腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛と骨盤の歪みを改善するストレッチを2つご覧ください!腰痛持ちのあなたも健康的な日常を獲得しましょう

      2017/09/08

1図

腰痛の方は、どんなことが腰の痛みを引き起こしているのかご存知ですか?

どうやら骨盤の歪みが関わっているようです。

今回は腰痛と骨盤の関係について迫っていきたいと思います。

あなたが腰痛の意外な原因を知ることで、普段実践している腰痛改善法が劇的に変化するかもしれません。

期待を胸に抱いてこの記事をご覧になってください。

あなたを悩ます腰痛とは縁を切るきっかけになることを願います。

スポンサーリンク

腰痛・骨盤矯正用おすすめ骨盤ベルトランキングはこちら

骨盤を整えるおすすめの物とは?

骨盤の痛みは腰痛や肩こりを引き起こす場合もあるため、その傷みが長期化すると厄介なことになりかねません。

デスクワークをしていると、一点に負荷が集中して骨盤の痛みにつながってしまいます。

ですが骨盤を整えることで痛みが和らぐことがあり、ストレッチボールを使用することでその効果を実感できるとのこと。

ストレッチポールの上に仰向けになって縦に乗ることで、ポールによる反発力が発生します。

要するに骨盤が押されていき、骨盤が後方に移動して前方に寄っていた骨盤が本来あるべき位置に修正されるのです。

騙されたと思ってやってみる価値があるおすすめの骨盤矯正法だと言えて、骨盤の歪みによる痛みを気にされている方の救いの手となることでしょう。

ストレッチポールが身近な骨盤矯正法だと感じた方が数多いかもしれません。

正にコスパ抜群な骨盤矯正法であり、今日からでも実践できそうな位に身近です。

スポンサーリンク

腰痛・骨盤矯正用おすすめ骨盤ベルトランキングはこちら

骨盤が痛くなる原因と対策

デスクワークをされる方に多いのが片脚に体重を長時間掛けることであり、そのことが骨盤の歪みとなって恥骨の痛みを招いてしまいます。

普段何気なくしている片脚への体重負荷が骨盤に負担を掛けていることをお知りになった方は、組んでいる足を変えるだけでも骨盤の歪みが改善されるかもしれません。

足の組み方が同じだと骨盤の痛みを引き起こしてしまうようです。

そのことが腰の痛みに発展してしまい、骨盤の痛みと腰の痛みに苦しめられることにつながってしまいます。

骨盤が痛くならないようにするためには、正しい姿勢を取ることが重要です。

しかし、人によってはデスクワークをしているうちに楽な姿勢を取りたくなるため悪い姿勢になってしまいがち。

そのことに心当たりがある方は、悪い姿勢を正して骨盤の痛みを出さないようにしましょう。

腹筋と骨盤の歪みの関係

腰痛は腰椎のずれによって周辺の神経を圧迫することで起こります。

この腰椎のずれを引き起こしているのが骨盤の歪みです。

腹筋は骨盤を支えるために必要な筋肉なので、腹筋の衰えにより骨盤が歪んでしまい腰椎の歪みに直結してしまうようです。

だからこそ腹筋を鍛えている方が少なくないと思い、腹筋の向上が健康維持のための秘訣だと位置付けられていても不思議ではありません。

強力な腹筋で骨盤の歪みが治るならば背に腹は代えられない、という思いで腹筋を鍛えるようになった方が少なからずいらっしゃることでしょう。

腹筋を鍛える器具が世の中に広く出回っているのは、骨盤の歪みを解消することも目的にしているからかもしれません。

ヒール愛用者に知っていただきたいこと

ヒールを履いている方も骨盤の歪みを招く予備軍です。

ヒールを履くことでつま先立ちになり、ふくらはぎの筋肉が緊張してきます。

そのことが太腿の筋肉を緩ませていき、腹筋の緩みにつながって骨盤が歪んでしまうのだそうです。

ヒールは身長を高く見せてくれるメリットがありますが、骨盤に悪影響を及ぼす可能性がある物でもあります。

ヒール愛用者によっては骨盤の歪みを抱えているでしょうし、その歪みを解消するためにヒールを履くのを止めることは耐え難いことなのでしょう。

しかし、骨盤の歪みが腰痛を助長してしまう以上、その原因となるヒールを頻繁に履かないなどの対策を採ることが大切です。

