腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛に悩んでいる方は椅子の座り方が重要!その理由とは?

   

美姿勢習慣 ココア

腰痛になっている方は、椅子に座るだけで腰が痛く感じやすくなっていますが、それは座り方が悪い可能性があります。

実際に、椅子の座り方によって、腰にかかる負担が大きい場合もあれば、小さい場合もあるのです。

そこで、腰痛に悩んでいる方たちのために、椅子の座り方や、おすすめの椅子などを紹介するので参考にしてみて下さい。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

椅子の座り方で腰痛対策が可能

椅子の座り方に注意をすれば、今までよりも腰にかかる負担を軽減できて、少しは腰の痛みを和らげる事ができます。

それでは、どのような座り方をしたら良いのか説明するので、ご覧になってみて下さい。

背もたれに腰を接触

椅子の座り方は1つのように思うかもしれませんが、様々な座り方があって、その中で最も注意して欲しいのが、お尻の位置です。

背もたれから腰が離れた所で座ってしまえば、浅く腰をかける姿勢になってしまうので、腰にかかる負担が大きくなってしまいます。

なぜなら、お尻が前のほうにズレている状態で、背もたれに寄りかかってしまえば、上半身の体重の負担が腰に集中してしまうからです。

腰にかかる負担を軽減するためには、背もたれに腰を接触させて、背筋を真っ直ぐにして下さい。

そうすれば、上半身の体重の負担が、腰よりもお尻のほうに集中しやすくなるので、腰にかかる負担を軽減できます。

骨盤の歪み

姿勢を悪くしていたら、骨盤がゆがんでしまう事があります。

骨盤は内臓を支える働きがあるので、骨盤が歪んでしまえば、内臓が下のほうに落ちてしまって、内臓が下のほうへ集まってしまうのです。

そのような事になれば、腰にかかる負担が大きくなってしまうので、腰痛の症状が悪化する事になるので、注意しなければいけません。

骨盤が傾かないようにするためには、背筋を真っ直ぐにするだけではなく、両方の足裏をしっかりと床につけて下さい。

そうすれば、骨盤は前後だけではなく左右も傾きづらくなります。

前かがみの姿勢

デスクワークをしている方は、パソコンの作業に夢中になってしまって、前かがみの姿勢になってしまう事があるでしょう。

前かがみになってしまえば、上半身の姿勢が崩れてしまうので、肩に大きな負担をかけてしまいます。

肩と腰は背骨でつながっている事もあって、肩に負担をかけるようになれば、腰にまで悪い影響を与えてしまいます。

デスクワークをしている方で肩こりに悩むようになったら、肩に負担をかけている可能性があるので、前かがみになっていないか、定期的に確認するようにして下さい。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰にかかる負担を軽減する椅子

正しい姿勢で座る事によって、腰の痛みを和らげる事はできますが、姿勢がすでに崩れている場合には、短期間で正しい姿勢にする事は難しいでしょう(腰痛の症状によって姿勢だけでは痛みが緩和できない場合もあるので注意)。

そこで、正しい姿勢をキープしやすい椅子の特徴をいくつか紹介するので、みていきましょう。

ランバーサポート付き

私たち人間は、四足歩行から二足歩行へ進化する過程で、背筋が『S字カーブ』に変わりました。

S字カーブとは、真横から背筋を見たら、S字のような姿勢になっていて、腰が湾曲している状態を指します。

腰が湾曲する事によって、バネの役割を果たして、腰にかかる負担を軽減できるようになっているのです。

そして、数多くある椅子の中には『ランバーサポート』が備えられているものがあって、腰を前のほうへ押し出すような形状になっています。

ランバーサポートが備えられている椅子であれば、S字カーブをキープしやすくなるので、姿勢が悪い方にはおすすめの製品です。

リクライニング機能

腰の筋力が低下している方や猫背の方たちは、背筋を真っ直ぐにしようとしたら、体が疲れてしまいます。

そのため、適度に椅子から立ち上がって休憩を取る事も重要ですが、何回も立ち上がってしまえば、手間暇をかけてしまうので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『リクライニング機能』を備えている椅子です。

