腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキング

      2017/04/18

座り方や座る椅子によっては腰痛を悪化させたり改善させたりします。

「腰痛対策」や「姿勢矯正」などを謳う椅子がたくさん出ていますが、結局どれがいいのか迷うこともあります。

そこで今回は、私がおすすめする腰痛によい椅子・座椅子をランキング形式でご紹介します。

スポンサーリンク

第1位 「背筋がGUUUN美姿勢座椅子RICH」

背筋がGUUUN美姿勢座椅子RICH
公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

家でリラックスしている時に座椅子を使用する人も多いでしょうが、座椅子に座っているとどうしても骨盤が前滑りの形になってしまい、腰椎や背骨に負担がかかってしまいます。

結果、腰痛を感じることになるわけですが、この製品は自然に背骨のS字カーブをキープさせ、普通に座っているだけで骨盤を垂直に整えてくれるのです。

何故ならこの座面には、骨盤を前にずれにくくするための骨盤ポケットがあり、すっぽりと骨盤を包み込んでくれる仕様になっているからです。

くわえてクッションのお尻の部分はメッシュなので通気性も良く、程々の柔らかさで沈み込み過ぎないので疲れにくいのもポイントです。

床に直接座る時間の長い方には、姿勢を正すことが自然に出来る座椅子として、また腰痛予防としてもおすすめの品です。

背の部分は14段階にリクライニングしますので、床に寝転がっての大きなストレッチも可能です。

座り疲れた時には、このリクライニング機能が背中ほぐしの役に立ってくれますので、ダブルの効果が期待できます。

抱っこするように抱えて座るだけで正しい姿勢を保ってリラックスすることができます。

また、ストレッチをして、凝り固まった筋肉をほぐしたり、ゆがんだ背中をほぐしたりすることもできます。

さらに、普通に座るだけでも長時間正しい姿勢を保つことができます。

2つの14段階リクライニングがあるのも、大きな特色です。

背もたれの14段階と背中クッションの14段階です。

色もピンク、ブラウン、グリーン、モフモフピンク、モフモフベージュの5種類から選べます。

もちろん普通の座椅子のように座ることや、背もたれを倒して寝転び、肩甲骨を開くようにストレッチをすることもできます。

リクライニングが14段階、背中クッションが90度曲がるので、自分にぴったりのポジションに合わせられ、長時間座り続けたままでも快適に過ごせます。

メッシュ素材なので汚れても簡単にお手入れできます。

通気性も良く、通年使うことができます。

詳細はこちらから

スポンサーリンク

第2位 「背筋がGUUUN美姿勢座椅子 クラシック」

背筋がGUUUN美姿勢座椅子 クラシック
公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

毎日の育児や家事、仕事などが原因で腰痛に悩む女性も多いと思います。

そんな女性におすすめの商品をご紹介します。

この商品は、一見普通の座椅子に見えますが、身体のゆがみを取り腰痛を改善する効果があります。

座った際に骨盤をしっかり支えて正しい姿勢をキープすることによって、腰痛が起きにくいように作られています。

また、座椅子以外にも色々な使い方ができ、読書をする時などに座椅子の背もたれを抱っこするように座ったり、リラックスしたい時には少し座椅子を倒した状態で身体を預けると気持ちが良いです。

座椅子を全部倒してその上に寝転がれば、腰や背筋のストレッチにも使用出来ます。

デザインもおしゃれな花柄で、落ち着いた部屋にも合うので女性にぴったりです。

もちろん、男性の方でも使用することが出来ます。

腰痛に悩む女性には是非おすすめの商品です。

詳細はこちらから

第3位 「無段階リクライニング座椅子 腰痛解消ローソファー」

無段階リクライニング座椅子 腰痛解消ローソファー ランバーサポート座いす (ブラック&ブルー)

無段階リクライニング座椅子 腰痛解消ローソファー
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー2件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

この商品は、腰痛を和らげるために、背中から腰にかけてピッタリフィットするように作られているので、長時間座っても疲れにくいようになっています。

ガス圧式のレバーを採用していて、無段階でリクライニングできるのが特徴です。

背中から腰までをきっちりと合わせているこの構造で、腰への負担を減らすことができます。

また、頭も気分よくできるようにヘッドレストもしっかりとしています。

素材は通気性の良いメッシュ素材を使用しているので、冬はもちろん夏にも快適に使用することが出来ます。

また、カラーも6色あるので、お部屋の雰囲気に合う色をチョイスすることが出来ます。

腰痛に悩む方にはもちろん、そうでない方にも是非おすすめしたい商品です。

詳細はこちらから

第4位 「匠の腰楽座椅子Comfort Seat」

匠の腰楽座椅子Comfort Seat
公式サイトで詳細を見る
詳細はこちらから

三人の匠により、体にフィットする立体形状を実現しました。

体への負担を軽減して、包み込むような安らぎを与えます。

重量9300gで持ち運びも楽に出来ます。

最高の贈り物になること間違いなしです。

先日、母の誕生日にプレゼントしたところ、座り心地もよく、立ち上がる時の膝に負担がなく、すんなり立てたと喜んでくれました。

今まで、長時間座るのが辛くて、横になることが多かった母が、みんなと居間で笑っていれたり、家に友達を招いて編み物をしたりと活動的になりました。

今思えば、この製品のおかげです。

母以外にも、腰痛や膝の痛みに悩む方におすすめしたい座椅子です。

明るい笑顔で長生きしてもらいたい。

そんな想いが詰まった素晴らしい座椅子です。

詳細はこちらから

第5位 「アーユル チェアー」

アーユル チェアー
公式サイトで詳細を見る
詳細はこちらから

本製品は日本人の体に合わせて開発された、姿勢矯正に特化した椅子です。

猫背など姿勢の悪さに悩んでいる方はもちろん、腰痛で困っている方にもおすすめです。

通常の椅子より小さな座面にまたぐように座るので、坐骨で座ることになり、骨盤が立った状態の正しい姿勢で座ることができます。

立った骨盤は腰あての部分で支えられるので、無理なく楽な姿勢を維持し続けられます。

座っている時は、立っている時の実は2倍も骨盤に負担がかかります。

しかし、本製品を使い骨盤が立っている状態になると腰への負担も最小限に抑えられるのです。

本製品はお子様でも無理をせず楽に正しく座ることができるので、自然と正しい姿勢が身に付き、学習時の集中力もアップします。

詳細はこちらから

第6位 「ハーマンミラー アーロンチェア クラシック」

ハーマンミラー アーロンチェア クラシック
公式サイトで詳細を見る
詳細はこちらから

オフィスでデスクワークが多い仕事や自営業でデスクワークが多い人など、椅子に座って仕事をする時間が長い人は、どうしても姿勢が固まりがちで腰痛持ちの方も多いのでなないでしょうか。

そんな方におすすめなのがこのアーロンチェアです。

人間工学に基づいて設計され、長時間座ったままでもお尻が痛くないだけでなく、腰痛を予防するよう腰椎サポートに優れた形に設計され、姿勢が変化に合わせて体重の分散をバランスよくしてくれるので、座り心地も抜群です。

クッションの無い座背面は長時間座っていても蒸れる事が無く、実験を繰り返して耐久性にも優れた素材となってます。

製品保証も12年と断トツに長いのも、製品に対する自信の表れと言えますね。

世界で数々の賞を受賞しており、20年以上人々に愛され続けている優れた椅子と言えます。

メッシュシートがストライプのハーマンミラー アーロンチェア クラシックは、高級感がありデザイン性と機能性を兼ね備えた製品です。

詳細はこちらから

第7位 「バックジョイプラス ポスチャークッション」

腰への負担を減らすバックジョイプラス ポスチャークッション 黒/Black 【並行輸入品】 Backjoy Posture Plus

バックジョイプラス ポスチャークッション
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー204件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

