腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛はマットレスで防ごう!腰によいマットレスの特徴とは

   

クオリティの高い睡眠を【エアネストファイバー】高反発マットレスパッド 3次元構造 マットレスに乗せるだけ 腰をしっかり支える 通気性抜群 丸洗い可能 2cm (セミシングル)

腰痛に悩んでいる人は、普段使っているマットレスを見直してみましょう。

実は、腰痛とマットレスには深い関係があり、適切なマットレスを使うことによって、腰へのダメージを軽減できるのです。

しかし、マットレスにも多くの種類があるので、その中からベストなものを選ぶのは大変です。

そこで、腰によいマットレスの特徴を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

寝返りがしやすい

腰によいマットレスには、寝返りがしやすいという特徴があります。

普段の睡眠で何気なく行っている寝返りですが、これがしっかりできるかどうかで、腰にかかる負担の大きさが違ってくるのです。

腰痛対策には寝返りが重要

寝返りは、腰に負担をかけないためには、とても重要な行為です。

まったく寝返りをせず、長時間同じ姿勢を続けているようでは、間違いなく腰を痛めてしまうでしょう。

それを避けるために、人間は無意識のうちに寝返りをうち、なるべく負担の少ない、楽な姿勢をとろうとします。

一般的に、ひと晩で20回以上は動いており、それで体を痛めずに済んでいるのです。

しかし、何らかの理由で動きづらい状態になり、寝返りの回数が減ったりすると、腰の負担が増えてしまいます。

そんなときは、朝起きてから腰の痛みを感じる場合が多いですが、それを続けていると、どんどん悪化してしまうのです。

したがって、腰痛対策をするのであれば、寝返りのしやすさを重視してマットレスを選びましょう。

寝返りが楽なマットレスを使うことで、腰を含めた体全体の負担を軽くすることができます。

柔らかすぎないものを選ぼう

寝返りしやすいマットレスを選ぶなら、あまり柔らかいものはおすすめできません。

なぜなら、柔らかいマットレスというのは、体が深く沈むことで、身動きがとりづらくなってしまうためです。

そうなると、自然に寝返りの回数が減ってしまいます。

寝返りという行為は、自分で明確な意思をもって行うものではなく、基本的には無意識に行っているものです。

そのため、少しでも障害になるものがあると、無意識の反応で寝返りをためらってしまうわけです。

深く沈むという特徴は、包み込まれるような気持ちよさを感じるので、寝心地だけを考えるならば、かなり嬉しいメリットではあります。

しかし、腰痛の対策を考慮した場合は要注意です。

適度な柔らかさならば、体を安定させる効果もありますが、柔らかすぎるものは避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

