腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛改善には高反発マットレス!? モットンが腰痛に言いワケ

   

ottostyle.jp 高反発マットレス 厚さ10cm シングルサイズ 密度30D/硬さ180ニュートン ブラウン 【体圧分散】【快適睡眠】

長年、慢性的な肩こりや腰痛、蓄積疲労に悩まれている方が寝具、特にマットレスを見直そうというのは最近の傾向なのでしょうか。

マットレスと言っても、スプリングやコイルの入っているものから、低反発や高反発、布団のような物など様々なタイプのマットレスがあります。

その中でも、腰痛改善に定評のある「モットン」にスポットを当ててみました。

その実力はいかがなほどか?

筆者も腰痛持ちなので、腰痛持ちの視線から調べてみることにしました。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

高反発マットレス、モットン

一言で言うとモットンは高反発マットレスです。

一時期流行っていた低反発マットレスの逆です。

ざっくりいうと、低反発マットレスは寝た時に全身を包み込むように沈みます。

マットレスに横になった状態の時に、人の身体は点で支えられています。

その部位の負荷が大きくて腰痛や肩こり慢性疲労等の原因にもなるのですが、その点の部位の負荷をマットレスが沈み込むことによって面で支え、一点にかかる負担を軽減してくれます。

対して、高反発マットレスは横になった時に全身を押し返す力がしっかりしているので、身体の沈み込むことを防ぎ、理想的な寝姿勢を保ちます。

それによって全身をリラックスさせ、腰痛を軽減させていきます。

それがモットンなのです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

睡眠中に腰痛が悪化してしまう原因

腰痛持ちの方で、起床時に腰の痛みとともに目覚めるという方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、寝具、特にマットレス自体に原因があることが多いようです。

つまりリラックスしているはずの睡眠中に腰痛が悪化してしまうのです。

ではまず、睡眠中に腰痛が悪化してしまう原因をみてみましょう。

寝返りの回数が少ない

人は睡眠中に何度も無意識のうちに寝返りを打っています。

寝返りを打つことによって、筋肉の疲労や体の歪みを修正しているのです。

つまり、睡眠中に人間は無意識のうちに身体を正しい姿勢に戻し、疲労を軽減させているのです。

しかし、低反発マットレスや、柔らかい布団だと包み込まれるような感覚はとても気持ちがいいのですが、必要以上に身体が沈み込んでしまい自力での寝返りに余計な力がかかってきてしまうのです。

そのため、寝返りの回数が減ってしまうのです。

その結果同じ寝姿勢のまま寝続けることになってしまい、睡眠中の身体の血行が悪くなってしまいます。

血行が悪くなってしまうということは、腰痛を悪化させてしまうということなのです。

血行不良は腰痛だけでなく、身体の様々な場所に支障をきたしてしまいます。

適度な寝返りを打つということは、全身にいい影響を与えるということにもなります。

睡眠中の正しくない寝姿勢

前述したように、人間には寝返りが必要不可欠なのです。

寝返りは健康的な人で、一晩に平均すると21回打っているそうです。

しかし、腰痛持ちの人の多くは一晩に3回ほどしか寝返りを打っていないとも言われています。

なぜこのようなことになってしまうのでしょうか?

それは、寝ている姿勢に問題があるのです。

柔らかいマットレスや布団では、寝姿勢で負荷がかかる腰やお尻が沈み込んで身体がおり曲がり、「くの字」のようになってしまい、腰痛が悪化します。

しかし、だからと言って硬すぎるマットレスや煎餅布団だと、身体が沈まなさ過ぎて反り腰のような状態になってしまいます。

そのため、同じく腰痛を悪化させてしまうのです。

横向き寝

腰痛を悪化させてしまう寝姿勢の人の中で、横向きになって寝る人も多くいます。

柔らかすぎるマットレスの場合、やはり腰が沈んでしまい、背骨が歪んだ状態になってしまいます。

そして硬すぎるマットレスの場合は、柔らかすぎるマットレスとは逆に背骨が歪んだ状態になってしまいます。

そのために、また腰痛を悪化させてしまうのです。

モットンはどうやって腰痛を改善してくれるの?