デスクワークが多い人にとって椅子は、仕事の効率や健康面を考えても重要なポイントとなりますが、会社では必ずしも使い心地の良い椅子であるとは限りませんよね。

腰痛などで会社の椅子に不満をお持ちの方におすすめなのが、バックジョイプラス ポスチャークッションです。

今使っている椅子の上に置くだけで良いコンパクトサイズで、お値段もとても手頃、しかし機能は素晴らしいのです。

座るという事は背中や腰に負担がかかり、腰痛や肩こりの原因になりますが、バックジョイプラス ポスチャークッションは、座り仕事での姿勢の変化に合わせて傾きが変わり、常に脊柱が正しい状態になる様骨盤を傾ける補助をしてくれます。

また、ゆりかごシステムでお尻の筋肉を保護し、椅子の表面からくる圧迫感をコントロールし骨盤への負担をやわらげてくれます。

内臓にかかる負担も軽減してくれるので仕事の集中力もUPし、腰痛予防効果のある便利なアイテムと言えます。

詳細はこちらから

第8位 「骨盤矯正(腰痛予防)チェア ホスラ」

骨盤矯正(腰痛予防)チェア ホスラ

骨盤矯正(腰痛予防)チェア ホスラ
Amazon.co.jpで詳細を見る
レビュー2件のカスタマーレビュー

詳細はこちらから

オフィスや自宅でデスクワークをする時に骨盤矯正が出来たらいいな、と思うことはありませんか?

本製品は、そんな方におすすめの骨盤矯正フィットネスチェアです。

普通の椅子に座っての作業は、腰痛持ちの方にはツライものです。

本製品は座面が前後左右に15度傾斜がかかり、さらに旋回するので椅子に座っていながら骨盤周りのコアを整えるチューニングトレーニングができてしまうのです。

普段の生活の中ではなかなかできないような動きをしますので、ダイエットやウエストラインのくびれ作りの効果に期待がもてることはもちろん、高齢者や腰痛持ちの方の骨盤や筋力のバランスを整えます。

その為、正しい姿勢を保つことが出来、腰痛を軽減してくれます。

詳細はこちらから

第9位 「ハラチェア 腰痛軽減 オフィスチェア」

ハラチェア 腰痛軽減 オフィスチェア 女性にお勧め ハイバックチェア (レッド(ワイン))

ハラチェア 腰痛軽減 オフィスチェア
Amazon.co.jpで詳細を見る
詳細はこちらから

本製品は長時間のデスクワークなどで、腰痛の悩みをお持ちの方におすすめです。

事務作業用の椅子と言えば、なんの変哲もない椅子を思い浮かべますが、それが腰痛のもとともなっているのです。

この製品の特徴的なのが、背面と座面が二面になっていることです。

長時間椅子に座っていると、骨盤周辺に体圧が集中的にかかってきてしまいますが、この動く座面によって体圧が分散され骨盤への負担を軽減します。

ハイバックの動く二面は、直接背骨に当たることもなく、姿勢を正しく保つことができるので長時間PC作業をする方におすすめです。

見た目は少し変わった椅子ですが、人間工学に基づいて腰痛軽減を目的として作られた椅子です。

お値段もそれなりにしますが、腰痛でデスクワークがつらい方は、一度お試しになることをおすすめします。

詳細はこちらから

まとめ

いかがでしたでしょうか?

椅子・座椅子ともそれぞれに特徴がありますので、ご自身に合った椅子・座椅子を見つけていただければと思います。

椅子の上であぐらをかく座り方は腰痛に良い?悪い?

62f98a439bee364e0fc3b2ac9a4929c7_s

椅子の上に座る際、ついついあぐらをかいてしまうという方も多いのではないでしょうか?

もちろんいきなりそうする人はいないでしょうが、たとえばデスクワークの途中などでは、なんとなくそうして体勢を変えた方がやる気が出るからそうしているという方もいるはずです。

でも、その姿勢、腰痛の原因となる可能性はないのでしょうか?

ここでは、その姿勢が腰にいいか悪いかを見ていきます。

あぐらをかいて椅子に座るのは腰痛に悪い

まず結論から見ていくと、あぐらをかいて椅子の上に座るのは腰痛にとっては良くないことだと言えます。

そもそも、あぐらをかくのが良くないのです。

あぐらをかくという座り方は、足を組んで座る座り方と同じような効果を発揮します。

というのも、あぐらをかいて座ると必然的に右の足が上にきたり、左の足が上にきたりするようになるからです。

それはつまり、骨盤が傾いてしまうということになります。

骨盤が傾くという事は当然かかる体重が傾くということになり、それはひいては身体の歪みに繋がっていきます。

そうして身体がゆがんでいってしまうと、別にそうして椅子の上であぐらをかく座り方をしていなくても、腰に負担がかかるようになるでしょう。

そして、腰痛を引き起こしていくようになるのです。

それを避けるためには、そもそも身体のゆがみを起こさせないようにするのが一番なのです。

そのためには、椅子の上であぐらをかくのは避けるべきでしょう。

絡めるあぐらはそもそも危険

あぐらのかきかたには2種類あります。

一つは先述のように片方の足が上に来るようなあぐらのかきかたです。

でも、それに加えて実はあぐらのかき方はもう一種類あるのです。

それが、両方の足を絡めるようにあぐらのかき方です。

まず普通にあぐらをかいて、その状態から片方の足を、片方の太ももとふくらはぎ上にのせていくのです。

両方の足が、反対側の足の太ももとふくらはぎの上に載っているような状態になります。

こういう状態であればどちらが上ということもないので、そこまでバランスが崩れることはないでしょう。

ただ、そういうあぐらのかき方で椅子の上に座るというのは、腰痛以前にすごく危険です。

たとえばこの状態で椅子から落ちそうになったらどうなるでしょう。

急に足がほどけないので、そのまま椅子から落ちてしまう可能性は高くなります。

それは危険ですし、そして何より恥ずかしいです。

だからそれは避けるべきでしょう。

どんな種類のあぐらであっても、椅子の上ではするべきではないと言えます。

あぐらは猫背にもつながる

椅子の上であぐらをかくことが腰痛に繋がる理由は、まだあります。

それが、あぐらは猫背にもつながるという理由になります。

あぐらをかいてみると分かるでしでょうが、あぐらをかいた状態で、背筋をぴんと伸ばすのはかなり難しいです。

背中がやや丸まり、それでバランスをとるのがあぐらなので、簡単には背筋を伸ばすことができないのです。

でも、そうして背筋を伸ばすことが出来ないということは、当然猫背でいる状態が長くなるということになります。

猫背でいる状態が長くなると、そのまま猫背が常態化しておってしまいます。

すると、腰痛もあわせて常態化してしまうようになるでしょう。

猫背は腰の負担になる

猫背というのは、すごく腰痛の負担になります。

なぜなら、猫背になることによって体重を分散できなくなるからです。

しっかりと骨盤を立てて、背筋を伸ばして座っていると、それだけで体重をしっかりと骨盤に落としていくことが出来るようになります。

そこからさらに足の裏を伝って地面に体重を落としていくこともできますし、骨盤をしっかりと立てていれば、腰にかかる負担は大きくはなくなります。

でも、もし猫背になっているとどうでしょう。

まず体が前のめりになるわけですから、骨盤にはまっすぐ重さがこなくなります。

では、それがどこにくるかというと、腰に来るのです。

つまり、上半身の重さを腰で支えることとなってしまうのです。

全身で支えていた体重を腰だけで支えることになれば、腰が痛くなってしまうのもまず間違いないと言えるでしょう。

だから、猫背になるのは腰痛に良くないと言えるのです。

あぐらをかくのは椅子の下でも当然良くない

腰痛においては、あぐらをかくのはたとえ椅子の下であっても良くありません。

もしかしたら床ならば、地面も安定するし、あぐらをかくのは良いのではないかと思っている人もいるかもしれません。

でも、椅子の上だからダメだとか、椅子の下で床だから良いとか、そういうわけではありません。

とにかくあぐらをかくこと自体が、腰痛に良くないと言えるのです。

だから、椅子の上だろうと椅子の下だろうと、そもそもあぐらをかく自体をやめた方が良いでしょう。

椅子の下に座る時だって、なるべく綺麗に体重を分散することと、身体がゆがんだりしないようにすること、そして猫背にならないように意識して座るようにしていってください。

それは別段難しい事ではないはずです。

普通の座り方以外で座りたいときはどうしたらよいか

このようにあぐらは椅子の上だろうと下だろうと腰痛にとって良くないのですが、では、椅子の上で普通の座り方以外の座り方をしたくなった時にはどうしたらよいのでしょうか?

