腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛防止に適した敷き布団を3つご覧ください!あなたにピッタリな寝心地と通気性の良さもポイント!

   

【日本製】東洋紡 ブレスエアー 洗える敷き布団 オールシーズン通気性抜群 100cm×200cm シングル 三層敷布団 体圧分散 360度全周全開ファスナー

私達は二足歩行なので、どうしても腰に負担が掛かる生活を余儀なくされてしまいます。

腰痛持ちは10人に1人だと言われていて、腰痛改善が一つの課題になっているでしょう。

腰の痛みを少しでも軽くしたい方は、敷き布団との相性も軽視できないのではないですか?

ここでは腰痛が気になる方向けの敷き布団を中心に見ていきたいと思います。

寝具と腰の痛みの接点があなたの好奇心を刺激するかもしれません。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛持ちの方が敷き布団を選ぶポイント

体が沈み込む低反発の敷き布団は、腰痛持ちとの相性が悪いのだそう。

寝返りが打ちにくいためで、体が沈む分だけ寝返りを打ちたくても体重移動がままならないからです。

必然的に寝返りの回数が少なくなり、腰の痛みを招いてしまいます。

逆に言えば高反発ではない布団ならば良くて、13層やすらぎマットレスがおすすめ。

体が浮くような感覚が味わえて、体と敷き布団の接点がソフトになるように設計されています。

長時間寝ても体が凝らないとのことで、快適な寝心地をもたらしてくれるようです。

柔らかいマットレスの方が腰に優しいと思われがちかもしれませんが、若干硬めの敷き布団が腰に良いとの感想があります。

柔らか過ぎる敷き布団だと、体重が集中しがちの腰が布団のクッションを圧迫してしまうからです。

要は、寝具を介して腰が床に接触することで腰に過度の負担が掛かってしまいます。

敷き布団の突起部分で体重を支える敷き布団が適しており、腰への集中的な負担を回避できるそうです。

その布団選びの参考として腰痛持ちの方が認識していただければと思います。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

フローリングは敷き布団に適しているのか?

腰痛対策にピッタリな敷き布団をお探しの方は、フローリングが頭をよぎることはありませんか?

