腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰ラク&美姿勢サポートクッションは腰痛の方におすすめ!

   

Jimu fab ジム 美姿勢サポートクッション ミスティグリーン

クッションを利用すれば、底つき感を緩和できるので腰痛の方には魅力的な製品に見えるかもしれません。

しかし、数多くのクッションは、座面または背もたれにしか利用できないので、広範囲に渡って腰が痛く感じる方では対応しきれません。

そこで、おすすめしたいのが『腰ラク&美姿勢サポートクッション』です。

このクッションは広範囲で腰が痛く感じる方でも対応しやすい構造になっているので、その秘密や魅力を紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰ラク&美姿勢サポートクッションの特徴

本製品が腰痛でも利用しやすくなっているのは、一体式になっている上に、正しい姿勢をキープしやすくなっているからです。

そこで腰痛に悩んでいる方のために、本製品は、どのような特徴になっているのか説明します。

一体式クッション

腰痛の症状は、様々なものがあって、背中付近の腰が痛くなる症状もあれば、お尻付近の腰が痛くなる症状もあります。

さらに、背中とお尻の両方で痛くなる場合もあるので注意しなければいけません。

しかし、広範囲で腰が痛くなる場合には、クッションを2枚利用して、椅子の座面と背もたれの両方に設置する方がいます。

このような方法は、安定感が欠けてしまうので、腰に負担をかける場合があるので気を付けなければいけません。

それに引き換え、本製品は座面と背もたれが一体化しているクッションなので、安定感が優れている事から、広範囲で腰が痛くなる方でも対応しやすくなっています。

S字ラインをキープ

本製品を利用したら、正しい姿勢をキープしやすくなっているのは『ビーズボール』を背もたれの両サイドに内蔵しているからです。

このビーズボールが内蔵されている事から、両方が膨らんでいるので、背筋が固定されやくなっているのです。

実際に、私たち人間は正しい姿勢をキープしていれば『S字ライン』になります。

このS字ラインとは、背筋を真横から見たらS字のように見える姿勢を指します。

このように特殊な形状になっている事から、腰の部分が湾曲している事から、腰がバネの役割を果たす事によって、腰にかかる負担を緩和してくれるのです。

そのため、腰痛の方にはS字ラインをキープしやすい本製品は、おすすめです。

U字ライン

本製品は、背筋だけではなく、お尻の位置もキープしやすくなっています。

なぜなら、本製品の座面は『U字構造』を採用しているからです。

このU字構造を採用している事によって、座面の両サイドと奥の部分が膨らんでいる事から、お尻や脚(太もも)が挟み込まれる事によって、お尻が前のほうへズレづらくなっています。

もしも、背もたれに寄りかかっている状態で、お尻が前のほうへズレてしまえば、上半身の体重の負担が腰に集中しやすくなってしまうのです。

それを考えたら、お尻の位置がズレづらくなっているのは、本製品の大きな魅力です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛の方が抑えるべきポイント