もちろん一番良いのは、普通の座り方をすることだと言えるでしょう。

でもずっと同じ体勢でいるのは良くありませんし、時にはそうして違う座り方をしたくなることもあるでしょう。

そんな時におすすめなのが、正座です。

正座は実は、座り方の中で一番腰痛になりづらい座り方だと言われています。

だから、たとえ椅子の上であっても、なにか一般的な座り方以外の座り方がしたくなったら、正座をすることがおすすめです。

なぜ正座がいいのか

でもなぜ正座はあまり腰痛になりづらい座り方だと言えるのでしょうか?

正座が腰痛になりづらい理由として言えるのは、背筋が伸びるということと、足で骨盤を固定できるので、安定して体重を支えることが出来るということがあるからです。

あぐらが良くないのは、体重のかかり方が不安定になってしまうからだと説明してきました。

もちろん他にも理由はあるのですが、やはりその不安定さが無ければ、そこまで腰痛に悪い座り方だとは言えなかったはずです。

だから逆に言えば正座の、体重を支えやすいというメリットは、すごく大きなメリットだと言えるでしょう。

正しく正座をしないとならない

ただし正座をするのであれば、正しく正座をしないとなりません。

正しい正座とは、お尻の下にかかとを入れて、かかとでお尻と支えるというような座り方です。

正座をしろというと、よくお尻の下にある足の裏を交差させている人を見ます。

でもそれは正しい正座ではなく、それでは体重を支える力が弱いです。

正しい正座は、足の裏のかかととかかかとをくっつけるようにして、それをお尻の骨のところにあてるようにするという形になります。

慣れるまでは辛いでしょうが、それが正しい形になるので、是非そうしてしっかりとお尻を支えていってください。

「椅子の上であぐらをかく座り方は腰痛に良い?悪い?」のまとめ

椅子の上であぐらをかくことは、腰痛を悪化させる可能性が高いですし、今別段腰痛ではないという方も、そうして椅子の上であぐらをかくことを習慣にしてしまうと、そのせいで腰痛になる可能性が高いと言えるでしょう。

だから、そうならないように、椅子の上ではなるべく普通の座り方をするか、最悪足を変えたくなったら、正座をするようにしていきましょう。

「骨盤矯正(腰痛予防)チェア ホスラ」の詳細

腰痛に良い椅子というのは、たくさん市販されています。

座り心地が良いことを謳ったものもあれば、その椅子に座ると姿勢が正されることを謳ったものなど、製品の特長は様々です。

その中で、ホスラ社の骨盤矯正チェアは、椅子としても使えるだけでなく、腰を中心としたトレーニング機器にもなるという椅子です。

どのような特徴を持っているのでしょうか。

椅子の形などの外観

本製品を一目見ただけでは、はたしてこれが腰痛に良い椅子なのか、疑問を持ちたくなるような外観をしています。

一見するとただの丸椅子に近く、背もたれもありません。

座面の高さは、38センチから46センチまで調節可能です。

重さは約8キロです。

対応身長は150センチから180センチとなっています。

色はレッド系のものと、シルバー系のものがあります。

特徴

ただの丸椅子のような外観ですが、もちろんただの丸椅子ではありません。

座面が前後左右360度において、最大15度まで傾斜する仕組みになっているのです。

この傾斜がつくことで、骨盤や腰のまわりに適度な負荷をかけることができ、トレーニング効果が期待できるのです。

本製品は、ホスラ社の、骨盤と腰の運動ができる椅子型運動器具を開発しなければという思いから、開発された椅子なのです。

なぜ椅子型運動器具がよいの?

腰痛の原因にはいろいろありますが、その中でも多い原因として挙げられているものが3つあります。

一つ目は、腰の周りの筋力が弱いということです。

二つ目は、普段の姿勢が悪いということです。

三つ目が、同じ姿勢を長時間続けているということです。

椅子型の運動器具を使用することで、腰回りのトレーニングが容易になると、筋力をつけたりバランスを整えたり、ストレッチしたりすることが気軽にでき、腰痛予防に効果が期待できるのです。

腰痛予防だけでなく、ウエストラインを整えたり、腹部の肥満や便秘の改善などにも効果が期待できるということですから、女性にはおすすめの椅子と言えます。

骨盤チューニングチェア

骨盤チューニングチェアという呼ばれ方もするのが、本製品です。

チューニングには「目的とする状態に調整する」という意味があります。

この椅子を使ったチューニング方法には大きく分けて3つあります。

前後チューニングと左右チューニング、そして回旋チューニングです。

前後チューニングのやり方

まず座面に腰をおろします。

足は腰の幅にし、膝の角度が90度以下にならないように、座面の高さを調整してください。

正しく座れたら、骨盤を前後に動かします。

最大傾斜は15度ですが、無理のない範囲で、ゆっくり動かすことから始めて下さい。

この前後チューニングをすることで、腹部の肥満の改善や、肩こりの予防、腰痛予防などの効果が期待できるそうです。

左右チューニングのやり方

座り方は、前後チューニングの時と同じです。

足を腰の幅にし、座面の高さを調整します。

正しく座れたら、骨盤を左右に動かしてください。

初めはゆっくり行うようにしてください。

この左右チューニングをすることで、体内のバランスが調整されたり、ウエストラインが改善されるという効果が期待できるそうです。

回旋チューニングのやり方

座り方は前後チューニングなどと同じです。

座面の高さを、膝の角度が90度以内になるように調整したら、足を腰の幅にして座ってください。

そして、骨盤を円を描くように回します。

左回し、右回しともに行ってください。

この回旋チューニングでは、便秘改善や消化不良の予防、骨盤バランスの調整、生理痛の予防、股関節の疾患の予防など、様々な効果が期待できるそうです。

「骨盤矯正(腰痛予防)チェア ホスラ」のまとめ

ホスラ社のこの製品は、「クイズ雑学王」で清水ミチコさんが、「メレンゲの気持ち」で勝間和代さんが紹介をしたこともあるという椅子です。

椅子でありながら、運動器具でもあるという特徴をもつことで、置き場所に困ることもありません。

パソコン用の椅子に、あるいはオフィスの椅子にと、今ある椅子に置き換えるだけでよいのです。

そして、隙間の時間に骨盤チューニングを行うだけですから、腰痛予防に関心のある方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

「アーユル チェアー」の詳細

「あいたたたた・・・・」椅子から腰を上げるとき、思わずこんな声が漏れてしまいませんか?

