腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛になってしまう原因として椅子が大きな影響を持っていることがある

   

DXRACER ゲーミングチェア DXR-BKN ブラック

腰痛の原因は椅子が大きく関係していることが多いのです。

日々、何気なく座っているその椅子が、実は腰痛の大きな元院を作っているかもしれませんので、早目に椅子の改善を検討することが大切です。

自分に合った椅子選びを行うことはもちろん、正しい椅子の座り方や立ち上がり方などを理解しておけば、腰痛になってしまうことを防ぐことができます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛を回避する座り方

座るときには負担が増す

椅子に座るときには、一般的には体を休めたいときです。

体の負担が大きくなってしまい、少し座って体を落ち着かせたいときに椅子に座ると言う発想になりますが、実はこの椅子に座るときや座っているときには、体に大きな負担を与えてしまっていることがあります。

椅子は一見、体を休めるには最適な道具だと感じますが、とくに腰痛を引き起こしてしまっている道具であることも理解をしておきましょう。

骨盤を立てて座ることもポイント

腰痛を回避する座り方はいくつかありますが、中でも効果的な座り方が骨盤を立てて座る方法です。

骨盤を立てることで、腰への負担は極端に軽減され腰痛を回避することができます。

こうした座り方の代表が正座です。

正座は腰への負担が少ない座り方であり、長時間でも負担は軽減できます。

しかし、正座は普段の生活の中では行うことは少なく、さらに足がどうしてもしびれてくる座り方になってしまいますので、おすすめはできません。

椅子を利用して座ることが一般的な現代においては、負担を回避するするには骨盤をしっかり立てて座ることが一番です。

足は必ず地面に付ける

また、体の多くの部分を設置せることも重要です。

設置している面が多ければ多いほど、体の負担が分散されて腰痛を回避できるようになります。

とくに下半身を支える足は、必ず地面に付けるように座るようにしましょう。

足を地面に付けておけば、下半身の負担を地面で吸収させることができるようになります。

こうした細かいことですが、一つ一つの実行させることで、腰痛を引き起こしてしまうリスクを減少させることができるようになるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