6割の女性がヒールを履いている事実があるため、ヒールで骨盤が歪んでしまうケースが多々あるのでしょう。

ヒールは大人っぽい女性を演出してくれる物なので、骨盤の歪み対策として撤去するのは極めて難しいです。

骨盤の歪みを回避するためにヒールを履くのを控えるべきなのか、多くの女性に判断が問われているかもしれません。

骨盤の歪みを解消するストレッチ

骨盤の歪みを解消するストレッチを見ていきましょう。

最初に伸ばしたい足を曲げた後に腕で膝を抱えます。

その後にもう片方の足を持ってから体に引き寄せていくとのこと。

腰からお尻まで筋肉が引き伸ばされていく感覚を覚えたら正しくストレッチができている証拠です。

その状態で10秒キープしますが、伸びていないからといって無理に引っ張ると逆効果なので注意しましょう。

次は両方の膝を腕で抱えた状態で背中から腰を満遍なく伸ばします。

膝が思った通りに曲がらなくても、曲げられるところまで曲げた後に10秒数えて終了です。

以上の骨盤の歪みを解消するストレッチは、隙間時間を見つけて実践できて実用的だと思います。

腰痛を緩和させるストレッチ

腰痛防止のために腹筋や背筋を鍛えるのが良いと分かっていても、それらの筋肉を鍛えるのは容易でない方がかなりいらっしゃるのではないでしょうか。

筋肉を鍛えようにも痛みが生じて結局断念…という風に挫折してしまったケースが跡を絶たないかもしれません。

そんな方でも無理なく始められて、尚かつ即効性がある腰痛解消のストレッチをご紹介します。

何と10秒後に効果が得られるようなので、大抵の腰痛持ちの方が試したくなるストレッチだと見受けられますね。

まずは爪先を反らしてから足を捻り、3秒間反る力と捻る力を保つとのこと。

その後に脱力して元の状態に戻ります。

爪先を反らせるのは、爪先を伸ばすことで大腰筋が緩められるからです。

とは言え、爪先を伸ばして背中がつってしまう場合は、爪先を反らす行為は控えていただいても構いません。

左右ずつ3回が目安ですが、左右共に回数に制限が無いので気が済むまでおやりになっても問題無いです。

仙腸関節に異常が起こるとどうなる?

仙腸関節は骨盤の歪みと関連があるようでして、仙骨と腸骨で形成されています。

仙腸関節とは背骨から来る重力を足に伝達したり、背骨や股関節の運動をサポートするようです。

平たく言えば、日常生活で無くてはならない関節であり、仙腸関節に支障が出ることで骨盤や腰に異常が見られるようになります。

出産後の痛みで目立つのは、仙腸関節による腰痛です。

出産後に徐々に骨盤が閉じる際に、仙腸関節の痛みが原因の腰痛が起こるとのこと。

出産を経験された方の多くは、仙腸関節に何らかの違和感を覚えたのではないでしょうか?

あぐらをかいたときに痛くなったり、股関節が開かないなどの問題が起こるようです。

仙腸関節の痛みを解消することが腰痛を治すことにつながっていくのが期待できます。

骨盤矯正の意義と体育座りについて

骨盤矯正は腰痛を治すことにつながり、背中のカーブが強過ぎて起こる猫背を正していきます。

骨盤矯正で良い姿勢になれば、背骨がS字カーブを描くようになり、重力を分散したり重たい頭を支えてくれる筋肉の負担軽減をしてくれるわけです。

腰痛になったら体育座りをしてはいけなくて、腰に負荷が掛かってしまうとのこと。

ついつい体育座りをしてしまう方は、今日からでも腰痛を悪化させないために体育座りは控えましょう。

その心掛けが腰を労ることにつながり、普段の腰痛防止と合わせて腰に改善が見られるようになります。

まとめ

腰痛は骨盤の歪みに連動して起こることをお知りになった方は、骨盤を歪めてしまう生活習慣を見直すことを前向きに検討するようになったのではないでしょうか。

自宅で簡単にできるストレッチで腰痛と骨盤の歪みを解消できるので、それらの症状が気になる方は是非実践してみてください。

ややもすれば思った以上の効果の高さに、そのストレッチを習慣化することもあながち大げさではないでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 腰痛用骨盤ベルト