腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛用の椅子を選ぶときには自分の腰痛の状態を理解することから始める

   

アーロンチェア ポスチャーフィットフル装備 グラファイト/クラシック Bサイズ AE113AWBPJG1BBBK3D01

腰痛は椅子により状態が大きく変わってきます。

そのため、椅子を選ぶことは腰痛に状態に大きな変化を与えてしまうほどの影響があるのです。

腰痛用の椅子を選ぶときには、必ず多くのタイプから検討するようにしましょう。

また、インターネットからではなく実際に自分で座って確かめて購入することも重要なポイントになってくるでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛の人が椅子に座る場合

座り方に気をつける

腰痛を持っている人は、椅子に座る場合にはとくに注意が必要です。

気を抜いて、勢い良く座ってしまうと、酷い場合には立ち上がることができないほどの痛みを得てしまうでしょう。

こういった状況を防ぐためには、必ず意識を持って椅子に座るように心がける必要があります。

とくに、座り慣れていない椅子に座る場合には、腰とお腹に力を入れてゆっくり座ることで、座った瞬間に起こる腰痛を回避することができるでしょう。

あぐらをかくような座り方

腰痛を持っている人は、椅子に座った後にも注意が必要です。

正しい姿勢を維持しなければ、腰痛はどんどんと悪化していきます。

それだけではなく、もともと腰痛を持っていなかった人でも、座り方を誤ってしまうことで腰痛になってしまうとことがあるのです。

まず、椅子に座ってあぐらをかくような座り方は厳禁です。

一見、楽な座り方のように感じるかもしれませんが、腰にとても大きな負担を与えてしまい、どんどんと腰痛は悪化してしまうでしょう。

また、足を組むような座り方も厳禁だと言えます。

足を組むとどうしても腰は曲がった状態になり、足を組んでいる方向によって、腰にかかる負担が増えてしまい、腰痛を引き起こしてしまいます。

正しい姿勢は、常に腰を伸ばした状態です。

緊張感を与えているように感じるかもしれませんが、こうした姿勢を維持することで、立ち上がっても腰への負担は小さいため、楽に立ち上がることができるでしょう。

また、座っている間に腰に違和感を感じるようになった場合には、無理をしないで立ち上がり、腰を安定させるようにしましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛の人が選ぶべき椅子のタイプ

