腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛の方でも利用しやすい椅子の特徴を紹介!長く座る事が可能?

   

勝野式 美姿勢習慣コンパクト ネイビー

腰痛になってしまえば、椅子に座るだけでも腰が痛く感じてしまうので、長く座る事も難しいでしょう。

ところが、数多くある椅子の中には、腰痛でも利用しやすい椅子があります。

椅子の製品は多く販売されているので、どの商品が利用しやすいのか、分からない方は多いはずです。

そこで、腰痛でも利用しやすい椅子の特徴や、おすすめの商品などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

Amazonタイムセール祭り開催中<最大5000ポイント還元>(9/20~9/23)

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛を緩和する椅子の特徴

腰痛の方が、椅子を購入する際には、腰の痛みが緩和されるように感じる椅子を探す必要があります。

腰痛の症状によっては緩和できない場合もありますが、多くの方たちが利用しやすい椅子があるので、その特徴を紹介しましょう。

姿勢をキープ

椅子に座る際には、正しい姿勢にしておく事が重要になります。

なぜなら、背もたれに寄りかかっている状態で、お尻が前のほうにずれてしまえば、上半身の体重の負担がお尻ではなく腰に集中しやすくなるからです。

そのため、椅子を選ぶ際には、正しい姿勢をキープしやすい商品を選んだほうが良いです。

猫背になっている方は、特に腰が痛くなりやすいので、背筋が伸びるような商品を購入するようにして下さい。

適度な柔らかさ

正しい姿勢をキープしても、腰に負担をかけやすい商品は選ばないほうが良いです。

例えば、座面が硬くなっている椅子の場合には、お尻の沈み込みを抑えてくれますが、腰に刺激を与えやすいので注意しなければいけません。

腰に刺激を与える椅子を利用していたら、短時間で腰の痛みが激しくなってしまうので、柔らかい椅子を利用するようにしましょう。

ただし、柔らかすぎたら、お尻が沈み込みすぎて、正しい姿勢をキープする事が難しくなってしまうので注意して下さい。

優れた使用感

椅子は、柔らかさだけではなく『使用感』も重要になります。

なぜなら『通気性』が優れていない椅子を利用していたら、暑い夏場の季節では、腰がむれてしまうからです。

腰がむれるようになったら、不快感を抱いてしまって、正しい姿勢をキープする事が難しくなってしまうので注意しなければいけません。

さらに、腰がむれてきて、腰をかいてしまえば、肌荒れの原因にもなるので、美容に気を付けている女性は特に気を付けたほうが良いでしょう。

Amazonタイムセール祭り開催中<最大5000ポイント還元>(9/20~9/23)

