腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛に効果的なクッション選びは慎重に行うようにする

   

p!nto beauty 正しい姿勢の習慣用座布団 クッション(pinto beauty)ピント ビューティー[pink]

自分に合ったクッションを見つけることは、決して簡単なことではありません。

とくに腰痛を抱えている人の場合には、クッション選びには慎重になるべきでしょう。

まずは、多くのクッションを知り、さらにそのクッションの特徴や機能性などを理解していきましょう。

多くの種類を知ることで、自分の腰痛に最適なクッションが見つかるはずです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

スポンサーリンク

腰痛の人がクッションが必要な理由

長時間座ることが楽になる

腰痛を持っている人が長時間、椅子などに座り続けることはとても苦痛なことなのです。

腰痛がある場合、楽な椅子だと感じていても時間が経つに従って腰への負担がどんどんと大きくなっていき、気が付いたときには取り返しの付かないような痛みになってしまうことも珍しくはないでしょう。

こうした場面にやくに立つ存在がクッションなのです。

クッションは、腰の痛みを軽減してくれるだけではなく、長時間座ることが楽に感じることができるのです。

今まで座っていた椅子にクッションを当てるだけで、座るのがとても楽になりますので、まずは椅子にクッションを敷くと言った感覚を持つことが大切だと言えるでしょう。

車の運転も楽になる

車の長時間の運転を行ったときには、急に車から出たときには腰が重く感じるはずです。

腰痛を持っていなくても、車の運転は腰に大きな負担を与えている状態なので、腰痛を引き起こす可能性はとても大きくなります。

また、車の運転はカーブを曲がるなどの状況のときには常に足や腰に強い力がかかっている状態になります。

こうした状態を繰り返していくと、腰だけではなく足にもしびれが起こってくることもあります。

こうした状態を解消してくれるのがクッションなのです。

しっかり腰などを覆い、安静させることで長時間の運転でも疲れにくい姿勢を保つことができます。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

スポンサーリンク

クッションの上手な利用方法

必要であれば数個用意する

腰痛の人が椅子などに座る場合、クッションはとても重要なアイテムになりますが、しっかり腰を支えてくれていないと感じた場合には、一つのクッションではなく腰を支えることができる数のクッションを用意しておくべきでしょう。

クッションは腰全体を覆うように当てることがベストなため、一つでは物足りないと感じてしまう場面は多々あるはずです。

椅子の形状などにもよりますが、自分に合っているクッションは数個持っておくと良いでしょう。

背中だけではなくお尻にも利用する

クッションはただ、背中や腰などに当てるためだけではありません。

腰痛の具合によっては、お尻にクッションを当てることもベストな方法なのです。

お尻にクッションを当てることで、座った姿勢で体の体重を支えているお尻の部分の力が分散され、腰や背中の負担が大幅に軽減されます。

クッションによっては、お尻用の薄めのタイプもありますので、上手に活用することをおすすめします。

腰痛に効果的なクッション3選

p!nto

p!nto beauty 正しい姿勢の習慣用座布団 クッション(pinto beauty)ピント ビューティー[pink]

p!ntoは特殊な採型機を使用していることで有名なクッションです。

開発には、人の体を熟知したセラピストが筋肉の緊張や関節の動きなどをこのクッションに座って実際に確かめながら作っているため、腰痛に対する軽減と言った意味ではとても信頼できるクッションだとも言えるでしょう。

無理に体重をクッションに預けるような姿勢になるのではなく、自ら重心を整えることを促してくれるため、自然と快適な姿勢を維持できるようになるでしょう。

また、p!ntoにはエスリーム技術と言ったものが採用されており、三次元立体構造によって肋骨や腰、そしてお尻や足などをとてもバランスよく支えて良い姿勢を維持できる仕組みとなっています。

このクッションに座ることで、椅子が体に沿うような感覚を与えてくれるでしょう。

これもエスリーム技術が持っている効果なのです。

バックジョイリリーフクッション

バックジョイ リリーフクッション BackJoy Relief Cushion 腰の負担減少に【並行輸入品】 (ネイビー)

バックジョイリリーフクッションは、一見するとクッションには見えないかもしれません。

見た目はサポーターのように見えるかもしれませんが、バックジョイリリーフクッションはとても注目されている腰痛対策用のクッションなのです。

ほとんどの人が、腰痛は姿勢の悪さから起こることは理解をしているでしょう。

ただ、正しい姿勢で座る事ができる方はとても少なく、意識をして良い姿勢で座ろうとしていても時間が経つと姿勢が乱れてくるはずです。

正しい姿勢がどのような姿勢なのか分からず、座っている時間には常に腰に大きな負担を与えてしまっている状況になっているでしょう。

バックジョイリリーフクッションは、どのような体制や座り方をしていても、しっかりと中心を捉えて最適なポジションに合わせる事ができるので、長時間座っていてもとても楽に感じるはずです。

これは独自に開発された、ゆりかごシステムによる効果です。

このシステムは特許も取得しています。

バックジョイリリーフクッションは、どのような座り方でもお尻と腰の動きと一体化する構造になっているため、多くの人にフィット感を受けることができるでしょう。

姿勢が悪い人は、座っていると自然に前かがみになったり、腰を無理に曲げるような姿勢になってしまったりさまざまです。

こうした状況でも確実にフィットさせる能力のあるバックジョイリリーフクッションは、多くの人におすすめできるクッションです。

アーユルメディカルシート

【姿勢が良くなる2WAY座面シート】【腰痛の予防・集中力UP】アーユルメディカルシートベージュ

アーユルメディカルシートは、腰痛を持っている人であれば、既に使用している人も多いでしょう。

それほど有名なクッションなのです。

腰痛は姿勢の悪さから起こるものと言った考えから作られていますので、まさに腰痛を持っている人の救世主とも言える存在のです。

アーユルメディカルシートは中心から左右に割れている作りになっています。

この二つに割れている座面に座ると、不思議と自然と脚が開く状態になり、またいで座るような姿勢になります。

こうした効果は、骨盤の左右のバランスを整えてくれる役割を担っているのです。

また、座面は柔らかく設定されていますが、お尻が沈み込んでしまうようなことはありません。

坐骨の二点で座ることを想定して作られており、適度な弾力となっているのです。

アーユルメディカルシートは、とてもレベルの高い構造から価格も少し高めに設定されていますが、体の基礎から整えたいと考えている人にはおすすめできます。

クッションを選ぶポイント

全体的なバランスが重要

多くのクッションがありますが、腰痛を持っている人が選ぶ上で一番最初に考えなければならないことは、全体的なバランスでしょう。

さまざまな機能が備わっているクッションでも、自分の体に完全に一致するわけではありません。

反対に腰への負担を増やしてしまうことにもなるかもしれません。

重要なことは、機能性だけではなく本当に自分に合ったクッションなのかどうかを総合的に見分けることです。

必要であれば、実際に座ってみて腰痛への負担を軽減できるのかどうかの確認を行うべきです。

時間をかけて、腰痛に最適なクッションを選んでみましょう。

まとめ

腰痛を抱えている人は、どのようなクッションを選びますか。

多くの機能性に優れているクッションがありますので、機能性に優れているタイプを選ぶことで、自分の姿勢などに合わせて腰痛をしっかり守ってくれます。

しかし、重要なことはまずは実際に座ってクッションの状態を確かめることでしょう。

多くのクッションに実際に座ってみて決定するように心がけましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション