腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛は突然やってくる 普段は痛みもない状態でも油断できない膝の痛み 若いうちから膝関節ケアを

   

年齢を重ねると徐々に話題に上がってくるのが「膝の痛み」でもありますが、周りが膝の痛みについて話をしていても「自分はまだ大丈夫」と思っている方も多いと思います。

ですが、膝痛は徐々に出てくるものばかりでなく、ある日突然に「ズキン」とした痛みとともに現れることもあるので、注意が必要です。

実際には膝痛はどのように現れるのか、膝の痛みについてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛はある日突然起こることもある気を付けたい症状

膝痛というとお年寄りや年齢層が割と高い方に多いというイメージもありますが、実際には40代からの比較的若い世代の方も膝痛を訴える方も多いようです。

膝痛は徐々に痛みが起こるイメージがありますが、実はある日突然に「ズキン」と痛みが出て、そのまま膝を動かすことができなくなることもあるため、「私はまだ大丈夫」「膝は何ともないから大丈夫」と思っている方も、日ごろから膝に負荷をかけすぎないように気を付ける必要があります。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

実際にあった膝痛の事例

膝痛がある日突然起こった事例をお話しすると、体調もいつもと変わらず、膝に痛みを感じることもなく毎日過ごしていた50代の女性の事例です。

家事に仕事にと毎日忙しく働く女性ですが、休日にゆっくりこたつに座って過ごそうと、こたつに正座の体勢で座ろうとしたときに、膝に激痛が走ったといいます。

左膝に「ズキン!」という激しい痛みを感じ、そのまま動けなくなってしまったそうです。

突然の痛みに驚くのと同時に、あまりの痛さに「このまま歩けないんじゃないか」ととても不安になったといいます。

そして、動かなくなった膝をかばいながら、病院へ向かい診察を受けたそうです。

幸い、左足の膝に症状が現れたことで車の運転には支障がなかったようですが、診断の結果では手術も検討しましょうということになり、突然のことでとてもショックだったと話していました。

膝痛が出てから日常にも支障が

それまで元気に動き回ることができていましたが、膝痛が出たことで、日ごろの生活で動きに制限がかかったような感じがするようになり、今までテキパキと動けていた動作が思うようにできず、もどかしい日々を過ごしてるようです。

何をするにしても膝がいつ痛みだすかわからないので、膝をかばうように歩かないといけないため、また膝が悪くなければできることもセーブしないといけないため、そういった面からも多少のストレスを感じているようにも見受けられます。

手術も検討されましたが、医師と相談して、まずはリハビリと服薬で様子とみることになり現在もリハビリに通いながら毎日過ごしています。

膝痛はたびたび起こるように 仕事もセーブ

またいつ痛みが出るかわからない状態なので、膝痛にはとても敏感になったそうで、膝痛が出てきたこともあり、仕事中に膝痛で病院へ行くこともあったため仕事をセーブするようになりました。

仕事中に膝痛が出てしまい、そのまま左足が動かせなくなってしまったため、仕事を途中で早退して病院へ向かい仕事にも影響が出ることもありました。

今まで自信の体調で仕事を早退することのなかった女性ですが、そういったことが起こるようになり、仕事も少しずつセーブしていこうと思うきっかけにもなったようです。

膝痛が出てからヒールを履かなくなりました

ヒールといっても5センチ以上あるような高いものではなく、ローヒールのものをよく履いていましたが、膝痛が出てから膝に負担のかかることはできないということで、ヒールのない靴を履くようになりました。

膝痛が出るまではヒールを履いて歩いたりしていましたが、突然現れた膝痛の症状をきっかけに生活スタイルがだいぶ変わったようで、膝の動きに関してとても敏感になるようになりました。

膝痛を経験して 自身の体に目を向けるきっかけにも

ですが、膝痛を経験して自分の体をいたわる気持ちや、今まで無理をして頑張ってきた分、少し自分の体に目を向けることができたので、これからは体に無理な負荷をかけず元気に過ごしてほしいと思っています。

このように、膝痛は「今まで大きな病気もしたことがないし、大丈夫」と健康そのものの方でも、突然現れることもある症状なので、日ごろから膝に負荷をかけないように気を付けることはとても大事です。

椅子から立ったり座ったりの動作など 日常の動作ができず億劫になることも

膝痛がこれだけ注目されるようになったことの理由として挙げられるのは、「日常の何気ない動作ができなくなる」といった不便さが出てくることがあるからというのも挙げられます。

椅子から立ったり座ったりするときの膝の曲げ伸ばしができなくなる、痛みが出てつらいといった症状が起こることで、日常の動作が億劫になり、今までテキパキと動いていた人があまり外出しなくなった、など膝痛が要因で悪循環になることもあります。

そういったことから、膝痛や膝関節のスムーズな動きを行うために必要なサプリメントの開発が著しく発達し、現在膝痛に悩む方から多くの注目を集めているといえます。

膝痛は膝に負荷がかかることで起こることも 症状がなくても気を付けたい膝痛

こういった事例をみていくと、膝痛は日ごろから体調に問題ない健康な人でもある日突然起こる身近な症状だということがわかります。

「まだ若いから」とアクティブに動いている方も、いつ膝痛が起こるかわかりません。

それはなぜかというと、膝の軟骨は年齢とともにすり減っていき、軟骨の再生能力が年齢とともに衰えていくといわれているためです。

見た目や日ごろの動作ではあまり感じることは少ないですが、突然膝にかかった負荷がきっかけで膝痛を発症することもあり、膝痛を少しずつ感じる方もいればある日突然に痛みが出ると、症状の出方もさまざまです。

そこで、「日ごろから膝をいたわるためには何をしたらいいのか」と思う方も多いと思いますが、どのようなことができるでしょうか。

年齢を重ねてきたらサポーターやサプリメントで膝関節のケアを

膝のスムーズな動きのためには、膝の軟骨成分をサプリメントで補うことと、また外部からサポートする2つの方法があると考えられます。

最近では、膝関節の痛みやスムーズな動きに注目が集まっていることもあり、メディアやチラシなどでたくさんのサプリメントが紹介されています。

その中から、自身の希望に合ったサプリメントを見つけて膝関節のケアをします。サプリメントでの補給はまだ・・・と少し抵抗を感じる方は、膝サポーターなどの膝の動きを外部からサポートしてくれるものを利用することも1つの手段です。

膝サポーターはドラッグストアや薬局でも扱っているところが多いので、病院を受診する必要もなく手軽に始められるところも魅力です。

サプリメントを服用したいけど、ちょっと不安という方は、服用前に医師に相談してみるのもいいですね。

ある日突然出てくるかもしれない膝痛なので、40代から50代くらいの年齢になったら膝関節ケアを始めてみるのもおすすめです。

膝はとても大切な運動器官でもあるので、いくつになってもスムーズな動きを実現できるように、なるべく早いうちからケアを始めることも大切だと思います。

まとめ

膝痛に関して、「まだ大丈夫」「今痛みが出ていてつらい」など、膝痛に関する思いは人それぞれだと思いますが、まだ痛みのない方も痛みをなんとかしたいと思っている方も膝関節のスムーズな動きのために「何かすること」はとても大切だと思います。

膝関節のサプリメントやサポートには、今製薬業界も著しい研究の発達もあり、膝関節のスムーズな動きにアプローチするサプリメントが多く出ているので、自分に合ったサプリメントを見つけて日常からケアをしていけると安心です。

いつまでもスムーズに日常生活の動きができるように、ぜひ若くて元気なうちから膝関節のケアを始めたいですね。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