腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛の状態は普段使用している椅子のタイプによって変わってくる

   

LOWYA (ロウヤ) オフィスチェア パソコンチェア 立体構造 4分割クッション ハイバック ロー座面 アームレスト ロッキング 360度回転 キャスター付き ファブリック グレー/ホワイト

腰痛が悪化してしまう原因として、椅子が関係することがあります。

体を休めるイメージの強い椅子ですが、座り方や座る椅子のタイプによっては、腰痛の状態を悪化させてしまうことがあるのです。

こうした状態を防ぐためにも、まずは正しい椅子の座り方だけではなく、自分に合った正しい椅子の選び方をしっかり身につけていきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛の人が椅子に座る場合のポイント

急が付く動作は避ける

椅子に座ることは、一見すればとてもリラックスをしている状態に見えますが、実は体にとても大きな影響を与えています。

とくに腰にかかる負担は大きく、長時間座っている上代を保つことで、腰にとても大きな悪影響を与えています。

しかし、腰痛に悪影響が及ぶのは、座っているときだけではありません。

急に立ち上がったり、急に座ったり、急が付く動作は腰痛にとても悪い状況を生み出してしまうのです。

こうした動作から、慢性的な腰痛へと発展してしまうケースも少なくないため、確実に避けるように心がけましょう。

足やお腹だけの筋肉に頼らない

また、椅子に座る場合には足の筋肉やお腹の筋肉だけに頼るような座り方は避けるようにしましょう。

こうした部分の筋肉だけに頼ってしまうことで、座る直前の腰の状態をキープさせることはできず、腰痛を招いてしまいやすくなります。

とくに足やお腹の筋肉に自信がない年配の人は、耐えることができず、簡単に腰痛を引き起こしてしまいます。

椅子に座るときには、手などの筋肉も利用して、できるだけ体の多くの部分を椅子に触れるようにして座ることをおすすめします。

こうした座り方には慣れが必要になってきますので、徐々に学んでいきましょう。

座っているときにも腰に集中する

椅子に長時間座る場合、何度かは体制を取り直すことになります。

こうした行動も腰痛を招いてしまう原因となり、体制を取り直しているときに腰痛になってしまうことがあります。

こうした状態を防ぐためには、座っているときにも腰に集中しておくようにしましょう。

つまり、腰痛を抱えている人は、常に椅子に座っている間は注意が必要だと言うことです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛の人が椅子を選ぶ場合

正しい姿勢を維持できる椅子

腰痛の人が椅子を選ぶ場合のポイントとして、正しい姿勢を維持できることは必須のことです。

正しい姿勢とは、背筋が伸びた状態ですが、一見するとこうしたタイプの椅子はリラックスできないように見えて、腰に負担がかかってしまうように感じます。

しかし、腰痛の状態が悪化してしまうタイミングは、腰を曲げた状態からなのです。

つまり背筋をしっかり伸ばしておくことで、腰痛を引き起こしてしまうリスクを軽減させてくれるのです。

背筋を伸ばした状態をキープできるのであれば、椅子を利用して腰痛の改善も行うことができます。

正しく座れる椅子を上手に選んでいきましょう。

理想的な位置調整ができるタイプ

また、自分の正しい姿勢が維持できるように位置調整ができるタイプの椅子を選ぶことも重要です。

とくに細かな位置調整ができるタイプは腰痛を防ぐためにはなくてはならない機能です。

腰痛の状態は、時間が経つにつれて変化していきます。

変化が生じるたびに、細かい位置の調整ができれば、楽な姿勢を維持できるようになります。

細かな位置調整ができるタイプはどうしても高価になってしまう傾向にありますが、それでも選ぶことをおすすめします。

クッション性や通気性も必要

また、快適な座り心地を維持するためには、クッション性や通気性に優れていることもポイントになります。

いくら細かい位置調整ができても、快適に座り続けることができなければ、それは良い椅子とは言えません。

とくに仕事場で使用することを想定する場合、やはり快適なことは一番に考える必要がありますので、快適に感じることができるクッション性や通気性も選ぶ基準としておきましょう。