リクライニング機能を活用したら、背もたれを倒す事ができるので、座っている状態で腰を一時的に休ませる事ができます。

高さ調整

両方の足裏を地面にしっかりと接しておけば、骨盤を水平に保つ事ができますが、椅子の座高によって足に負担をかけてしまう事があります。

例えば、座高が低い製品を利用している時に、足裏を地面に接しようとすれば、太ももが上のほうへ上がって疲れやすくなるので注意しなければいけません。

それとは逆に、座高が高すぎる場合には、足裏を地面へ接する事が難しい場合もあるのです。

数多くある椅子の中には、座高を調整しやすい製品もあるので、座高を簡単に変えられたら、足にかかる負担を軽減できるので腰痛対策も講じる事もできます。

運動で肥満対策

運動不足の場合には、椅子の座り方に注意しても、腰が痛く感じてしまう事があります。

なぜ、そのような事になってしまうのか、不思議に思ってしまう方もいると思うので、その理由について説明しましょう。

肥満と腰痛の関連性

運動をしなければ、腰痛になりやすいのは『肥満』が大きく関係しています。

なぜなら、一般社団法人『日本生活習慣病予防協会』の記事によれば、BMI(肥満指数)の高い人や年齢が高い人ほど腰痛の受療率が高い事が書かれていたからです。

運動をしなければ、筋肉があまり付かなくて、脂肪が付きやすくなるので、腰痛対策のためにも適度に運動をする事が重要です。

もしも、運動をする事が面倒に感じてしまう場合には、1日10~15分程度でも良いので、筋力トレーニングを行なったほうが良いでしょう。

筋肉の働き

肥満が腰痛になる原因は未だに分からない事が多いのですが、腰の筋力が低下したら腰痛になりやすいのは事実です。

なぜなら、腰の筋肉は、腰を支える働きがあるからです。

筋力が低下していれば、正しい姿勢をキープする事が難しくなってしまうので、適度に運動または筋力トレーニングを行って腰痛対策を講じたほうが良いでしょう。

腰痛の方におすすめの椅子

運動や筋力トレーニングをして、腰の筋力をアップさせるまで時間をかけてしまうので、腰にかかる負担を軽減する椅子を購入したほうが良いです。

そこで、数多くある椅子の中から厳選して、おすすめの椅子を2種類まで紹介するので、参考にしてみて下さい(製品の値段は2019年2月18日時点)。

勝野式 美姿勢習慣 座椅子

美姿勢習慣 ココア

勝野式 美姿勢習慣 座椅子は、座椅子タイプですが、腰にかかる負担を軽減しやすくなっています。

なぜなら、座面の中央に穴が空いているので、お尻がズレづらくなっているからです。

今まで、フラットな座面になっている製品を利用している方で、お尻がズレる事によって姿勢が崩れていても、本製品であれば正しい姿勢をキープしやすいです。

背もたれのほうは、腰を支える部分が膨らんでいるので、ランバーサポートと同じ働きをしています。

このように、特殊な形状をしている事もあって、楽天市場では税込価格10,080円もするので注意して下さい。

E-WIN ゲーミングチェア 2019シリーズ

E-WIN ゲーミングチェア 2019シリーズ D9-RED(赤) 背もたれ裏面収納ポケット ストッパー付キャスター

E-WIN ゲーミングチェア 2019シリーズの場合には、さらに値段が高くなっていて、楽天市場では税込価格29,900円もします。

ただし、背もたれにはランバーサポートが備えられているので、S字カーブをキープしやすくなっています。

リクライニング機能も搭載されていて、背もたれを倒す事ができて、オットマンを前のほうへ出す事もできるのです。

オットマンは足を支える事ができるので、本製品は腰や足にかかる負担を軽減する事が可能です。

まとめ

椅子に座る際は、正しい姿勢をキープしていれば、腰にかかる負担を軽減できます。

しかし、姿勢が崩れている場合には、背筋を真っ直ぐにする事は難しいので、ランバーサポートを備えている製品を購入する事が重要です。

背筋を真っ直ぐにできたら、腰にかかる負担を軽減できますが、腰痛の症状によっては痛みを緩和する事ができない場合もあります。

そのような場合には、病院で診察してもらったほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子