腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛になりやすい人には原因があった!今日から実践、腰痛対策おすすめクッション4選

   

IKSTAR 第四世代 ヘルスケア座布団 低反発クッション ブラック

もはや日本の現代病と言って過言ではない『腰痛』。

厚生労働省の発表によると、なんと日本人の約2,800万人が腰痛持ちと言われています。

急激な運動をしたわけでもぎっくり腰になったわけでもないのに、慢性的な腰痛に悩む人が増えています。

あなたも気がつくと何時間も座りっぱなし、なんて経験はありませんか?

腰痛に日々悩む方にうれしいおすすめの腰痛対策クッションを紹介します。

生活習慣や仕事で、長時間の無理な姿勢で腰に重い負担をかけていることが原因の腰痛は要注意です。

つらい腰痛の原因と対策を正しく理解して、平穏な日々を取り戻したいですよね。

今日から腰痛難民を卒業しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

現代人は知らず知らずに腰痛を発生

人は車やオフィスや自宅、学校など、日本人は様々な場面で座って活動しています。

しかし座る姿勢や座り方、座る場所によっては立っている場合よりも約1.5倍も腰へ負担をかけてしまっているのをご存知でしょうか。

座っている間は上半身の体重を全て腰や太ももで支えているわけですので、悪い姿勢で座っていたり長時間ずっと座り続けると、骨盤の歪みや血行不良の原因になってしまいます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

期間で分かる腰痛の種類

腰痛は発症する期間によって、急性の腰痛と慢性的な腰痛に分類できます。

急性の腰痛は発症してから1カ月未満、慢性の腰痛期は3カ月以上続いている腰痛ですので知っておくといいですね。

急性の腰痛は激しく動いたり、ぎっくり腰といった痛みの要因があるのに対し、慢性的な腰痛は気付いたら痛みがあり、原因が本人にも分からないような腰痛です。

腰痛症やぎっくり腰などと呼ばれる急性の腰痛の原因は腰の関節や筋肉の炎ですので、痛みを抑える治療を施します。

急性の腰痛は絶対安静にするよりも、むしろ動ける範囲は動いたほうが回復が早いですから積極的に動きましょう。

今からできる日常生活の慢性的な腰痛対策

慢性的な腰痛は、デスクワークや長時間の運転などで同じ姿勢でいることが多い方に起きやすいです。

また、あまり運動をしないで筋肉が弱っている方は腰痛が治りにくいので、長期的な腰痛予防と対策が必要となります。

慢性的な腰痛のメカニズムを知ろう

何かにぶつけたわけでも、急に動いたわけでもないのに、腰痛が起きるのには理由があります。

体が一番効率よく無理なく動くのは、頭のてっぺんから腰回りの骨盤、そして足の先までまでの骨が綺麗に正しく並んでいる時なのです。

ですから、姿勢が悪くてその骨の位置が少しでもずれると、腰に局所的な負担がかかり、痛みとなってしまいます。

つまり、慢性的な腰痛は背骨が歪んでいたり、血流が悪いと徐々に起きてしまうので、心あたりがある方は今すぐ直してください。

座りっぱなしという方は深刻な腰痛に悩まされ続けますよ。

たったこれだけの業間運動で腰の元気を復活

慢性的な腰痛には、まずは股関節のストレッチ運動で骨盤の矯正をしましょう。

姿勢を正すことが一番初めにするべきことです。

次に、硬くなった筋肉をほぐして、骨盤や股関節を正しい位置に戻して歪みを矯正しましょう。

筋肉を柔軟にすることで、血管に刺激を与えられますし、さらに、骨盤につながる背骨のバランスを正すことで腰痛対策ができます。

もし長時間座りっぱなしの時は、30分から長くても1時間に1回は立ち上がり、体をゆっくり動かしてください。

このように、業間に腰に動きを入れることが腰痛予防に大切です。

人の体は体操やストレッチをすることで、腰を支える背中や腰まわりの筋肉のコリをほぐし、血液の循環を良くできます。

腰を回したり、前屈したり、背中を伸ばしたり、ちょっとした動作を時々積み重ねていくことで、腰痛の程度に大きな差が生まれますから、股関節まわりの筋肉を柔らかくして骨のズレを矯正し、血流を良くしましょう。

腰痛を引き起こす座り方をやめよう

あなたはデスクワークや運転中の自身の姿勢を見たことがありますか?

