腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

敷き布団を上手に選ぶことで腰痛の状態にも変化が生じてくる

   

敷き布団にはさまざまな効果があります。

快適な睡眠を維持できることはもちろんですが、この快適な睡眠は直接健康へと繋がっていきます。

とくに腰痛を抱えている人は、敷き布団選びは慎重に行う必要があります。

今までの敷き布団の常識にとらわれるのではなく、多くの知識を身に付けて敷き布団を選んでいくことが重要なポイントになります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

敷き布団の正しい選び方

ベッドに設置する場合

敷き布団は安眠を行う上ではなくてはならない重要なアイテムです。

敷き布団が変わることで、体調が良くなることもあれば、反対に悪くなることもあります。

とくに自分に合っていない敷き布団を長期間使用することで、長期的に体の不調を蓄積させてしまうことになってしまいますので、合わないと感じた場合には、早めの対処を考えていく必要があります。

では、正しい敷き布団使い方とはどのような方法でしょうか。

まず、ベッドに設置して使用する場合には、敷き布団はなるべく硬めの素材を使用することが重要です。

ベッドにはもともと費用面の素材には柔らかい素材が使用されていることが一般的です。

そのため、敷き布団は硬めにセッティングされた物がマッチします。

柔らかいベッドに、さらに柔らかい敷き布団を敷くことで、沈み込み過ぎて腰に負担がかかり、腰痛を抱えている人には大きな問題になります。

高反発のタイプの敷き布団などを選ぶことが良いと言えます。

床にそのまま設置する場合

床にそのまま敷き布団を敷く場合には、少し弾力のある敷き布団を選ぶことが良いです。

床の状態にもよりますが、例えば畳などの場合には少し硬めになりますので、敷き布団はその反対の柔らかめのタイプを選ぶことがベストです。

硬めの敷布団にしてしまえば、腰だけではなく体全体に大きな負担を与えてしまいます。

体への負担が大きくなってしまえば、当然腰痛にも大きな影響を与えてしまいます。

体を守るためにも、腰への負担を軽くするためにも、床に直接敷き布団を設置する場合には、柔らかめのタイプを選びましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰痛対策として敷き布団を活用する場合

体圧分散は第一に考える

腰痛を抱えている人は、敷き布団を選ぶ場合にはさらに慎重になる必要があります。

腰痛を意識して敷き布団を選ぶ場合には、まずは体圧分散を考えましょう。

体圧分散とは、敷き布団に与えてしまう体重を一点に集中させるのではなく、広く分散させることを意味しています。

この体圧を分散させることで、腰痛の痛みを一点に集中させてしまうのではなく、広くさせることで大きく緩和されていきます。

てんで受け止めるよりも、面では受け止めた方が楽に感じることができるのはイメージできます。

高反発機能は腰痛には最適

また、高反発機能を備えている敷き布団は、腰痛持ちにはなくてはならない機能です。

高反発機能は、寝返りが打ちやすいという特徴があります。

この寝返りは腰痛を持っている人にはとても重要なことであり、正しい姿勢で眠り始めていても、寝返りでそのバランスが大きく崩れてしまうことがあります。

しかし、高反発な敷き布団の場合には寝返りを打っても体制が大きく変わらないため、寝返りを打った後でも楽な姿勢で眠ることができます。

短期間ではその良さは感じにくいかもしれませが、長期間使用することでその高反発の敷き布団の良さを感じることができます。

快適な敷き布団を維持するには

通気性の良い場所で保管

敷き布団はどうしても長期間使用し続けることで、表面のへたりが生じてきます。

これは、どのような高性能な敷き布団でも起こることであり、完全に防ぐことはできません。

見た目は変わらないまま使用し続けることができていると感じていても、内部はどうしても凹凸ができてしまいだんだんと寝心地に変化が生じてきています。

こうしたへたりを生み出さないようにするためには、まずは使用していないときには通気性の良い場所で保管を行うことが一番です。

敷き布団のへたりは体内から出る汗や夏場の湿気などによって起こる場合が多く、敷き布団に湿気が溜まってしまうことで表面の素材に癖が付いてしまいます。

弾力が確保できているときには時間をかけて戻っていきますが、その状態を繰り返してしまうと戻りが悪くなり、結果的に癖がついて凸凹したような上体になってしまいます。

できる限り敷き布団から湿気を追い出すように通気性の良い場所で保管をして、日々の湿気を追い出すようにしましょう。

また、必要であれば布団乾燥機などを使用して湿気を追い出すことも重要です。

敷き布団の埃などもこまめに除去する

また、敷き布団の埃などを頻繁に除去することも重要なポイントです。

使用し続けることで、どうしても表面には誇りなどが溜まってしまいます。

また、この埃は表面だけではなく、敷き布団の内部にまで入り込んでしまうこともあります。

こうした埃などは、湿気が溜まってしまう原因を生み出してしまうだけではなく、ダニなどの害虫を寄せ付けてしまう原因にもなります。

敷き布団に害虫が住み着いてしまえば、快適な睡眠が行えるような状況ではなくなることは想像できます。

睡眠に影響が出てしまうだけではなく、使用している人の健康状態にまで影響が及んでしまうこともあります。

腰痛などを抱えている人は、こうした寝苦しさはできるだけ排除した状況で睡眠を行うことも重要です。

こうした状況を防ぐには、吸引力の強い掃除機などを利用して埃を吸い取る方法が一番です。

敷き布団をベランダで叩く方法もありますが、これでは表面の埃などは除去できても、内部にまで入り込んだ埃などは取り除くことは難しくなります。

掃除機などを利用すれば、奥に入り込んだ埃などを吸い取ることができますので、上手に活用していきましょう。

おすすめの敷き布団2選

オリジナル四季布団

オリジナル四季布団は、エアウィーブと昭和西川の共同開発によって発売されている敷き布団です。

この敷き布団の特徴は、快適に睡眠が行えることを目指した素材を使用しており、とくに通気性については他の敷き布団よりもレベルの高い素材を使用しています。

また、腰痛にも優しい素材を使用していますので、安心して使用し続けることができます。

そして、このオリジナル四季布団は水洗いができることも大きなポイントです。

高価な敷き布団になりますが、レベルの高い敷き布団を探している人には最高におすすめです。

雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎプレミアムは、多くの人に知られている敷き布団です。

美容と健康をテーマにして開発されたこの敷き布団は、腰痛対策としても高い効果を発揮してくれます。

反発力が強く、寝返りを打っても安定した睡眠の姿勢を維持できますので慢性的な腰痛を抱えていても安心感を得ることができます。

防ダニや抗菌、そして防臭効果にも優れており、快適な睡眠を継続させることができます。

また、雲のやすらぎプレミアムはリバーシブルになっていますので、長く使用することもできようになっています。

健康のことを一番に考えて開発されていますので、腰痛を抱えている人にはとてもおすすめです。

まとめ

敷き布団によって、腰痛の状態も大きく変わってきます。

腰痛に良い素材を選ぶことももちろんですが、やはり一番は快適な睡眠を維持できるかどうかが重要となってきます。

高反発な素材を使用しているだけではなく、通気性の良い素材や抗菌効果のある素材など、多くの視点から敷き布団を選ぶことが重要です。

しっかりさまざまな能力を身に付けて選んでいきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団