腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

椅子の種類や正しい座り方で万年腰痛を解消しましょう

   

腰痛と聞くと、歳を取ると腰が痛くなるというイメージでしょうか?

ところが腰痛は、日本人の約9割が一度は感じたことがあるというくらい多いんです。

またその年齢層は若い人にも意外に多く最近では若い人でも腰痛やギックリ腰になる方も増えています。

そもそもなぜ腰痛は起きてしまうのか?

腰痛になりやすい人、腰痛と椅子との関係、正しい座り方について紹介します。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛になりやすい人

デスクワークなど長時間座る方

実は立っているよりも座る方が腰に負担がかかるのをご存知ですか?

その為デスクワークなど長時間座っている方は腰痛になりやすいといわれています。

また最初は何ともなくても、蓄積される事により後々痛みが出てしまう人も多いです。

重い荷物を持つ機会が多い人

肉体労働の中では重い荷物を持つ機会が多いと思います。

これも腰痛になりやすく、ギックリ腰やヘルニアにもなりやすいです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛と椅子の関係

今や若い人でも万年腰痛もちになる傾向

皆さんは椅子に座る時、どのように座っていますか?

実は腰痛と椅子には深い関係があります。

つまりきちんとした座り方をする事で腰痛を防ぐことができるのです。

椅子座るとつい足を組んでしまう方いませんか?

最近ほとんどの方が椅子に座ると無意識のうちに足を組む癖があります。

足を組むことで体重の負荷が偏ってしまいます。

これも腰痛の原因にもなります。

その為今や腰痛は高齢の方だけでなく若い人にも多いんです。

デスクワークの方は感じたことがある方が多いと思いますが椅子に長時間座るのは決して楽ではありません。

一見座って仕事ができるなんて良いと思われがちですがそれはあくまでも短時間の話で長時間座るのはとても疲れますし腰への負担も大きいんです。

さらに誤った座り方をしていると腰痛は良くなるどころかますますひどくなり万年腰痛となる可能性があります。

正しい椅子の座り方とは?

椅子の高さもポイント

では正しい椅子の座り方とはどのような座り方でしょうか。

まず椅子の座面に深く座ることがポイントです。

無意識のうちに座面の半分ほどに座っていませんか?

自己チェックしてみてください。

座面深くに座り膝と足は90度が理想です。

その為低すぎても高すぎてもダメなのです。

大体の方は浅く座り背もたれにもたれかかっていませんか?

つまりお尻と背中に空間ができてしまう方が多いですが、これが実はNGなんです。

きちんとお尻を座面深く座ることで腰への負担が軽減でき腰痛予防になる上に疲れにくい座り方でもあります。

最初は慣れないかもしれませんが、ぜひ試してみてください。

失敗しない椅子選び

見るだけでなく座ってから選ぶ

会社などでは、自分で椅子を選ぶことはできませんので高さを調整して座ってください。

では、自宅で使う椅子を購入したい場合は何をポイントにすれば良いでしょうか?

まずは、座面の広さです。

座面深く座った時に安定している椅子、これが大前提となります。

例えば飲食店のカウンター席のような座面の小さな椅子、これは腰痛の方には向いていません。

座面が小さく安定がしにくい上に高さがある為足で支えることも難しいのです。

では、なぜ飲食店ではそのような椅子を使っているのか?

疑問になりますよね。

さまざま諸説ありますが座面が小さく決して座り心地のよくない椅子を使う事で、お客様も長居することが少ない為回転率を上げるという説があります。

まずは座面の広さをみて、自分の太ももがしっかり乗せられる範囲のものを選んでください。

次のポイントは高さです。

先ほど紹介したように足と膝が90度になるくらいの高さの椅子を探す、もしくは高さ調整のできる椅子を選んでください。

椅子ではなくソファの場合

自宅で購入する椅子はソファなどもありますよね?

ソファを購入するときは、適度に硬さや弾力のあるソファを選んでください。

ふかふかで座るとお尻が埋もれるくらいのソファは一見座り心地が良く思えますが長時間座るには向いていません。

またお尻が深く埋もれる為腰痛の方にはあまり向いていません。

程よく硬さのあるソファがおすすめです。

腰痛の方におすすめのサポートグッズ

MOGUモグバックサポーターエイト

この商品は、クッションのようなもので椅子に乗せるだけで腰の負担を軽減してくれます。

ポイントは商品名にもなっている形が数字8になっていること。

人間の脊椎は緩やかなS字になっています。

その為この8の時のクッションを使うことで上の丸で、背中をサポートし真ん中は軽く突き出すように下の大きな丸で腰をサポートしてくれる優れものなんです。

ビーズクッションなのでビーズを微調整することで椅子の大きさによって調整も可能です。

幅が約35センチ、高さ約45センチなのでオフィスだけでなく運転する際のシートでも使えます。

これなら長距離運転する時に重宝しそうですね。

またカラーも6色あるのは珍しいんです。

ぜひ好きな色を選んでください。

私は、この大きな丸の部分に頭を乗せてよく寝たりしますが気持ちいいです。

価格は約3000円前後とお手頃なのでオフィスワークや長距離運転する方におすすめです。

ニトリのサポートグッズ

ニトリでは、同じように椅子に当てるだけでサポートしてくれるクッションが数種類販売されています。

価格も1000円前後と安いので、初めて使う方なんかにおすすめです。

また価格も安いので職場や自宅と使い分けるのもいいかもしれません。

ただ、背中に当てるクッションなら問題ありませんが座面に敷くタイプのクッションを使う際はクッションの分だけ高さが出る為机との高さが合わなくなる場合があるので注意してください。

あまり厚みのある敷くタイプは、高さを測ってから購入すると失敗しません。

腰が痛くならないのはダイニング?ローテーブル?

椅子はとても大事

では、自宅ではダイニングテーブルやローテーブル、こたつなどさまざまありますがどの種類が良いのでしょうか?

腰への負担が1番少ないのはダイニングテーブルです。

ローテーブルとなると立つ時に腰に負担がかかってしまうこと、椅子を使わない為姿勢も悪くなり腰痛の原因となってしまいます。

もちろん、座椅子を使うことで軽減できるところもありますが、よく腰痛になる方はダイニングテーブルがおすすめです。

テーブルの種類や椅子の感想

意識するだけで違います

元々腰痛持ちではなかったのですが、長時間のデスクワークからよく腰が痛くなるようになりました。

腰を伸ばしたりマッサージして少し楽になっても翌日にはまた長時間デスクワークな為なかなか改善されず悩んでいました。

そこで、まず今までローテーブルを食卓用としていたのをダイニングテーブルは変えました。

やはりそれだけで姿勢が変わります。

逆にローテーブルの方がきつく感じるようになりました。

そして、座り方を意識しました。

以前は座面の半分ほどしか触らずほとんどの時間足を組むことが多かったのですが足を組むのをやめ、深く座りお尻と背中に隙間を作らないという意識をしてからかなり楽になりました。

また、長時間パソコンに向かうとすごく疲れるのですが座り方を変えてから疲れにくくなったのでぜひ試してみてください。

まとめ

腰痛と椅子は、深い関係があります。

椅子と座り方を変えるだけで腰痛も楽になれるんです。

いつも腰が痛くて辛い方にはぜひ試してほしいです。

またサポートクッションはオフィスワークの方だけでなく長距離運転などされる方にもおすすめです。

まくらとしても使えるのでトラックの運転手の方も使えます。

もちろん自宅でも使えるので贈り物としてもおすすめです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子