腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛対策にはこれ!寝返りがしやすいマットレスの特徴とは

      2017/09/08

ポケットコイルマットレス シングル 高密度 コイル数465個 通気性 体圧分散 圧縮梱包

腰痛の原因として多いのは、やはり寝ている間に上手く寝返りが出来ないことになります。

なので、腰痛に対策をしていこうと思ったら、寝返りがしやすいマットレスを購入するのが良いでしょう。

ですが、そもそもどういうマットレスが寝返りがしやすいマットレスなのか分からない方も多いでしょう。

そこでここでは、寝返りがしやすいマットレスの特徴について紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

膝を抱えて寝ころんだ時に自然に転がれるもの

寝返りがしやすいマットレスの特徴ですが、まず結論から言うと、それはやはり人によって違うと言えます。

たとえば柔らかいマットレスでないと寝返りが出来ないという方もいますし、逆に固いマットレスでないと寝返りが出来ないという方も多いでしょう。

でも、自分がどういうタイプなのかは意外と分からないものです。

だから困ってしまいます。

ですが、当然その解決策もあります。

それが、マットレスの上に普通に寝ころび、その上で膝を抱えてだるまさんのようなポーズをして、その状態で自然に転がれるかどうかをチェックするのです。

そのポーズでいると、自然と右か左に倒れるでしょう。

そうして転がり、さらにその反動で元の位置に近いところまで戻ってこれるものが理想だといえます。

それが自分の体に合っている、寝返りを打ちやすいマットレスだと言えるでしょう。

なので、そういう物を探してみてください。

マットレスは店頭で買わないとならない

そういう風にすれば自分に合ったマットレスを買う事ができますが、それをするためには、まず確実に店頭でマットレスを買わないとならなくなります。

もちろん注文と返品を繰り返せば自宅にいながらそれをする事も出来ますが、そうして自己都合で返品する時には、総量は自腹になることが多いです。

そうなると、それを何度も繰り返すわけにはいかなくなります。

さらに、同時に幾つかの商品について調べることが出来ません。

同時に幾つかの商品について調べることが出来ないということは、確固たる確証がないまま選ぶことになってしまうのです。

それでは勘違いで失敗する可能性もあるでしょう。

だから、マットレスを買う時には、必ず店頭で買うようにして、店頭にあるいくつかの商品の上で、先の確認方法をとっていくと良いでしょう。

手間はかかりますが、その分失敗する可能性も少なくなりますから。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

ある程度厚みがあるマットレスが吉

柔らかさは、そうして確認方法を駆使して自分に合っているものを選んでいくと良いでしょう。

でも、厚みに関しては基本的にはある程度厚いものの方が寝返りはしやすいと言えます。

厚みが無い方が、反発力が高くて寝返りがしやすそうな気もしますが、実は厚みがある方が寝返りはしやすいのです。

厚みがないと、そのマットレスが固くても柔らかくても、結果的に下のフレームなどの固さを感じてしまいがちになります。

それは当然痛いです。

ではどういう時にその痛みを感じるでしょうか?

それは間違いなく、そのマットレスの上で動いた時になるでしょう。

動かないでいれば、痛みはあまり感じないでしょう。

そもそも痛みを感じないような体勢で寝るように心がけるはずですから。

そこから動いた時に初めて痛みを感じてしまうのであれば、当然無意識のうちにそこから動かないように心がけてしまうでしょう。

そうして寝返りをしなくなってしまうのが、あまり厚みのないマットレスなのです。

そうならないためには、やはりマットレスの厚みはある程度あるものを選ぶのがおすすめです。

フレームは高すぎないもの

そうしてマットレスに厚みがあるのですから、フレームはあまり高さの無いものを選ぶことをおすすめします。

フレームに高さがあって、その上でマットレスにも厚みがあるとなると、ベッドのトータルの高さがすごく高くなってしまうことでしょう。

それではやはりそこから落ちる恐怖を感じてしまい、やはり無意識のうちに寝返りをセーブしてしまうようになるでしょう。

サイドに枠があるタイプのフレームであれば別にそうなることはないかもしれませんが、そういうものではないフレームを選ぶ時には、やはりフレームの高さはあまりないものを選ぶようにすることがおすすめです。

横に広い事も必須条件

寝返りしやすいマットレスにおいては、横に広いということも必須条件だと言えます。

たとえば、ダブルベッドに二人で寝てみるとわかりますが、ダブルベッドに二人で寝てみると、狭すぎて寝返りが全然出来ないことに気が付きます。

そして、寝返りが出来ないせいで腰痛になって、その腰痛が痛くて目を覚ます事もあるでしょう。

それくらい、マットレスの横幅のサイズ感と言うのは大切になるのです。

では、どのくらいの横幅があれば寝返りがしやすくなるでしょうか?

1人ならばセミダブルが理想

もし一人でマットレスにねるのであれば、セミダブルが理想だと言えます。

もちろんダブルを一人で使うのでも良いですが、ダブルを1人で使うというのは、やはりいささか広すぎます。

なので、ついつい転がり過ぎてしまったりして、逆に疲れて寝返りができなくなることがあるのです。

だからあまり広すぎるのも考え物です。

広ければ広いほど良いというわけもないのです。

そこで丁度良いのが、セミダブルなのです。

セミダブルは、ダブルよりも20センチ程度小さいです。

その20センチというのは、大体人の横幅の半分くらいだと言えるでしょう。

それくらい小さくなれば、転がり過ぎる事もなくなりますが、シングルのマットレスに比べるとたっぷり余裕を持って寝返りをすることが出来るようになります。

すごくバランスが良いサイズ感なのです。

揺れが小さいことも大切なこと

寝返りがしやすいマットレスの特徴として、寝返りの際の揺れが小さいということもあげられます。

別に寝返りの際に揺れてしまったとしても、それは1人で寝る分には寝返りには関係ないのではないかと思う方もいるでしょう。

しかし、実際に揺れてしまうマットレスの上で寝返りをすると、すごく寝返りをしづらいのです。

下が揺れている中で動くわけですから、動きづらいのは当然です。

さらにいえば、そうして寝返りの度に下が大きく揺れてしまうとなると、その揺れのせいで目が覚めてしまう事もあるでしょう。

そうして途中で目が覚めてしまったら、やはりしっかりと疲労がとれなくなります。

疲労がとれなくなれば、そのせいで腰痛が悪化することもあるでしょう。

そういう意味でも、揺れてしまうようなマットレスは避けるべきだと言えます。

ポケットコイルのものがおすすめ

では、揺れないマットレスはどのようなマットレスでしょうか?

それはやはりポケットコイルのマットレスになるでしょう。

マットレスには大きく分けてポケットコイルとボンネルコイルがありますが、ボンネルコイルは基本的に揺れやすいものにあり、ポケットコイルは基本揺れづらいものになるのです。

だからできればポケットコイルのマットレスの中から、ここまでの条件を満たすようなマットレスを探していくと良いでしょう。

それが、寝返りのしやすいマットレスになります。

まとめ

寝返りがしやすいマットレスの特徴については、以上になります。

これらの条件を満たすものを買っていけば、きっと寝ている間に寝返りができなくて腰痛がひどくなってしまうということは少なくなるでしょう。

もちろんそれで必ず腰痛にならなくなるわけではありませんが、試してみるだけの価値はあるでしょう。

是非マットレスを買い替えてみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団