立って腰をさすってみても、軽く伸ばしたりストレッチしてみても、なかなか痛みは引きませんよね。

腰痛もちの方にとって座るという行為は痛みを伴います。

そんな腰痛もちの方におすすめなのがアーユルチェアです。

アーユルチェアなら快適に座っていただくことが可能ですよ。

世界で一番長く座る日本人

日本人は、世界で一番長い時間座っていると言われています。

毎日平均して8時間、一日の3分の1を座って過ごしています。

これはアメリカ人の約2倍にあたります。

立っているよりも座っている方が楽に感じますが、実は「立つ」よりも「座る」ほうが断然腰に負担がかかります。

上半身の重さが全て、腰一点に集中するからです。

もともと日本人は欧米人よりも正しい姿勢を保ちにくい人種です。

悪い姿勢で長時間座っていると、腰への負担は相当なものになります。

日本人に腰痛患者が多いのは当然のことと言えるでしょう。

坐骨で座ることの大切さ

長時間座っていても腰に負担をかけないようにするには、正しい姿勢を保たなければなりません。

しかし、椅子に座って美姿勢をキープするのはなかなか難しことです。

それは、元来農耕民族であった日本人の背骨が内側に丸まる特性を持っているからです。

椅子に座っていると自然と猫背になってしまいます。

どんなに意識していても、だんだんと丸まってしまいます。

昔の日本人は椅子に座らず、床や畳の上に正座もしくはあぐらをかいていました。

正座やあぐらは坐骨を使って座るので、正しい姿勢をキープすることが可能です。

昔の日本人は背筋がシャンッと伸びていて、腰痛も少なかったようです。

アーユルチェアってどんな椅子?

アーユルチェアは椅子でありながら、坐骨で座ることができます。

そのため長時間座っても姿勢が崩れにくく、腰への負担を軽減してくれます。

アーユルチェアの座面は一般的な椅子の3分の1の大きさです。

この小さな座面をまたいで座ることによって坐骨2点で座った状態となり、骨盤が立ちます。

そして立った骨盤を腰あてがきっちりと支え、正しい姿勢をロックします。

あえて背もたれがないのは、美姿勢をキープするためです。

また座面のクッションも適度に硬くしてあります。

これによって坐骨で座るという感覚がつかみやすく、姿勢を安定させることが可能です。

試してから購入できる!

アーユルチェアは腰痛もちの方はもちろん、小さなお子様にもおすすめです。

幼い頃から正しい姿勢で座る習慣をつけることはとても大切です。

集中力がアップし、元気な身体づくりをする助けになるでしょう。

実際に多くの学校でアーユルチェアが導入されています。

「椅子の良さはだいたい分かったけど、効果が実感できないと・・・」と躊躇される方も多いでしょう。

アーユルチェアは決して安価な椅子ではないため、当然のことと言えます。

そのような方は2週間無料モニターサービスを利用してみてください。

送料のみの自己負担で、2週間みっちりとアーユルチェアの効果を実感していただくことが可能です。

坐骨で座ることの快適さを肌で感じていただければ、この椅子の良さがきっと分かっていただけるはずです。

姿勢を良くしたい方、腰痛を改善したい方、集中力を上げたい方は一度お試しください。

座ることが楽しくなりますよ。

「アーユル チェアー」のまとめ

いかがですか?

椅子に座ることは現代の生活の中では当たり前ですが、腰に負担がかかるので、腰痛を引き起こす原因にもなります。

現在腰痛持ちの方もアーユルチェアで坐骨座りをすれば、長く座っていられるようになるでしょう。

どんな椅子に座るかによって、腰痛は良くも悪くもなります。

腰のためにも「良い椅子」を選ぶようにしてくださいね。

「骨盤座椅子 凛座Linza」の詳細

きちんとした姿勢を保つことにより腰痛は回復する場合があります。

特に腰痛と骨盤の関係は密接にあることをご存知でしょうか。

骨盤の位置が悪いと姿勢を崩すどころか、腰やお尻への負担がかかることとなり、結果腰痛を引き起こすことになります。

このような骨盤の位置に関係する腰痛を軽減するための椅子について紹介をしていきたいと思います。

腰痛を軽減する椅子である、「骨盤座椅子 凛座Linza」について紹介をしたいと思います。

骨盤の位置が矯正されます

この骨盤座椅子 凛座Linzaの特徴は、ずばり「骨盤を立たせる」という目的として作成されました。

骨盤を立たせることにより、座るのが疲れなくい姿勢を作ることができる椅子です。

骨盤は人間が歩くために必要な骨格ですが、この骨格が歪むと、姿勢や歩行に対して影響を及ぼすこととなります。

そして上半身をさせることも重要な骨格としての役割となります。

良い姿勢を保つためには腹筋や背筋のバランスが必要なのですが、骨盤がゆがんだ位置にいると疲れやすい体となり、同じ姿勢で長時間保つことができなくなります。

骨盤がしっかりとゆがみなく固定されていれば姿勢も正しく、楽な姿勢で長時間過ごすことができるのです。

おすすめの骨盤座椅子 凛座Linzaについて

この椅子の特徴は2点です。

その2つについて紹介します。

それは、背当てと座面の工夫です。

背当ての特徴について

この椅子の特徴は背もたれによって正しい姿勢の維持ができることです。

背もたれも低く、姿勢が保ちやすいです。

例えば、座椅子の場合は腰の半分から上から肩にかけて背もたれがあるのですが、この骨盤座椅子 凛座Linzaの場合はちょうど腰のあたりで背もたれの頂点となります。

人間の背骨は仰向けになるとわかるのですが、腰のあたりが床面につかないのが本来の背骨の形なのです。

しかし、骨盤がずれることによりこの本来背骨がもつべきカーブがくずれ、姿勢を崩すことになります。

この骨盤座椅子 凛座Linzaの背もたれはそのカーブに沿ってフィットすることにより、背骨をサポートする役割を果たします。

もう1つの特徴の座面について

もう1つの特徴は、お尻の滑りを予防するための座面です。

腰痛を持っていらっしゃる方のお尻の滑りは、腰痛をさらに悪化させてしまうことになり、大変悩む課題であると思います。

お尻の滑りが発生してしまうと、骨盤の位置がずれてしまい、ちょうど、椅子に深く座っていない状態が継続することになります。

このお尻のずり落ちいついては、状態は私もよく経験します。

例えば、飛行機のエコノミークラスに長時間乗っている場合、座面の凹凸がないことから、お尻がどんどんずり落ちてしまい、腰を痛めてしまうケースです。

しかし、この骨盤座椅子 凛座Linzaでは座面の凹凸があり、お尻がすっぽりと覆われるイメージでずり落ちることもありません。

よって長時間正しい姿勢を保つことができます。

デザイン性も優れています

座椅子とは違い、コンパクトな設計となっています。

どうしても座椅子だとお部屋のインテリアに合わないのですが、骨盤座椅子 凛座Linzaのコンパクトなデザインと、色合い、および形はおしゃれでデザイン性に優れています。

また椅子上にこの骨盤座椅子 凛座Linzaを置いて座ることもできますので、場所もとりません。

「骨盤座椅子 凛座Linza」のまとめ

以上、骨盤座椅子 凛座Linzaについて紹介をしました。

価格は10,800円と、ホームセンターなどで販売している座椅子よりは高めではありますが、姿勢を正しく保つことができ、さらに腰痛への改善も見込まれることから、お買い得な商品ではないかと思います。

骨盤を立たせながら、正しい姿勢を保ちたい場合にはぜひおすすめです。

「骨盤座椅子 凛座Linza」の詳細パート2

座り仕事がメインの方はどうしても、腰の部分特に骨盤に体重がかかりますので、歪みやずれによる腰痛に見舞われることが多くなります。

適度に運動が出来て軽減出来れば勿論、それに越したことは無いのですが、仕事で時間が取れずに悪化などと言う事もあります。

そんなことになる前に、まず座り方を変えてみる、と言うのは実は簡単なようで難しいことです。

骨盤を垂直に座れば腰痛が軽減される、でもどうやって?

そんな方におすすめしたいのが、この凛座です。

骨盤を垂直に座るとは?

