腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

産前産後用骨盤ベルトは効果なし?正しい付け方と選び方とは?

   

犬印本舗 ながーく使えるマタニティベルト L ブラック ナイロンその他 HB8149

妊娠中は腰痛などのトラブル解消に使われ、産後は体系の戻りを良くするなどで使用されることが多いのが産前産後用の骨盤ベルトですよね。

そんな骨盤ベルトは身に着けても正しい位置での装着や付け方をしなければ、せっかくの効果が発揮されない場合もあります。

そこで骨盤ベルトの正しい装着方法と、選び方についてご紹介します。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

産前骨盤ベルトの必要性とは

妊娠中起こりやすいトラブル「腰痛」

妊娠中は妊娠前とは異なり様々なマイナートラブルに見舞われやすいものです。

頭痛や立ちくらみ、貧血などの他に多くの妊婦さんが感じているのが腰痛です。

腰痛で悩みを抱える妊婦さんは全体の半数以上とも言われており、妊娠週数が進むについてさらに増加するとされています。

お腹が大きくなるとただでさえ動きにくくなり、生活のしにくさを感じるもの。

中には歩くことさえままならない妊婦さんもいる程です。

辛い腰痛を抱えると毎日の動きが制限されて気持ちも沈んでしまい、マタニティ―ブルーの原因にもなってしまいます。

どうして腰痛が起きるの?

妊娠すると赤ちゃんが生まれる時に産道を通れるように、骨盤や周囲の靭帯や筋肉が緩みます。

骨盤は上半身と下半身を支えているのですが、骨盤や周囲の器官が緩むことによってうまく支えることできなくなり、結果的に骨盤に大きな負担がかかってしまいます。

この骨盤や周囲の器官を緩める為に分泌されるのがリラキシンというホルモンで、妊娠3か月頃から6ヶ月事をピークに分泌されるため妊娠初期から腰痛を感じる人もいるのです。

また妊娠後期になってくると赤ちゃんもどんどん大きくなり、お腹が前にせり出したような体系になります。

普通に考えてお腹がただ大きくなると前に重心がかかって前のめってしまいますが、そうならないよう背骨や腰の筋肉が頑張って支えている為いつも以上に腰に負担がかかってしますのです。

妊娠中の腰痛は出産向けてのホルモン分泌や、体系の変化によって起きるのですね。

妊娠中の骨盤ベルトの効果とは?

妊娠中は骨盤ベルトを使用すると、ホルモンによって開いている骨盤をある程度絞めることによって腰痛改善につなげる事が出来ます。

また大きくなったお腹を骨盤ベルトが支える役割を果たす為、妊娠後期にお腹が大きくなることによって起こる腰痛のケアにもなるのです。

妊娠中の骨盤ベルトは初期から出産までを通して、妊婦さんの腰痛解消には効果的と言えますね。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

産後骨盤ベルトの必要性は?

産後は骨盤が開ききっている

妊娠期間の十月十日の間、骨盤は赤ちゃんが育つ子宮を守っています。

子宮は通常でれば鶏卵位の大きさなのですが、臨月になると大きい人で40センチにも大きくなります。

しかも赤ちゃんの頭の周囲は33㎝前後にもなっており、そんな子宮を支える骨盤は以前よりもかなり大きくなっている事が分かります。

産後赤ちゃんが出た後の骨盤はすぐに戻らず、産後すぐのママの骨盤はグラグラになって開ききっているのです。

そのままでは骨盤はうまく戻りにくい?

グラグラに開ききった骨盤は産褥期間とも言われる生後6~8週かけて元に戻るとされています。

妊娠中に自然と運動不足になり本来骨盤を支えるのに必要な筋肉が不足して、骨盤が歪んでしまう事もあります。

また産後は24時間赤ちゃんに付きっ切りの生活が続き、疲れていてもママはしっかりと休めません。

抱っこしながら一日過ごしたり、授乳で無理な姿勢が続いたりなどなかなか骨盤がきれいに戻りにくい生活が続きがちです。

だから産後も骨盤ベルトは必要

骨盤が産前の様にうまく戻らず歪んでしまうと、血液の流れや代謝のダウンへと繋がってしまいます。

体の巡りの滞りは、むくみや疲れ肌荒れ、太りやすいなどの他にも月経不順などのホルモン異常につながる場合があります。

そこで骨盤ベルトを使用する事によって、骨盤を正しい位置に直してあげる必要があるのです、産後用骨盤ベルトは骨盤が開ききった産後すぐから、産褥期が終わるまでを目安に使用しましょう。