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

姿勢をキープしやすい椅子

椅子を購入する際には、姿勢をキープしやすい商品を選ぶ事が重要ですが、どのような特徴になっているものか分からない方は多いと思います。

そこで、どのような特徴になっている製品が、正しい姿勢をキープしやすいのか説明するので、みていきましょう。

リクライニング機能

数多くある椅子の中には『リクライニング機能』を搭載している製品があります。

リクライニング機能とは、背もたれを倒せる働きがあって、自分の体に合う角度まで背もたれを倒せる製品が多くあるのです。

背もたれを水平の状態まで倒せる製品を購入した場合には、体を横に倒す事ができるので、腰を休ませる事ができます。

実は、私たち人間は、立っている時よりも座っている時のほうが、腰にかかる負担が大きくなってしまいます。

そのような事を考えたら、腰を休ませる事がきるリクライニング機能は重要なポイントと言えるでしょう。

ランバーサポート

上位機種の椅子になれば『ランバーサポート』を備えている製品もあります。

ランバーサポートとは、腰当ての事で、腰を支えてくれるクッションです。

背もたれにクッションが備えられていたら、邪魔のように感じるかもしれません。

しかし、背もたれにクッションが備えられたら、腰を前方に押してくれるので、正しい姿勢をキープできます。

実は、私たち人類は四足歩行から二足歩行へ進化した時に、二本足で歩けるように、腰が湾曲していきました。

腰が湾曲していたら、腰がバネの役割を果たしてくれるので、腰にかかる負担を軽減できます。

そのため、ランバーサポートを備えている椅子を利用して、腰を湾曲にする方法は、おすすめです。

座面の形状

椅子は、背もたれだけではなく『座面の形状』も重要になります。

なぜなら、フラットな座面になっていたら、お尻がズレやすくなるので、腰にある程度まで衝撃を与えてしまいます。

健康体の方であれば、気にするような痛みは感じませんが、腰痛の方は激しい痛みを感じてしまうので注意しなければいけません。

そのため、特殊な形状になっている座面の椅子を利用して、お尻のズレを抑えたほうが良いです。

腰痛でも利用しやすい椅子の特徴

腰痛の方は、正しい姿勢をキープするだけではなく、その他にも注目したほうが良いポイントがあって、それが『キャスター』と『ハイバック仕様』です。

この2つのポイントは、腰痛とあまり関係がないように思うかもしれないので、なぜ重要なのか説明しましょう。

キャスター付き

椅子の脚にキャスターが付いていれば、椅子を簡単にスライドさせる事ができます。

キャスターが椅子に付いていない場合には、椅子に力を入れてずらさなくてはいけません。

座っている状態で、力を入れて椅子をずらす際には、力をいれる部分は『腰』になってしまいます。

デスクの上に手を乗せて、腕力でスライドさせるかのように思うかもしれませんが、その後に、腰で椅子を後方にずらす事になるのです。

キャスターを付けているほうが、腰にあまり力を入れなくても椅子をずらす事ができるので、利用しやすくなっています。

ハイバック仕様

ハイバック仕様とは、背もたれの高い椅子の事で、お尻や背中だけではなく、頭部まで支えられます。

頭部と腰は関係がないように思うかもしれませんが、頭部と腰は背骨でつながっているので、関連性は高いのです。

頭部を支えられない椅子を利用していて、前かがみの姿勢になっていたら、肩こりになってしまって、その後に腰痛になるケースがあるのです。

そのような事を考えたら、ハイバック仕様になっている椅子を利用したほうが良いでしょう。

腰痛の方におすすめの椅子

腰痛の方でも利用しやすい椅子の特徴を紹介してきましたが、それでも購入する際に悩んでしまう方もいるでしょう。

そのような方たちのために、おすすめの椅子を2種類まで紹介するので、参考にしてみて下さい(製品の値段は2019年3月15日時点)。

勝野式 美姿勢習慣

勝野式 美姿勢習慣コンパクト ネイビー

『勝野式 美姿勢習慣』は、座椅子タイプになっていますが、背もたれの下の部分が出っ張っています。

ランバーサポートを備えている訳ではありませんが、特殊な形状になっている事から、ランバーサポートと同じ働きがあるのです。

座面も特殊な形状になっていて、中央部がへこんでいます。

中央部がへこんでいれば、お尻の位置をキープしやすくなるので、腰痛の方でも利用しやすいです。

楽天市場では、税込価格10,080円で販売されています。

E-WIN ゲーミングチェア

E-WIN ゲーミングチェア 2019シリーズ D9-RED(赤) 背もたれ裏面収納ポケット ストッパー付キャスター

『E-WIN ゲーミングチェア』は、上位機種の椅子になっていて、背もたれには、ランバーサポートだけではなく、頭部を支える所にもクッションを備えています。

そのため、正しい姿勢をキープできるだけではなく、肩こりの対策を講じる事も可能です。

リクライニング機能も搭載しているので、腰を休める事ができます。

さらに『オットマン』も備えているので、脚を支える事も可能になっているので、体を横にして寝返りを打つ事も可能です。

高性能な椅子になっているので、値段は高くなっていて、楽天市場では税込価格29,990円もするので注意して下さい。

まとめ

腰痛でも利用しやすい椅子を購入すれば、これからは腰にかかる負担を軽減できます。

負担を軽減できれば、腰痛の方でも、長く座って入られますが、腰痛の症状には注意して下さい。

実際に、ストレスや内臓の病気などで、腰痛になってしまう方もいれば、腰を冷やす事で腰痛になる場合もあります。

そのため、腰にかかる負担を軽減できる椅子を利用しても、腰が痛く感じる場合には、病院で診てもらったほうが良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子