骨盤から腰椎、背骨にかけては緩やかなS字カーブを描いているのが、理想の骨格です。

特に骨盤は、横から見た時に垂直であるのが、要としてしっかりと身体を支えてくれる条件になります。

これが崩れると、腰痛だけでなく身体のトラブルに繋がってくるのです。

サポートしてくれる筋肉も、立っている時にはそこそこ頑張ってくれているのですが、座ってしまうとどうしても緩みがちになります。

加えて座る姿勢が崩れてくると、背骨から骨盤にかけての骨の形が崩れてしまうわけです。

しっかり姿勢を制御し続けれらない方のために

長時間仕事などで座り続けていれば、普段運動をしっかりとしている人でもついつい、姿勢はだらけがちになります。

ましてや普段は座り仕事ばかりと言う人の場合、姿勢が保てないのは仕方のない事です。

そんな人におすすめなのがこの、骨盤座椅子凛座です。

普通に座るだけで骨盤から背骨までのS字カーブを、しっかりと作ってキープしてくれます。

座面にお尻がすっぽりとはまって、前にずれないのが特徴で、それのおかげで骨盤の部分も安定して直立できるのです。

座っているだけで、背骨のカーブをキープしてくれるので、ついだらけた姿勢になってしまう人には大きな味方になってくれるでしょう。

特に大きな力も必要なく、しっかりといい姿勢を維持してくれるのですから、座り時間の長い方には嬉しい仕様ですね。

床に座った時も椅子の上でも

この凛座の嬉しい仕様はそれだけではありません。

床に座ってテレビを観たりのリラックスタイムにも、普通の座椅子として使用できます。

また椅子の上に置くことで、椅子での作業の時も姿勢を維持できると言う、ダブルの使い方が出来るのです。

床に座った時の、胡坐でも長座(脚を延ばして座る)でも骨盤と背骨の形はしっかりとサポートされます。

例えば床に座ってテレビを観ていて、立ち上がろうとしたら腰が痛いなどと言う事はありませんか。

その原因の一つは骨盤のずれによる腰椎辺りにかかった体重で、仙骨やウエスト周辺の部分に負担がかかるからです。

でもこの製品を使えば無理なく別に大きな力もなく、それでも体勢が崩れないので立ち上がった時の腰痛などが軽減されるわけです。

また椅子での作業の時には、夢中になって背中が丸くなりやすいものですが、これを使えばウエストまでしっかりとサポートが入るので、亀の甲羅のような背中になることは免れます。

仕事に夢中で腰痛が当たり前の状況から、仕事に夢中だけど姿勢が良くなった、と嬉しい変化も感じられるでしょう。

普通の座椅子と違ってコンパクトでお洒落

座椅子は結構場所を取る物ですが、この製品は大変コンパクトに出来ています。

使わない時も邪魔にならないサイズなので、お部屋を狭くすることもありません。

カラーも、オレンジとブラックの2色でお洒落な部屋にもぴったりです。

そしてデザインも、ちょっと見高機能な座椅子とは見えないお洒落さですので、どんな部屋にもマッチしてくれます。

「骨盤座椅子 凛座Linza」のまとめ

座っていた後で立ち上がった時に感じる腰痛と言うのは、正直一番きついものです。

自分で努力して、しっかりと姿勢を維持できればそれに越したことはありませんが、正直それはかなり難しい課題です。

この製品はそういった悩みを持つ人に、ちょっとしたサポートを与えてくれる一品です。

自己努力も必要ですが、こう言ったサポートで腰痛が軽減されるのですから、どうも近頃と言う方にはおすすめしたい品なのです。

「背筋がGUUUN美姿勢座椅子」

リラックスタイムなのに、この椅子に座っていると腰が痛くなってきて、リラックスできない。

そんな経験を持つ人は意外に多いのではないでしょうか。

ゆったりとくつろいだ気分で座れるのに、腰に負担がかからない座椅子があればと、思ったことはありませんか。

ここに、気持ちよすぎて昼寝が長引いてしまうかもと言うような座椅子がありますので、ご紹介しましょう。

どんな座椅子?

美姿勢座椅子は、美姿勢という名がついていることからもわかるように、座っているだけで、正しい姿勢を保つことができるというものです。

しかも姿勢を正さなければという意識は全く必要ありません。

ただ座っているだけで、ゆったりとリラックスでき、昼寝にもぴったり、しかも正しい姿勢がとれるという座椅子なのです。

二通りの座り方

通常、座椅子と言うと、背もたれに背を預けて座るものを想像されると思います。

この美姿勢座椅子も、背もたれに背を預けて、通常の座椅子同様に使用できるものです。

背中と腰がぴったり収まる感じになり、座りやすいと言われています。

この美姿勢座椅子の特徴は、通常の座り方のほかに、背もたれ部分を抱きかかえるようにして座ることもできるところにあります。

座椅子に対して後ろ向きに座る座り方で、なぜリラックスできるのでしょうか。

その秘密は、横隔膜にあります。

抱っこするように抱えて座ることで、横隔膜がサポートされます。

ここが支えられることで、正しい姿勢を保ちやすくなるのだそうです。

二通りの使い方

座り方が二通りあるほかに、使い方としても二通り挙げられます。

一つ目は座椅子としての使い方で、座ってリラックスするために使えます。

二つ目は、ストレッチ機器としての使い方です。

背もたれは14段階にもリクライニングします。

ですから、背もたれを後ろにぐっと倒すことで、背中がぐーんと伸ばされてストレッチができるようになっているのです。

リクライニングの角度を調節することで、ストレッチの強度を変えることができます。

座面のクッション

座面に使われているクッションは、厚さが13センチにもなる肉厚のクッションです。

さらに、骨盤が前にずれにくくなる骨盤ポケットがあることで、骨盤がすっぽり包み込まれたようになります。

もちろん、ふかふか過ぎてお尻が沈み込むということもありません。

背もたれのクッション

背もたれ部分のクッションは二種類あります。

一つ目は、お手入れもしやすいメッシュタイプです。

通気性がよい素材で、年中快適に使えます。

もう一つはモフモフタイプで、サラサラのパウダー起毛の表生地になっており、肌触りのよいクッションです。

いずれの場合も、背筋にピッタリフィットするようボリュームのあるクッションが使用されています。

背もたれ部分を抱きかかえるように座った場合、ちょうどこの背もたれのクッションが、まくらのようになり、昼寝タイムにもぴったりです。

背もたれ部分のクッションは90度まで曲がるので、背もたれの角度と合わせて、より快適な好みの角度に調整して座ることができます。

国内メーカーの企画

この美姿勢座椅子は、座って過ごすことの多い日本人のために、国内メーカーが企画したもので、川井筋系帯療法治療センター総院長の川井太郎先生が監修しています。

たくさんの人の、体のゆがみを整える施術をしてきている川井先生によると、座っているときの姿勢を正しくすることが、体のゆがみを整える近道だということです。

体のゆがみが気になる人や、腰痛予防に関心のある人には、おすすめと言えるのではないでしょうか。

また、本好きの人には、読書タイムにもおすすめです。

どんな色があるの?

