腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

湿気によるマットレスの臭いを防ぐには?普段からやっておきたい対策5選

   

1秒で簡単布団干し!アシスト機能付き「みやび格子」すのこベッド エアライズ シングル

マットレスに多量の湿気が蓄積されると、だんだん嫌な臭いがしてきます。

そうなると、気になって快適に眠ることができません。

特に、フローリングの床に直接敷いているときは結露が多く、臭いがするほど湿ってしまうことがよくあるため、しっかり対策をする必要があります。

では、マットレスを湿らせないための方法について、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

干して湿気をとばす

マットレスの湿気を減らして臭いを防ぐのであれば、干すことを疎かにしてはいけません。

湿気がたまりやすいフローリングに敷くときはもちろん、ベッドで使うときも、干すことは重要な湿気対策になります。

しばらく空気に晒しておけば、しっかりと乾燥させることができるので、敷きっぱなしにしたりせず、ときどき干すようにしてください。

天日干しの注意点

マットレスを日光に当てて干すときは、その時間帯に注意してください。

あまり日が当たらない時間に干しておいても、よい効果を得ることはできません。

天日干しを行うなら、午前10時~午後3時の間がおすすめです。

その時間帯だと、太陽が高く昇り、たっぷりと日光が降り注ぐので、マットレスの乾燥には最適な環境になるのです。

これ以外の時間帯でも、まったく干さないよりはましですが、乾燥させる効果は少し弱くなります。

きっちり湿気をとばして臭いを防ぐなら、なるべく乾燥しやすい干し方をしていきましょう。

ただし、やりすぎは禁物です。

日光に長く当てすぎると、マットレスを傷めてしまうおそれがあるので、延々と干しておくのではなく、片面30分~1時間くらいにとどめておいてください。

日光に弱いものは陰干しで

マットレスを干して乾燥させるときは、日光に当てても問題がないか、必ず確認することをおすすめします。

なぜなら、マットレスの中には、日光を当てたことで劣化してしまうものもあるからです。

湿気をとばせば嫌な臭いは発生しませんが、その代償として劣化が早くなるのであれば、簡単に干すわけにはいきません。

もし日光がNGなマットレスだった場合は、日光に当てる天日干しではなく、日陰に置いておく陰干しがおすすめです。

日が当たらない場所は、何かを乾かすには向いていないようなイメージもありますが、実際にはそんなことはありません。

風通しがよいことをしっかり確認しておけば、日光がなくても、十分に湿気をとばすことができるのです。

したがって、窓を開けて空気の流れを作っておけば、少し薄暗い部屋の中でも、マットレスを干すことは可能になります。

日光がNGだったときだけでなく、重くて簡単には運べないようなときも最適な方法なので、ぜひ試してみてください。

強く叩かない

天日干しでも陰干しでも、マットレスを干すときは、布団叩きでバシバシと叩きたくなってしまいますが、あまり強くやりすぎるのはよくありません。

優しく叩いて少しホコリを落とすくらいなら構いませんが、大きな音が響くほど強く叩き続けると、凹みの原因になってしまうのです。

乾燥させて臭いを防いでいても、凹んだマットレスを使うべきではありません。

凹んだマットレスに寝ていると、腰に負担をかけてしまうため、腰痛のリスクが高まります。

体を痛めて辛い思いをしないためにも、マットレスは叩きすぎないようにしてください。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

除湿シートを使う

除湿シートは、マットレスの下に敷いておくことで、どんどん湿気を吸い取ってくれる優れものです。

そのため、湿気の蓄積による嫌な臭いを防ぐには、とても役立つアイテムになります。

特に、フローリングの床に敷いているときは、積極的に使うべきです。

フローリングの床に直接マットレスを敷いた場合、体温で温まったマットレスと冷えた床の温度差により、結露が多く発生します。

そうなると、マットレスの裏側がびっしょり濡れてしまうこともあり、臭いを防ぐことが難しくなってきます。

しかし、除湿シートを挟むようにすれば、その湿気をかなり軽減することができるのです。

敷きっぱなしにしない

除湿シートは便利なアイテムですが、いつまでも敷いたまま放置しておくのは、よくない使い方になります。

なぜなら、湿気を吸いすぎて満杯になったシートは、それ以上機能しなくなってしまうからです。

湿気を吸い取りたくても、すでに容量が一杯になっていたのでは、どうすることもできません。

その状態のシートを長々と挟んでいても、湿気の対策にはならないのです。

失敗を避けるためには、除湿シートを敷きっぱなしにせず、ときどき交換するようにしてください。

満杯になった除湿シートは、乾かせばまた使えるようになります。

多くの除湿シートは、色の変化で吸収した水分の量がわかるようになっているので、チェックを忘れないようにしましょう。

すのこを使う

臭いを抑えるためにマットレスの湿気を軽減するなら、床に直接マットレスを敷くのではなく、すのこの上に敷く方法もおすすめです。

マットレスに湿気がたまりすぎる原因は、裏面の通気性の悪さもあります。

床とピッタリ密着していると、空気がまったく通らないため、湿気を逃がすことができないのです。

ずっとジメジメした状態では、嫌な臭いが漂ってくるまで、それほど時間はかかりません。

このデメリットを防ぐためには、すのこを使い、強制的に隙間をつくってしまいましょう。

床にすのこを置き、その上にマットレスを乗せれば、床と密着することはありません。

この方法なら、板と板の隙間から、湿気を逃がすことができるのです。

なるべく空気に触れやすい状態で使い、普段から湿気の蓄積を減らしていきましょう。

部屋を換気する

マットレスに湿気をためないためには、部屋の中の湿度にも気を配る必要があります。

干して乾燥させ、すのこや除湿シートを使っていたとしても、敷いている部屋の中が常にジメジメしていたのでは、湿気がたまりやすくなってしまいます。

確実に臭いを防ぐためには、部屋の換気をしっかり行い、湿度の低い環境をつくるようにしましょう。

カラッとした部屋に敷き、他の対策も組み合わせるようにすれば、湿気はかなり減らすことができます。

速乾性の高いシーツを使う

湿気による臭いの対策を行うなら、マットレスを覆うシーツにも注意してください。

マットレスが湿って臭いがするときは、寝ているときの汗が原因になっている可能性もあります。

シーツに染み込んだ汗が、そのままマットレスに吸い込まれて蓄積され、だんだん嫌な臭いを放つようになってしまうのです。

寝ているときの汗は、一見すると少なそうですが、コップ1杯くらい出ていることもあるので、油断してはいけません。

汗による湿気のデメリットを防ぐには、なるべく速乾性の高いシーツを使うようにしましょう。

優れた速乾性をもつシーツは、染み込んだ水分が乾くまでのスピードが速くなります。

つまり、汗がマットレスに染み込む前に、大部分が蒸発してしまうわけです。

それなら、ひどく蓄積するようなことはありません。

さらに、すのこや除湿シートの対策も併せて行うようにすると、湿気はかなり減らすことができます。

不快な臭いを防いでぐっすり眠るためにも、シーツの速乾性はぜひチェックしておいてください。

まとめ

湿ったマットレスから嫌な臭いがしてくると、気持ちよく眠ることができません。

ひどいときには、睡眠不足になる可能性もあります。

そのために健康を崩すようなことになっては大変なので、ここで紹介した対策は、しっかり行うようにしてください。

常に湿気が少ない状態を維持しておけば、臭いを防ぎ、毎日熟睡することができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団