思っていたよりもおかしい姿勢であることに驚くでしょう。

ですから腰痛にならないように座る姿勢にも注意しましょう。

椅子に浅く腰かけていたり、背骨が丸まっていたり、猫背になっていたら、即刻座り方を直し、背骨のS字カーブをキープして深く座ってください。

たとえば新幹線の移動時間が長い人は、途中で通路に出て歩くといいですよ。

窓側の席だと、隣の人に遠慮して座りっぱなしでいることがよくありますので要注意。

くれぐれも、腰に負担がかかる姿勢や作業を長時間続けるのは避けてください。

生活習慣にも腰痛の原因があった

腰痛には意外な原因があります。

生活習慣上のクセで、足を組む癖があったり、片足の脚にばかり重心を乗せている方は腰痛になりやすいです。

姿勢が悪いと腰に負担がかかり、慢性的な疼痛を伴います。

これらの行為は、普段あまり歩かなかったり体重が重かったりする方によく見られ、他人に指摘されなければ気付きにくいものですから、身に覚えがあったら直ちに改善しましょう。

腰痛対策クッションのすごさ

デスクワークや長時間の運転で、椅子で同じ姿勢をずっと続けていると体勢が崩れ、 姿勢が悪くなりがちになっていませんか。

また、車のシートでは、腰や背中がだんだん沈み込み、猫背になってしまうことも。

そこで助かるのが腰痛クッションです。

腰痛対策クッションの原理は、腰をクッションが支えることで体圧を分散し、背骨から骨盤まで自然で楽な姿勢を維持するというものです。

長時間座っていてもクッションが適度な圧力で腰を支え、あなたを正しい姿勢に導きます。

腰痛対策クッションは背骨にかかる圧力を分散して軽減することで、背骨が元のS字型に戻り、正しい姿勢をキープできます。

そしてただのクッションとは違い、腰を両側からしっかりクッションが体を支え、腰椎の自然な湾曲をキープしますので腰痛を予防します。

背骨のS字カーブを保ちやすく長時間座っていても快適な上、さらには底部の斜面が腰椎の圧力を緩和して腰への負担を軽減しますから腰痛に苦しむ方に大変おすすめです。

おすすめ腰痛対策クッション

腰痛対策クッションは、おしりの裏だけではなく太ももや腰まわりの姿勢まで考えて作られています。

人間工学に基づく腰痛対策クッションが、人の理想的な座る姿勢を長時間維持することで腰痛予防と対策に一役買っています。

そこで、口コミなどでも評価の高いおすすめの腰痛クッションを紹介しますのできっと「買ってから腰が楽になった」と感じるはずです。

IKSTAR 第四世代 ヘルスケア座布団 低反発クッション ブラック

IKSTAR 第四世代 ヘルスケア座布団 低反発クッション ブラック

クッションは厚めなので痛さを感じませんし、通気性も良いのが特徴です。

腰をすっぽり包み込むようにゆったりと座れますから、お尻の形にそって座面が腰痛を軽減してくれる上、持病のある方や骨盤矯正にも効果を発揮してくれると評判です。

【KYOSER】骨盤サポートクッション

【KYOSER】低反発クッション 健康クッション 骨盤クッション 骨盤サポート お尻クッション 自宅用 オフィス 椅子用 車用 姿勢矯正 腰楽クッション アイマスク 耳栓 3点セット

KYOSERの骨盤サポートクッションは、優れた通気性と優れた機能性と洗練された弧線形状のデザインを採用していますので、骨盤バランスを整え、健康的な正しい姿勢をサポートします。

体圧分散でお尻にフィットしますので、長時間座ってもお尻や腰が痛くなりにくい上、体力学に基づいた設計が魅力です。

記憶ウレタンにより圧力を吸収し、お尻を優しく包み込むように保持してくれると同時にクッションが尾椎の圧力と体圧を分散します。

EXGEL モニートツーリング バッククッション ADK-61

エクスジェル (EXGEL) シートクッション モニートツーリング バッククッション ブラック ADK-61-BK

エクスジェル(EXGEL)は床ずれの負担を軽減するために柔らかく、その優れた特性は幅広い分野で人気です。

医療・福祉製品、ベビー用品、理美容機器、パソコン用アクセサリ、自動車品からモータースポーツ部品まで幅広い製品に採用されています。

座ると背筋が自然に伸びる構造なので、正しい座り方を維持することが可能です。

U-miss ヘルスケア座布団 クッション

U-miss ヘルスケア座布団 クッション 低反発座布団 チェアマット 痔 腰痛 猫背 姿勢矯正 健康クッション ブラック

お尻にかかる体圧を分散して腰や骨盤を支えて、腰や骨盤への負担を軽減することで、前立腺炎、腰痛持ち、座骨神経痛、椎間板ヘルニア、手術後などの症状を緩和します。

座るだけで自然と姿勢が矯正され、長時間座っていても全く疲れることのない、座りやすい座布団クッションです。

まとめ

慢性的な腰痛は放っておけば治る、というものではありませんから、座りっぱなしや悪い姿勢による骨の歪みを矯正し、血流の循環を良くすることが腰痛対策になります。

急性的な腰痛と異なり、慢性的な腰痛は日々の努力が大切ですから、腰痛対策クッションをぜひ今日から活用してください。

腰痛対策運動の積み重ねももちろん怠らず、椅子やシートに座る時は、おすすめの腰痛対策クッションを上手に活かして、腰痛になりにくい体作りに励みましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション