腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛持ちにはこれがおすすめ!一人用のソファのメリットとは

      2017/09/08

不二貿易 ファブリックソファー フレンズ 1人掛け グリーン 71158

腰痛持ちの人は、ソファ選びにもすごく慎重になるでしょう。

ソファは、家の中でその上で過ごす時間がすごく長いモノになるでしょうから、やはり腰に負担がかかるようなものを選ぶわけにはいきません。

なので、どうしても選び方には慎重になるでしょう。

そんな腰痛持ちの方におすすめなのが、1人用のソファなのです。

ここではそのメリットについて見ていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

1人用のソファは肘置きが近い

1人用のソファのメリットとしてまず挙げられるのは、肘置きが近いという点です。

2人用あるいはそれ以上の人数用のソファに座ると、結局その真ん中のあたりに座る事になるでしょうから、肘置きは使わなくなります。

でも、肘置きを使わないと、腰にかかる負担は増していくと言えるのです。

なぜ肘置きを使わないと腰にかかる負担が増していくのかわかりますでしょうか?

それは、座る際や立つ際に、力をかけられるところがなくなるからです。

肘置きがあれば、そこに力をかけて立ったり座ったり出来るので、腰にすごく負担がかかるということはありません。

しかし、肘置きが無ければ、腰でなんとかしてバランスを取って立たないとならなくなります。

だから、腰にかかる負担はすごく高くなると言えるのです。

そうなると、腰痛になる可能性も高くなります。

ソファには何度も立ったり座ったりする

なぜなら、ソファでは、何度も立ったり座ったりするでしょうから。

これが会社のデスクなどであれば、そう何度も行ったり来たりはしないかもしれません。

しかし、ソファの場合はそうもいきません。

ソファの場合は、なにか飲み物をとりにいったり、トイレに行ったり、とにかくたくさん座ったり立ったりしがちなのです。

それなのに、その度に腰に負担がかかるとなると、その分だけ腰痛になる可能性も高くなると言えるでしょう。

しかしこれが1人用のソファであれば、座る際にも立つ際にもあまり腰に負担がかからないわけなのですから、何回も座ったりたったりしても、腰痛になるリスクは少ないのです。

これがまずひとつ目の、1人用のソファをおすすめする理由です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

姿勢が崩れづらい

もちろん1人用のソファをおすすめする理由はそれだけではありません。

1人用のソファをおすすめする理由としては、姿勢が崩れづらいという事も挙げられます。

普通に2人用やそれ以上用のソファを利用していたら、座っている間についつい姿勢を崩してしまう事もあるでしょう。

たとえばその上であぐらをかいたり。

でも、そうして姿勢を崩してしまう事も、腰への負担になるのです。

なので、それはやはり良くありません。

1人用のソファであれば、スペース的に姿勢を崩すことは出来ないでしょう。

だから、必然的に姿勢が良い状態をキープでき、腰への負担を少なく出来るというわけなのです。

肘置きがないとならない

ただ、これはすべての1人用のソファで共通していることではありません。

1人用のソファであっても、その上であぐらをかいたり、姿勢を崩したりすることが出来る物もあるのです。

それが、肘置きのない1人用のソファです。

肘置きのない1人用のソファでは、邪魔するものが無いので、比較的に自由に足を動かせます。

なので、あぐらをかくことも出来るでしょう。

でもそれはやはりよくないことなので、1人用のソファを使う時には、肘置きのあるソファを選ぶようにすることをおすすめします。

姿勢が正しくて疲れないのか

でも、そうしてあぐらをかいたりできないとなると、一つの疑問が生じてくるでしょう。

それが、そんなに正しい姿勢でい続けて、疲れないのかという点です。

結論からいうと、正しい姿勢でい続けていると、間違いなく疲れてしまうでしょう。

しかし、疲れてしまったとしても、それはそれで良い事なのです。

もし1人用のソファで正しい姿勢でい続けて疲れてしまったとします。

そうすると、その疲れをなんとかしようとして、そこから立ち上がったりするようになるでしょう。

そこから立ち上がるようにするということは、一旦そこで筋肉をほぐすことが出来るということになります。

そうして筋肉をほぐしていけば、筋肉が凝り固まって痛みが発生するという事を抑える事ができるようになります。

だから、腰痛対策となるのです。

1人用のソファの方がへたりづらい

1人用のソファのメリットとして、へたりづらいということも挙げられます。

2人用のソファやそれ以上のソファは、基本的には横に長くなります。

横に長くなれば、当然それだけ強度に不安も出てくるでしょう。

そして何より、2人用のソファやそれ以上のソファでは、その上に何人もの人が座る事があるでしょう。

そうなると当然ソファにかかる負担は大きくなります。

結果、座面が凹んでしまったりするのです。

そんな風にソファがへたってしまう事も、腰痛持ちの人にとっては良くありません。

もちろん腰痛持ち以外の人にとっても、座面がへたってしまうことは良くないのですが、腰痛持ちの人にとってはそれがもっと大きいです。

なぜなら、お尻の位置が下がってしまうからです。

お尻が下がると腰の負担が増える

座面が凹んでいたらそこに気が付けばお尻がハマるようになるでしょう。

でも、そこは凹んでいるのですから、凹んでいないところに比べると低い位置にあることになります。

つまり、普通にソファに座るよりも、お尻の位置が低くなってしまうのです。

お尻の位置が低くなると、当然ながらお尻のあたりにより体重がかかるようになります。

そうして腰にかかる負担も増えていくのです。

へたりづらい1人用のソファであれば、そうやって腰に痛みが発生することは防ぐことが出来るでしょう。

移動もさせやすい

1人用のソファには、室内での移動もさせやすいというメリットがあります。

移動させやすいことの何が腰痛と関係があるのかわからないという方もいるかもしれませんが、移動させやすいというのは、実は意外と大きなメリットなのです。

なぜならソファとテレビのよく見るものの位置関係などのせいで腰痛になっている事もあるからです。

位置関係が悪いと姿勢が悪くなりますから、当然次第に腰痛になるのです。

でもそうして位置関係がいまいちでも、2人用のソファやあるいはそれ以上のソファを使用している場合、簡単にはその位置を変えることが出来ないということもあるでしょう。

やはりほかの家具との兼ね合いもありますし、そして何より重量もなかなかになりますから、簡単には変えることは出来ないのです。

でも、1人用のソファであれば、簡単に移動させることが出来ます。

なので、位置関係のせいでの腰痛にも対処できるのです。

当然持ちあげる際の負担も少ない

当然ながら、それを移動させる際に持ち上げた時の腰への負担もすくないと言えます。

腰痛持ちの人が何かを持ち上げる時、やはりそれの重さによってかかる腰への負担が気になるでしょう。

しかし、1人用ソファ位の重さであれば、持ち上げても別に負担にはなりません。

だから、そういう意味でも移動がさせやすいと言えます。

腰痛持ちの人にとっては、それもすごく大切なことでしょう。

まとめ

1人用のソファは、この様に腰痛持ちの人にすごくおすすめできるものになります。

ビジュアル的にもソレを入れるだけでオシャレに見えたりもしますし、当然室内に入れるのも簡単になります。

是非一度1人用のソファも選択肢に入れてみていただきたいです。

当然ながら、値段的にも大きいものよりはリーズナブルになる事も多いでしょうから。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