腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝がぐらぐらする膝痛!が不安定になる原因や対処法について

   

歳を重ねて老化していくと、体の様々な部分が衰えていきます。

そして、膝もそのことに含まれており、加齢が原因で膝痛を起こしてしまう人もいます。

膝痛といっても様々な種類がありますが、中には膝がぐらぐらするという人もいるかと思います。

膝がぐらつくと、歩いたり階段での上り下りが困難になります。

それでは、膝が不安定になりぐらついてしまう原因とは何なのでしょうか?

快適な生活を送るためにも、ここでは膝がぐらついてしまう原因や対処法について解説していきます。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝が不安定になる原因

膝がぐらぐらして不安定になると、歩いたり、物を持ち上げたり、階段使ったりすることが困難になるため、日々の生活に支障をきたしてしまいます。

そのようなことにならないよう、膝がぐらついてしまう原因を知っておきましょう。

膝周辺の筋力低下

膝が不安定になる原因は人によって異なりますが、膝がぐらついてしまう原因に考えられることの一つは膝周辺の筋力の低下になります。

運動不足の人はもちろん、加齢によっても筋力は低下してしまいます。

膝周辺の筋肉が衰えると、膝を支える力が低下してしまいます。

そのため、歩いたりすると膝がぐらぐらしてしまうのです。

膝がぐらつき不安定になると、膝痛を起こす原因にもなるので注意が必要です。

また、対処しないで放っておくと、悪化してしまう可能性もあるので、普段の生活に運動を取り入れて、膝周辺の筋肉を鍛えることが大切になります。

スポーツ障害や事故などが原因

スポーツでの怪我や交通事故なども、膝が不安定になる原因になります。

スポーツ中に、無理な姿勢や突発的な動きで膝を使いすぎたり、アクシデントで膝を強く打ったりした時の怪我により、膝関節内の組織が損傷してしまい、膝がぐらつくようになってしまうこともあります。

症状が軽度なものだと、保存的療法を行い安静にしていれば、自然と膝のぐらつきは治まります。

ですが、靭帯が完全に切れていたり、重度な半月板損傷を起こしてたりする場合は、手術が検討されます。

症状が軽度でも、無理をしたり放っておいたりすると、症状が悪化する恐れがあるので注意しましょう。

悪化させないためには、無理をしないで適切な治療を行うことが大切になります。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝が不安定になる症状の種類