おすすめの腰痛用の椅子3選

インスパインCR-GA2515E1GMT5-V

コクヨ オフィスチェア インスパイン CR-GA2515E1GMT5-V ヘッドレスト付 可動肘 ホワイトフレーム 背ホワイト/座インディゴブルー

コクヨから発売されているインスパイン CR-GA2515E1GMT5-Vは、どうしても自分の姿勢に合わせて長時間座りたいと考えている人には、最高だと感じることができる腰痛対策用の椅子です。

背もたれの部分はなんとミリ単位までの細かな調整が可能になっていますので、間違いなくどのような姿勢にも合わせることができます。

また、背もたれ部分だけではなく、座面の高さや奥行き、アームレストの高さまで細かな調整が可能になっていることも大きなメリットです。

これだけ多くの機能が詰め込まれているため、どうしても総重量は重たくなってしまいますが、一度決めた位置に設置しておけば、快適に使用できますので、最高の使い心地を実感できますのでおすすめです。

ロウヤパソコンチェア

LOWYA (ロウヤ) オフィスチェア パソコンチェア 立体構造 4分割クッション ハイバック ロー座面 アームレスト ロッキング 360度回転 キャスター付き ファブリック グレー/ホワイト

ロウヤパソコンチェアは、比較的体格の大きな人を対象にした腰痛対策用の椅子です。

今まで大柄の人で腰痛対策用の椅子を探すことは大変でした。

なかなかイメージ通りのタイプが見つからなかったことがありますが、こうした悩みを抱えていた人は ロウヤパソコンチェアはとてもおすすめです。

耐荷重は100キロまで耐えることができますので、安心して活用することができます。

また、ただ耐荷重が高いだけではなくクッション性にも力を入れて作られており、さらにホールド感も高いため、しっかり腰の痛みを守ってくれる能力があります。

これだけの機能性があればどうしても高いイメージがありますが、リーズナブルな価格で手に入れることができるのもこの椅子の魅力です。

ビジネスマンから学生まで、幅広い年齢層におすすめできます。

オフィスチェアエンジョイ

Ergohuman オフィスチェア エンジョイ ハイタイプ EJ-HAM BK (KM-11)

エルゴヒューマンの オフィスチェアエンジョイは、長く愛用することを想定して作られた椅子です。

いくら自分の腰に合っている椅子を見つけても、耐久性が低ければ購入する意味はありません。

オフィスチェアエンジョイは、機能性だけではなく耐久性にもしっかりこだわりを持って作られていますので、安心して長く愛用することができます。

また、シンプルな見た目と使い心地は、直感的に腰に楽な椅子だと感じることができます。

素材にはエラストメリックメッシュと呼ばれる素材が使われており、弾力性や耐久性、そして通気性にも優れており、夏場でも快適な使用を続けることができます。

リクライニング機能はもちろん、こうした操作も簡単に行うことができますので、使い方が難しいと感じる年配の人にもおすすめです。

腰痛用の椅子を購入する前に

実際に座って確認をする

腰痛対策用の椅子を購入する前には、やはり実際に座ってその快適性をしっかり確認することが重要です。

インターネットだけで調べた情報の場合、イメージ通りの椅子ではない可能性が高くなります。

やはり実際にその椅子に座って、自分の腰の状態としっかり照らし合わせて座ってみることをおすすめします。

そうすれば、購入した後の失敗を防ぐことができます。

長く愛用できることをイメージして選ぶようにしましょう。

まとめ

椅子は仕事場でもプライベートでも、必ず使用する機会があります。

とくに仕事場で椅子を長時間使用する場合には、椅子のタイプによっては腰痛が悪化したり、もともと腰痛には縁がなかった人でも発症してしまったりする可能性が高くなってしまいます。

自分の体の状態なども考慮して、正しい椅子の選び方を行っていけば、快適な状態をキープすることができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子