腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛を少しでも和らげる椅子の座り方と、3つの椅子を購入するポイント

   

腰痛は重たいものを持ったりするだけでなく、長時間同じ姿勢を維持したりすると起こります。

その代表例が、椅子に長時間座った時に起こる腰痛です。

椅子の上に座ると、上半身の体重が腰にずっと負荷をかけ続けることになりますので、後から腰が痛くなることがよくあります。

今回は長時間椅子に座らなければいけない時に役立つ、負担を減らす座り方と、おすすめの腰痛対策椅子のポイントを3つ解説します。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

座っているだけで腰痛に

腰痛の原因としてよくあるのが、重たい荷物を中腰の姿勢で持つ時や、重たい荷物を運ぶ時などの力仕事をしているときですが、腰痛になる原因はそれだけではないです。

座っているだけで腰痛になることもあります。

ギックリ腰など、急になる腰痛もあれば、じわじわと腰に負担がかかり、腰痛になってしまうこともあります。

特に、最近増えているのがパソコンを使ったデスクワークをされる方が、腰痛になるケースです。

プログラマーや事務員の仕事では、ほぼ一日中パソコンと向かい合って仕事をしなければいけないものもあります。

そのような仕事をされている方の中には、長時間作業をした後に腰が痛くなったり、慢性的な腰痛で悩まされたりしている方も多いです。

ですので、腰痛になりたくない方は、長時間椅子に座って作業をする時にも気を付けていきましょう。

同じ姿勢で寝続けるのも腰痛になることがありますが、重力が腰に集まる分、座っている時のほうが、寝ているときよりも腰痛になりやすいです。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

