腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛はどうにもならないのか?ここで対処するためのおすすめ体操方法をご紹介!

   

小林製薬の栄養補助食品 グルコサミン コンドロイチン ヒアルロン酸 約30日分 240粒

膝痛は対処できないものと思われがちです。

でも本当は解決方法がいくつもあります。

ポイントは膝痛についてよく理解することです。

膝のつくりや膝痛を含む関節炎について正確な情報が手に入るのなら効果的な膝痛に対応できる体操を行えます。

では、膝痛とは?

またおすすめの膝痛用のサプリメントとは?

これらの情報をご紹介します。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

膝痛とはどのような症状なのか?しっかりと理解しておこう!

膝痛は簡単には対応できない難しい病気であるといえます。

膝痛は無視できないもので、歩くことさえも億劫に感じてしまうほど日常の生活に多大の影響を与えます。

もし、この種の関節炎にかかるのなら仕事はおろか家事さえもできなくなってしまいます。

また、これが寝たきりを引き起こすきっかけにもなり得るので小さな問題として捉えることはタブーです。

では、この膝痛に対処するためにどうすれば良いのか?

第一に関節の構造そのものを理解する必要があります。

人間の関節は驚嘆すべき複雑な設計が施されていた!

関節とはそもそも二つの大きな骨が接合している部分であってその中身は複雑です。

その部分は滑膜関節と呼ばれている部位で関節を守るために頑丈な被膜に覆われています。

この滑膜には一つの生産工場のようなものがあって粘液と呼ばれるものを生産し続けます。

そして関節にくっ付いている二つの骨の先には軟骨があって、この軟骨が関節の中でも重要な役割を持っています。

この軟骨の性質は非常に柔らかな、それでいて弾力のある素材なので、これによって骨二つがぶつかって削れるというようなことを避けることができます。

さらに、インパクト(衝撃)があった際にそれを吸収する働きもあるので人が歩く時、運動する時には軟骨がなければいけないのです。

もし、飛び跳ねて着地をするのならその力は膝に負荷がかかります。

この軟骨によって衝撃が吸収される構造となっています。

しかし、次の点も膝痛に対応するために知っておきたい点ですが、軟骨だけでなく衝撃を筋肉や腱でも吸収される場合もあります。

このように膝について理解するとどのように対応すべきかがわかってきます。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

膝痛にうまく対応できるには何が必要?

では、実際にどのように対応するのなら膝痛に十分対処できるのか?

これに関しても膝痛はそれぞれの症状によって違うので限定してこうすべきと言えないのが現状です。

もし、膝痛の原因がリウマチであるのなら、この種の炎症は体内の免疫が関節に攻撃を加えるものなので特別な処置が必要となってきます。

この時に問題となるのがパンヌスと呼ばれる腫瘍ではありませんが一つの細胞組織であって、これが軟骨を壊す酵素を生み出します。

そして、もう一つが変形性の関節炎でこちらは軟骨の減少に伴う骨同士の摩擦によって起きる激痛です。

こちらも主に老化が原因と言われていますが栄養不足やストレスさらには遺伝に起因するものもあると言われているのでこちらの問題も複雑です。

このように症状と痛みの原因について簡単に説明しましたが、このように複雑であるのなら対処は一つに限ることはできないということです。

そこで、おすすめしたいのが様々な方法で対処することで、中でも適度な運動も重要な点です。

先ほどもお伝えしましたが体操によって筋力を強化することも重要な方法です。

軟骨だけでなく筋肉によってもインパクトを吸収できることができますから、筋肉をつけることで痛みはコントロールできます。

体に優しい膝痛に良い体操とは?