背中や腰の位置を調整できる

腰痛の人は、椅子に座る場合には椅子のタイプをしっかり確認しておくことが重要です。

選ぶべき椅子は、やはり腰や背中の位置を調整できるタイプでしょう。

自分の楽な姿勢に調整できる椅子であれば、腰にかかる負担も軽減させることができるはずです。

こうした椅子を探すことは簡単ではありませんが、腰痛の人はしっかり椅子を選んで座ることで、痛みが軽減されることを知っておきましょう。

ダイニング用の椅子は避ける

ダイニング用の椅子は、ほとんどの場合はお尻の部分と腰の部分とが直角に曲がっています。

腰痛の状態によっては、こうしたタイプの椅子でも問題ないと感じる人もいますが、腰痛を持っている人のほとんどの人は腰に大きな負担がかかってしまうでしょう。

さらに、長時間座ってしまうことで腰への負担が大きくなってしまい、痛みは足にまで及んでしまうことがあります。

こうした状態を防ぐためには、こうした直角になってしまうような椅子は避けることが一番です。

背中の部分が調整できれば良いのですが、調整できない場合にはできるだけ無理な直角にならない椅子を選ぶことに心がけましょう。

椅子を選べない場合はクッションなどを利用する

背中や腰に当て調整する

もし、自分の腰に合わない椅子に長時間座らなければならなくなった場合は、とても苦痛な時間になってしまうでしょう。

仕事場などは、まさにこうした状況になってしまうはずです。

自分に合っていないオフィスの椅子に座り続けることは、腰痛を持っている人は座れば座るほど悪化していくはずです。

どうしても自分に合っていない椅子に座らなければならないときには、クッションなどを腰に当て調整することもできます。

クッションなどを腰や背中、必要であれば太ももの部分に当て調整することができれば、長時間その椅子に座っていても辛さは半減していくはずです。

ただ、やはり一番有効な方法は椅子自体を自分に合ったタイプに交換することであることは理解しておきましょう。

腰痛に効果的な椅子4選

アーユルチェアー

アーユルオクトパス ブラック

アーユルチェアーは坐骨の位置を整えてくれる効果があります。

腰痛に効果的なだけではなく、骨盤の歪み自体を矯正してくれる効果もあります。

アーユルチェアーは、大人だけではなく子供にとっても効果の高い椅子と言えるのです。

最近では子供も腰痛に悩まされている現状があり、とくに激しいスポーツをしている子供は腰痛になってしまう可能性が高くなってしまいます。

それだけではなく、正しい姿勢を維持できない子供も腰への負担が大きくなってしまい、将来腰痛に悩まされてしまう可能性が高くなってしまうのです。

アーユルチェアーを利用すれば、子供でも早い時期に腰や背中の矯正を行うことができますので、上手にアーユルチェアーを利用すればさまざまな効果を得ることができるようになるでしょう。

大人だけではなく、子供にもおすすめです。

アーロンチェア

アーロンチェア ポスチャーフィットフル装備 グラファイト/クラシック Bサイズ AE113AWBPJG1BBBK3D01

アーロンチェアは、腰痛に人にはとても効果的であることで有名です。

アーロンチェアが優れているポイントは、人口工学と人体の運動理論に基づいて設計された椅子であり、科学的に腰痛に効果があることが分かっていることです。

腰だけではなく、お尻にかかる体圧を分散させる効果もありますので、直接腰に良い影響があるだけではなく、体の多くの部分を利用して腰への負担を軽減してくれるように考えられています。

長時間座り続けても、疲れを感じない椅子なのでとくに仕事場には最適な椅子だと感じることができるでしょう。

デスクワークスが主体となっている人にはとてもおすすめです。

バランスチェア

サンワダイレクト バランスチェア ガス圧昇降タイプ 100-SNC038

バランスチェアは、姿勢を矯正することができる椅子です。

腰痛用の椅子と言った物ではなく、腰痛の人が改善させるために開発された椅子なのです。

体の重みを効率よくこのバランスチェアが支えることで、直立姿勢に近い良い姿勢をキープさせることができます。

もちろん、このまま普段使用する椅子としても使用することができますので、毎日座り続けることで強い腰を作ることができるようになるでしょう。

また、デザインやカラーにもこだわりを持って作られていますので、男性だけではなく女性にもおすすめの椅子です。

腰楽オフィスチェア

オフィスコム オフィスチェア パソコンチェア メッシュ ローバック 腰当て付き ひじ付き グリーン 腰楽

腰楽オフィスチェアは、まさにオフィス用の椅子として開発された椅子です。

腰への負担を軽減させるために開発された調整機能は、どのような腰痛の人にもマッチさせることができるでしょう。

こうした腰痛用の椅子はとても高いと言ったイメージがありますが、この腰楽オフィスチェアは比較的安価に購入することができますので、リーズナブルな椅子だと感じることができるでしょう。

カラーバリエーションにも優れていますので、どのようなオフィスのカラーにも合わせることができるはずです。

長期的な使用を心がけている人にもとてもおすすめの腰痛用の椅子です。

まとめ

腰痛にはさまざまなタイプがあります。

そのため、腰痛用の椅子にはさまざまなタイプがあるのです。

どの腰痛用の椅子も自分にぴったりくるわけではありませんので、自分に合った腰痛用の椅子を見つけることから始めてみましょう。

また、腰痛を改善させることも重要なことです。

腰や背中の矯正も意識をした椅子を選ぶことも重要なことです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子