椅子選びにも重視する

細かい調整機能は必須

腰痛を回避できる椅子を選ぶポイントとして、細かい調整機能が付いていることは必須です。

背面の調整や椅子の高さの調整機能、リクライニングの硬さの調整まで、細かく調整できれば自分に最適な位置で座ることができるようになります。

また、アームレストなどの調整もできるタイプもあります。

自分にピッタリの椅子を見つけることは簡単ではありません。

こうした調整機能を活用して、自分にピッタリとくる椅子にしていきましょう。

素材も重視する

また、使用する椅子の素材にも重視することが大切です。

椅子の中では腰痛に効果的な高反発の素材を使用したタイプもあります。

柔らかい沈み込みが大きなタイプの椅子は、一見腰への負担を和らげてくれるように感じますが、反対に腰への負担は大きくなってしまいます。

柔らかい素材は、腰が曲がった状態をキープさせてしまい、座っているときには楽に感じますが、長時間座った状態から立ち上がると確実に腰痛を招いてしまいます。

素材にも重視して選ぶことが腰痛を回避する椅子の選び方になるのです。

人気の椅子のタイプ

人間工学に基づいた設計

最近では、人間工学に基づいた設計になっている椅子も多く販売されるようになってきました。

こうした椅子の特徴は、体の骨格に合わせた形状になっていると言うことです。

体のラインに合わせた椅子にさせることで、まさに自然な座り心地を実現させることができます。

また、腰痛に優しい椅子になるだけではなく、腰痛を未然に防ぐことも可能になるのです。

正しい椅子の座り方を、椅子自体が教えてくれますので、こうした人間工学に基づいた設計になっている椅子はぜひおすすめです。

持ち運びや組み立てが楽な椅子

また、持ち運びや組み立てが楽な椅子も人気を得ています。

腰痛を抱えている人は、気に入った椅子をどこでも愛用したいと考えます。

そのため、椅子は持ち運びがしやすい方が有利です。

できるだけコンパクトで持ち運びしやすい椅子を選んでみましょう。

おすすめの腰痛対策の椅子6選

DXRACERゲーミングチェア

DXRACER ゲーミングチェア DXR-BKN ブラック

ゲーム用の椅子としてはとても有名な DXRACERゲーミングチェアですが、この椅子は腰痛対策用としても高い人気を誇っています。

体をしっかりと包み込むことができるように設計されているため、大きな動きをしても体がずれるようなことはありません。

バケットシートタイプになっているゲーミングチェアを利用した腰痛対策としては、このDXRACERゲーミングチェアはとてもおすすめです。

この椅子も人間工学に基づいて作られているため、体に大きな負担がかからず気持ち良く座ることができます。

170度無段階リクライニングチェア

ZHIJIA ゲーミングチェア リクライニングチェア オットマン付き 無段階 約170度 リクライニング バケットシート 長時間座るPC作業向け椅子 耐荷重100kg L-2

タンスのゲンの170度リクライニングチェアフットレストサポートクッション付きは、まさに本格的な腰痛対策用の椅子だと呼べる存在です。

厚みのあるクッション性の高いこの椅子は、いつでも楽な姿勢を維持できるように設計されています。

頭の先から足の先まで、しっかりリラックスできるこの椅子は、少し高価なタイプにはなりますが最高におすすめできます。

オフィスチェアエンジョイ

Ergohuman オフィスチェア エンジョイ ハイタイプ EJ-HAM BK (KM-11)

エルゴヒューマンのオフィスチェアエンジョイは、エラストメリックメッシュと呼ばれる、とても通気性に優れた素材を使用しています。

見た目にもとてもスタイリッシュであり、尚かつ機能性にも優れていますので、オフィスチェアとしては最高の存在です。

また、弾力性や耐久性もしっかり考慮して設計されているので、長く安心して使い続けることができます。

ハラチェアニーチェ

ハラチェア HARA CHAIR ニーチェK オフィスチェア ワーキングチェア ハラチェアー 腰痛軽減 事務椅子 (グリーン)

腰痛改善用の椅子は、比較的高価なタイプが多くなりますが、このハラチェアニーチェは比較的リーズナブルな価格で手に入れることができる、腰痛対策用の椅子です。

廃面とお尻の面が二つに分割されたタイプになり、とても珍しい設計になっていますが、この設計が腰痛には高い効果を生み出してくれるようになっています。

初めてこの椅子に座ったときには、新しい感覚で驚きます。

ブラックをメインにしたカラーになっていますので、高級感も感じることができるようになっています。

セイルチェア

ハーマンミラー セイルチェア サスペンションMバック 高さ調節アーム フォグベース/ホワイトフレーム サスペンションレッド アームマルベリー 座ルージュ AS1YA23HA N2 65 BB RO 82 9112

ハーマンミラーのセイルチェアは、とてもスタイリッシュで美を感じる椅子なのでとくに女性におすすめできる椅子です。

見た目がかっこいいだけではなく、しっかり腰痛対策のことも考慮して作られています。

快適に座れる、快適に立ち上がれる細かな工夫は、多くの人が納得できるレベルです。

バランスチェア

バランスチェア イージー 姿勢が良くなる椅子 学習椅子 (レッド (146BN001))

サンワダイレクトのバランスチェアは、背面部分がない腰痛改善用の椅子として人気を得ています。

座ると言うこともそうですが、正しくバランスを保ちながら、体を矯正していくと言う座り方になっていきます。

腰痛になってしまう可能性のある人にとっては、このバランスチェアは間違いなく最高のアイテムになります。

多くの人におすすめです。

まとめ

腰痛に悩まされている人は、年配の人だけではなく若い人でも同じです。

多くの原因は椅子に座っているときの体制にあります。

体の骨格を無視したような座り方をしてしまうことで、簡単に腰痛は悪化をしてしまうのです。

こうした状況を回避するためには、正しい椅子の選び方や、正しい椅子の座り方を理解することから初めていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子