腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

歩き出すと膝痛に?その原因や対策について詳しく紹介!

      2017/09/08

座っている時は膝が痛まないのに、歩き出したら膝が痛くなるような症状に悩んでいませんか?

このようなケースは休んでいれば膝の痛みが治まるので、そのまま病院へ行かないで、膝痛の原因を把握しない方がいます。

しかし早めに、膝痛の原因を把握して対策を講じなければ症状が悪化する場合があるのです。

そこで歩き出したら膝が痛む原因や対策について紹介するので、膝痛に悩んでいる方は確認してみて下さい。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

歩く時に膝が痛くなる原因

座っている時は膝痛に悩まないのに、歩き出したら膝痛の症状が現れる原因を知るためには、膝にかかる負担について知る必要があります。

そこで膝にかかる負担や原因について、紹介するので見ていきましょう。

膝にかかる負荷

私たち人間は二足歩行の生き物なので、多くの方が想像している以上に、歩く時に膝関節に負荷をかけています。

さらに歩く時のスピードによって、膝にかかる負担が変わるので、早く歩けば膝を酷使するようになります。

そのためスポーツや運動をしている方は、膝を酷使して、膝痛になるケースが多いのです。

そのため膝痛に悩むようになったら、歩く時のスピードに気を付けて、膝痛の対策を考えたほうが良いでしょう。

ただし膝痛になっても、適度な運動をしなければ足の筋肉が衰えて、膝の負担が増えてしまいます。

そのため膝を酷使する事は抑えなくてはいけませんが、適度な運動が必要になるので注意して下さい。

軟骨が減少

歩く時に膝痛に悩むケースの一つとして、軟骨がすり減った事が原因になっている場合があります。

実際に私たちの膝は関節がいくつかありますが、その関節は靭帯(じんたい)で繋がっていて、軟骨は関節同士がぶつからないようにクッションの役割を果たしているのです。

しかし加齢によって、この軟骨はすり減っていくので、関節がぶつかり合うようになって膝痛に悩まされるようになります。

そのため年齢を重ねてから膝痛に悩むようになった場合には、軟骨がすり減った事が膝痛に原因になっている可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