腰痛の悪化に寝姿勢が関係していることはお分かりになりましたか?

では、全身を包み込み体圧分散させる低反発マットレスに対し、モットンはどのようにして腰痛を改善してくれるのでしょうか?

スムーズな寝返り

睡眠時の寝返りが人間にとって重要であるということは、前述したとおりです。

その睡眠時の寝返りをスムーズに行えるマットレスこそ、モットンなのです。

モットンは高反発マットレスですが、購入時に使用する人の体重に合わせて反発する力の強度を選ぶことができます。

そのため身体がマットレスに沈み込みすぎることもなく、また、身体がマットレスに反発されすぎず、ちょうどいい反発力を発揮してくれるのです。

ですから最低限の力でスムーズな寝返りをすることができるのです。

しかし、寝返りはたくさんすればするほど良いというものではありません。

寝返りのし過ぎは起床時の疲労感のもととなってしまいます。

モットンの適度な反発力は、ある程度身体を包み込むような感覚にしてくれます。

これが安眠につながり、必要以上の寝返りを防ぎ適度な寝返りの回数をサポートしてくれるのです。

体圧分散が優れている

モットンは日本人の体形に合わせて作られていて、体圧分散にも非常に優れています。

この優れた耐圧分散により、理想的な寝姿勢を保つことが出来ますので、日中全身に溜まった疲労が軽減されます。

理想的な寝姿勢を保つことで、一点に集中してしまいがちな体圧も分散され、腰への負担もなくなります。

モットンの性能

高反発マットレスと言えば、「重い・寒い・蒸れやすい」というあまり良くないイメージがありませんか?

モットンはウレタンフォームでできていますが、その性能はいかがなものでしょうか。

モットンの重さ

モットンの重さはシングルサイズで4.4kgです。

セミダブルで5.4kg、ダブルで7.2kgです。

女性にとっては軽いとは言えませんが、シングル、セミダブルサイズならそれほど持ち運びにも苦労することもないのではないでしょうか。

男性ならばダブルサイズでも難なく持ち運べる程度です。

寒くないの?

高反発マットレスや低反発マットレスは、通気性が良すぎて冬場は特に寒さを感じる場合があります。

特に長年ふかふかの布団で眠っていた人にとっては、なんだか心もとない気がしますし、背中がスースーして風邪をひきそうになるようです。

しかし、モットンの口コミを見るとそれほど寒さは感じられないようです。

もし、寒さを感じるのであれば、毛布などを一枚敷くことをおすすめします。

通気性は?

高反発マットレスや低反発マットレスは、通気性が悪く梅雨の時期などはマットレスがじめじめしているというこえをきくことがあります。

モットンの通気性は通常のウレタンフォームより通気性が良く、しっかりと水分をにがしてくれます。

しかし、日々のお手入れは必要で、説明書にもあるように一週間に一度はモットンを通気性の良い場所に立てて陰干しをした方が良いでしょう。

このひと手間で、モットンの寿命がずいぶんと変わってきます。

モットンを使用するにあたっての注意点

病気は治らない

「腰痛に効果がある」と言っても、病気での腰痛や、○○症などといった病名を伴うものの腰痛の改善を目指す方にはあまりおすすめはできません。

もちろん、その効果があまり期待できないからです。

モットンの使用で最も効果の期待できそうな腰痛は、日中のデスクワークや同じ体勢でいることによる腰への負担からくる腰痛や、体に合わない寝具を使っていて寝姿勢が理想的ではなく、その為腰への負担が大きくなると感じている人へおすすめのマットレスです。

まとめ

いかがでしたか?

様々なマットレスの中から、自分に合ったマットレスに出会うのは難しい事なのかもしれませんし、マットレスを替えたからと言ってすべての人の腰痛が良くなるというわけではないのかもしれません。

モットンも、すべての人に合うというわけではありません。

しかし、日中デスクワークが多かったり立ちっぱなしだったりと、腰への負担が大きいなと感じる方は是非一度お試しください。

翌日の疲労感が全然違いますし、朝起き上がる時の腰の痛みが違いますよ。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団