メッシュタイプは、背もたれのクッション部分がピンク、グリーン、ブラウンの3色があります。

モフモフタイプは、ピンクとベージュの2色あります。

座面の色は、いずれも黒っぽい落ち着いた色になっています。

モフモフタイプのピンクは、淡いやさしい色合いのピンクで、メッシュタイプのピンクは濃い目の深いピンクになっています。

「背筋がGUUUN美姿勢座椅子」のまとめ

週末家でのんびりしたいとき、夕食後のリラックスタイムに、美姿勢座椅子はいかがでしょうか。

後ろ向きの座り方で、背もたれ部分に肘を置くことで、スマートフォンも操作できますし、本も読めます。

あるいは、この座椅子を車座にして、家族団らんで会話が弾むのではないでしょうか。

全部で5色あるので、色違いで揃えるとお部屋を彩る素敵な家具にもなることでしょう。

「ハーマンミラー アーロンチェア クラシック」の詳細

健康によく、機能性に富み、しかもこれまで誰も作らなかったようなデザインをしている、そんな椅子があると聞けば、一度座ってみたいと思いませんか。

アーロンチェアという名の椅子が、ハーマンミラーからビル・スタンフとドン・チャドウィックのデザインにより発売されたのが1994年のことです。

いったいどのような椅子なのか、ご紹介しましょう。

これまでにない椅子

デザイナーのビル・スタンフとドン・チャドウィックが、これまでにないタイプの椅子をデザインしたのが1994年のことです。

それまでは、椅子と言えばウレタンフォームと布や革を使用するのが当たり前だったところに、それらを使用せず、ペリクリという特殊な素材を使い快適な座り心地を提供しました。

これまでにない椅子になり、オフィスチェアのあり方を変えたとも言われています。

ハーマンミラーが、人がより快適に座ることのできる椅子に必要な条件は何かを、繰り返しテスト・リサーチし、それらの結果をもとに作られたのです。

アーロンチェアの特徴

最も特徴的と言えるのが、背もたれと座面です。

腰痛に良いとされる椅子もそうでない椅子も、座り心地のよいものは、たいていウレタンフォームと布あるいは革など、クッション性のあるものが使われています。

ところがアーロンチェアは通気性に富んだペリクリと呼ばれる素材を使うことで、背もたれや座面そのものに、クッション以上の効果を持たせているのです。

ペリクリは人が座るとその体型に自然に添い、立ち上がると元の形に戻るという弾力性を持っています。

血流を停滞させることもありませんし、空気も体温も湿度もよく通すため、長時間座っていても熱や湿気がこもることがありません。

ちなみに、ハーマンミラーは、ペリクリに座ることで、体のどこかに不要な圧力がかかっていないか、体重が適切に分散されているかなども、十分実験検証していると言います。

キネマットチルト

キネマットチルトとは、人の体の運動理論に即して設計された、特許を取得したハーマンミラー独自のメカニズムです。

この発明により、足首、膝、腰、肩、首を軸にした身体の動きが妨げられることがなくなると言います。

たとえば、椅子に座っているときに、パソコンをしたり字を書いたりして前屈みになることがあるでしょう。

あるいは、ちょっと一息入れたくて背もたれに体を預けることもあるでしょう。

前傾姿勢をとった時も、リクライニングした時も、このメカニズムにより、椅子が姿勢の変化に合わせて自然に身体をサポートしてくれるのだそうです。

サイズ展開

人間の体の仕組みや動きの仕組みなど、あらゆる面を考慮して作られた椅子であっても、サイズが合わなければ、座り心地の良さを感じられないでしょう。

ハーマンミラーは、できる限り多くの人にとってフィットする椅子を提供したいと、3種類の椅子のサイズを用意しています。

それだけではなく、シートの高さ、リクライニングの範囲や硬さ、アーム部分の高さや角度など、細かい調整を行えるようになっています。

ですから、まるでオーダーメイドの椅子のようだとも言われています。

どんな人にもおすすめ

もともとはオフィスチェアとして考えられてきたようですが、在宅勤務の人や、家で椅子に座る時間の長い人、腰痛が気になる人など、あらゆる人におすすめできる椅子だと言えます。

腰痛改善や腰痛予防などを目的に作られた椅子ではありませんが、体に優しく負担にならないだけでなく、座ることでパフォーマンスの上がるような椅子となると、腰はもちろん、体全体に優しい椅子であると言えるでしょう。

「ハーマンミラー アーロンチェア クラシック」のまとめ

アーロンチェアは、その素材が特殊であることからも、これまで目にしてきた椅子とは、全く違う座り心地が得られる椅子と言えるのではないでしょうか。

リラックスして背もたれに体を預けている時も、前傾しデスクワークをするときも、それぞれの状況にふさわしいサポートをしてくれるというこの椅子、機会があればぜひ試してみてください。