膝が不安定になるのと関係している症状は様々あります。

その症状とは、靭帯損傷・半月板損傷・関節水腫・膝蓋骨不安定症・神経病性関節症などになります。

当たり前ですが、それぞれ膝痛に関する症状になり、多くはスポーツによる怪我が原因になります。

ですが、脊髄損傷や糖尿病、神経の障害などが原因になっている症状もあります。

症状や症状の重さによっては、専門の医療機関で適切な治療を受ける必要があります。

そのため、症状が軽いと思っていても、専門の医療機関で診てもらうことをおすすめします。

膝が不安定になった場合の対処法について

普段の生活に筋肉トレーニングを取り入れること

膝が不安定になる原因の症状によっては、専門の医療機関で適切な治療を受ける必要があります。

ですが、膝周辺の筋力が弱いことで膝がぐらついている場合は、膝を強くすることが大切になります。

その強くする方法というのが、筋肉トレーニングになります。

その筋肉トレーニングは、ダンベルなどの器具を使う必要はないので、手軽に行うことができます。

分かりやすい筋肉トレーニングを言うと、スクワットになります。

スクワットは有名な筋肉トレーニングなので、やり方の説明は省きます。

スクワット以外の筋肉トレーニングは、足上げをする運動になります。

やり方は、まず仰向けになり、片方の膝を90度に曲げて立てます。

そして、もう片方の脚は真っすぐ伸ばし、伸ばしたほうの脚をゆっくりと上げます。

ゆっくり上げた脚が床から10cmくらいまで離れたら脚を止めて、その状態を5秒間維持します。

5秒経過したら、脚をゆっくりと下ろしましょう。

そして、5秒~10秒くらい空けて、再び同じ脚を上げます。

これらの動きを10回くらい行い、反対の脚も同じように行います。

もう一つの足上げする筋肉トレーニングは、椅子を使います。

まず、椅子に浅く腰をかけて、両手で椅子の縁を掴みます。

片方の脚は自然な感じで膝を曲げて、反対の脚は膝を真っすぐ伸ばし、足首は90度に曲げます。

そして、伸ばしている脚を床から10cmほどゆっくり上げ、その状態を5秒ほど維持します。

5秒ほど経過したら脚をゆっくりと下ろし、5秒~10秒くらい空けて再び同じ動作を行います。

これらの動作を10回程行い、反対の脚も同じように行います。

炎症を起こして痛みを伴っている場合は膝を冷やす

膝がぐらついて不安定になっていると、痛みを感じることが多くあります。

炎症により膝に痛みが起きている場合は、炎症を抑えることが痛みを緩和させる方法になります。

その炎症を抑える方法というのは、アイシングになります。

氷水に浸したタオルや、タオルを巻いた保冷剤などを使用して、患部を冷やしてあげましょう。

アイシングをすることにより炎症が治まれば、痛みは緩和されていきます。

アイシングの時間は15分~20分くらいが適切になります。

20分以上行うと凍傷になる危険性が出てくるので、注意しましょう。

また、保冷剤を肌に直に当てることも凍傷の原因になるので注意しましょう。

安静にしても症状が酷い場合や、しばらく様子を見ても症状が全く良くならない場合は専門の医療機関に行き診てもらいましょう。

普段の生活で注意したいこと

膝に余計な負担がかからないようにすること

普段の生活習慣と膝痛は大きく関わっており、食生活の乱れや膝に負担のかかる姿勢、運動不足などは膝を不安定にさせる原因になり、膝痛の原因にもなります。

食生活が乱れていることにより肥満になると、膝には大きな負担がかかってしまいます。

それは、膝は自分の体重を支えているためです。

また、栄養不足も膝に悪い影響を与えてしまいます。

それは、栄養不足になると体を作る原料が不足するため、骨や筋肉は弱くなっていき、膝は脆くなり、膝は不安定になってしまうからです。

そして、正座や悪い歩き方、余計な負担のかかる立ち方やしゃがみ方なども膝が不安定になる原因になります。

正座は腰には負担が少ない座り方になりますが、膝にかかる負担は大きくなります。

そして、歩く時に猫背になっていたり上下動が激しかったりすることも膝がぐらつく原因になります。

急に立ったり、急に座ったりなどの急な動作も膝に大きな負担をかけてしまいます。

これらの動作は、膝に大きな負担をかけ、膝が不安定になる原因となるので注意しましょう。

サプリメントを利用しよう

普段の生活で注意したいことには、食事も含まれています。

老化が原因になる膝のぐらつきには、代謝の低下や栄養不足が原因として考えられます。

当然、加齢による筋肉の衰えも深く関係しています。

そのため、適度な運動をして、栄養バランスを考えた食事をするように心掛けることが大切になります。

筋肉を強くするにはタンパク質が必要になり、その他にもビタミン類やミネラル類などもバランス良く摂ることが筋肉を強くし、膝のぐらつきの予防となることが見込めます。

ですが、生活サイクルや体質などにより栄養をしっかりと摂ることが難しい場合もあります。

そのような場合は、サプリメントを利用すると良いでしょう。

サプリメントで足りない栄養素を補うことで体を丈夫にすることができ、膝のぐらつきの予防や改善効果を期待することができます。

まとめ

膝がぐらぐらと不安定になる原因は様々あり、原因を知って、それに適した治療を行うことが大切になります。

膝が不安定になると膝痛を招いたり、膝痛が悪化するため、膝に異常を感じたら速やかに専門の医療機関に行くことをおすすめします。

また、普段の生活習慣が膝のぐらつきの原因となっている場合もあるため、生活習慣を見直すことも大切になります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