フローリングに敷き布団を敷いたのが原因で、腰を痛めた方がおられました。

フローリングは固いので、床との接触をし易い敷き布団だと腰への悪影響が懸念されます。

フローリングが敷き布団に不向きなのは他にもあって、カビが生え易い点です。

衛生的な寝具を使用したい腰痛持ちの方は、床材と敷き布団との相性も考慮した方が良いでしょう。

フローリングでも雲のやすらぎと呼ばれる敷き布団ならば、かなり厚い上に柔らか過ぎなくておすすめです。

前述の通りに柔らかいと腰に悪いため、腰痛で悩まされている方の間で話題に上がっている商品かもしれません。

季節を問わず快適な睡眠をもたらしてくれるのもポイントで、暑過ぎず寒過ぎない敷布団で腰痛を軽くできるのはいいですね。

長期的な腰痛緩和に特化した寝具ではないでしょうか。

腰が痛い方に適した敷き布団

腰痛に苛まれている方が少なくないでしょう。

体に合わない敷き布団で寝ると腰痛などを引き起こす場合があるため、敷き布団選びも大切です。

腰痛持ちの方におすすめなのは体圧分散のマットレスであり、体全体にバランス良く圧力を分散してくれます。

つまり腰への負担を軽減できるので、腰痛防止につながるわけです。

体圧分散型の敷き布団ならば腰への負担が軽いS字カーブを維持してくれるので、理想的な寝姿勢で朝を迎えられます。

肩こりの方におすすめの敷き布団

高反発マットレスが肩こりの方に適しており、丁度良い柔らかさと通気性が特徴です。

愛用者によると肩と腰が適度に沈み込むとのこと。

要は体全体が楽な状態となり、肩と腰の負担軽減に貢献しています。

敷き布団次第で肩の痛みから解放されることは決して珍しくないでしょう。

デスクワークなどパソコンの作業が普及しているため、肩が凝るケースが頻発していますよね。

だからこそ、高反発マットレスを肩こり緩和策にするのは稀ではないと思います。

六つ折り敷布団

腰痛持ちの方におすすめだと思われる敷き布団は、Amazonで販売されている六つ折り敷布団です。

軽量かつコンパクトなので、持ち運びの際に苦労することはないでしょう。

へたりにくいので、快適な使用感を味わわせてくれそうですね。

ブレスエアーが用いられているので、体圧分散に特化しています。

大きめの洗濯機ならば丸洗いできるところも魅力的であり、衛生面にも配慮された敷き布団です。

車中泊にも対応可能なので、車内でも腰への負担が軽い寝姿勢になりたい方におすすめではないでしょうか。

車で移動する機会が多い方程、状況次第で車中泊になりがちなので、六つ折り敷布団があると心強いですよね。

起きた直後の肩の痛みが無かったという方のご感想があって、肩の痛み防止も兼ねた寝具だと言えます。

FOUR SEASONS EXⅡ

ブレスエアーが使用された敷き布団がありまして、FOUR SEASONS EXⅡと言います。

高級マットレスさながらな寝心地を与えてくれるので、贅沢な睡眠に誘ってくれるイメージが濃厚です。

腰痛防止だけでなく深い眠りを得たい方におすすめの商品であり、睡眠の質の高さを追求したい方のご要望にも応えられます。

硬過ぎず柔らか過ぎないので、腰への過度な負担が掛かることはございません。

ダブルクッション構造とのことで、高級ホテルベッドの要素が盛り込まれた敷き布団です。

何だか頼り甲斐ある構造だと思わせて、二重のクッションで腰をガッチリサポート!

と腰痛持ちの方に安心感を抱かせてそうではありませんか。

耐久性も優れているため、長い使用期間で買い替え時期を遅らせる経済的な負担軽減も期待できます。

リバーシブル構造となっていて、スタンダードと硬めの寝心地を選択できるようです。

敷き布団をひっくり返すだけでいつもと違う寝心地が味わえるのは粋な計らい♪その点に惹かれてFOUR SEASONS EXⅡを購入される方が数多そうですね。

他のメリットはどんなのがある?

私達は寝ている間にどうしても寝汗をかくため、通気性がある敷き布団が万人の方向けの商品だと位置付けられているでしょう。

FOUR SEASONS EXⅡならば通気性も優れているので、寝汗を心配している方にも爽やかな使用感をお約束します。

その上嫌な汗を吸収して発散する綿シーツも付いてくるから、寝汗の悩みを一挙に解決してくれる敷き布団として注目されていたりして。

綿シーツは三つ折りにも対応していて、横幅ファスナーが付いています。

折り畳みで手間を掛けさせないしシーツ交換を容易にさせるファスナーは、使用者の立場に立った商品仕様です。

こうした利便性の高さがFOUR SEASONS EXⅡの評判を高める呼び水ではないでしょうか。

モットン

腰痛対策の敷き布団をお探しの方はモットンを試してみませんか?

満足度が94.2%と高くて、日本人の体型に合わせて作られているのが好評を博している理由の一つなのでしょう。

元プロ野球選手の山本昌さんも愛用しており、人気の高さが窺えてきます。

モットン使用者の感想は、適度な反発力があるので極端に体が沈まずに寝返りが打ち易いとのこと。

寝返りの少なさは腰への負担に関係するため、その弱点を克服した敷き布団が支持されて当然です。

使用者の感想は十人十色なので、さすがに満足度が100%まではいかないのは致し方ありません。

逆に100%だと本当に高い効果が見込める敷き布団なのか?

と疑問を持たれがちです。

噓偽り無い満足度の高さは、モットンの信憑性をよく表しています。

まとめ

敷き布団にも色々あるので、どれが腰痛対策に適した寝具なのか探し当てるのを苦労される方が少なからずいらっしゃるでしょう。

腰痛以外の問題解消ができるマットレスがあるので、自分に合った寝具で快適な日常が訪れることは多々ありそうです。

人生の3分の1は睡眠に費やされるため、敷き布団次第で健康的な生活を手にできると言っても大げさではありません。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団