腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛対策に有効な2つの商品をピックアップ! 腰痛解消ストレッチや椅子の座面と腰痛の関係性も解き明かします

      2017/09/08

MTG(エムティージー) Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル) E1009BS-N ブラック

椅子に長く座っている方程腰痛にかかるリスクが高くなるため、何か良い腰痛改善がないものかとあれこれ対策を講じるようになった方が数多いでしょう。

ここではその改善策を見ていきたいと思いますのでご参考にしてください。

目から鱗が落ちる椅子と腰痛の意外な接点が、デスクワークなどをしている腰痛持ちに大きな衝撃を与えるかもしれません。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

椅子に座ってできる腰痛解消ストレッチ

デスクワークが長時間に及ぶときは、座りながら体を動かして腰の緊張をほぐすのが良いとのこと。

一つ例を取ると体の側面と背中を伸ばす方法がありまして、椅子に座った状態で行います。

椅子に浅く座って、両手の指を組んだ手のひらが頭上に来るように腕を真っ直ぐに伸ばすようです。

上半身を少しずつ横に傾けて5秒同じ姿勢で維持して、反対側も同じことをします。

その後は体を真っ直ぐにして脚を肩幅以上に大きく広げましょう。

上半身が両脚の隙間に向かうことを意識しながら倒しますが、両腕も脚の間に入るようにするのがポイント。

その状態で5秒キープするといった一連の動作が1セットです。

一日に5回から10回を目安に実施するのがおすすめ。

誰でも簡単にできる腰痛解消ストレッチは、多くの方がすぐにでもできそうではないでしょうか。

20分に1回は立ち上がって少し歩いて腰をほぐすことも心がけましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

座面も腰痛に深く関わる重要なこと

椅子によってはただしい姿勢を維持しにくくなり、座面が柔らかい椅子などが挙げられます。

椅子を買い替えるのも一つの手ですが、ウレタンゴムを新しくするなどして座面を補強するのも有効な手段です。

椅子を取り扱う専門店で座面の補強をしているため、腰痛防止を目的とした椅子の改善をしたい方は、そのお店のご利用をお考えになると宜しいかと思います。

座面が小さい椅子ならば跨ぎ易くできていて、足を開いて座ると骨盤が真っ直ぐになるようです。

要は腰への負荷が軽いカーブが腰にできて、良い姿勢になれるので腰痛にかかるリスクを低くできます。

座ったときに前屈みになりがちな方は、座面が小さい椅子の活用も選択肢に入れてはいかがでしょうか?

その心掛けで腰痛が軽くなるならば儲け物ですし、自分に最も相応しい腰痛改善法だと納得するかもしれません。

座面に様々な改良を加えてできた腰痛防止椅子

適度な弾力がある座面の椅子も注目でして、固過ぎず柔らか過ぎないのが特徴です。

インテグラルポリウレタンフォームと呼ばれる素材を用いており、高い耐久性を誇る座面でもあります。

座面が2つに分かれていて、左右のお尻それぞれ座面に乗せるように設計されているそう。

つまりバランスが取れた座り方で腰に掛かる負担を軽くできるため、弾力が丁度良くて座面が分割された椅子は多くの方に推奨されていると見受けられます。

更に乗馬の鞍をイメージして作られた後傾山型形状で椅子の跨ぎを楽にしていて、坐骨にある2つの点を意識しながら違和感なく座れるようになっているのも大きなところです。

座面に配慮した椅子の登場により、腰痛に悩む方が一人でも少なくなると良いですね。

安楽椅子としてのソファーの意外な弱点とは?