本製品は、正しい姿勢をキープしやすくなっているので、腰痛の方には利用しやすくなっています。

しかし、本製品だけでは腰痛が悪化する場合もあるので、腰痛の方が抑えるべきポイントをいくつか紹介するので参考にしてみて下さい。

適度な運動

腰痛になってしまえば、腰が痛く感じてしまうので、安静にしなければ腰痛が悪化してしまいます。

しかし、腰の痛みが軽くなってきたのに、いつまでも体を動かしていなければ筋力が低下してしまうので注意しなければいけません。

なぜなら、腰付近の筋肉は腰を支える働きがあるからです。

そのため、腰の痛みが軽くなってきたら、軽めの運動をして、筋力が低下しないようにして下さい。

肥満体型の方は注意

腰痛になる原因はいくつもありますが、そのうちの一つとして『肥満』が挙げられます。

実際に、肥満になってしまえば、正しい姿勢をキープしづらくなるので、腰にかかる負担が重くなってしまいます。

さらに肥満体質になっていたら、上半身も重くなるので、上半身の体重の負担が腰に加わった時は腰痛が悪化する可能性もあるのです。

そのため、肥満体質の方は、あまり無理をしない程度にダイエットをしたほうが良いです。

本製品の基本情報

本製品の特徴や、腰痛の方が抑えるべきポイントを理解できても、このクッションを購入するべきか悩んでしまう方もいるでしょう。

そこで、本製品の基本情報も紹介するので、参考にしてみて下さい。

丸洗い可能

湿度が高くなる梅雨の時期や、暑い夏場の季節にクッションを利用していたら、クッションは湿気がたまりやすくなってしまいます。

ダニは様々な種類がいますが、その中でも『ツメダニ』というものが繁殖していけば、肌を刺されてしまう事があります。

そのため、短パンを着用している時に、ツメダニが繁殖しているクッションに座ったら脚の肌を刺されてしまうので注意しなければいけません。

所が、本製品は『丸洗い可能』になっているので、ある程度までダニを洗い流す事ができるのです(ネットに入れて洗濯して下さい)。

本製品のサイズ

本製品は少し特殊な形状をしているクッションなので、本製品と椅子のサイズが合っていなければ安定感が欠けてしまうので注意し下さい。

実際に本製品のサイズは、全長65cm・座面幅44cm・背面幅39cm・厚み9cmになっています。

このように特殊な形状をしているクッションなので、設置しづらい場合もありますが、クッションの厚みが9cmもある事から底つき感を緩和しやすくなっているのです。

そのため、厚みのないクッションを利用していて、腰やお尻が痛く感じてしまう方は、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

コストパフォーマンス

本製品のように、安定感が優れていて、正しい姿勢をキープしやすくなっていたら、高額なクッションというイメージを抱いたかもしれません。

所が、本製品は意外にも低価格なクッションになっていて、楽天市場では送料無料で税込価格6,280円で購入する事ができます(2018年6月30日時点)。

なぜ、このように低価格な値段を実現できたのかと言えば、本製品は『簡易パッケージ』にする事によってコストダウンを実現できたからです。

そのため、コストパフォーマンスが優れているクッションを探している方にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの満足度

本製品はコストパフォーマンスが優れているクッションですが、今まで一体式のクッションを利用した事がない方は本当に利用しやすいのか不安を抱いたかもしれません。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用してみたら、あまり硬くない所を気に入っている方がいました。

実際に、クッションが硬すぎたら、お尻が痛くなってしまうので、正しい姿勢をキープする事が難しくなってしまいます。

そのため、姿勢が崩れる事によって腰痛になってしまった方は、本製品を利用してみる価値があります。

さらに、本製品は一体式になっている事から、背筋が丸くなりづらいので満足している方もいました。

そのため、猫背になって腰にかかる負担が大きくなっている方にも、本製品はおすすめです。

否定的な口コミ

本製品が柔らかくなっているので、体にかかる刺激があまりないのは魅力的なポイントですが、柔らかい事から姿勢をキープしづらいように感じている方もいました。

そのため、クッションが硬くても良いので、少しでも姿勢をキープできる製品を探している方は注意して下さい。

そして本製品を利用していたら、太ももの裏が少し痛く感じる方もいました。

この辺りは、座面がU字構造になっていて、脚を圧迫している可能性が高いので、注意する必要があります。

まとめ

本製品は一体式になっている事から、広範囲に渡って腰が痛くなっている方でも対応しやすくなっています。

そのため、腰痛の方には利用しやすいクッションです。

しかし、本製品よりも小さめのサイズになっている椅子に設置してしまえば、クッションがズレてしまう可能性があるので注意しなければいけません。

実際にクッションがズレてしまえば、腰にかかる負担が大きくなってしまうので、本製品を購入する前にしっかりとサイズを確認しておいて下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション