腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛の4つの原因や対策を紹介!放っておくのは危ない?

   

膝を痛めてしまうケースは、少なくても4つもあって、この膝痛を放っておけば歩く事が困難になってしまいます。

そのような事態を避けるためには、膝痛になる原因を把握した上で、対策を講じる事が重要です。

そこで多くの方たちが膝痛にならないように、4つの原因と対策について紹介するので、膝痛にならないうちに確認してみて下さい。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

老化による膝痛

若い時は膝痛に悩まされてなかったのに、年齢を重ねてから膝が痛み出すケースがあります。

このようなケースは加齢なので、仕方がないと思いがちですが、実は対策を講じる事で膝痛になる可能性を低くする事ができるので詳しく紹介しましょう。

原因

膝が痛み出すケースとして、関節部分にある軟骨が摩耗する場合です。

軟骨が摩耗した時に、その破片が他の部分に悪影響を及ぼして、炎症を起こす場合があるのです。

このような摩耗は長い間に渡って膝を使ってきた場合には避けられない事なので、高齢者の方は止むを得ないケースと言えるでしょう。

しかし年齢を重ねてから、膝が痛くなった場合に「歳のせいだから仕方がない」と思って放っておいたら、症状を悪化させる場合があるのです。

そのため、あまりにも痛くなったら、病院で診てもらったほうが良いでしょう。

対策

加齢によって膝が痛むのを予防するためには、軟骨の摩耗を少しでも抑える事が重要になります。

摩耗を抑える方法として、関節の動きを良くしたり、ヒアルロン酸を注射したりする方法があります。

さらに膝に適度な刺激を与えながら、運動をする事も重要です。

そうする事によって、血行を促進する事ができて、新陳代謝も促進されます。

実は血行が悪くなったら膝痛になりやすいのです。

若い時は学校や会社の仕事で、身体を動かしていた方が、定年退職する事になって身体を動かさなくなれば筋力は低下しやすくなります。

そうなれば血行が悪くなりやすいので、適度な運動をする事が重要です。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

肥満による膝痛

体重が増加する事によって、膝に負担が増えてしまって膝痛になる場合があります。

そこで肥満になってしまう原因や、膝に負担をかけないでダイエットする方法を紹介するので、見ていきましょう。

原因

加齢によって膝痛になる原因と似ていますが、肥満も加齢によって起きやすいケースです。

なぜなら学生時代に部活動をしていた方が、社会人になって運動する機会がなくなっていって肥満になる方は多いのです。

さらに年齢を重ねる事によって、基礎代謝が低下していく事によって太りやすくなります。

そのため若い時と年齢を重ねた時に同じ運動量だったとしても、若い頃より肥満体型になってしまうのです。

肥満になる原因は運動量の他にも食事量によっても変わってくるので、肥満になる原因をしっかりと把握した上で対策を講じる事が重要になります。

対策

肥満になったなら食事量を減らす方法と運動量を上げる方法があります。

最も理想的なのは食事量を抑えながら、運動量を上げる方法ですが、仕事で忙しい社会人が行うのは難しいでしょう。

そこで運動でダイエットしようとした場合には、運動するだけなら簡単なように思うかもしれませんが、運動によって膝を悪化させる場合があります。

その運動がランニングです。

なぜなら、ランニングは膝にかかる負担が大きくて、逆に膝痛の症状を悪化させる危険性が高いのです。

さらに肥満体型の方が、急にランニングしたら膝痛になる可能性はさらに高くなります。

そのため肥満の方が膝に負担をかけないで痩せるためには、ウォーキングがおすすめです。

ウォーキングであれば膝にかかる負担は少ない上に、全身運動になるので痩せやすくなります。

スポーツによる膝痛

スポーツを行っていれば肥満になりにくいのですが、スポーツを行う事によって膝痛になる場合があります。

そこでスポーツで膝痛になる原因と対策を説明するので、確認してみて下さい。

原因

スポーツでは身体を動かしていくので、膝を酷使する事になります。

なぜなら走る事もあれば、ジャンプして着地したりする事があるので、膝にかかる負担は大きいのです。

さらにスポーツで膝を酷使して休憩をあまりとならければ『スポーツ外傷』になってしまう場合もあります。

このスポーツ外傷とは、特定の位置の筋肉で炎症が起きる事を指します。

ただしスポーツの種類によっては膝より肘を酷使する場合があるので、一概にスポーツをすれば膝を痛めやすいという訳ではありません。

そのためスポーツで膝を酷使しやすい陸上の場合は、気を付けたほうが良いでしょう。

対策

スポーツによる膝痛を予防するには、しっかりと栄養を摂った上で、休憩をする事が重要になります。

さらに運動をする前のウォーミングアップやストレッチなども重要になるでしょう。

関節を動かしやすくする事によって、膝痛になる可能性を少しでも下げておいた方が良いです。

さらに自分の運動能力を把握する事も重要です。

なぜならテレビで10kmも走れる陸上の選手がいたとしても、全ての方が同じように10kmも走れる訳ではないでしょう。

その方の経験や筋肉など様々な要因があって、運動能力は決まっていきます。

そのためスポーツを行う場合には、このような様々なポイントに気を付けておけば、膝痛を予防しやすくなるでしょう。

筋力低下による膝痛

スポーツによって膝を酷使して膝痛になる事もあれば、運動不足によって筋力が低下して膝痛になる場合もあります。

そこで、どこの部分の筋力が低下したら膝痛になるのか説明しながら、その対策も紹介しましょう。

原因

筋力の低下によって膝痛になる場合は『大腿四頭筋(だいたいしとうきん)』と『ハムストリングス』が大きく関係しています。

これらの筋肉は膝周りの筋肉なので、ここの筋力が低下する事によって膝痛になるケースがあります。

なぜなら、これらの筋力が低下したら、他の部分で補おうとするからです。

その負担が膝にきてしまうので膝痛になってしまいます。

つまり大腿四頭筋やハムストリングスの筋力を低下しなければ、膝にかかる負担が大きくならないので、大腿四頭筋とハムストリングスの筋力トレーニングをしておけば良い訳です。

対策

下半身の筋力トレーニングで、多くの方は『スクワット』をイメージするかもしれません。

しかしスクワットは膝に負担をかけてしまうので、逆にスクワットをする事によって膝を痛める方がいるほどです。

そのため下半身の筋力トレーニングを行う場合には、スクワットを行わないで、大腿四頭筋とハムストリングスを鍛える事が重要です。

大腿四頭筋を鍛える方法として、床に寝た状態で足を伸ばした状態で太ももに力を入れながら、つま先を自分の方へ反らして下さい。

この状態を10秒前後キープしたら、力を抜いて下さい。

そして再び同じ動作を10回程度行いましょう。

次にハムストリングスを鍛える方法は、同じように床に寝た状態になってから、お腹を浮かせるようにして5秒ぐらいキープして下さい。

その後は力を抜きながら、ゆっくりとお尻と背中を床につけます。

この方法を行えば膝に負担をあまりかけないで、大腿四頭筋とハムストリングスを鍛える事ができます。

まとめ

膝痛になる4つの原因と対策を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

膝痛になった方たちの中には、しばらく膝痛を放置する方がいますが、そのような事をしたら膝痛の症状を悪化させる場合があります。

そのため膝痛にならないうちに、どのようなケースで膝痛になるのか把握しておく事が重要です。

それを把握できたら、その後は対策を講じて膝痛を予防しておきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