腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

憧れの花風呂!花びらを入浴剤代わりにすることのメリットとデメリット

   

ノルコーポレーション 入浴剤 シャリテローズ バスペタル 60g グロスローズ OB-DRP-1-1

入浴剤には色々な代用物があります。

たとえば入浴剤の代わりにミルクを入れたりすることも出来るくらいです。

そしてそんな風に入浴剤に代わりになるものとして、花びらもおすすめできるものとしてあげられます。

そこでここでは、そんな花びらを入浴剤かわりにする事のメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

視覚的なリラックス効果が高い

花びらを入浴剤代わりにすることのメリットとしてまず挙げられるのは、視覚的なリラックス効果が高いということです。

花びらと言うのは、すごくリラックス効果が高いものになります。

だからストレスが溜まっている人は、それの解消のために家で花を育てることをおすすめされることもあるくらいです。

それをたくさんお風呂に浮かべて、その中に入っていくわけなのですから、それによって高いリラックス効果がえられないはずもないのです。

入浴剤にはリラックスを求める人も多い

入浴剤を使う目的は人それぞれにはなるでしょう。

でも、多くの人が入浴剤をリラックス効果目当てに使用しているのではないでしょうか?

現代社会では色々なシーンでプレッシャーがかかりますし、すごくストレスがたまりやすい時代だとも言えます。

そんなストレス社会ですから、それからの解放を求めて入浴剤を使う人も多いはずです。

それならば、花びらを入浴剤代わりにするというのはすごく効果的でしょう。

入浴剤と同じようなリラックス効果、むしろそれ以上のリラックス効果を得られるわけなのですから。

入浴剤の視覚的刺激より刺激は大きい

花びら風呂が入浴剤よりもリラックス効果が高いと言ったのは、花びらの方が視覚的な刺激が大きいからです。

入浴剤を使うと、だいたいの場合でお風呂の色が変わるでしょう。

しかし、それはただただお風呂の色が変わったにすぎません。

では花びらをお風呂に入れるとどうでしょうか?

お風呂が花びらで埋め尽くされるわけですから、その分だけ視覚的な刺激は大きくなるのです。

花びらは立体ですから刺激はまず大きいはずです。

となると当然その方が高いリラックス効果を得られるでしょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

花の香りによるリラックス効果もある

花びらを入浴剤かわりにすることのメリットは、視覚的なリラックス効果が得られるということだけではありません。

花びらを入浴剤かわりにすることで、お風呂の中に花の香りが充満するようになります。

そうして、その香りによっても高いリラックス効果を得ることが出来るようになるのです。

香りによるリラックス効果と言うのも入浴剤においてはすごく大切なことになります。

香りからうける影響も大きい

人は、香りからウケる影響もすごく大きいです。

だから世の中にはアロマテラピーなるものがあるのです。

もし香りからうける影響が全然ないのであれば、アロマテラピーなどは存在していなかったでしょう。

香りによってストレスが解消されたり、あるいは気分が高揚したりすることが証明されているからこそ、それが存在しているのです。

そしてだからこそ、入浴剤にも香りがもちいられているのです。

花びらの香りは天然の香り

入浴剤の香りは、あくまでもフェイクの香りであることが多いです。

でも、花びらの香りは天然の香りになります。

当然ながら作られた香りよりも天然の香りの方が気分に与える影響も大きいでしょう。

その違いを意識しなければ、与える影響も変わらないかもしれませんが、その違いを意識したら、やはり天然の香りの方を心地よく感じてしまうものなのです。

花びらを入浴剤代わりにしたら、天然の香りによる高いリラックス効果を得られるでしょう。

費用がすごくかかる

ではそんな、花びらを入浴剤代わりにすることのデメリットはどこにあるでしょうか?

まずデメリットとしてあげられるのは、費用がすごくかかるということです。

花びらを入浴剤代わりにすると、すごく費用が掛かります。

それは当然です。

入浴剤というのは、作られたものになるので、安く作ろうと思えばそれもかないますが、花びらは天然のものになりますので、安く作ろうと思っても上手く出来ないことがあるのです。

ということは当然それだけ値段も高くなります。

入浴剤なら一回数十円で使えるものもありますが、花びらを入浴剤にする場合は、なるべく安い花びらを選んでも、数百円から、ひどい場合には1000円を超えていってしまうこともあるでしょう。

入浴座にそこまで値段をかけることが出来る人はあまりいないのではないでしょうか?

だからそれは大きなデメリットと言えます。

農薬の心配がある

また花びらには、農薬の心配もあります。

これがたとえば野菜であれば、食べて人の身体に入るものなので、農薬が使われていないものがほとんどだと言えるでしょう。

しかし、花びらの場合はそうではありません。

そもそも人の身体に触れる事を想定して作られてはいないので、農薬が使われていることも多いのです。

そうしないと虫が寄ってきてしまったりして、綺麗な花にならないこともありますから。

でも、そうして農薬が使われているものを入浴剤代わりにするのはどうでしょうか?

なんとなくそうしたら肌が荒れてしまうのではないかと心配になることもあるでしょう。

農薬が使われていないものを探す必要がある

そのデメリットを乗り越えるためには、農薬が使われていない花をさがさないとならないと言えます。

農薬が使われていない花を探すというのは、それはそれでいちいち手間がかかると言えるでしょう。

だから結果それがデメリットになってしまうのです。

入浴剤タイプの花風呂ならメリットだけ享受できる

ノルコーポレーション 入浴剤 シャリテローズ バスペタル 60g グロスローズ OB-DRP-1-1

ただそんな花びら風呂のデメリットをなくして、メリットだけ享受できるようにしてくれているものも最近では売っています。

それが、花びら風呂の入浴剤です。

花びらの形をした入浴剤で、それをお風呂に入れても花びらが消えてしまうわけではないので、本当に花びら風呂をしているような気分を味わうことが出来るのです。

もちろん本物の花びらではないので、花びらの天然の香りを楽しむことができるわけではなくなります。

それもデメリットと言えばデメリットになるのでしょうが、でも目の前にぷかぷか花びらが浮かんでいたら、その香りも天然の物として認識してしまうのではないでしょうか?

そうして天然の物として認識すれば、より高いリラックス効果を享受できるはずです。

農薬の心配もなく、費用の心配もない

当然それは作られた入浴剤になるわけですから、農薬の心配もありません。

そしてそれは、商品として売り出している入浴剤なのですから、売れないと意味がないでしょう。

売れないと意味がないということはあまり高い価格帯には設定できないということになります。

なので、ある程度やすい価格帯に設定されているものがほとんどです。

ということはつまり、高いという花びら風呂のデメリットが関係なくなるのです。

入浴剤の代用として花びら風呂を作るのももちろん良いですが、その代用として花びら風呂の入浴剤を使うこともおすすめです。

まとめ

花びらを入浴剤代わりにするということは、リラックス効果は高いけれどデメリットもある。

でも花びらの入浴剤であれば高いリラックス効果はそのままにデメリットは消せるわけですから、やはりおすすめはそれになります。

あこがれのフラワーバスを手ごろな値段かつより安全に楽しんで、しっかりとリラックスしていってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