産後直前は腰がガタガタして歩けないというママも、骨盤ベルトによってスタスタ歩けるようになったという方もいるので、妊娠中から用意しておきたいものですね。

あなたは知っている?正しい骨盤ベルトの付け方

産前産後にママの体を守るのに効果的な骨盤ベルトですが、正しい付け方をしなければせっかくの効果が発揮されません。

そこで正しい骨盤ベルトの装着方法をご紹介します。

装着位置に気を付けて

骨盤ベルトは恥骨と大転子をしっかりと支えるように巻くことがポイントです。

恥骨はへそからたどって下にある硬い骨です。

大転子は恥骨から腰にかけて平行に移動し太ももの付け根部分で、足を動かすと一緒に丸い骨が動くところです。

この恥骨と大転子を結ぶようにベルトを巻きましょう。

付け方は?

ひざを曲げて床に座りわっか状にしたベルトを足首に通し、ひざを曲げたままそのまま寝ころびます。

腰を浮かせて足首に置いているベルトをそのまま恥骨と大転子のラインに持っていきます。

腰を浮かせた状態を骨盤高位という姿勢で、骨盤ベルトを付ける時のポイントになります。

体勢が辛い時はクッションを腰にあてると良いでしょう。

そのままベルトをきゅっと絞めてとめます。

締め付け具合は?

ベルトの締め具合は腰を浮かせた状態で、手のひら1つくらい入るスペースにしましょう。

緩すぎると効果がありませんし、かといってきつく締めすぎると血行を阻害してしまうので手のひら1つ分をしっかりと意識しましょう。

産前産後用骨盤ベルトの気になるアレコレ

寝る時も付けた方がいい?

就寝時も腰痛ケアに骨盤ベルトを付けるべきか悩むママさんもいますが、就寝時に横になっている時に骨盤への負担は軽くなるので基本的に必要ないとされています。

ただ付けていた方がラクという方はもちろん付けていて構いませんので、きつくならないようベルトの締め付けはしっかりと調節しましょう。

切迫流産対策になるの?

産前用の骨盤ベルトは骨盤を絞める事から、赤ちゃんが下りやすい状態をある程度軽減できるとさえています。

産院によっては骨盤ベルト着用を進めるところがあるので、心配な方は主治医や助産師に相談すると良いでしょう。

産前産後用骨盤ベルトはどんなものがあるの?

産前産後用のベルトと言っても色々な種類のものがあります。

素材別に考えると通気性が良いメッシュ素材のものやしっかりとホールド力がある硬めの素材のもの、使用感の良い柔らかめの素材があるので、自分の好みや用途に合わせて揃えると良いでしょう。

またベルトタイプ以外にも、ガードルタイプのものなどもあります。

産前に特化したもの、産後用のもの、産前産後両方に使用できるものもあるので色々チェックしたいものですね。

先輩ママに人気のおすすめ産前産後用骨盤ベルトは?

トコちゃんベルト2

産前 産後 トコちゃんベルトII 紺 Mサイズ

骨盤ベルトと言えばコレと言われる位人気なのがトコちゃんベルトです。

産院でおすすめしているところがあるくらい安定の商品と言えます。

ワコール産前・産後骨盤ベルト

ワコール Wacoal 産前・産後兼用 骨盤サポートベルト マタニティ LL BL MGY620 妊娠中から出産後まで 入院準備にも

ベルトが2重になっている為、ずれにくく付けやすいのが特徴です。

日本助産師会との共同開発の為、信頼できる商品と言えます。

犬印なが~く使えるマタニティベルト

犬印本舗 ながーく使えるマタニティベルト L ブラック ナイロンその他 HB8149

マタニティ商品大手の犬印からも骨盤ベルトが発売されています。

お尻をすっぽり包むクロス構造でずれにくく、安定感のある付けごこちの商品です。

妊娠初期から産後までずっと使えるのでコスパ抜群の商品と言えますね。

まとめ

妊娠中のマイナートラブルの解消や産後の体型戻しにも骨盤ベルトは有効でありますが、しっかりと効果を発揮させるためには正しい位置での装着や絞め方が重要なのですね。

今まさに骨盤ベルトを使用しているママさんや、これから購入を検討している方はぜひ参考にして楽しいマタニティライフや赤ちゃんとの生活を過ごしてくださいね。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 産前産後の骨盤ベルト