「匠の腰楽座椅子Comfort Seat」の詳細

年齢とともに、腰に痛みを感じるようになります。

楽な体勢で、ゆったりくつろぐことができる椅子は、快適な生活を過ごすためには重要な役割をしてくれます。

この座椅子は、和室にも洋室にもぴったりくるデザインで、場所を選びません。

大人のために作られた、安定感のある座椅子は、健康になれて長生きできる秘訣が詰まっています。

最高の座椅子は腰にやさしい

この匠の腰楽座椅子Comfort Seatは、座っているだけで腰痛を和らげてくれる効果があります。

それは、腰にかかる負担を軽減することができるからです。

座椅子の形状が平面ではなく、体を包み込むように出ている部分とへこんでいる部分があるので、座ると体にフィットします。

座り心地がいいので、腰にかかる体重が減り体が軽くなったように感じるのです。

体重がかかる部分が広範囲に分散されるので、長時間座っていても腰やお尻が痛くなりません。

最高の座椅子を目指して作られた座椅子です。

正しい姿勢で腰の負担を軽減してくれる

姿勢が悪くて悩んでいる方に、おすすめの座椅子です。

腰が曲がり姿勢が悪くなると、腰痛も悪化します。

立体背もたれのおかげで、この座椅子に座ると自然に背筋が伸び姿勢がよくなります。

座っているだけなのに、背中を後ろから支えてもらっているような感じがします。

背中と腰が安定するので、腰痛に悩んでいる方にもおすすめです。

ひじ掛けもあり、ゆったりとくつろげる工夫がされています。

デザインにも優れた座椅子

座り心地が良いだけでなくデザインも優れています。

高級ソファーにも使われている素材が使われているために、まるでソファーに座っているような気分になります。

厚めの生地でできており、破れにくいので長持ちします。

少し硬めに作られているため、形状が崩れにくいようになっています。

使い続けているうちに形が変わってくる心配もないので、座り心地が変わったり座りにくくなったりすることも防いでくれます。

色合いも落ち着いています。

どの部屋にも合うので、和室や洋室を選びません。

好きな部屋で、座椅子に座りゆったりとした時間を過ごすことができます。

他の座椅子との違い

この座椅子は、腰椎サポートしてくれるので、背骨が伸びます。

一般的な座椅子は、背もたれの部分がリクライニングになっており、好きな角度に変更することで自分で楽な体勢を見つけます。

最初は良いのですが、座っているうちに同じ体勢でいるのが辛くなります。

これは体重が一定部分に集中するためです。

しかし、匠の腰楽座椅子は、リクライニングはありません。

一番座りやすい角度で、腰骨を伸ばして、腰痛を軽減できる体勢で作られているからです。

リクライニングの必要はなく、体重が体に分散されるために、長時間座っていることができるのです。

足にも負担がかかりにくいところも魅力です。

腰がずれにくいので、一定の大勢を保つことができます。

快適な時間を過ごしたい方に、匠の腰楽座椅子はおすすめです。

高齢の方にも座ってほしい座椅子

腰だけでなく、足にも不安をお持ちの方にもおすすめです。

この座椅子は、少し高さがあるので、立ち上がりやすいという特徴もあります。

正座が苦手な方も膝に負担がかからないので安心です。

和室での法事にも便利です。

匠の腰楽座椅子Comfort Seatは、大切なご両親へのプレゼントにも最適な座椅子です。

「匠の腰楽座椅子Comfort Seat」のまとめ

腰痛を軽減して、腰痛になりにくい設計の座椅子です。

座ることで体に負担がかからないので、畳の部屋で座るのが苦手な方にも、ゆっくりと過ごすことができます。

大人のために設計されたソファーなので、年齢や性別は選びません。

姿勢が良くなると、血液の流れがよくなり健康になれます。

いつまでも元気で長生きしたい方に、おすすめの座椅子です。

「背筋がGUUUN美姿勢座椅子 クラシック」の詳細

花柄のおしゃれな座椅子です。

見た目にかわいくて機能的な座椅子は、日常的に腰痛になりやすい体を和らげてくれます。

骨盤を支えて背筋を伸ばしてくれるので、正しい姿勢を保つことができます。

座るだけでなく、くつろいだりストレッチをしたりといろいろな使い方のできる座椅子です。

使っているうちに、腰痛が和らいできます。

座るだけで背筋が伸びて腰痛が楽になる

背筋がGUUUN美姿勢座椅子 クラシックは、腰痛の悩みを解消してくれる座椅子です。

座椅子に座ることで、背もたれが体と座椅子の隙間を埋めて正しい姿勢をキープできるからです。

座るだけで背筋が伸びるので、気持ちがよくなり腰痛も楽になっていきます。

普段から猫背で悩んでいる方、腰が曲がってきて悩んでいる方、骨盤のゆがみを解消したい方におすすめです。

ストレッチが手軽にできる座椅子

背筋がGUUUN美姿勢座椅子 クラシックは、肩や背中、腰を伸ばすストレッチができます。

座椅子を伸ばしてストレッチをします。

リクライニングを調節すると、ハードなストレッチもできるので、運動不足解消ができます。

また体を伸ばすことで、コリをほぐして腰痛が解消できます。

この座椅子でストレッチをする理由は、背もたれのボリュームがあるので背中をぐっと押してくれるからです。

この感覚は気持ちが良く、普段できないストレッチが可能になります。

ストレス解消にもぴったりです。

座り方はいろいろ選べる

背筋がGUUUN美姿勢座椅子 クラシックは、普段は普通の座椅子として、ゆったりとくつろぐことができます。

背もたれにボリュームがあるので、体重をかけて盛られても気持ちがよく、見た目にもきれいに座ることができます。

また、背もたれを足で挟んで、反対向きに座る方法もあります。

抱っこすわりで、背もたれに肘を置いたりして前に重心を置くことができるので、楽な体勢になります。

こちらも背もたれに体を預けることで背筋が伸びて、きれいな姿勢になることができます。

普段はかかってしまう腰への体重負担が、自然に少なくなるので、腰痛の痛みが軽減されます。

背筋がGUUUN美姿勢座椅子 クラシックは、腰痛で悩んでいる方におすすめです。

座り方を変えることで、背筋を伸ばされ、痛みから解放できるからです。

体にフィットするリクライニング

自分自身にあったリクライニングが選べます。

背筋がGUUUN美姿勢座椅子 クラシックには、14段階×14段階の調節が可能なリクライニング機能がついています。

体形や好きな角度は人それぞれ違います。

その日の気分で変えることができるので、毎日使っていても飽きません。

リクライニングの調節が可能なので、長時間座っていても腰痛は気になりません。

テレビを見たい本を読んだりと、ゆっくりと自分の時間を楽しむことができます。

座椅子での座り心地に悩んでいる方にも使ってほしいです。

体にフィットするものを選ぶからこそ、腰痛を解消して腰痛になりにくい姿勢で座ることができます。

姿勢がよくなると腰痛が解消するだけでなく、血流がよくなり体の調子がよくなります。

体の疲れも取れて、ストレス解消にもなります。

健康へ導いてくれる、背筋がGUUUN美姿勢座椅子 クラシックは、普段頑張りすぎている女性におすすめで、リラックスと美しい姿勢を導いてくれます。

「背筋がGUUUN美姿勢座椅子 クラシック」まとめ

背筋がGUUUN美姿勢座椅子 クラシックは、リクライニング機能を生かして、自分に合った座り方ができる座椅子です。

背もたれの調節をすることで、座椅子に背中がフィットして背筋を伸ばして座ることができるので、腰痛が楽になります。

ストレッチもできるので体のゆがみを解消でき、座ることで健康にもつながる、見た目にもおしゃれな座椅子です。

「バックジョイプラス ポスチャークッション」の詳細

オフィスでのデスクワークが中心で、椅子に座り続けているのが段々苦痛になってくる方は、決して少なくないでしょう。

勿論椅子の高さや座り方などで調整している方もいらっしゃるでしょうが、中々自力では姿勢制御など難しいものです。

しかも会社などでは自分専用の椅子を持ち込むわけにも行きません。

腰痛にひたすら耐える、と言う事になってしまうのは辛いことですね。

座り仕事が何故腰痛になりやすいのか

座ったままでの仕事なら、身体への負担は少なさそうに見えるものですが、その実体重がお尻に集中してかかるのでその周辺への負担はかなり大きいのです。

つまり立っている時にはある程度頑張ってくれる上半身が、座っている時にはだらけてしまうと言う事です。

特に仕事の最中などは集中するあまり、所謂猫背になってキーボードにおおいかぶさっていたり、書面に顔を突っ込んでいたりするものです。

そうなりますと結果、背中は丸くなり腹筋と背筋は使えず、腰椎や骨盤に全ての体重がかかってしまうことになるのです。

筋肉の助けがないままに体重がかかれば、腰椎や骨盤の仙骨も関節部への負担が多くなってしまいます。

それでもただの筋肉の炎症程度でしたら、若い方なら伸びをする程度でも何とか収まってくれますが、これが度重なると最悪ヘルニアと言う事にもなりかねません。

でも仕事中に姿勢まで気を配れない、と言う方にこのバックジョイプラス ポスチャークッションはおすすめの一品です。

ちょっと見にはただの板のように見るけど

商品をちらっと見ただけでは、ただのカーブした板にしか見えませんが、実はこのカーブこそが姿勢を保ってくれる秘密のカーブなのです。

これを仕事用の椅子の上にしっかりと置き、深く腰掛けることで背筋が伸びます。

前傾や後傾のしやすい骨盤も、このクッションの上で垂直に安定してくれます。

結果、、腰への負担が減ることによって腰痛が改善されることになります。

何より骨盤が垂直になってくれると言う事で、体内筋肉が働いてくれるようになりますので、筋肉の弱い人もある程度の改善が出来ることになるでしょう。

自分の椅子に置くだけ

