

快適な寝返りをうって健康のためにも、ダブルサイズのマットレスを選んでみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団