椅子の座り方を工夫して腰痛対策

そこで重要なのが、椅子への座り方を工夫することです。

座り方を変えることで、腰への負担を軽減させることが出来ます。

人は寝ている時に、寝返りを打ちますが、その寝返りがあるからこそ、朝起きた時に腰痛にならなくて済んでいます。

もし寝返りを打てなかったとすると、床ずれになったりしますので、体を動かして体への圧力を分散させる事が大切なのです。

座り方を工夫して、定期的に変えることで、同じように負担軽減が出来ますので、腰痛で困っている方は座り方を変えていきましょう。

腰痛を和らげる座り方のポイント

腰痛を和らげる座り方はいくつかあります。

座り方の種類を見ていきましょう。

正しい座る姿勢

まず覚えておきたいのが、正しい椅子へ座る姿勢です。

正しい姿勢で椅子に座ることで、腰痛対策や悪化を防ぐことが出来ます。

正しい椅子に座る姿勢は、椅子に深く座り、足の裏が地面に完全に付くようにします。

椅子が高すぎると、つま先だけしかつかなくなってしまいますが、そうなると足が宙吊りのような状態になり、足の重さも腰にかかってしまいます。

ですから、椅子の高さを調整して、足の裏が地面にちゃんと付くようにしましょう。

ただ、低すぎると姿勢が前かがみになり、それもまた腰の負担となりますので、膝の角度が90度くらいになるのがおすすめです。

また、背筋を伸ばして少し顎を引くようにすると、更に良い姿勢となってきます。

足を組む

正しい姿勢で椅子に座れば、腰への負担が減ってきますが、いくら正しい姿勢でもずっと同じ姿勢を維持し続けるのは逆に腰に負担がかかり辛くなったりします。

ですから、定期的に足を組んだりして、腰の同じ位置に負担がかからないようにしていきましょう。

左足を組んで少ししたら、右足を組むという具合に、組み替えるのもおすすめです。

基本は正しい椅子に座る姿勢、そして、時々足を組んだりすると言った感じです。

椅子の上で片足だけあぐらをかく

肘掛けの無く、背もたれのあるタイプの椅子の場合、片足だけあぐらをかいて座ることが可能です。

この座り方をすると、足を組むよりも腰への負担を減らせる事もあります。

座り方のバリエーションが多ければ、時々座り方を変えて腰への負担を分散させることが出来ます。

流石に、会社で仕事をしている時に出来ない座り方ですが、誰に見られても問題が無い自宅なら出来ますので、腰痛対策のためにやってみましょう。

椅子やクッションで腰痛対策

次に、腰痛対策や予防のために重要な事は「椅子」です。

座り方を工夫しても、肝心の椅子がダメなら、長時間座ることが出来ず、直ぐに腰痛になってしまうこともあります。

本気で腰痛対策をしたいなら、普段使う椅子もできるだけ良いもの、腰痛対策を目的とした腰痛対策椅子等を使っていきましょう。

また、会社でデスクワークすることが多いという方は、会社の備品の椅子の上に骨盤の歪みを矯正してくれるクッションや、腰痛に良い柔らかいクッションを敷いて座る方法もあります。

椅子を腰痛対策椅子にしたいけれど、どうしても出来ない場合はクッションを敷く方法がおすすめです。

椅子選びのポイント

これから腰痛対策椅子を探される方は、腰痛対策椅子の種類や、選び方のポイントを抑えて購入しましょう。

3つの腰痛対策椅子

腰痛対策椅子は非常に沢山種類がありますが、その中でも人気の椅子が「ゲーミングチェア」「姿勢矯正椅子」「リクライニングチェア」です。

利用シーンに合わせて、腰痛対策椅子を使う事が大切です。

デスクワークはゲーミングチェアや姿勢矯正が出来る椅子

そして、デスクワークを行うときには、ゲーミングチェアや姿勢矯正が出来る椅子がおすすめです。

ゲーミングチェアは、非常に機能が豊富で、安楽な姿勢を自分で調整することが出来ます。

椅子の高さ調整はもちろん、肘掛けの高さ調整が出来る商品もありますし、ヘッドレストやランバーサポートが付いている消費もあります。

プロゲーマーの使用にも耐える商品となっていますので、腰痛対策椅子として使っている方も非常に多いです。

価格は数万円、数十万円とかなり価格が高めですが、腰痛対策には丁度よい商品となっています。

また、椅子に座る時の姿勢が悪くて、腰痛になっている方は、姿勢矯正が出来る椅子を使って矯正していく方法もあります。

自宅で本を読むときなどはリクライニング

そして、デスクワークではなく、自宅で本を読んだりテレビを見たりする時には、リクライニングチェアがおすすめです。

リクライニングチェアは通常の椅子とは違って、体全体を椅子の上に預ける事が出来るので、ゆったりと座れるだけでなく腰痛対策性能も優れています。

また、リクライニングチェアに足置き台を使えば、更に安楽な姿勢で座る事が可能です。

価格はやや高めですがデザイン性の良い椅子も多いです。

デスクワークをされる方へのアドバイス

以上のように、座り方や椅子を工夫することで、腰痛を軽減したり予防を図ったりすることが出来ます。

また、デスクワークをされる方は、タイマーなどを使い、長時間座り続けるのではなく定期的に休憩時間を設ける方法もおすすめです。

数十分おきに、ちょっと立ち上がってストレッチをするだけでも、腰痛対策が行えます。

その他には、座り直しをするのもおすすめです。

頻繁にストレッチをすることが出来ないときには、両手で座面を押して体を浮かし、座り直しをしてみましょう。

座り直しをすると、一瞬だけ腰への負担がリセットされ血液も流れるようになります。

まとめ

腰痛の原因には、長時間椅子に座って引き起こるものもあります。

デスクワークをしている方は、腰痛予防のために座り方や椅子を見直して対策をしてみましょう。

定期的に座り方を変え、更に腰痛対策に丁度よい椅子を使うことで腰痛対策や予防が簡単にできます。

酷い腰痛になると治療費もかかりますので、早めに対策をすることが大切です。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子