厚みも大してないクッションですので、会社に持ち込んでも違和感なく使用できます。

私物として持ち込んでも、問題にならない感じです。

ある意味、普通のクッションよりも目立たないので、会社への持ち込みも問題は無いはずです。

色も黒なので、悪目立ちせずに済みますね。

ただ座椅子ではありませんので、あくまでも椅子の上に置いての使用をおすすめします。

清潔で安心

素材がゴムなので非常に丈夫で、しかも表面にはバクテリアの繁殖を抑える効果もあります。

洗ったり拭いたりも可能ですので、何時も清潔に使うことが出来ます。

長時間の使用の場合、蒸れが気になると言う方でも、こまめに拭いて清潔さを保つことが出来ますので安心ですね。

こちらを使用する時に注意しておくべきこと

こちらの商品の場合、座り方をきっちりとしないとあまり効果が出ないと言われています。

逆を言えば、しっかりと深く腰掛ければ腰痛への効果がしっかりと出る、と言う事です。

椅子の上にクッションを置いたら、しっかりと深く腰掛けましょう。

加えてサイズの問題ですが、ヒップにぴったりの物を選ぶのが理想的です。

ヒップにフィットしたカーブの製品の方が、骨盤が垂直になりやすいからです。

そういった面からも、出来れば試用してからの購入がおすすめになります。

「バックジョイプラス ポスチャークッション」まとめ

座り仕事で腰痛に悩む人でも、自宅での仕事ならば椅子を変えることも可能です。

しかし会社などでの座り仕事の方の場合、クッションで腰のサポートをしてあげるのが、一番理想的だと言えるでしょう。

そう言う方に、この製品を試していただきたいと思います。

クッション一つでここまで負担が変わるのかと、きっと驚かれることでしょう。

「ハラチェア 腰痛軽減 オフィスチェア」の詳細

昔から使われている椅子は人間の体に必ずしもフィットするものではありません。

むしろ人間の方で椅子の形に合わせて不自然な姿勢を取る事が多いのです。

近代に入ると工業製品にはデザインが重視されることになり、椅子においても不自然さを緩和するどころか、さらに姿勢に無理を強制する事が増えています。

そのために長い間座っていると、背中や腰などに疲労が蓄積しがちです。

人間工学に基づく設計

「ハラチェア 腰痛軽減 オフィスチェア」は、人間工学の応用により、とかく体に無理な姿勢を取らせる従来の椅子のデザインを大きく改良。

これまでの椅子は、背もたれや座面が人間の体に合わせた形態になっておらず、体を支える部位の筋肉へ余計な負担を強いていました。

この「腰痛軽減 オフィスチェア」はより多くの接触面を作り出して筋肉の圧力を分散させ、その負担を軽減します。

その上、どのような姿勢を取っても、特定の部位にのみ力が集中することを防ぐので、長時間座っても疲労が蓄積されません。

2分割可動

この「腰痛軽減 オフィスチェア」の第1の特徴は、何といってもハラチェアが独自に開発した2分割可動のパーツです。

背もたれと座面の両方が2つに分割され、体をもたせかけた時の圧力に対して可動が可能となっています。

そのため、体を預けた時の感覚が従来の椅子とはまるで違います。

使用してみると、いかにそれまでの椅子が体に無理をかけていたかが分かるでしょう。

背もたれと座面の特徴

背もたれ部分は、腰を預けたとき無理に支えるのではなく、パーツが動くことによって自然な体勢をキープ。

腰椎の余計な負担を減らして、腰痛へつながる疲労を予防します。

座面部分は、同一姿勢を取ることによって骨盤付近に集中してしまう圧力を分散し、利用者にとって自然で安定した姿勢を保ちます。

体型にフィットすることで、特定の筋肉を疲労させない工夫がされているのです。

そのため、座ってみると体重が軽くなったような不思議な感覚を味わえます。

人体光学シートエッジ

特徴の2つ目は、「人体光学シートエッジ」。

「腰痛軽減 オフィスチェア」では、座面のへり、ちょうどひざが当たる部分が下の方へ円を描いて傾斜しています。

この事により、座った時の脚と椅子との間に空間が出来、太腿やひざの裏側の血流を妨げる事を防ぎます。

エコノミークラス症候群に見られるように、下半身の血流の悪さは思わぬ体の不調を招くので、それを予防することは重要です。

また、更年期障害などでひざ裏が妙に熱く、座面との接触で不快感を覚える人にとっても有り難いデザインです。

まるで”装着品”

全体のデザインがとにかく人間の体に優しく、座ってみると体全体が包み込まれるような感覚に襲われます。

これも利用者の体の動きにフィットするような設計のおかげでしょう。

他の椅子があくまで「家具」や「事務用品」なのに対し、この「腰痛軽減 オフィスチェア」はまるで身につける「装着品」といった感じです。

その快感はこの椅子独特のもの。

もちろん、座面の高さは調節可能で、リクライニングに関しては、その強度もコントロール出来ます。

また、背もたれ自体を固定することも可能になっています。

特にデスクワークの人に

社会人が腰痛になりがちなのは、無理な姿勢を長時間に渡って取り続けるからです。

特にデスクワークでは、椅子に座って作業をすることが多く、自分が無理な姿勢を取っていることにも気づきません。

そんな人には特にこの「腰痛軽減 オフィスチェア」はおすすめです。

「ハラチェア 腰痛軽減 オフィスチェア」のまとめ

椅子などただ座れればいい、と考えている人も多いでしょう。

しかし、仕事で書類やパソコンを相手にするとなるとどうしても長時間付き合う道具となり、その良し悪しが仕事の効率、ひいては体の好不調にも影響してきます。

人間工学に基づくこの「ハラチェア 腰痛軽減 オフィスチェア」は体に負担をかけないことを第1に考えた製品。

使うとその素晴らしさが実感されるはずです。

「無段階リクライニング座椅子 腰痛解消ローソファー」の詳細

コタツを使う生活には欠かせないのが座椅子です。

単純な作りの安価なものから、見た目にもゴージャスな高級品まで様々ですが、メーカーとしてはデザインを重視しがちで、長時間使っていても疲れないという点に考慮が払われている品は少ないものです。

「無段階リクライニング座椅子 腰痛解消ローソファー」はデザインはもちろん、腰痛予防にも配慮された優れた商品。

お値段もリーズナブルです。

S字型のカーブ

なんといってもこの「ローソファー」の第1の特徴はその腰の部分。

横から見るとS字を描くように、普通の座椅子よりも前にせり出しているのです。

新幹線の座席は人間工学に基づいて、長時間の着席でも腰が疲れないようにデザインされていますが、それと同じアイデアがこの製品に採用されています。

S字を描く形状が背骨から腰にかけてのカーブにぴったりとフィットし、どこか特定の部位に過剰な圧力をかけることなく、自然な姿勢を促すのです。

腰痛が心配な人には本当におすすめです。

厚い座面

脚を伸ばす姿勢をしていると、上半身を支える骨盤への負担があり、そのせいでお尻も痛くなりがちです。

しかし、この「ローソファー」は座面がとても分厚く出来ているため、重さのかかったお尻を優しく支えます。

他の座椅子のなかには座面が分厚く見えていても、いざ使用してみると体がグッと沈み込んでしまい、結局腰に負担がかかるものが多いのですが、この椅子は違います。

おかげで長時間座っていてもお尻の疲労も軽減。

「ローソファー」を使いながらコタツに入れば、立ち上がる際に筋肉の強張りが少なくて済み、他の座椅子との違いが分かるはずです。

たっぷりしたヘッドレスト

ヘッドレストの部分は分厚く作ってあって、頭を預ける時も安心感があります。

座高のある人でも首の部分までしっかりとホールドし、肩こりなど余計な疲労を生みません。

その包み込まれるような感覚は、リラックスしたい時にピッタリです。

そして、背もたれをそのまま床につけて固定し、ごろりと寝転がる場合には、このヘッドレストが枕へと早変わり。

他のありふれた座椅子ではクッション部分が薄く作ってあって、フラット状態にしても枠の金具の部分が邪魔になって寝にくいのですが、この「ローソファー」は別です。

ソファーと名前の付く通り、色々な形でくつろぐことが出来ます。

表面はメッシュ素材を使用

表面の張地はメッシュ素材を採用しています。

通気性は抜群で、液体などのシミも付きにくく、肌触りは快適そのもの。

座椅子は室内で使うのですから、湿気にすぐ影響される素材は避けたいものです。

メッシュ素材なら管理もしやすく、汗をかきやすい夏、暖房を入れる冬、ともに変わらない使用感が保てます。

そして張地の色も、グリーン&ベージュ、ブラウン&ベージュ、ブラック&グレー、ブラック&ブルー、ブラック&レッド、レッド&ブラックと多数そろえてあって、自分好みのカラーが選べます。

ガス圧によるリクライニング調節

また、座椅子としては珍しく、ガス圧によるリクライニングの調節機能があるところも特徴です。

よくある座椅子だと、1度背もたれを平らに完全に倒し、座面と背もたれのつなぎ目のスリットとツメをガチャンガチャンとはめ込み直す必要があるのですが、この「ローソファー」の場合はただ単に座面右のレバーを引くだけです。

それもスリットとツメの方式と違ってどこでも任意の角度で固定できるため、非常に便利。

背もたれの角度を変えるためだけに広い場所を使う必要もなく、狭い部屋にもピッタリです。

その手軽さは体験してみるとよくわかります。

「無段階リクライニング座椅子 腰痛解消ローソファー」のまとめ

腰痛防止に配慮しているだけでなく、リクライニングの調節機能など使い勝手もよく、またデザインにも気を配った優れもの。

色の取り合わせが多数用意されているのもグッドです。

コタツの座椅子として使用するだけでなく、洋間でくつろぐ際もフィットする製品です。

座椅子を好む年配の方、また腰痛にお悩みの方へのプレゼントとしても最適でしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子