腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛の方におすすめの椅子『WIEST ビエストチェア』を紹介

   

オフィスコム オフィスチェア パソコンチェア ヘッドレスト付き ビエスト ブラック WIEST

多くの日本人たちは腰痛に悩まされているので、椅子に座り続けるだけでも辛く感じてしまう方は多いでしょう。

そこでおすすめしたいのが『WIEST ビエストチェア』です。

このWIEST ビエストチェアは腰痛の方にとって嬉しい機能がいくつも備えられているので、その機能の働きや、腰痛にどのような効果をもたらすのか紹介するので見ていきましょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

スポンサーリンク

注目すべき3つのポイント

WIEST ビエストチェアには注目すべきポイントとして、ロッキング・S字構造の背もたれ・ハイバックチェアなどが挙げられます。

そこで腰痛に悩まされている方のために、この3つのポイントには、どのような特徴があるのか詳しく紹介しましょう。

ロッキング

一般的な椅子は、足の力によって背もたれに力を加えてロッキングしています。

しかしWIEST ビエストチェアは、背もたれによる力だけでロッキングする事ができるのです。

そのため下半身の力を必要とする椅子よりも、下半身にかかる負担を軽減する事が可能になっています。

もしも足に力を入れる事によって腰に痛みを感じる場合には、このように下半身の力を必要としないでロッキングできるのは嬉しいポイントでしょう。

そのため足に力を入れたら腰に痛みを感じてしまう方には、WIEST ビエストチェアはおすすめです。

S字構造の背もたれ

腰痛とS字構造の身体は大きく関係しているので、S字構造になっている椅子を使用する事は重要なポイントになります。

そのためWIEST ビエストチェアは、S字構造の背もたれになっているので、腰痛に悩まされている方には嬉しいポイントになるでしょう。

実際にWIEST ビエストチェアの背もたれは、下のほうから真ん中にかけて前のほうへ出っ張っていて、真ん中から上にかけて後ろのほうへ凹んでいるような形状になっているのです。

そのためWIEST ビエストチェアへ座るだけで、自然とS字構造をキープしやすくなります。

ハイバックチェア

日本で販売されている多くの椅子は、背もたれまで付いていても、首まで支える椅子は少ないのが実情です。

所が、WIEST ビエストチェアは首まで支えるハイバックチェアになっています。

首と腰痛は関係がないように思われがちですが、実は首と腰痛には関係性があるのです。

そのためWIEST ビエストチェアのように首を支えるハイバックチェアを使用する事は、大きな意味を持ちます。

そしてハイバックチェアになっているので、値段は高額になっているのではないかと思う方はいるかもしれませんが、WIEST ビエストチェアの税込価格はわずか17,928円になっています(2017年6月時点)。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