体圧分散ができる

腰痛対策では、体圧分散ができるマットレスがとても有効です。

この点を重視して開発されたマットレスは多くあるので、選ぶ際は、必ずチェックするようにしましょう。

圧力が集中するのはよくない

寝ている間は、体重によって、体に圧力がかかっています。

この圧力は、なるべく同じ部位に集中させないことが大切です。

長時間にわたって圧力がかかった部分は、痛めてしまう可能性が高いのです。

これを解消するには、マットレスの硬さが重要になります。

あまり硬いマットレスだと、圧力がかかる部位を限定してしまうことになるのです。

硬すぎるマットレスは、ほとんど沈まないため、腰や肩甲骨など、出っ張った部位だけで体を支えるような状態になります。

それが長く続いてしまうと、腰痛のリスクは高くなるでしょう。

したがって、硬すぎるマットレスは、腰痛対策には向いていません。

適度に沈むものであれば、しっかりと体全体を預けることができるので、圧力が集中するようなことはなく、うまい具合に散らばります。

それこそが体圧分散であり、腰に優しいマットレスなのです。

体圧分散の注意点

体圧分散は、腰痛対策には欠かせないポイントです。

しかし、体圧分散にも限度があり、あまり効果が強すぎると、デメリットが発生してしまいます。

例えば、体圧分散には、適度に沈み込むフィット感が大切ですが、あまりぴったりしていると、蒸れることを心配しなければなりません。

人間が寝ているときは、かなり多くの発汗があるので、湿気を逃がすためには、ある程度の隙間が必要になります。

また、フィットしすぎるマットレスは、寝返りもしづらくなります。

先述したように、寝返りが少ないと腰に悪いので、この点にも要注意です。

このように、体圧分散ばかり考えていても、よいマットレスは選べません。

蒸れや寝返りのしやすさなども考慮して、ベストなものを選択しましょう。

自分に合っている

腰痛対策でマットレスを選ぶなら、性能よりも、自分に合っていることを優先するべきです。

どんなによいマットレスでも、自分の体に合わないものでは、その効果を得ることはできません。

それどころか、逆に腰を痛める可能性もあるので、十分注意しましょう。

柔らかすぎず硬すぎず

マットレスは、「硬い方が腰痛によい」と言われることもありますが、すでに説明したように、硬すぎるものは腰を痛める原因になります。

つまり、硬いものを選ぶと言っても、ただ硬ければよいわけではなく、自分に合った適度な硬さが大切なのです。

また、柔らかさについても、同じことが言えます。

マットレスには、体を受け止めてくれる柔らかさも必要ですが、柔らかすぎた場合は、寝返りが減ってしまいます。

そのため、腰によいマットレスを選ぶ際は、硬さと柔らかさだけで選ばないようにしましょう。

本当によいマットレスは、自分に合った適度な硬さがあるものなのです。

自分の体型に注意

自分に合ったマットレスを選ぶ際は、自分自身の体型についても、よく考えなければなりません。

体型によって、適したマットレスが違ってくるためでです。

例えば、硬めのマットレスを使う場合、小柄な人と大柄な人では、その効果も異なります。

大柄な人にはちょうどよい硬さでも、小柄な人は体が浮きすぎてしまい、腰を痛めるかもしれません。

そのため、マットレスの特徴だけでなく、自分の体型を考慮して選ぶ必要があるのです。

質のよいマットレスだとしても、安易に決めず、自分に合っているかどうか、しっかり見極めるようにしましょう。

そのためには、試しに寝てみることがおすすめです。

実際に寝たときの感触がわかれば、自分に合ったものを見つけやすくなります。

使い方の注意点

腰によいマットレスを選んだなら、その使い方にも注意しておきましょう。

正しい使い方をすることで、その効果を最大限に引き出すことができます。

マットレスは単体で

マットレスを使う際、上に敷き布団を重ねる場合がありますが、できるだけマットレス単体で使うことをおすすめします。

なぜなら、敷き布団によって、マットレスの効果が弱まってしまうことがあるからです。

適度な硬さのものを選んでも、実際に体を預けるのが敷き布団では、あまり意味がありません。

マットレスの効果をしっかり得るなら、マットレスに直接寝るようにしましょう。

ただし、直接といっても、シーツやパッドなどは必要です。

それらを使わずに寝ていると、汗が原因で劣化を早めることがあります。

劣化したマットレスは、やはり効果も弱まってしまうので、できるだけ長持ちさせるためにも、大切に使っていきましょう。

フローリングは避ける

マットレスは、敷く場所にも注意が必要です。

フローリングに直接敷いた場合、室内の湿気や、寝ているときの汗の影響で、カビが発生することがあります。

布団であれば、畳んだり移動したりするのも容易なので、ある程度の湿気は防ぐことができます。

しかし、マットレスとなると、あまり動かすことがないため、どうしてもカビが発生しやすくなってしまうのです。

そのため、フローリングに直接敷くのは、なるべく避けた方がよいでしょう。

どうしても敷かざるをえない場合は、三つ折りタイプのものを選ぶと、敷きっぱなしにならないので便利です。

また、すのこや除湿シートを利用すれば、湿気を逃がすこともできます。

まとめ

マットレスにも多くの種類があるので、腰痛対策のために選ぶ際は、慎重に検討することが大切です。

適当に決めたりすると、腰を痛めてしまうかもしれません。

硬さや体圧分散、自分に合っているかなど、さまざまな要素をチェックして、じっくり考えてみてください。

そうすると、本当に腰によいマットレスを見つけ出すことができるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団