椅子に座ると腰が痛くなるから、ソファーに代えるべきかお考えの方が少なくないでしょう。

しかし、実際は腰痛持ちにとっては相性の悪い物だとされているようです。

まず考えられることはソファーが低いため、座ったときに股関節と膝が曲がってしまいます。

腹部と太腿の前の筋肉が縮んでしまい、骨盤を前方にせり出させて腰を反らせてしまうことに…。

それだけ腰への負担を大きくすることとなって、いかにソファーが腰に悪影響を及ぼすのかがよく分かります。

ソファーに浅く腰掛けるのもNGで、背中が丸まって腰に掛かる負担を大きくしてしまうのが問題です。

クッション性がある安楽椅子は寛ぐために役立ちますが、腰痛が気になる方は特に注意すべき物だと気を付けた方が良いでしょう。

何故腰が痛くなる?その防止策で腰痛予防を

腰が痛くなる原因は、体を動かしていないことも関係しています。

椅子に座っている状態は腰に響いてくるため、1時間に一度は立つなり体を動かすなりして腰の緊張を和らげるのが重要。

デスクワークなどで集中していると、どうしても時間を忘れて腰痛防止の運動などを疎かにしてしまう方が多いかもしれません。

ですが意識的に腰をほぐすことを習慣化することで、腰の痛みとは極力無縁でいられるのではないでしょうか。

心掛け次第で腰を労ることとなり、快適なデスクワークにつなげられると思います。

ボディドクター バックアップ

ボディドクター バックアップ 【100%天然ラテックスフォーム】 ブラック

椅子に座ったときの腰への負担を軽くするアイテムにボディドクター バックアップがあって、背もたれと腰の隙間で生じる腰痛が気になる方にピッタリな商品です。

発泡ゴムの気泡が体圧を分散させるので、体をそっと支えられます。

ちょっとした刺激が腰に響いてくる方のおすすめ品で、振動や衝撃を吸収するとのこと。

自分の腰はデリケートではないのか?

とお思いの腰痛持ちは、ボディドクター バックアップをお試しになるのもご検討してはどうでしょうか?

椅子に長く座るお供として定着するかもしれません。

MTG Style

MTG(エムティージー) Style PREMIUM(スタイルプレミアム) BS-PR2004F-N ブラック

仕事などで椅子に座りっぱなしだと、徐々に忍び寄る腰の痛みはとても厄介です。

しかしMTG Styleならば、座るだけで姿勢を正してその状態を綺麗にキープできるのだとか。

流れるようなS字カーブを実現させる物でして、滑らかな流線型となっています。

斬新な姿勢ケアを意識した商品仕様であり、従来の姿勢を是正する上で有効なのがMTG Styleだと言えるでしょう。

理想的な座り姿勢にさせる商品作りが功を奏した結果です。

Body Make Seat Style

MTG(エムティージー) Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル)  レッド

先の商品には幾つか種類があり、Body Make Seat Styleがあります。

使用者によりますと、腰痛を軽くする効果の高さに感心していました。

しっかり腰を支えてくれるので、安定した姿勢が保てるとのご感想です。

Body Make Seat Styleは、座り作業からくる腰痛対策にもってこいだと明言できます。

確かなお客様からの反響がその商品の信憑性を物語っていて、腰痛に振り回される人生とはおさらばするための必需品だと位置付けていたりして。

ややもすれば、今まで使っていた椅子のサポート用品とは雲泥の差だと感じていても大げさではないでしょう。

Body Make Seat Styleならば疲れにくくなると評判なので、疲労による作業効率のダウンを防げて一石二鳥です。

疲れと腰痛は密接な関係があって、疲れが溜まると腰が痛くなってしまうと言われています。

デスクワークで体全体の筋肉が固くなることで、血の巡りが悪くなり疲労感を招いてしまうそう。

血流の悪さが筋肉の痛みに発展する場合があるため、腰痛も例外ではないはずです。

だからこそ、Body Make Seat Styleで疲労軽減も兼ねた腰痛対策が採られる場合が多々あるのではないでしょうか。

まとめ

椅子は立った状態の体に掛かる負荷を軽減させる便利な物ですが、座り方によっては腰への負担を大きくしてしまいます。

背中を丸めて座るなど正しくない椅子の座り方が腰に悲鳴を上げさせており、それを解消し、防止に役立つ情報だと読者が感じていただければ幸いです。

椅子が原因の腰痛持ちは、どんな座り方が腰痛を招かないのかお知りになったことで、今後の座り方の見直しにつなげられるのではないでしょうか。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子