膝痛があるから筋力なんて付けることはできないと思われがちですが、しっかりとポイントを知っていると要領よく筋肉をつけることはできます。

1.ポイントは体幹と呼ばれる体の重心にもなる部位を鍛えることです。

体の内側を鍛えるといっても良いかもしれません。

2.別のポイントは無理をしないことで、大切なのは定期的に続けることで筋力を強化できます。

3.最後のポイントは膝に負荷がかかり過ぎる体操はしないことです。

ジャンプをして膝に負荷がかかり過ぎる部類の体操は避けておきます。

膝痛緩和に役立つ簡単体操

マットの上で枕をおいて横向きになります。

そして床についている脚の膝を曲げます。

次に、もう片方の足が浮いている状態ですが、その部分を浮いた状態に保ちます。

床から浮いた脚までの距離は10~15cmほどを保ってキープします。

1セット30秒ほどキープします。

これで、膝痛に対処するための脚や太ももの筋肉強化になります。

別の方法は仰向きになった状態でできる脚筋強化の体操です。

片方の脚を曲げて山なりにします。

別のほうは伸ばした状態にして床からこちらも10cm~15cmほど浮いた状態にします。

これを1セットで30秒キープします。

それぞれの方法を1日3回実行するだけでかなりの筋肉が強化されます。

体操だけでなく、おすすめしたいはつらつライフ薄型メッシュひざサポーター

膝痛に対応するためにおすすめしたいのがサポーターを付けておくことです。

いくら体操をしたとしても筋肉がつくまでに時間はかかるものです。

その間にも階段の上り下り、またある程度の距離は歩かなければいけません。

そこで、このサポーターで痛みを緩和させておくことです。

こちらのサポーターはそれほど分厚くもなく取り付け簡単ですが十分に補ってくれるものなのでおすすめします。

膝痛におすすめできるサプリメントってあるの?

別の方法としておすすめしたいのが膝痛の軟骨部位の強化のためのサプリメントを摂取する方法です。

そこで有効なのがグルコサミンで、さらにコラーゲン、ヒアルロン酸などによっても軟骨を強化できます。

もちろん上記でご説明しましたように粘液ともなる軟骨を覆う物質は生産されるものです。

しかし、加齢とともにその生産力は弱まってくると言われています。

そこで、サプリメントで補うというアイデアです。

ステラ漢方グルコサミン

こちらのサプリメントは薬剤師によって開発されたもので、その主要成分としてN-アセチルグルコサミンが使用されています。

さらに山芋に含まれている膝痛に良い自然成分も配合されていますから定期的に摂取しても問題はありません。

あらゆる膝痛の方におすすめできるサプリメントです。

キューピーヒアルロン酸&グルコサミン

その名のとおり二つの軟骨のための主要成分が含まれています。

女性にとってありがたいヒアルロン酸も含まれているのは美容のためにも良いサプリメントです。

簡単に摂取できますし歴史ある会社キューピーがあえて開発した美容健康サプリですから試してみる価値がありです。

小林製薬グルコサミン&コンドロイチン

小林製薬の栄養補助食品 グルコサミン コンドロイチン ヒアルロン酸 約30日分 240粒

通信販売としても売り出しているこちらの健康サプリは小林製薬の商品の中でも注文数が最も多い商品のようです。

グルコサミンの量がたくさん含まれており、その量は1700mg以上です。

これだけ摂取できるということで愛用されている方が多くいます。

暮らしの匠サプリメント

こちらはサプリメントの主要成分としてグルコサミン以外にもヒアルロン酸とコラーゲンも含有されています。

こちらのサプリメントをお使いいただいた方の満足度も97%と評価の高いサプリメントです。

こちらも、あらゆる年齢層の成人女性におすすめできる健康サプリメントです。

まとめ

膝痛はつらいですが何もしないでじっとすると問題は悪化するばかりです。

もちろん何かをしなければと考えすぎるのも良くはありません。

そこで、私たちができることを簡単にまとめてみました。

膝痛に対処するための体操はご紹介した方法以外にもたくさんあります。

自分にあった体操を試してみて、サプリメントも上手に摂取しながら膝痛に対処していきましょう!


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