スポンサーリンク

S字構造と腰痛

腰痛の方たちの中には、S字構造と腰痛の関係性について知らない方は多いでしょう。

そこでS字構造と腰痛の関係性について紹介するので、その理由を知れば、S字構造のWIEST ビエストチェアを利用する重要性が分かるはずです。

進化の過程

私たち人間が腰痛に悩まされるようになったのは、人間が進化の過程で『四足歩行』から『二足走行』を選んだ事に大きく関係しています。

四足歩行だった人間が二足歩行する事によって、腰には大きな負担となっているのです。

実際に背中がS字構造になったのも四足歩行から二足歩行に移行した事と大きく関係しています。

実際に人間が二足歩行する前は、腰のカーブがなかったと言われているのです。

そのため私たち人間は腰痛になりやすい生き物で、S字構造という特殊な身体が腰痛に大きく関係しています。

平背

私たち人間が進化の過程で腰に負担をかけやすいのは事実ですが、それでもS字構造を維持できなければ、さらに腰を痛めやすくなってしまいます。

実際に背中が真っすぐな状態である『平背(へいはい)』になったら、腰にかかる負担は大きくなってしまいます。

なぜなら、S字構造によって腰が曲がっている事で、バネの役割を果たしているからです。

このバネが二足歩行で歩く時の衝撃を和らげてくれるので、腰の痛みを軽減してくれるのです。

それは平背になったら、腰痛になりやすくなるので、S字構造の背もたれになっているWIEST ビエストチェアを使用するのは、大きなメリットがあるでしょう。

首と腰痛の関係性

S字構造と首の関係性より分からないのが、首と腰痛でしょう。

そこで首と腰痛の関係性について紹介するので、それが分かれば、首を支えるハイバックチェアを使用する重要性も理解できるでしょう。

腰痛は原因不明?

腰痛に悩まされている日本人は多いと言われていますが、実は腰痛の85%は原因が不明と言われているのです。

そのため腰痛とは、腰の他に原因があるケースが考えられます。

実際に腰痛に悩まされている方が、検査してもらっても腰痛の原因が分からないケースは多くあります。

所が、このような検査では腰しか検査をしないので、原因が分からない訳です。

もしも腰に原因がなくても腰痛に悩まされいている場合は、首が原因で腰を痛めている可能性があります。

背骨

首と腰は離れている位置にあるので、腰痛に悩まされている方たちは、首に無警戒になっています。

所が、首と腰は背骨によって繋がっています。

そのため首から腰まで繋がっている筋肉もあるのです。

その筋肉とは、棘筋(きょくきん)・最長筋(さいちょうきん)・腸助筋(ちょうろくきん)などです。

そのため首の動きが悪くなって、何かの原因があったら、筋肉を介して腰に悪い影響を与える可能性があります。

そのため首が原因で腰痛になっている場合には、首を支えてくれるハイバックチェアが備えられているのは、重要なポイントでしょう。

ストレートネック

首の筋肉が原因で健康に悪い影響を与えるもので、最近話題になっているのが『ストレートネック』です(2017年6月時点)。

このストレートネックとは、スマホを長い時間に渡って首を真っすぐにしている状態で見続ける事によって、首が真っすぐになってしまう事を言います。

ストレートネックは首が真っすぐになる事によって、首の筋肉が緊張しているので、それが腰にまで影響を与える可能性があります。

WIEST ビエストチェアは頭を支える部分が少しだけ前の方へ傾いているので、首に湾曲を作る事ができるので、ストレートネックに悩んでいる方にもおすすめの椅子です。

利用者たちの満足度

腰痛に方にとって嬉しいポイントがいくつもあるWIEST ビエストチェアでしたが、利用者たちの中には、満足している方もいれば不満を抱いている方がいます。

そこでWIEST ビエストチェアを詳しく知りたい方のために、利用者たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

WIEST ビエストチェアを注文した方で、届いた商品を組み立てようとしたら、重たくて完成させるのに苦労した方が何名もいました。

そのため組み立てが楽な椅子を探している方は注意したほうが良いでしょう。

そしてWIEST ビエストチェアに座る時に、奥深くまで座らなければ、身体がずれてしまった方がいました。

そのため奥深くまで座る習慣のない方は、慣れるまで身体がずれてしまう可能性が高いので、気を付けて下さい。

良い口コミ

WIEST ビエストチェアへ利用した方たちの中で、座面が適度な硬さになっていて満足している方がいました。

座面の硬さについては、個人の好みによって違いますが、満足している方がいるという事はWIEST ビエストチェアの座面の硬さに満足できる可能性はあるでしょう。

その他に、リライニングの時に安定感があって満足している方もいました。

そのため椅子の安定性にこだわっている方には、利用してみる価値があるでしょう。

まとめ

WIEST ビエストチェアの機能や、腰痛にどのような関係があるのか紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

この椅子は首を安定させながら、S字構造をキープしやすくなっているので、腰痛に悩まされている方は利用してみる価値があります。

そして低価格になっているので、気軽に購入する事ができるので、現在使用している椅子に不満がなくても検討してみる価値はあるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子