肥満体系による負荷

歩き出したら膝にかかる負担が大きいので、その負担を軽減させる事が、膝痛の対策として重要です。

実際に肥満体型の方は膝にかかる負担が大きいので、その理由や対策について紹介します。

負担が増大

肥満体型の方とスリムな体型の方では、肥満体型の方が歩くほうが膝にかかる負担が大きくなります。

そのため若い方が膝痛に悩むようになった場合には、体重が増えていないか確認したほうが良いでしょう。

実際に、歩く時は膝にかかる負担は、体重の2〜3倍はかかってしまうのです。

つまり体重が1kg増えてしまったら、膝にかかる負担は3kgも増えてしまいます。

そのため体重が4〜5kg増えたぐらいでは、膝にかかる負担を軽視している方もいるかもしれませんが、その負担の増え方は軽くはないので注意したほうが良いでしょう。

ダイエットが重要

肥満体型による膝痛に対策は極めて簡単で、その方法は体重を軽くする事です。

そのためダイエットをすれば良いので、方法は簡単ですが、継続する事は難しく感じてしまうでしょう。

実際に多くの方たちはダイエットをするためには、食事量を減らさなくてはいけないと考えるかもしれませんが、筋肉をつけるだけで痩せやすい身体になります。

なぜなら何もしなくても、筋肉はカロリーを消費してくれるので、食事制限をする事が難しい方は筋力トレーニングがおすすめです。

カロリー計算

筋力トレーニングで消費カロリーを増やせば、痩せやすい身体になりますが、それ以上にカロリーを摂取するような食生活を送っていたらダイエットする事は難しいです。

そのため、食事量を減らす必要はありませんが、食事量を以前と同じままにして筋力をつけていけば痩せていく事は可能です。

もしも効率的にダイエットしたい場合には、食事量を変えないで、カロリーの少ない食材に変更する方法が有効になります。

例えば洋菓子はカロリーが高い事で有名ですが、和菓子は低カロリーになっているので、洋菓子から和菓子に変えるだけでカロリーを減少させる事ができます。

そのため1日も早くダイエットしたい場合には、食生活に気を付けながら筋力トレーニングしたほうが良いでしょう。

ただし膝に負担をかけるような筋力トレーニングをしたら膝痛が悪化する場合があるので、気を付けて下さい。

靭帯を痛めた場合

膝痛の原因は肥満体型の他にも、靭帯を痛めた場合もあります。

そこで靭帯を痛めた原因や対策について紹介するので、膝痛に悩んでいる方は確認してみて下さい。

靭帯を痛める原因

靭帯を痛めてしまうケースとして考えられるのが、膝に大きな力を加えた場合です。

例えばスポーツをしている時に、膝に大きな負担をかけた時に靭帯を損傷して膝痛に悩んでしまうケースは多くあります。

そのため膝痛に悩んだ場合には、肥満や加齢だけではなく、スポーツや運動などで膝を強打した事が関係している場合があります。

治療が急務

靭帯を痛めてしまった場合には、1日も早く治療する事が重要になります。

なぜなら靭帯損傷は、自然で治る可能性は極めて低いからです。

そのため靭帯を痛めてしまった方たちの中には、2ヶ月経過しても、膝痛に悩む方がいるほどです。

もしも、このような状態を放っておけば膝痛が悪化する可能性は高いので、1日も早く病院へ通院して治療したほうが良いでしょう。

膝の関節が変形した場合

膝痛に悩むケースとして、膝の関節が変形した場合もあります。

そこで膝の関節が変形する症状を説明しながら、予防法や治療方法を紹介するので確認してみて下さい。

変形性膝関節症

膝の関節が変形する事を『変形性膝関節症』と言われていて、このような症状が現れてしまう原因は、これまで説明してきた加齢や肥満などが関係しています。

そのため膝の関節が変形する原因は、膝に負担をかけていく事が関係しています。

そのため変形性膝関節症を予防するためには、膝にかかる負担を軽減する事が重要です。

数多くある予防法

膝にかかる負担を軽減して、変形性膝関節症を予防する方法は数多くあります。

その数多くある方法の中でも、しゃがみこむ機会を減らす方法がおすすめです。

特に高齢の方は、和式トイレを使用している方は多いかもしれませんが、加齢によって軟骨がすり減っている状態で和式トイレでしゃがんでしまう行為は膝に大きな負担をかけてしまいます。

そのため可能であれば、和式トイレから洋式トイレへリフォームしたほうが良いでしょう。

その他にも正座を避けたり、筋肉をつけて膝の負担を軽減したりする方法も有効なので、膝痛に悩んでいる方は試してみて下さい。

治療方法

膝の関節が変形した場合には、病院で治療する方法があります。

それはヒアルロン酸を注射してもらって、関節軟骨を保護する治療法です。

実際に変形性膝関節症は、ヒアルロン酸が減少しているので、そのヒアルロン酸を注射するのは有効な治療法です。

そしてヒアルロン酸を注射したら、関節の動きがなめらかになるので、膝痛の痛みや炎症を抑える事ができます。

そのため膝の関節が変形した事によって、膝痛の症状が辛い場合には病院でヒアルロン酸を注射してもらったほうが良いでしょう。

まとめ

歩き出したら膝が痛みだす原因や対策について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

歩いている時は、膝に大きな負担をかけてしまうので、軟骨は減りやすいので、対策を講じなければ膝痛が悪化しやすくなります。

そのためダイエットをしたり、しゃがみこむ機会を減らしたりしたほうが良いです。

そのため膝痛に悩んでいる方は「加齢なので仕方がない」と諦める必要がないのです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